FC2ブログ

【自転車】2019/7/17 琵琶湖

その他→サイクリング
08 /11 2019
今年も実家から家まで200km弱。

やっぱ大阪府~京都府の間はロード乗り多くて楽しい。
桂川のサイクリングロードでめっちゃ早いおにいちゃんとも走れたし、
その桂川CRで10年ちょい前に京都まで通勤往復80kmやってた頃にいつも休憩していたベンチがなくなっていて時の流れを感じたり、
京都市内の毎年少しずつ変わる様子も見れたし、
琵琶湖も綺麗だったし、
琵琶湖でひたすら30kmオーバーで走るおじいちゃんと走ったり
ピエリで大塚志郎のびわっ子のポスターも見れて満足。

20190717biwako01.jpg
20190717biwako02.jpg
20190717biwako03.jpg

【自転車】2019/7/13 長野県仁科三湖

その他→サイクリング
07 /21 2019
一体何年振りなのか。

多分5年かそれくらいぶりの木崎湖へ。
前日に大町入りし、当日はご飯いっぱい食べて扇沢へ。行こうとしたけどハンガーノック。まだ消化してなかったか。
次回行く。

そして木崎湖はいつ行っても最高。
はじめての中綱湖も青木湖もすごくよかった。
あんなによかったんなら、なぜいままでいかなかったのかと。

大阪から来たおっちゃんと長々と自転車旅行について話したり、おねてぃだったりろんぐらいだぁす、南鎌倉の木崎湖の聖地巡礼もして。
満喫したら雨が来る前に松本へ。
旧松本高校もいつものようにより、まだ雨が来そうになかったから塩尻フィニッシュへ。
ちょうど松本~塩尻間で事故があり、松本でやめてたら帰れなかったかもしれない。
結局鈍行で名古屋行きのって一度も特急に抜かされることもなかったしなぁ。


【扇沢への道】
20190713kizakiko01.jpg
【木崎湖】
20190713kizakiko02.jpg
【中綱湖】
20190713kizakiko03.jpg
【青木湖】
20190713kizakiko04.jpg
【海ノ口駅】
20190713kizakiko05.jpg
【木崎湖】
20190713kizakiko06.jpg
【旧松本高校】
20190713kizakiko07.jpg

【自転車】2019/7/2 愛知県日間賀島

その他→サイクリング
07 /20 2019
近いところだけれども行ったことがないところ。
愛知県の南知多町の日間賀島。
師崎からフェリーで10分もかからない。
むしろもう見えてる。篠島も。

高速船なら輪行袋に入れ、車もOKなものなら料金高くつくけどそのまま乗せられる、けど便が少ない。
となると結局輪行袋がいいかな、と。

一周すぐに回れる。
島の外周じゃなくてもすぐに見終わる。
見所は少なく、でもこのゆったりとした雰囲気に浸りまくれる。
これ1日中だってぶらぶらできるわ。
予想以上に楽しい。

20190702himaka01.jpg
20190702himaka02.jpg
20190702himaka03.jpg
20190702himaka04.jpg

【自転車】2019/7/1 岐阜県赤坂宿

その他→サイクリング
07 /14 2019
大垣駅に行くといつも思う。
美濃赤坂線とはなんぞや。
たった2駅の線。
そして中山道の一つの宿でもある。

よし、行ってみよう。
昔ながらの街並みがすばらしい。

そして謎の激坂。平気で15%越えてくる金生山もいろんな意味ですごかった。
すぐ終わる坂。だが、すげぇ壁のような坂道だった。


【赤坂宿本陣跡】
20190701akasaka01.jpg
【金生山】
20190701akasaka02.jpg

【自転車】2019/6/25 乗鞍スカイライン

その他→サイクリング
07 /13 2019
朝に愛知を出発し、高山で自転車を組み、お昼ご飯をがっつり食べ、水を購入し、スカイラインまで30kmちょっと走り、
そしてスカイラインの14kmを満喫する。
さらにはその日のうちに愛知に帰る。

