【小説】記憶の海 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 7

記憶の海 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 7
村山由佳
表紙イラスト:結布
集英社文庫
記憶の海 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 7 (集英社文庫)記憶の海 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 7 (集英社文庫)
(2013/06/26)
村山 由佳

商品詳細を見る

<優しさ>ってやつは時に、相手に対してだけじゃなく、自分に対しても周囲に対しても、ものすごく残酷だ。

『記憶の海』本文より

おいしいコーヒーのいれ方」セカンドシーズン7巻。
ようやく日本の話。

あの事件で勝利がオーストラリアに逃げ、心を閉ざしている間の話。

傷ついた人たちはみんな新しい明日に向けて動き出した。
あとは主役ふたりが新しい一歩を踏み出したらもうラストまであと少し(のはず


いつの間にやらシリーズはじまって20年以上経ってたんだな。

tag : おいしいコーヒーのいれ方 村山由佳 結布 集英社文庫

【小説】彼方の声 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 6

彼方の声 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 6
村山由佳
表紙イラスト:結布
集英社文庫
彼方の声 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 6 (おいしいコーヒーのいれ方) (集英社文庫)彼方の声 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 6 (おいしいコーヒーのいれ方) (集英社文庫)
(2012/06/26)
村山 由佳

商品詳細を見る

事あるごとに自分を細々と罰してみせることで、何かを免れているような気になるのはかえって卑怯というものだ、と。

『彼方の声』本文より


まだオーストラリアの話続くのかよ…
ふたりが遠ざけた時間があったからこその、お互いの大切さっていうのは確かに大切かも。
離れてみないとわからない良さというか。
大切なものっていうのは実は本当に近くにあったりするんだよな。
そしてそれは意外と自分探しの旅というか、いつもとまったく違う環境や世界の中でこそふっと気づいたり。

でも読者として、ずっと追いかけてきたからこそ過ぎてきた年月の中で、すでに自分が見つけたものを今度は小説のキャラクターたちが追体験しているようで、
なんだかそれが随分と遠いところまで来ちゃったなーって気がするような。

逆に中高生の時にこの巻までたどり着ける人がいたらそれはすごく羨ましい読書体験だ。

tag : おいしいコーヒーのいれ方 村山由佳 結布 集英社文庫

【小説】雲の果て おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 5

雲の果て おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 5
村山由佳
表紙イラスト:結布
集英社文庫
雲の果て おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 5 (おいしいコーヒーのいれ方) (集英社文庫)雲の果て おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 5 (おいしいコーヒーのいれ方) (集英社文庫)
(2012/06/26)
村山 由佳

商品詳細を見る

人には誰かから全面的に肯定してもらう経験っていうのが、一生にせめて一度は必要なんじゃないかと思うんです。

『雲の果て』本文より

かれんがまったく出てこなかったぞ。

『おいコー』セカンドシーズン5巻目。
舞台はオーストラリア。

日本とまったく違う風土で、まったく違う感性の中で、特に自然や伝統を感じることで、あらためて勝利が自分を見つめなおしていく。
大人になったねぇ。
と思うけど、やっぱりこれ1冊まるまる勝利の癒しのために使うというのは長いというか、必要な期間なのかもしれないけど、もっと勝利とかれんの話を読みたいぞと思う。

だからこそ、彼らの再会の時には読者として喜べる内容だったら嬉しいねぇ。

tag : おいしいコーヒーのいれ方 村山由佳 結布 集英社文庫

【小説】凍える月 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4

凍える月 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4
村山由佳
表紙イラスト:結布
集英社文庫
凍える月 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4 (おいしいコーヒーのいれ方) (集英社文庫)凍える月 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4 (おいしいコーヒーのいれ方) (集英社文庫)
(2011/06/28)
村山 由佳

