【コミック】エム×ゼロ 10

コミック→M0
08 /07 2008
エム×ゼロ 10
叶恭宏
週刊少年ジャンプ連載
エム×ゼロ 10 (10) (ジャンプコミックス)エム×ゼロ 10 (10) (ジャンプコミックス)
(2008/08/04)
叶 恭弘

商品詳細を見る

バイバイ聖凪
また帰ってくる日まで――

エム×ゼロ 10』本分より


エム×ゼロ』最終巻。
お…終わってしまった。

九澄の諦めない心や誰に対しても優しい奴、
観月の果てしないツンデレ感、
柊の天然っぷり、
そのほかクラスメイトたちの騒がしくも楽しい友情。

そんな高校生活ってこんなに面白くていいんだと思いながら読みつづけていた10冊。
2年間非常に楽しく読むことができました。


ああもーー
なんで10巻で終わりなんだよっ。
もったいない。

まだまだ絡んでいないクラスメイトたちもたくさんいたし、執行部の面々や2年3年の上級生の話も読んでみたかった。

この完結ってのさえなければ、今回の記事は観月のお好み焼きとルーシーとプリンの話で盛り上がれたのに(笑
いや、もうほんと観月のお好み焼きは萌え尽きた。
最高です。
でもそれ以上にルーシーと九澄のふたりの絆には感動できたし、プリンの話のバカっぷりもかなり受けた。


次回作期待してます。
M0のコミカルで時々シリアスな展開大好きでした。

【コミック】エム×ゼロ 9

コミック→M0
06 /07 2008
エム×ゼロ 9
叶恭宏
週刊少年ジャンプ連載
エム×ゼロ 9 (9) (ジャンプコミックス)エム×ゼロ 9 (9) (ジャンプコミックス)
(2008/06/04)
叶 恭弘

商品詳細を見る

だけど今はそんな俺じゃない
たとえニセ者でなかったとしても臆せずあんたと対峙できるんだ
いつまでもダメな弟でいると思うなよ

エム×ゼロ 9』本文より


まだまだ燃え展開一直線で続く『エム×ゼロ』9巻。
そんな展開の合間にゴスロリ喫茶などを入れてくるんだから、なんという確信犯(笑

文化祭編も終了。
そして魔法試験2ndが行われる。

魔法試験もここまで各キャラクターの成長を見れると嬉しい限り。
特に今回伊勢の男気にはたまらないものがある。
最初はただのスケベなだけのヤツだったのに(笑

そんな奴が自分の壁を乗り越えていく様を見られるのはテンションあがる。


ロリな九澄の姉のすさまじい戦闘力も9巻の見所。
もはや魔法なくてもこの姉は最強すぎだろw


番外編の犬になって女子たちに抱き上げてもらったり、可愛がってもらおうという計画。
…うわ、これ「うたたねひろゆき」のマンガで似たようなネタ見たことある(笑
まさかエム×ゼロで見ることになるとは。

【コミック】エム×ゼロ 8

コミック→M0
03 /07 2008
エム×ゼロ 8
叶恭宏
週刊少年ジャンプ連載
エム×ゼロ 8 (8) (ジャンプコミックス)エム×ゼロ 8 (8) (ジャンプコミックス)
(2008/03/04)
叶 恭弘

商品詳細を見る

フン…
あんな部屋で2人だけになどさせるか

エム×ゼロ 8』本文より

柊父がいいキャラになってきたな(笑

表紙は執行部の面々。

8巻からは文化祭編。
しかもちょっとシリアス。
だけどもその中でもまだまだキャラクターは増えていく。

今回でまた執行部の話になったわけだけれども、3年生の執行部や九澄に不信感を抱くものが現れたりと飽きさせない展開が続いている。


ってか普通におもしろい。
いやいや、それどころかやっぱりクラスマッチ以降の展開が楽しくてしかたない。
学園モノ×魔法×ラブコメ×ちょっとシリアスってこんだけ楽しくなるもんなんだと再確認。

あれ?
今回愛花と九澄が一緒に行動してる。
いつもはジャマがなにかと入るのに(笑

九澄&愛花も文化祭の陰謀を阻止しようとがんばっているのだけれども、今回は執行部の支部長がメインの話になりそうなのでいつもと違った展開にも期待。

【コミック】エム×ゼロ 7

コミック→M0
01 /06 2008
エム×ゼロ 7
叶恭宏
集英社
週刊少年ジャンプ連載
エム×ゼロ 7 (7) (ジャンプコミックス)エム×ゼロ 7 (7) (ジャンプコミックス)
(2008/01/04)
叶 恭弘

商品詳細を見る

「前から言おうと思ってて……
ちゃんと九澄くんに私の気持ちを伝えようって」
「ちょ…柊…」
(なんですか急に~~!!? まさか柊が俺に…?)