しんどい!
日帰りはしんどい!
30kmのヒルクライム。
後に、スカイラインがほぼ斜度10%の14km。
そりゃしんどいけど、もちろんしんどい。

みんな当たり前のように乗鞍行くからもっと余裕あるのかと思いきや。

しかし道は迷うこともないし、しんどければ平湯温泉などで一泊するもよし。
なにより景色はすばらしくいい。

問題は18時に閉門。
係の人に聞いたらだいたいみんな30分で下りてくるよということだったので、リミットは17時30分。
なんとか上の畳平駐車場に到着し、トイレ休憩だけして、すぐに下山。時間は17時25分。
気温は7度。
ウインドブレーカーは持ってきて正解だった。

景色でおなかいっぱい。みんな一度は行くわけだ。

【高山駅】
20190622norikura-01.jpg
【国道沿い】
20190622norikura-02.jpg
【スカイラインの前】
20190622norikura-03.jpg
【平湯峠】
20190622norikura-04.jpg
【乗鞍スカイライン】
20190622norikura-05.jpg
【乗鞍スカイライン】
20190622norikura-06.jpg
【乗鞍スカイライン】
20190622norikura-07.jpg
【乗鞍スカイライン】
20190622norikura-08.jpg
【乗鞍スカイライン】
20190622norikura-09.jpg
【畳平】
20190622norikura-10.jpg

【自転車】2019/6/22 三重県藤原町

その他→サイクリング
07 /07 2019
二ノ瀬峠にはよく行くのだけれども、岐阜県側で登って下るばかり。
思えば1回しか越えて三重県側に行ったことがない。

行ったついでに三岐鉄道のサイクルトレインに乗せてしまおうというわけで行ってみた。

三重県なんだけれども、養老と鈴鹿の山々の間を走るわけで、なんかこの感じって飯田鉄道沿いの南アルプスの麓とか、大町の方の北アルプスの麓を走る感じとすごく似てる気がする。
ああ、これ結構好みだ。

途中、阿下喜駅でロードはじめて半年の60代の人としゃべり、なんやかんやで10年もこの趣味を続けてきて、初心に戻ったような感じ。
なにを楽しみに走るかをあらためて考えさせられた。
しかし、しゃべるきっかけがその人のサイコンが反応しない、じゃあよくあるセンサーがズレたなと思ったらそうだったというわけですぐ直したというのが、これもある意味経験値か。

三岐鉄道の桑名に出る側はやってないけど、西藤原駅からだと四日市の手前の駅までなら走れるということで乗せてみた。
輪行袋いらずってやっぱいいもんだ。

【二ノ瀬から下ったところ】
sangi20190622-01.jpg
【東藤原付近】
sangi20190622-02.jpg
【西藤原駅】
sangi20190622-03.jpg

【自転車】2019/5/6 愛知県岡崎宿~豊橋

その他→サイクリング
07 /06 2019
東海道をいろいろ行っているが伊勢から東京日本橋でちょうど行っていなかった場所。
岡崎から豊橋までを走ってみた。

旧東海道の味のある旧街道の街並みがそれぞれすばらしい。
国道1号線を走ってたら見つからない、体験できない景色だらけで満足。

ついでに2355のさらばシリーズ第2弾「さらば豊橋」の豊橋も行ってみた。やっぱり旧道にあったか。
豊橋は何度も行っているけど、行ったことない。でもあるならたぶんここと目星をつけて、
あとは映像にあった市役所駅からこんな感じだったはずと行ってみたらもう、この橋しかないな、と。

残る旧東海道は東京日本橋から小田原の間のみ。
いずれ行こう。

【岡崎城】
20190507toyohashi01.jpg
【藤川宿】
20190507toyohashi02.jpg
【本宿】
20190507toyohashi03.jpg
【赤坂宿】
20190507toyohashi04.jpg
【豊橋】
20190507toyohashi05.jpg