商品詳細を見る

「ふん。現実もろくに知らんうちから、贅沢なことを言うんじゃない。足の下に踏みしめる地面もないのに見る夢なんざ、寝てみる夢と同じだぞ」

『凍える月 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4』本文より

『おいコー』セカンドシーズン4巻目。

不吉なタイトルが示すように、いよいよ社会の直前。
自分の未来を決める時が刻一刻と近づいてくる。
かれんの仕事の先行きも不穏な動きを見せている。

現実っていう壁がまさに見えた、そんな4巻。
そうだよなぁ。
大学生も終わりが近づくと一気に現実味をもってやってくるんだよな。
学生と社会人の明らかな違いというやつかな。
その漠然とした不安と、その先を見通せない自分ってやつとの葛藤とかあるだろうしなぁ。

不安のいっぱい詰まった巻でした。
ショーリがどうやって乗り越えていくのか。
その先でかれんと一体どんな未来を築いていくのか楽しみだ。

tag : おいしいコーヒーのいれ方 村山由佳 結布 集英社文庫

【小説】消せない告白 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 3

消せない告白 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 3
村山由佳
表紙イラスト:結布
集英社文庫
消せない告白 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 3 (おいしいコーヒーのいれ方) (集英社文庫)消せない告白 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 3 (おいしいコーヒーのいれ方) (集英社文庫)
(2011/06/28)
村山 由佳

商品詳細を見る

「単なる友だちは、こういうときに心配して駆けつけてくれたりしない」

『消せない告白 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 3』本文より

おいしいコーヒーのいれ方セカンドシーズン3冊目。

かれんがほとんど出てこないじゃないか(笑

代わりに秀人さんと星野りつ子がいっぱい。

親友とはなんぞや。
人との関係でもっとも優しい関係、居心地のいい空間とはなにか。

いまあらためてショーリたちの関係をひも解いて、そしてかれんへの思いを再度確認する。
それがすごく繊細だった。

それにしても人間関係がどんどん変わっていっても、変わらないものもあるよな。
そうなんだよ。もう彼らも大学生なんだよなぁ。
もちろん変わっていっていることもあるわけだけど。

tag : おいしいコーヒーのいれ方 村山由佳 結布 集英社文庫

【小説】明日の約束 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 2

明日の約束 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 2
村山由佳
表紙イラスト:結布
集英社文庫
明日の約束 おいしいコーヒーの入れ方 SECOND SEASON 2 (集英社文庫)明日の約束 おいしいコーヒーの入れ方 SECOND SEASON 2 (集英社文庫)
(2010/06/25)
村山 由佳

商品詳細を見る

東京・鴨川間、約百キロ。
二人の間に横たわる、その実際の距離についてはもう、いくら足掻こうがどうすることもできないけれど、少なくとも精神的な距離の取り方については、努力次第でなんとかできるように思うのだ。

『明日の約束 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 2』本文より

今年もこの季節がやってきた。
6月末がくるたびにそろそろ出てるかなーとわくわくする感じ。
もう6月~7月初旬にかけておいコーの文庫新刊を買うようになって何年目だろう(笑

セカンドシーズン2巻目『明日の約束』。

もうショーリとかれんを非情に安心して見てられる。
いままで色んなことがあったもんなぁ。

それだけにかれんとの間にしても大学の部活の中でもショーリの人間的な魅力がどんどん出てきたように思う。
なんか壁を越えたような感じかなぁ。


しかし。
まさかこのままゆったりとした時間だけで2ndシーズンが語られるとも思えない(笑

まだ波乱が起きるとしても、一体なにが起こるというんだろう。

tag : おいしいコーヒーのいれ方 村山由佳 結布 集英社文庫

【小説】蜂蜜色の瞳 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 1

蜂蜜色の瞳 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 1
村山由佳
表紙イラスト:結布
集英社文庫
おいしいコーヒーのいれ方 Second Season I 蜂蜜色の瞳 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 Second Season I 蜂蜜色の瞳 (集英社文庫)
(2009/06/26)
村山由佳