叶恭宏エム×ゼロ 7』本文より引用

ベッタベタだったが思わず期待しちまったよヽ(゚∀゚)ノ

やはりクラスマッチ編以降がたいへん楽しい展開続き。
九澄だけじゃなく、個々のメンバーの個性がどんどん描かれるようになったからだろうなぁ。

7巻でも委員長や津川のエピソードがあったり、三国やミッチョンの活躍があったりとか。

青春モノとしても、バトル、コメディとしても着実に面白くなってると思う。
いろんな意味ですべてベッタベタで王道なんだけど、そこがすごくイイ!


九澄のおねーさんの登場と、久々に登場だったツンデレ観月の挙動が7巻の中でもGOOD!

【コミック】エム×ゼロ 6

コミック→M0
11 /07 2007
エム×ゼロ 6
叶恭宏
集英社
週刊少年ジャンプ連載
エム×ゼロ 6 (6) (ジャンプコミックス) エム×ゼロ 6 (6) (ジャンプコミックス)
叶 恭弘 (2007/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る

ずいぶんな自信だが…
本気で俺と渡り合えると思ってんなら身の程を知るんだな

エム×ゼロ 6』本文より引用

九澄のハッタリもすでに神レベル。
いや…それ以上にもはや頭の回転ものすごくないだろうかとすら思えてきた。

エム×ゼロ』6巻。
クラスマッチ編もついに完結。
そして過去へのタイプスリップ編も完結。

クラスマッチ編がもはや努力・友情・勝利という王道の展開。
正直いってものすごく読んでて面白かった。

クラスメイトたちや同級生たちの今まで背景キャラに等しかったキャラにもスポットがあたる展開だったし、それぞれの戦いも面白かった。
それまでクラスメイトが出ててもあくまで九澄と愛花メインのラブコメだったし。

次からの夏休み編以降のクラスメイトたちの活躍にも期待。
そろそろ生徒会にも再登場願いたいところ(笑


エム×ゼロ』がはじまった当初は『ToLOVEる』との見えないエロと見えるエロの戦いという見られ方をしていたが、思えば随分と遠いところに来たもんだ。
友情や努力と言ったものが絡んでくるような内容になるなんて思わなかったしなぁ(笑
展開も結構安定してきたし、内容も巻が進むにつれて面白くなってるから安心して読めるマンガになってきたと思う(笑

【コミック】エム×ゼロ 5

コミック→M0
09 /05 2007
エム×ゼロ 5
叶恭宏
集英社
週刊少年ジャンプ連載
エム×ゼロ 5 (5) (ジャンプコミックス) エム×ゼロ 5 (5) (ジャンプコミックス)
叶 恭弘 (2007/09/04)
集英社

この商品の詳細を見る

何 想像してた通りの事 言ってんのよ!!
そんなの何回もシュミレーションしてたからもう動揺なんてしないわよ!!

エム×ゼロ 5』本文より引用


エム×ゼロにツンデレ分がものすごく追加された(笑
4巻のときと5巻の観月のギャップが…


1巻が出た当初には「エム×ゼロ」と「ToLOVEる」とでパンツが見える見えない、どちらの方がよいかで論争されていたがもはやそんなのどうでもいい。
なんだかクラスマッチ編に入ってからものすごく燃え分と青春分が増えたことで王道漫画へと成長していってるんですけど…

まさかこんな面白くなるとは思わなかった。

九澄のクラスメイトたちの活躍の場面も随分増えたし、クラスごとのキャラも随分と個性的なのばかり。

生徒会といい部活動といい、キャラクターがものすごい数になってんじゃないだろうか(笑
それだけキャラが増えようとも影が薄いとかどうでもいいキャラが少ない気がする。
ということは今後さらに絡みが増えていい感じにドタバタしてきそうで期待。

【コミック】エム×ゼロ 4

コミック→M0
07 /07 2007
エム×ゼロ 4
叶恭宏
集英社
週刊少年ジャンプ連載
エム×ゼロ 4 (4) (ジャンプコミックス) エム×ゼロ 4 (4) (ジャンプコミックス)
叶 恭弘 (2007/07/04)
集英社