【自転車】2018/11/15 岐阜県本巣市樽見駅~岐阜県揖斐川町徳山ダム

その他→サイクリング
12 /16 2018
大垣駅6番ホームから樽見鉄道に乗り終着駅の樽見駅へ。
思えば3年ぶりの樽見駅。
電車に乗ったのは初めて。

今回目指すは徳山ダム。

樽見駅まで着くともう空気がおいしい。
澄んでる。住んでるところとは違うところに来た、ここから走るぞという冒険感がある。

北東へ少し、道の駅うすずみの里へ寄りご飯というかカロリーというか、結局食べたのは道の駅隣の喫茶店でだけどまたこれがおいしくて。
カロリー補給していざ出発。

谷から山へ。
ずっと上る。
獲得標高は500ほど。
鬱蒼とした東も西も山。だから日陰がほとんど。
頂上近くに来てから一気に日差しが降り注ぐ様にぐっときたし、感動ともいうべきか。
そしてトンネル抜けたらダム到着。
見下ろす景色がもう絶景。
そこからもうずっと素晴らしい景色の連続だった。
紅葉の季節、最高じゃないか。

徳山ダムと横山ダムでダムカードをもらい、南下し揖斐駅でフィニッシュ。
3年前に横山ダム南のあたりの星の里ふじはしまでは来たことあったけど、そこからはトンネル多い…
明るいし、車道をよける歩道あるからまだ安全なトンネルだらけなんだけど。
それ考えると樽見から徳山のルートはありだった。
揖斐川沿いも景色いいけどね。


【樽見鉄道 樽見駅】
tokuyamadamu20181115-01.jpg
【徳山ダ ム 本巣側からトンネルを抜けたところ】
tokuyamadamu20181115-02.jpg
【徳山ダム】
tokuyamadamu20181115-03.jpg
【徳山会館】
tokuyamadamu20181115-04.jpg
【横山ダム】
tokuyamadamu20181115-05.jpg
【養老鉄道 揖斐駅】
tokuyamadamu20181115-06.jpg

【自転車】2018/7/18 長野県塩尻市~長野県宮田村

その他→サイクリング
11 /18 2018
長野県塩尻市スタート、南下して「咲」の聖地巡礼である七久保駅へ。

気温は39度。
けど準備はOK。
天竜川をひたすら南下だから下り坂多いだろうとか思ってたけど、そんなことなかった(笑
駒ケ根に入ってからのアップダウン。
炎天下。
きっついけれども、景色がひたすら癒し。
山と青い空。
そして川のきれいなこと。
当初は飯田まで行こうと思っていたけども飯田線の終電などを考えて途中で七久保駅に変更。

ついでに名前だけ出てくる先の高遠原中学はこのあたりをイメージしているはずと高遠原駅へ。
これまたすごい駅だな…
東の国道側から行ったからもう登って登ってやっとついたという感じな上に、こう、ぽつんとしたところとか最高じゃないか。
そして一つ北の七久保駅もまたいい佇まいなんだよな。
ここから県大会にいくのがこの駅かぁとしみじみした。

飯田線で豊橋まで行ったわけだけど、そのうち飯田線を全駅自転車で行ってみたいもの。
たぶん、誰もやってないはず。
ただ秘境駅はどうたどり着こうというのはあるけれども。


【天竜川】
20180728-nanakubo01.jpg

【高遠原駅】
20180728-nanakubo02.jpg

【七久保駅】
20180728-nanakubo03.jpg

【自転車】2018/7/18 奈良県吉野郡吉野町~大台ケ原

その他→サイクリング
09 /09 2018
一度は行ってみたかった場所。
奈良県川上村と三重県上北山村の境にある山、大台ケ原
輪行で行く人は少なく、行った人のレポートも少ない。
地図上では169号線をひたすらいくだけ。
距離はそれほどない。
標高は上がるのみ。

うん、少ない情報だ。
しかし、実際その通りなのだから仕方ない。

片道45kmほぼほぼ上り。
最初の25kmでようやく大台ケ原の登山にたどり着くが、割とへとへと。
スタート時にだいたい大和上町で200mちょいの標高で登山口で800mくらい。
大台ケ原こっちという案内が出てるのですごくわかりやすい。というかここでしか曲がらないというくらいの場所だから迷うこともない。
ここからが7-10%がずっと続いて1600mくらいでフィニッシュの駐車場。
天気予報で39度の時だから、もう自転車乗りがほぼほぼいない。
2人にすれ違っただけ。
登山の歩きの人も1人だけで、登山家の田中陽希さんが下山してた。
グレートトラバースも時々見てたし、クレイジージャーニーのアドベンチャーレースの時にも見てたから本人でびっくり。
酷暑だったので、念のために補給食も水分もいつもの1.5倍、バー3つに水分1.5リットルを持って行ってたんだけど上でちょうど使い切った。
いつもは使い切ることなんてないんだけど、それもはじめての経験だった。
上にいけば売店あるの知ってたからできたことでもあるけれども。
でも16時の閉店時間ギリだったので危ないところではあった。
自動販売機はあるけど、やっぱちょっとは食べたい。アイスのなんと美味しいことか。

