【コミック】ボーイズ・オン・ザ・ラン 10

コミック→ボーイズオンザラン
11 /16 2008
ボーイズ・オン・ザ・ラン 10
花沢健吾
ビッグコミックスピリッツ連載
ボーイズ・オン・ザ・ラン 10 (10) (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 10 (10) (ビッグコミックス)
(2008/06/30)
花沢 健吾

商品詳細を見る

最終話。
最終ページ。
最終コマ。
田西よ、
笑っているか。

ボーイズ・オン・ザ・ラン 10』裏表紙より

ボーイズ・オン・ザ・ラン』最終巻。
ついに読み終わった。

負けても負けても。
たとえなにも得られそうになくても自ら負けを認めなかった男の物語を最後まで読みきった。

ひたすら負け続けた田西の人生。
それでも、彼の人生は存在した、それだけは確かなものであって。
そして彼の周りに対して確実に影響を与えた。

そうか。
彼の存在にこそ価値があったのかもしれない。
決して無価値なものなんかじゃなかった。


それにしても田西はよくやった。
やりやがったよ、コイツは (;´д⊂

【コミック】ボーイズ・オン・ザ・ラン 9

コミック→ボーイズオンザラン
11 /15 2008
ボーイズ・オン・ザ・ラン
花沢健吾
ビッグコミックスピリッツ連載
ボーイズ・オン・ザ・ラン 9 (9) (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 9 (9) (ビッグコミックス)
(2008/04/26)
花沢 健吾

商品詳細を見る

「女にもフラれ、いい年して職も不安定。
才能も持たないのにジム通い。
よく生きてられるな。」
「生きてて、すいみません。」
「ほめたつもりだぞ。お前ですら、しぶとく生きられるんだからな」

ボーイズ・オン・ザ・ラン 9』本文より

ボーイズ・オン・ザ・ラン』9巻。
残り1冊。

とうとうラストもラスト。
あの女のイラっとくるような再登場を発端に事態はさらにややこしくなる。

ダメ人間はどこまで行っても負け続けるのか。
一片の幸せですら掴み取ることはできないのか。

いい奴で誠実で。
それでも幸せなんて一切訪れない。
人生も負けっぱなしで将来も見えてこない。

なにがあろうとも自ら負けを認めない田西はぜったい負けんな!
ここで負けを認めたらもう全てが終わっちまうんだからよ 。・゚・(ノД`)・゚・。


最後の最後までこのマンガは突っ走ってくれそうだ。
そしてこんなにも主人公を応援したくなるマンガも随分ひさしぶりだ。

【コミック】ボーイズ・オン・ザ・ラン 8

コミック→ボーイズオンザラン
11 /14 2008
ボーイズ・オン・ザ・ラン
花沢健吾
ビッグコミックスピリッツ連載
ボーイズ・オン・ザ・ラン 8 (8) (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 8 (8) (ビッグコミックス)
(2007/12)
花沢 健吾

商品詳細を見る

おひさしぶり。

ボーイズ・オン・ザ・ラン 8』本文より

(;゚д゚) ……
この言葉にこれほど驚愕を覚えるとは。
ゾゾゾゾゾときた。
なんであの女がこんなところにいるんだよ…
あ、なるほど。
あれだ。
絶対会いたくない元カノに会ってしまったような感覚だ、コレ…

ついにあの女が再登場の『ボーイズ・オン・ザ・ラン』8巻。
もうまったく…
これほど素で「氏ねばいいのに」と思わせてくれる女の子が出てくる話も珍しいよな(褒め言葉


そして、
絶対動くなよ。
そこ動くなよ田西!
行ってしまったらどん底のどん底まで行っちまうぞ!!