この商品の詳細を見る

いいんだよ
俺がどー思われっかより あいつらの無事の方が大事なんだし
― 『エム×ゼロ 4』本文より。

エム×ゼロ』4巻。
巻を重ねるごとにおもしろくなってきている気がする。

探検隊からクラスマッチ1回戦まで。


新キャラがっっ。
ツンデレ登場。
一種の妖精のようなのも登場。
1年生の他のクラスの強敵も登場。

次から次へと新キャラ出てくるけど、いままでも大分キャラは出てきている。
それでも普通にコイツこんなやつだったよなー、と覚えていられるのはある意味スゴイ。
キャラ立ちすぎ(笑

ただでさえキャラ多いのに、これからクラスマッチ編。
まだまだ個性的なキャラクターも出てくるんだろう。


柊もかなり九澄のことを信頼するようになってきたけど、初期にあった恋愛ありきの展開はどこへやら(笑
その分、色んなキャラとの関わりあいだったり、生徒会の仕事だとかでこの学校の世界観がどんどん広がってる感じ。


九澄に対するツッコミ役も出てきたことで、九澄のクサイ台詞が際立った4巻。
ってか九澄の台詞カッコよすぎじゃないだろうか(笑

5巻も期待。


(相変わらず鉄壁だなこのマンガ…絶対見えそうな場面ですらさっぱり見えないw。やっぱ「ToLOVEる」とはある意味対極だなぁ

【コミック】エム×ゼロ 3

コミック→M0
05 /04 2007
エム×ゼロ 3
叶恭宏
集英社
週刊少年ジャンプ連載
エム×ゼロ 3 (3) エム×ゼロ 3 (3)
叶 恭弘 (2007/05/02)
集英社

この商品の詳細を見る

「…そ そっかな
なんだか今日は九澄くんに励まされっぱなしだね
うん ガンバル」

エム×ゼロ』3巻。

1学期の魔法試験編。

orz
なんだよ これ…
騙されないぞっヽ(`Д´)ノ

柊があまりにかわいい件について。
そしておそらく柊は九澄に好意は持っていないであろう点。
。・゚・(ノД`)・゚・。

柊の半身が九澄の半身をかばったりしたのも柊の優しさだろうしなぁ。

脇役の人たちにもだんだんスポットがあたってきたことに期待。
乾の出番をっ


ただしくラブコメものになってきたような感じがする(笑

【コミック】エム×ゼロ 2

コミック→M0
03 /02 2007
エム×ゼロ 2
叶恭宏
集英社
週刊少年ジャンプ連載
kano-M0-02.jpg

「ち…違うったら 全然ないよ そんな事!!
友達だから心配してるのにそんな言い方ひどいじゃない!!
ね……ねえ九澄くん!!」
「そ…そーだな…」
「どっちがひどいのか…」

典型的片思いラブコメ+魔法学園もの「エム×ゼロ」2巻。
やはり2巻も鉄壁だった。
まったくもって見えそで見えん!!


それにしても
ひでぇよ愛花。・゚・(ノД`)・゚・。
少しは気持ちに気づいてやれよ
まったく相手にされない九澄が憐れで仕方ない(笑


それはそれで恋愛方面は一方的に九澄くんはがんばってるわけだけれども、果たして愛花のためだけに頑張るというのはいかがなものかと思いつつ…

ストーリーの方には進展が。
学校の中でも有名になりつつある九澄。
様々なことを経て現在所有している「M0」プレートにもどうやら秘密があるようだし、中でも特殊なことこの上ないもののよう。

伏線は着実に張られてるよなぁ。



愛花が天然なのにえらく可愛く見えるのは表情+特殊なフォントのためだけなのか。
いや、しかしなにはともあれ萌え分は十分補給できております。
それだからこそまだToLOVEるとは戦えるハズ(笑

エム×ゼロ 2 (2) / 叶 恭弘

【コミック】エム×ゼロ 1

コミック→M0
11 /05 2006
エム×ゼロ
叶恭宏
集英社
週刊少年ジャンプ連載
kano-M0-01.jpg

「ゴメン!! 事故 事故なんだ~~!!!」
「……もー…今回だけだよ?つ…次は怒るからね!!」

⊂⌒~⊃。Д。)⊃テラモエス


「プリティフェイス」の叶恭宏の最新作。

週刊少年ジャンプのある意味二大巨頭でもある「ToLOVEる」と「エム×ゼロ」の戦いの結果はいずこに。

見える「ToLOVEる」見えそうで見えない「エム×ゼロ」とも言われたわけだけれどもw


もうまったくもって見えない!(何がw
見えそうになっても決して見えない。
鉄壁!
だが、それがいい!

ただそれだけで「エム×ゼロ」派に付こうかとすら思える(笑


魔法学校という中で唯一魔法が使えないのにスゴイ奴と思われてしまった主人公がどうなっていくのかも楽しみなとこ。

エム×ゼロ 1 (1) / 叶 恭弘

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。