それにしても今までの経験でもっともつらい登り20kmだったかもしれない。
上まで100mごとにカウントダウンしてくれるんだけれども、全然頂上に近づいて行ってる気がしないし、熱いし、上り以外がほぼないしと。
途中途中でのバイク乗りの人の応援がなければ、入り口で引き返してたかもしれない。

しかし下りはらくらく。
行きは休憩やご飯含めて6時間弱かけていったけど、復路は2時間かからなかったもんなぁ。

【大和上町駅】
20180718oodai01.jpg
大台ケ原
20180718oodai02.jpg
大台ケ原
20180718oodai03.jpg
大台ケ原駐車場】
20180718oodai04.jpg

【自転車】2018/5/8 滋賀県米原~琵琶湖半周

その他→サイクリング
09 /02 2018
まる1日休み。
天気はどこも雨。
ならば、雨になる前までに走り切る。
だいぶ久しぶりに琵琶湖1周に行ってみた。

そして案の定お昼には雨が降ってきたので退散。

さすがに雨予報だと走ってる人はほぼおらず、唯一あった4人組は同じ愛知県だった。
話しかけてみてどうも訛りがよく聞く感じだなと思ったら案の定。
1人クランクが壊れて自転車屋までなんとか走るというとこだったみたいだけど大丈夫だったんだろうか。
たぶんなんだけど、4人のうち1人は二ノ瀬あたりで会ったことあるような…

長距離だと予想外の出会いがあったり、再び行くところだから奥琵琶とか湖西最高だなと再確認しながら走れるのでやっぱり琵琶湖楽しい。
野洲でフィニッシュしたけど、次はちゃんと一周しよう。

【米原駅にて】
20180508maibara01.jpg
【奥琵琶】
20180508maibara02.jpg

【自転車】2017/11/21 大阪府茨木市~愛知県稲沢市

その他→サイクリング
08 /26 2018
久々に実家から家まで。200km。

大学まで自転車で行く道、桂川サイクリングロードも少しずつ景色が変わってたり(ちゅるやさんアートが見れなくなってた)、
嵐山はいつの間にやら外国人がいっぱいになってたり。
蹴上から山科、山科から大津までが以前はきつかったのが、いつの間にやらすんなり登れたり。
よく知る道だけど、やっぱり一気に走ると面白い。
少しずつ経過していく年月を再確認できるかのよう。

大津から先は堅田まで湖西、琵琶湖大橋わたって米原、米原からは旧中山道で大垣まで。
長良川サイクリングロードを南下し平田まで。そこからは東へ。

大阪~名古屋はいろんな道を行ったけど、この道が一番楽。
車とあまり会わないうえに坂が極端に少ない。
かといって遠回りになるほどのものではないというのが大きいな。

もう1号線とか走れないわ。


【桂川サイクリングロード】
20171121ibaraki01.jpg
【嵐山】
20171121ibaraki02.jpg
【琵琶湖(彦根市)】
20171121ibaraki03.jpg

【自転車】2017/7/12 静岡県湖西市浜松市 浜名湖

その他→サイクリング
10 /15 2017
「一周」と聞いてよく聞く浜名湖一周。
だけども実際やってる人、やったことある人ってあんまりいない気がする。

ちょうど出かけようと思ったときに、全国的に雨、静岡だけ曇りという日があったので行くなら静岡、なら浜名湖と思って行ってみた。

うん、これは予想外。
くるくる変わる浜名湖岸の風景。
住宅地、商店街、湿地、半オフロード、別荘地に温泉地に遊園地。
なんじゃこりゃ。
回ってるだけで面白い風景に出会える。
自転車道も結構整備されているのにたった一人でゆったり走れてあまり自転車乗りにも会わない。