田西による救出劇で盛り上がった後に、まださらにドでかい物語が待っていようとは。

そろそろ田西にとってのはじめての幸せがつかめそうなところに、どうしてこんな人生の落とし穴みたいなのが仕掛けられてるんだ。
しかも一つだけじゃないし orz

とにかく読者としては「田西!踏みとどまれ!」という一言に尽きます。

【コミック】ボーイズ・オン・ザ・ラン 7

コミック→ボーイズオンザラン
09 /22 2008
ボーイズ・オン・ザ・ラン
花沢健吾
ビッグコミックスピリッツ連載
ボーイズ・オン・ザ・ラン 7 (7) (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 7 (7) (ビッグコミックス)
(2007/08/30)
花沢 健吾

商品詳細を見る

ヒーローは、助けに来ないって。
そーだよ。人生、全然都合よくないもん。
だから一生懸命、逃げてきたんだ。

ボーイズ・オン・ザ・ラン 7』本文より

花沢健吾ボーイズ・オン・ザ・ラン』7巻。

今までの負け組み人生をリタイア。
ボクシングをはじめ、そして人生で一番輝き始めた矢先。
ついに最大の事件が起こる。

が、しかし。

今までは「田西負けんな!コノヤロー!がんばれよ!」と読者として応援できていた展開だった。
でも一転して「田西氏ね!」とか思った人はいっぱいいるかと思う。
イライラして仕方ない。

だが、最後の田西の行動に対してだけは「勇気を出せ!立て!」と思った。
ここで田西が逃げたらもう逃げ場はどこにもない。

最後の最後で田西はきっとやってのけてくれると信じてる。
ってか信じたいものだ。

【コミック】ボーイズ・オン・ザ・ラン 6

コミック→ボーイズオンザラン
08 /28 2008
ボーイズ・オン・ザ・ラン
花沢健吾
ビッグコミックスピリッツ連載
ボーイズ・オン・ザ・ラン 6 (6) (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 6 (6) (ビッグコミックス)
(2007/05/30)
花沢 健吾

商品詳細を見る

強くなりたいんだろっ!
限界超えるぞっ!!

ボーイズ・オン・ザ・ラン 6』本文より

ボーイズ・オン・ザ・ラン』6巻目。
強くなるためにボクシングをはじめ、新たな片思いの予感、そして友人を得た田西。

なんだ…
この幸せな田西の現状は…

いままでと違って明らかに人生を楽しむことができるルートへ突入。
だけれども、どこか不安な感じがするのはなんなのだろう。

順調すぎる。
順調に楽しい時期に入ってきている。

けれども、もしここから田西が落っこちたら…。
なんだか何もかもを失くしそうな予感をさせる不気味な展開だな…。

【コミック】ボーイズ・オン・ザ・ラン 5

コミック→ボーイズオンザラン
08 /26 2008
ボーイズ・オン・ザ・ラン
花沢健吾
ビッグコミックスピリッツ連載
ボーイズ・オン・ザ・ラン 5 (5) (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 5 (5) (ビッグコミックス)
(2007/01/30)
花沢 健吾

商品詳細を見る

あんたは俺のへなちょこ人生変えた男なんだ!!
自分を棚に上げて言っちゃうけど、くよくよ悩んでても、時間もったいないねっ。
戦ってから考えましょう!!

ボーイズ・オン・ザ・ラン 5』本文より

ボーイズ・オン・ザ・ラン』5巻。
青山戦。

ついに田西が戦うときが来た。
好きな女を泣かせた奴を殴るためのケンカ。

盛り上がってきたぁぁぁ。

そしてヘタレ度も男気の描き方も最高だ!
さらなる話の続きへの展開も非常にイイ!!

読んでてこんなに応援したくなる主人公って珍しいかもしれない。
青山戦も「立て!こんなところで終わるんじゃねー」と心の中で思いながら読んでたしなぁ。

一区切りがつき、新たな展開がやってきそうな気配のあった5巻。
次はどう田西という男を見せてくるんだろうと期待してます。

【コミック】ボーイズ・オン・ザ・ラン 4

コミック→ボーイズオンザラン
08 /22 2008
ボーイズ・オン・ザ・ラン
花沢健吾
ビッグコミックスピリッツ連載
ボーイズ・オン・ザ・ラン 4 (4) (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 4 (4) (ビッグコミックス)
(2006/09/29)
花沢 健吾

商品詳細を見る

ここで逃げたら
俺、一生逃げ出しそうで

ボーイズ・オン・ザ・ラン 4』本文より

ボーイズ・オン・ザ・ラン』4巻目。

4巻読んでいる最中ずっとCHAGE&ASKAの「YAHYAHYAH」が脳内ミュージック。
まさにこれから殴りに行くときだけに。

今こそ田西の男を見せるときだ。
それにしても盛り上がりようは異常だ。
ボクシングを観戦し、ただ一発の必殺技を青山に入れるためだけの練習、あとはケンカの直前の心意気しか描かれてないのにここまで盛り上がるのか。

