【コミック】もっけ 9

もっけ 勿怪 9
熊倉隆敏
アフタヌーン連載
もっけ(勿怪) 9 (アフタヌーンKC)もっけ(勿怪) 9 (アフタヌーンKC)
(2009/07/23)
熊倉 隆敏

商品詳細を見る

田舎での暮らしだってそうだよ いずれ変わってく
その時 想い出ばかり見ていたら――
大切な人ときちんとお別れ出来なくなるかもしれない
そんなのもっともっと淋しくなるだけなんだよ!

もっけ 9』本文より

もっけ』最終巻。
あぁ……終わってしまったのか。

これを高校生の時に友人から面白いと聞いて、借りたりしていて数年たち、一気に買って再び読み始め。
思えばこれが妖怪モノを読むきっかけになった本かもしれないんだよなぁ。

京極夏彦を読み始め、そして岡野玲子の陰陽師や今市子の百鬼夜行抄へ至る最初のものだったように思える。

見えないはずの妖が見える姉と、憑かれてしまう妹。
彼女たちが妖怪たちと出会い少しずつ成長していく。

それが一気に顕著になった離れ離れになったエピソード。
ふたりが一緒だったのが当たり前だったけれども、お互いに別々の場所でも壁にぶつかって、ふたたび姉妹が一緒になって。
その離れた時間もふたりはしっかり成長しているのを見てなんかじーんときた。

そんな感慨を抱きながらあらためて1巻から表紙を眺めていくと月日を感じるなぁ。
この楽しく『もっけ』を読んだ日々もこれで一段落。
生活のいたるところにいる見えないものとの付き合い、非常に興味深く、そしてなにより楽しかったです。


9巻収録話
・ショウジョウ
・キツネマド
・ノヅチ
・ノジュクビ
・ノヅチオトシ
・ヒノデ

tag : もっけ 熊倉隆敏 アフタヌーン

【コミック】もっけ 8

もっけ 勿怪 8
熊倉隆敏
アフタヌーン連載
もっけ(勿怪) 8 (8) (アフタヌーンKC)もっけ(勿怪) 8 (8) (アフタヌーンKC)
(2008/08/22)
熊倉 隆敏

商品詳細を見る

お姉ちゃん困ってたら
飛んでくるから 元気出して
ねっ

もっけ 8』本文より

もっけ』8巻。
もう8巻かぁ。

離れ離れになってから、姉の静流の方がどんどん沈んでいく話ばっかりだったから最後の霊体の瑞生との会話は感動した。
なんにしても静流の方は今が正念場だな。
乗り切れたらいいんだけど。

妹の瑞生は人間としてもどんどん成長しているのが感じられるエピソードが多かったから、安心して読めるんだよなー。
ってか今巻なんかサービスシーン多くないか(笑


8巻収録話
・カゲトリ
・モノミゴイ
・カクレザトウ
・ノブスマ
・アクガレ

8巻は結構知らない妖怪多かったなぁ。
野衾はしっかり不気味な描かれ具合がすんごいよかった。

座頭のように、五体満足でない人が人として扱われなかった時に妖怪のように伝わった例は他にもあるけども、実に不思議な描かれかただよなぁ。
「向こう」に連れて行く存在、か。
「隠れ座頭」と「隠れ里」をかけたような感じなんだろうか。


次の巻ではそろそろ静流の明るい話が読みたいです(笑

tag : もっけ 熊倉隆敏 アフタヌーン

【コミック】もっけ 7

もっけ 勿怪 7
熊倉隆敏
講談社
アフタヌーン連載
もっけ(勿怪) 7 (7) (アフタヌーンKC) もっけ(勿怪) 7 (7) (アフタヌーンKC)
熊倉 隆敏 (2007/09/21)
講談社

この商品の詳細を見る

事はそう簡単じゃない 御前が請け負うには早過ぎる
俺だって 出来る事はわずかなんだ

もっけ 7』本文より引用


妖怪を見る姉と憑かれる妹の話『もっけ』。
最近は憑かれる妹ってわけじゃないような気がするけど。
姉は姉で周りにしっかりと理解してくれる人がいないから孤軍奮闘状態が続いてるな。
しかも責任感が強いだけに。


今回の目次
・ソラバヤシ
・ヌッペッポウ
・テオイモノ
・ノデッポウ
・バケジゾウ

野鉄砲は京極夏彦の巷説百物語で知ったけど、やっぱかなり凶悪だな。
凶悪というか悪いものを引き出させられるというか。

今回のテオイモノにしてもノデッポウにしても妖怪と人間とは共存しているよなぁ。
日常のなんでもないことなんだけれども、感情をたがが外れたように引き出させられる、そういった時には何かに憑かれているかもしれない。
なんかそういうのは分かる気がする。
別に妖怪が実在するしないは別にして。