ちょうど井伊直虎が大河ドラマで放送してるし、ちょっと湖岸から離れるだけで聖地巡礼できるというのも楽しいものだった。

hamanako-20170712-01.jpg

hamanako-20170712-02.jpg

hamanako-20170712-03.jpg

hamanako-20170712-04.jpg

hamanako-20170712-05.jpg

【自転車】2017/4/2 愛知県南知多町師崎

その他→サイクリング
04 /16 2017
久々に師崎へ。

ちょっとテレビで何度か見た名古屋市内の線路が交差している日本にただ二つだけの場所ダイヤモンドクロスを探す。
たぶん名鉄の築港線。
まずは行ってみようと。
で、見つけた。
東名古屋港駅のちょっと東。
ガーミンで見ても線路だらけの中でしかも片方の線路が名鉄でもJRでもなく、貨物用の線路かいなっ。
そりゃ探すのもこれで間違いないと思うのも難しいわけだ。
これで松山のものと名古屋のものと日本中のダイヤモンドクロスを見てしまったことになるのかな。

次に目指したのは海底トンネル。
バス旅Zの第1弾で歩いて通っていた。
安城からは南の方、碧南あたりまで行ってから半田に渡っていたはずというわけで。
碧南に入ってから川沿いにあれでもないこれでもないと走っていたらようやく布浦トンネルを見つけた。
関門海峡と同じく車とは違う場所から人と自転車はトンネルへと入れる。
ちゃんと自転車はこちらという看板があったのですごく助かった。
これは分かりやすい。
トンネル内もどんどん地下へと歩いて行ってしっかり500Mを歩いて渡るっていうのがとても海底トンネルを渡り切った感があって楽しい。
なにげにトンネル内で静かすぎるということもなくラジオが付きっぱなしなので歩いていて不安になるトンネルってわけでもないのもまたいい。

知多半島に渡り、やっぱり行きたいのは端っこ。
師崎。
前回は深夜に到着したので突端というのを感じることなく一周してしまったけど、今回そんなものがないかなーと師崎のバス停あたりから探し始め、師崎の港へ向かうと見つけた。
これが突端か!
しかも夕方でいいもの見れた。


【東名古屋港ダイヤモンドクロス】
morozaki20170402-01.jpg

【布浦海底トンネル】
morozaki20170402-02.jpg

【海底トンネル内】
morozaki20170402-03.jpg

【師崎】
morozaki20170402-04.jpg

【自転車】2016/5/13,15 愛媛県今治市~広島県尾道市

その他→サイクリング
01 /01 2017
しまなみ海道3回目。
1回目は1人で、2回目は奥さんと結婚前、3回目の今回は新婚旅行で。
電車旅行やテーマパークの旅行を組み込みながらうち2日間を自転車旅行に当てた。

自転車王国しまなみ海道。ホテルからホテルへの荷物の移動。
船を使っての輪行。
他に比べて圧倒的に多いサイクリスト。
食べるところもいっぱいある。
楽な道もあれば過酷な道を選ぶこともできる。
選択肢は豊富だし、今回選んだホテルは事前に調べた通りしっかりと部屋内に自転車を置くことができるという不思議。
置いていいんだとびっくりしたくらい。
海外の人とも走ったし、ブルべ中の人とも出会った。
出会いもたくさんあり非常に楽しい旅となった。


自転車好きな人なら新婚旅行にもいいぞ。
ただもちろんルートや天気や何かあった場合のプランB。
船の時間や電車の時間はしっかり調べておくととても楽しい。

shimanami160513-01.jpg
shimanami1605113-2.jpg
shimanami160515-1.jpg

【自転車】2016/9/10 滋賀県余呉町余呉湖

その他→サイクリング
10 /23 2016
色々あってスタート時間は16時。長浜駅。
今回走れる時間は3時間ほど。
長浜スタート奥琵琶を少し走ってそのまま火野正平のこころ旅でも行っていた余呉湖を一周してゴールにする。

2008年に琵琶湖を一周してから何度目だろう。
何度目というほどは走っていないけれども、奥琵琶まで走ったのはクロスバイクではGiantのCross3000で1回、オルベアaquaで1回。
それぞれ一周ないしはある程度走っているので見慣れたものだけれども、やっぱり奥琵琶はきれいだし何度来てもいいもの。
でも今回は一周が目的ではない。
琵琶湖らしい自転車乗りがたくさんいるという個人的には珍しい状況にでくわし(いつも人がいないところばかり行くから)、それはそれで感激しながら木之本町から先はちょっと奥琵琶を覗いて余呉町へ。
これが余呉湖か。
なにもないけどもそれがいい。
静かさときれいさと。
思わず10分ほどぼけっとしてみた。
こういう場所っていいよな。


【長浜駅】
okubiwa-160910-01.jpg
【奥琵琶】
okubiwa-160910-02.jpg
【余呉湖】
okubiwa-160910-03.jpg

【自転車】2016/6/4 岐阜県揖斐川町

その他→サイクリング
10 /16 2016
夜に大垣まで自走し北へ。
池田町を越え揖斐川町を揖斐川沿いに夜中に走り、朝一に養老鉄道の揖斐駅まで戻ってくるサイクリング。

さすがに誰も自転車乗りとは会わなかった。

夜の揖斐川沿いということで暗いし、ほんと暗い。
いくつものトンネルを越え道の駅「星のふる里ふじはし」で夜が明けてきたので引き返すことに。
もうちょいいけば星がたくさん見えそうだったんだけども、明るくなってぜんぜん見えない(笑
足湯も消毒中で入れなかったのが残念。

ここまでずっと真っ暗で道沿いの街灯だけがあかりという状況だったんだけども、復路がすごかった。
こんなにきれいな川沿いを走っていたのか、と。
朝の光を受けた揖斐川がすばらしく美しかった。

そして帰りは始発でいちおう家から30kmくらいの駒野駅まで輪行…というよりはサイクルトレインなのでそのまま乗っけて帰宅。
楽ちんすぎる。
そして養老鉄道も楽しいことこの上ない。
普段は走っているのを眺めるだけだけど、乗ってみるとこれもまた楽しいのである。

【道の駅 池田温泉】
ibigawa160604-01.jpg
【道の駅 星のふる町 ふじはし】
ibigawa160604-02.jpg
【揖斐川沿い】
ibigawa160604-03.jpg
【揖斐川】
ibigawa160604-04.jpg
【養老鉄道 揖斐駅】
ibigawa160604-05.jpg

【自転車】2015/12/27 三重県桑名市 松尾大社~七里の渡し

その他→サイクリング
04 /05 2016
年末に七里の渡しへ向かった。
中山道もだいぶ走ったし、次は東海道を少しずつ攻めてみるか、と。

まずは木曽三川公園から多度大社へ。
近くまでは何度も行ったことがあるけれども行ったことがない場所。
そこから南へ桑名の中央付近にあるらしい七里の渡しへと。

愛知から三重に入る瞬間のなんともいえない瞬間は何度行ってもいいもんだ。
そして松尾大社の荘厳さは予想以上。
見るべきところも多いし、裏手の天然プールも行ってみたら面白い。さらに奥へはいつかMTBで行ってみたいもの。

そこから南へいけばいいと思っていたけど、いやいや、普通に揖斐川沿いに下った方がよかったのでは、と。
緩やかな山道や丘の上への道はいいのだけど、自転車にまったく向いてないじゃないか(笑

南下し、東へ桑名市街。
七里の渡しは何度も標識で目指すべき場所を教えてくれるので楽。
楽だけど…七里の渡し公園から七里の渡しがちょっと距離あったので、探すのにちょっと手間取る。
そこかいな。ちょっと北に行ったところだったのか。
てっきり公園東から渡しのためのスペースあったんだろうなくらいに思ってた。

そして実際の七里の渡しの保存状態がきっとほぼこの状態でここから熱田まで行けたのか、と。
今じゃさすがに無理だよなぁ。でも昔は違ったっていうところにロマンを感じた。