今まですべてから逃げ続けてきた男「田西」。
青山との戦いで一体なにを見せてくれるのか。
これはただただ楽しみだ。

【コミック】ボーイズ・オン・ザ・ラン 3

コミック→ボーイズオンザラン
08 /20 2008
ボーイズ・オン・ザ・ラン
花沢健吾
ビッグコミックスピリッツ連載
ボーイズ・オン・ザ・ラン 3 (3) (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 3 (3) (ビッグコミックス)
(2006/06/30)
花沢 健吾

商品詳細を見る

俺がっ、挫折する前に逃げ続けてきた俺が、
挫折っ、させてやるっ!!

ボーイズ・オン・ザ・ラン 3』本文より

青山氏ね
そして田西は青山をブン殴りに行け!


盛り上がってきた。
ホント青山は最低だな。

その青山を田西は惚れた女を泣かせた相手として殴りに行く。
なんだこの燃える展開は。
前巻までのいいひとでダメ男っぷりを見せてくれた田西とは大違いだ。
あんた今輝いてるよ。

でもさ…
ちはるちゃんもちはるちゃんでどうなんだ。
自分の不幸を田西に見せつけてるように見えなくもない…
そうでないことを祈りたいもの。
そうだったら田西が可哀相で仕方ない。

【コミック】ボーイズ・オン・ザ・ラン 2

コミック→ボーイズオンザラン
08 /18 2008
ボーイズ・オン・ザ・ラン 2
花沢健吾
ビッグコミックスピリッツ連載
ボーイズ・オン・ザ・ラン 2 (2) (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 2 (2) (ビッグコミックス)
(2006/03/30)
花沢 健吾

商品詳細を見る

あの時、怖くて怖くて…
こぶしを握りしめることもできなかった。
勝てるわけないけどさ、男ならやらなきゃいけない時があって、それがまさにあの時だったのに、何もできなかった。

ボーイズ・オン・ザ・ラン 2』本文より

ボーイズ・オン・ザ・ラン』2巻。

田西ぃぃぃぃ。・゚・(ノД`)・゚・。
男気を見せたと思ったと思ったら今度は運命の罠 orz
両思いだとわかった瞬間に、たった一つの失敗ではじまってもいない恋に終止符が打たれた。

田西に幸せは来るのか。
いや、掴みとることはできるのか。
その道のりは遠く険しいのだろう。
2巻の時点で大波乱だし。

いや、もう……なんていうか。
運命って残酷だな orz
同じ職場というのもあまりに気マズすぎる。


普通に考えたらこんな田西みたいにいいやつそこらにいないのにな。
田西に幸あれ

【コミック】ボーイズ・オン・ザ・ラン 1

コミック→ボーイズオンザラン
08 /16 2008
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1
花沢健吾
ビッグコミックスピリッツ連載
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1) (ビッグコミックス)ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1) (ビッグコミックス)
(2005/11/30)
花沢 健吾

商品詳細を見る

青山君は、向こう側に行くための壁を登っているけど…
俺はずっとダラダラ迂回しているだけなんだ。

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1』本文より

花沢健吾の『ボーイズ・オン・ザ・ラン』1巻。
『ルサンチマン』を読んでから花沢健吾のこの本はいつか読まなきゃいけないと思ったので完結した今から読んでみることにする。

「負け組」そう自嘲する人のどれだけ多いことか。
なんとなく生きてたらいつの間にか20代も半ばだったり、後半だったり。
あれ?
今までなんかしてたっけ。
なんもしないまま年齢だけ過ぎ去ってしまった主人公「田西(27)」の話。

痛い。
痛すぎる。
そしてなんだこの身にしみるような話は。

全部が全部あてはまるわけじゃない。

けれどもどこか自分とカスるところがある。


他人をうらやんで、でも自分はなにもできない。
でも幸せというものを実感してみたいとは思う。

わかる orz
それはよくわかる。
でもそれだけじゃ何にもならないんだよな orz


少なくとも主人公の田西、おまえにはまだ選択肢がある。
その選択肢があるうちにしっかり自分自身の決断で未来を切り拓けやがれ。
そう言いたくなったマンガだった。

主人公がダウナーなマンガなのは確かなのだが、どこかで応援したくなってくるなぁ。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。