商品詳細を見る

今すぐにでも彼女と逢って、確かめたかった。いくら言葉を交わそうと体を重ね合わせようと、先々の保証なんて決して得られやしないとわかっていても、それでも彼女を抱いて、抱きしめて、その唇から何より強い約束を引き出したかった。

蜂蜜色の瞳 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 1』本文より

ついに文庫版もSesond Season突入。
おいしいコーヒーのいれ方Second Season1巻目『蜂蜜色の瞳』。

冒頭の勝利による1st Seasonを振り返るモノローグはよかった。
1年1冊だと前巻までの内容って忘れちゃうんだよな(笑
読み始めたら思い出してくるけど。

1年前の前巻の感想に読み始めたときは勝利と同じ年齢だったのに、ということがあったがもはやかれんの方が年が近いことに驚愕せざるをえない。

そして勝利とは年齢が離れるがなにか彼が遠くへ行っちゃってるような…
うわ、もうだんだんと大人の階段登りやがってというか、ようやく10作を越えてかれんと恋人らしくなってきたというか。

2nd1巻目ではつかず離れずの距離が一気に縮まってきたことから来る恋わずらいの描き方が絶妙だった。
また、結婚してから随分たつ夫婦の恋が醒めてゆく話を聞いて不安が募ったりしているのも気になるところ。

このまま二人の関係がもっとも燃え上がっているままで話が進むとも思えない予感をたくさん感じさせてくれた巻だったと思う。
またしても星野りつ子が大きな問題を起こしてくれそうなところ、とか含めてもね。

そもそも恋なんて成就してから先の方がいろいろあるってのが必然だしな(笑
(なんていうふうにその手の話を経験したことない人が言ってみる

tag : おいしいコーヒーのいれ方 蜂蜜色の瞳 村山由佳 結布 集英社文庫

【小説】夢のあとさき

夢のあとさき おいしいコーヒーのいれ方
村山由佳
表紙イラスト:志田光郷
集英社文庫
おいしいコーヒーのいれ方 (10) 夢のあとさき (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (10) 夢のあとさき (集英社文庫)
(2008/06/26)
村山 由佳

商品詳細を見る

いいじゃないか、結果的に遠回りになろうが、失敗に終わろうが。いいか、ガキであることの特権はな、たとえ失敗しても許されるってことだ。何べんでもやり直しがきくってことなんだ。それほどの特権、使わないでどうする

夢のあとさき』本文より


おいしいコーヒーのいれ方」の10巻目。
第1シーズン最終巻。

こ…ここで終わるか。
ある意味いいのかもしれないけど。
ここに来てかれんと勝利の間に大きな問題が出てきたような。
それは恋人として付き合っていく上で必ず出てきそうな問題ではあるだろうけど…


いよいよ遠距離恋愛ならではの問題が出てき始めた10冊目。
遠く離れていても気持ちが同じなら大丈夫、なんてのはそうそう上手くいくもんじゃないという典型だよなぁ。

読んでいてかれんも勝利もどちらも子供に思えてしまう。
勝利はなんとか5歳の年の差を埋めようとして、かれんは5歳上だからこその人として見られようとしているように見えるんよなー。

しかもそういう自分の弱いところをお互いに見せないようにするからこそ、お互いに相手の行動にちょっとした不信感を抱いてしまうもんなんだろか。

今回ふたりの関係は大きく進展はしたけれども、本当にお互いの気持ちが近づいたかというとそうでもないような…
なんだかこれからにこそ「ややこしい」ことが起きるような気がしてならない。
余計にお互いの気持ちが離れていきそうな…

2ndシーズン以降にふたりの関係がうまくいくことを祈りながら、1年後の文庫版をゆっくり待ちます(笑

tag : 夢のあとさき おいしいコーヒーのいれ方 村山由佳 志田光郷 集英社文庫

【小説】聞きたい言葉

聞きたい言葉 おいしいコーヒーのいれ方
村山由佳
表紙イラスト:志田光郷
集英社文庫
おいしいコーヒーのいれ方 (9) 聞きたい言葉 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (9) 聞きたい言葉 (集英社文庫)
(2007/06/28)
村山 由佳

商品詳細を見る

僕との間のことを、そして僕という男のことを、かれんは女友達に向かっていったいどんなふうに語るんだろう。

聞きたい言葉』本文より


おいしいコーヒーのいれ方9巻。
今年もやっぱりナツイチシリーズにラインナップ入り。
次の巻で第1部完結。


ゆっくりとだけども確実にふたりの仲は進んでいってる。
今度は勝利とかれんがお互いに遠距離になってしまう可能性の話。
そんな時、勝利とかれんはお互いの気持ちが分からずに頭の中をぐるぐるとしながら考えていた。


恋愛小説だけど、甘い展開だったり奇跡の様な恋愛を描いていないところが好きだ。
主人公の勝利やかれんたちが悩む様も、うかれる様もどこか身近に感じられる。
今巻の『聞きたい言葉』、そして相手が分からなくなる不安感なんてのは感じたことのある人は多いんじゃないかと思った。



いつの間にやら9巻。
年月も経る。
読み始めたときには勝利と同じ年だったのにいつの間にかかれんの年齢に近づいていてびっくりした。

巻を重ねる間に読んでる自分も成長してる。
読んでいて見方とか変わってきたような気がする。
最初は勝利とかれんのあの微妙なもだえるような感じを楽しんでいたんだけれども、こういうのってあるよなぁと少し共感しながら読み進めてる。


こんなふうに自分の現在と過去を対比したりしながら読むのもおもしろいもんだ(笑


聞きたい言葉 聞きたい言葉
村山 由佳 (2007/06)
集英社

この商品の詳細を見る

tag : 村山由佳 おいしいコーヒーのいれ方 集英社文庫 志田光郷 ナツイチ 聞きたい言葉

【小説優しい秘密

優しい秘密 おいしいコーヒーのいれ方 8
村山由佳
集英社文庫
おいしいコーヒーのいれ方 (8) 優しい秘密 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (8) 優しい秘密 (集英社文庫)
(2006/06/28)
村山 由佳

商品詳細を見る

おいしいコーヒーのいれ方8巻文庫版。


花村のおばさんから「かれんと勝利はつきあっているのか?」という質問をされ、思わず否定してしまった勝利。
秘密を守ることでさらに秘密が増えていく。



おばさんについにバレてもーたーー。
そして秘密を守り抜くために嘘を通してしまった勝利…
なんてこった。
9巻10巻と、これに関する話はややこしくなりそうだ。


それもそうだったけれども今回は星野りつ子の激白が衝撃的。
わかっちゃいたけど...
「どうやったら忘れられるんだろう」という言葉がずしっと痛かった。
帯の「思う心がとまらない」はショーリとかれんのことじゃなくてきっと星野りつ子のことだったんだろうなぁ。
次巻以降どうなるのか。
星野は最高の女友達でいられるのか、それとも舞台から退場してしまうのか。


9巻の文庫はまた来年かぁ。
遠いな

【小説】坂の途中

坂の途中 おいしいコーヒーのいれ方 7
村山由佳
集英社文庫
おいしいコーヒーのいれ方 (7) 坂の途中 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (7) 坂の途中 (集英社文庫)
(2005/06/17)
村山 由佳

商品詳細を見る

おいしいコーヒーのいれ方7巻。

一人暮らしをはじめた勝利。
しかしかれんとの距離がだんだん離れていくように思えてきて...
そんなかれんは福祉の資格を取るまでは一人で頑張っていきたいと思って距離をとっていた


お互いが依存していてはダメだ。
ちゃんと地面に立っていられる一人と一人であることがいい。それなら二人で前へ進んでいける、か...
読んでてそんなことをひしひしと感じた。

今回の短編は星野りつ子の話。
この勝てない片思いの立場はつらすぎる。
たとえそれでもこの子は強いよなぁ


おいコーの復習終了。
8巻の文庫は来月。

【小説】遠い背中

遠い背中 おいしいコーヒーのいれ方 6
村山由佳
集英社文庫
おいしいコーヒーのいれ方 (6) 遠い背中 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (6) 遠い背中 (集英社文庫)
(2004/06/18)
村山 由佳

商品詳細を見る

おいしいコーヒーのいれ方6巻。

一人暮らしをすることを決め、一人暮らしをするために説得する過程とはじめた直後まで。

丈もなんだかんで言っててもいいやつだよなぁ。
同居人という枠を超え、お互いに悪口も平気で言い合える兄弟みたいな関係になってたんだな。
一人暮らし祝いのプレゼントがなんとも(笑

短編のマスターの話も好き。
勝利視点の話だからマスターの心情まではこれまで行動や口に出た言葉からしか分からなかったけれども、今までどういうことを思ってかれんと勝利を見てきたのかがよく分かる。
これを踏まえた読み返したらもっと楽しめるかも。
…すでにこれが再読なわけだけどこの短編の存在をさっぱり忘れていた。

おいコー復習残り1冊。

【小説】緑の午後

緑の午後 おいしいコーヒーのいれ方 5
村山由佳
集英社文庫
おいしいコーヒーのいれ方 (5) 緑の午後 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (5) 緑の午後 (集英社文庫)
(2003/06/20)
村山 由佳

商品詳細を見る

おいしいコーヒーのいれ方5巻。

兄弟ができたショーリ。
少しずつショーリとかれんの関係が変わっていき、ついにショーリは一人暮らしをすることを決意する巻。

ともだちとは、恋人とは、家族とは。
ショーリの周りがめまぐるしく、ショーリに関わり、考えさせる。

ここらへんの巻まで来ると、この行方がどこへ向かうのか、いつ花村の両親に会うのか、ということへの興味よりもショーリ頑張れという読み方をしてしまうよなぁ。

おいコー8巻文庫版のための復習残り2冊

【小説】雪の降る音

雪の降る音 おいしいコーヒーのいれ方 4
村山由佳
集英社文庫
おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)
(2002/11/20)
村山 由佳

商品詳細を見る

おいしいコーヒーのいれ方4巻。

親の再婚。
秘密の恋愛のうちあけ、しかしまだまだその状態は続く。
そしてショーリとかれんのお互いのすれ違いの巻。

ここに来て前々からの伏線、りつ子と中沢氏が思いっきり絡んでくるわけだけれども。
お互い信じているつもりでもちょっとしたことから疎遠になってしまうこともある。
それでも言葉とその言葉に伴う心があれば大丈夫、か…


おいコー再読、残り3冊

【小説】彼女の朝

彼女の朝 おいしいコーヒーのいれ方 3
村山由佳
集英社文庫
おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫)
(2001/06/20)
村山 由佳

商品詳細を見る

おいしいコーヒーのいれ方3巻。

京都でたったふたりで過ごすことになるという一種の山場があったり、かれんがお見合いをすることになるかもということを聞いて色々考えてしまうショーリの巻です。


個人と個人が付き合うということの難しさがこのあたりからではじめたのかな。
口にしないでも全部相手の言うことが分かるなんてことはないわけで。


この巻でのショーリ。
かれんへの思いやりに乾杯、と言ったところですか(笑

【小説】僕らの夏

僕らの夏 おいしいコーヒーのいれ方 2
村山由佳
集英社文庫
おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)
(2000/06/20)
村山 由佳

商品詳細を見る

おいコーの第2巻。

おそらくは彼氏彼女という関係には至ったはずだけれども実感がなかなか沸いてこない。
実際向こうはどう思ってるんだよっ、と悩む主人公。
そんな悩みに答えるのが同居人で彼女さんの弟の丈。
なんとか行動に出よう出ようとする主人公は好きだねぇ。

ゆっくりゆっくりと進みながらいつの間にやらJブックス版は10巻がそろそろ出る頃か。
それとも出たんかな。
そしていつの間にやら1巻発売からすでに10年か...

【小説】キスまでの距離

キスまでの距離 おいしいコーヒーのいれ方 1
村山由佳
集英社文庫
おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)
(1999/06/18)
村山 由佳

商品詳細を見る

あらすじ

父の転勤によっていとこの姉弟と同居することになった主人公。
久しぶりに会う5歳年上のいとこの変貌に驚き、主人公が通う高校の教師としてやってきたことが分かりさらに驚く。
そんないとこを意識しはじめると...

おいしいコーヒーのいれ方1巻。



感想

そろそろ文庫版の8巻が出るけど詳細忘れた orz
じゃあ全巻読みなおしてしまえ、と思って読み返す。

勝利はものすごい一途だな...
この巻は特にw
この頃はまだ登場人物もほとんど出てきてないし、まだまだ個性が見えてきてない。
巻を重ねるごとにどんどん自己主張してくるんだよなぁ。


男子高校生(まだ高校生なんだよなぁ)の視点からでのみ描かれるストーリー。
なので相手側の仕草なんかはしっかりと描写されるけど、心理状態まではさっぱり分からない。
だから主人公は一人で悩んで行動して…、と。
誰しも経験したことがあって、共感できて、だからこそ十数年経っても支持されてるシリーズなんだろうなぁ

【小説】坂の途中-おいしいコーヒーのいれ方7-

おいしいコーヒーのいれ方7 坂の途中
村山由佳
集英社文庫
おいしいコーヒーのいれ方 (7) 坂の途中 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (7) 坂の途中 (集英社文庫)
(2005/06/17)
村山 由佳

商品詳細を見る


帯文句
恋をすると、人は強くなれるのだろうか。
それとも、弱くなってしまうものなんだろうか。

作者は村山由佳。
2003年「星々の舟」で直木賞受賞。

7巻のあらすじだけ書いたところで仕方がないので、
いきなり感想です。

毎年6月はおいしいコーヒーのいれ方シリーズ(以下おいコー)の文庫の発売月。
そろそろ新書版に追いつきそうなのが少々気がかりですが…。

さて、今回の巻は
「一人で立っていられない者同士が寄りかかるのは『恋愛』じゃなくて『依存』に過ぎない」
この言葉に主人公の勝利は実際に直面するわけですが…。
実際のところはどうなんでしょう。
自分以外の人が示してくれた道や楽な方へ楽な方へ行くよりも
自分自身の考えをしっかりと見据えた上で決断していこうとする人からすれば
この言葉は結構頷けるところがありますが…。

さて、まったく別の方向へ。
作中、勝利が恋愛に悩んだ挙句、恋愛小説を読みまくるというシーンがありました。
果たして買いにくいのか否か。
本棚を見渡してみるとミステリとかSFが主ですがないことはないです。
買いにくいかどうかより、おもしろいかどうか。
本ってそれに尽きるんじゃないでしょうか。
おもしろい、おもしろいらしい、人に薦められた、興味がある。
買う理由はどうであれ、楽しんだモン勝ちです。
そう思っています。


おいコーは文庫で集めてる派ですが、
1年に1冊は前巻までの内容を忘れてしまいがちです。
なんとか内容を鮮明に覚えておく方法ないもんですかねぇ。
再読以外の方法で。
あらすじを書いた手記でも残しておくべきなのかw
プロフィール

∀ki(あき)

  • Author:∀ki(あき)
  • 自由に生きてます。
    色々読んだり見たりしてます。

    リンクやトラックバックは自由にどうぞ。
FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
その他カテゴリ