【木曽三川公園から西へ、桑名市に入ったところ】
20151228-sitiri01.jpg

【多度大社】
20151228-sitiri02.jpg

【七里の渡し公園】
20151228-sitiri03.jpg

【七里の渡し】
20151228-sitiri04.jpg

【七里の渡し】
20151228-sitiri05.jpg

【自転車】2015/11/7 岐阜県関市~山県市~本巣市

その他→サイクリング
01 /07 2016
岐阜県関市のモネの池を見て、さてここから同じ道で帰るのか、それとも違う道を探すか。
もちろん後者でしょう。
もっと後戻りができない電車がまったくない山県市、そして樽見鉄道の終点のある本巣市へ。

まずは洞戸地域の終点道の駅ラステン洞戸へ。
そこから先は結構果てなく続く下り坂。
もう最高に気持ちがいい。
つまりは下ったらまた登るわけだが。

武儀川まで来たらひたすら本巣市に入るまでのゆるい下り坂。
国道418号線を行く。
途中は国道の南側の側道を行き谷合の地区からほぼ一車線の国道へと復帰する。
信号もないし、これぞサイクリング。
2015年は紅葉なんて見る間もなく暖かいまま紅くならないまま葉が落ちるというところも多かったけど、山間の道をひたすらいくので紅葉をずいぶん堪能した。

標高330Mの尾並坂峠さえ越えればもうそこは本巣市、樽見鉄道終点の樽見駅までもう少し。
そして到着。

うーん。
標高も結構あるし、そもそも電車の本数が少ない。
次の電車まで1時間ある。
もうこれは自転車で下った方が気持ちいいんじゃねということで、長い長い下りを堪能して瑞穂市のJR穂積駅から輪行で帰宅。

結果的に紅葉満喫の100kmライドでした。

【モネの池の近く。板取川】
tarumi01-151107.jpg
【道の駅ラステン洞戸】
tarumi02-151107.jpg
【山県市への下り256号線】
tarumi03-151107.jpg
【武儀川】
tarumi04-151107.jpg
【武儀川沿い国道418号線】
tarumi05-151107.jpg
【樽見鉄道樽見駅】
tarumi06-151107.jpg
【根尾川】
tarumi07-151107.jpg

【道の駅織部】
tarumi08-151107.jpg

【道の駅富有柿の里】
tarumi09-151107.jpg

【自転車】2015/11/7 岐阜県関市根道神社のモネの池

その他→サイクリング
01 /06 2016
秋深まる11月にモネの池と報じられ急に観光地化していった岐阜県関市の根道神社にある池を見に行ってきた。

長良川鉄道で湯の洞温泉口へ行き、スタート。
ここから30km弱。
もはや近くに電車というものはない。

長良川を下り、すぐに板取川との合流。
あとは板取川をひたすら上るだけ。
にしても板取川が綺麗すぎて。あとは道の両端に見える山の紅葉、肌寒さがとても心地いい。
秋っていう感じがした。

洞戸のあたりはモーニングをやっているところも多いし、ちょうどモネの池のあるあたりから北もけっこうのんびり食べるところもあるしで、疲れたら入れってご飯食べるところもいっぱい。
地図上では補給食もがっつりもっていかなきゃって感じがしていたので、これはありがたい。

ただただ絶景の中を走るので楽しいことこの上ない。
モネの池はすぐ見つかる。
9時というのにひとだかり。
けれども…
ここまでの絶景と比べるといまいち…というかこれは春から夏場にこの池をみたらすごくきれいなんじゃないだろうか。
秋だと池の中の藻が映えないよーな気が。
これはもう一回チャレンジするべきか。

そして神社近くの喫茶店は落ち着いた雰囲気でモーニングをゆっくり食べてきた。
それにしてもここから外を見てると結構自転車いっぱい走ってるのでびっくりした。
郡上からだとちょうどいいルートなのかもしれないな。

【湯の洞温泉口駅】
moneike-151107-01.jpg
【長良川】
moneike-151107-02.jpg
【板取川1】
moneike-151107-03.jpg
【板取川2】
moneike-151107-04.jpg
【モネの池】
moneike-151107-05.jpg
【モネの池2】
moneike-151107-06.jpg
【風土や】
moneike-151107-07.jpg

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。