ソラバヤシとバケジゾウは和んだ(^^


10月からアニメ化ということで

もっけ
http://avexmovie.jp/lineup/mokke/

tag : 熊倉隆敏 もっけ アフタヌーン

【コミック】もっけ 6

もっけ 6
熊倉隆敏
講談社
アフタヌーン連載
kumakura-mokke6.jpg

「会えるさ 今迄みたいな訳にはいかんがな
存在の仕方が変わっただけであいつはずっと俺達と一緒にいる」

妖怪ファンタジー第6巻。

瑞生は中学生に、静流は高校生に。
二人は離れ離れに。
それでもお互いに助け合うのではなく、お互い他人とは違ったものを持ちながらも強く生きようとする。


離れ離れになろうとも「もっけ」は「もっけ」だった。
彼女らが出会う怪異や妖怪はいわゆる悪というものではないし、人間次第で意味合いがまったく違ってくるものばかり。
妖怪は人間自身が生み出す、そういうものだよなぁ。


姉妹の祖母の話「オモカゲ」が6巻の中では一番好き。
虫の知らせ、といった言葉でよく使われるような至極ありきたりな話なんだけど、
それでも何故か実際にこういう「知らせ」みたいなのってあるよな…
願わくば、この「オモカゲ」のような想いは存在すると信じたいものです。

もっけ(勿怪) 6 (6) / 熊倉 隆敏

tag : 熊倉隆敏

【コミック】もっけ 5

もっけ 5
熊倉隆敏
講談社
アフタヌーン連載
kumakura-mokke5.jpg

「バッカねぇ叶うわよ。強く望めば」

妖怪ファンタジー5巻。

枝桜、照々坊主、六三、山姥、鎌鼬が5巻の内容。



てるてるぼうずてるぼうず~♪
あーした天気にしておくれー
(中略)
そなたの首をチョン切るぞ~♪

( ゚д゚)
そういえばこんな歌詞だったな。
3番だけど。
最終的におだてても最後には脅す、というのも人間の真剣さ、というかある種の呪いだよなぁ。


5巻に入って、一つ年をとった二人。
姉に関しては受験ということもあり、この土地に残るか去るか。
そんな決断をしなきゃいけない年齢になってしまう。
その想いの揺らぎによって今後いろんなのが寄ってきたりもするんだろな。



最後の話のカマイタチがめっさ可愛いんですが(笑

【コミック】もっけ 4

もっけ 4
熊倉隆敏
講談社
アフタヌーン連載
kumakura-mokke4.jpg

「私達も何にも思わなければ見る事も憑かれる事も無いのかもね」

妖怪物語第4巻。

4巻では
煙煙羅、三足蛙、雷獣、風の神、蛇帯、磯女が主役です。


風の神なんか
ニヤニヤしながら読んでしまったよ。
ついこの間後巷説百物語を読んでただけに(笑


人の目を煙らせるもの、人自身が招くもの、元から根付いていたもの
妖怪といっても様々だけれども、4巻は特にバリエーションが豊かだった。



えらく不思議な雰囲気を漂わせていた煙煙羅とか、傍から見たら絶対これは怖いだろ、っていう磯女の話が特に好き。

【コミック】もっけ 3

もっけ 3
熊倉隆敏
講談社
アフタヌーン連載
kumakura-mokke3.jpg

-「私共自体はいずれ消えるでしょう」


憑かれる妹と視える姉の物語。

豆男からケセランパサランまで。
妖怪とかが好きな人にはなんとも心地いい漫画です。


やはり3巻は「ダイナマコ」でしょ。
もともと厄神のはずなんだけれども、えらく親しみのある神として出てきたなぁ。

「今の有り様が変化して跡形もなくなったとしても、ほんのわずかな記憶さえ残ればいい」
というのがやけに心に残った。

現在ではしきたりから慣用句まで元々の意味というのは失われつつあるもんなぁ。

【コミック】もっけ 1~2

もっけ 1~2
熊倉隆敏
講談社
アフタヌーン連載
kumakura-mokke.jpg

"見える"姉と"憑かれる"妹の日常を描いたコミック。


柳田國男とか折口信夫とか鳥山石燕という名前にピコーンと反応した人はきっと楽しめるハズ(笑
水木しげるとか京極夏彦でも可


田舎町に住んでいる姉妹が色んな怪異と出会って右往左往…はしないな。
試行錯誤したりしながら怪異とうまく付き合っていく話。


妖怪好きは読んでみて損はないかと。
今のところ5巻まで出てる。
プロフィール

∀ki(あき)

  • Author:∀ki(あき)
  • 自由に生きてます。
    色々読んだり見たりしてます。

    リンクやトラックバックは自由にどうぞ。
FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
その他カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク