【小説】羊たちの沈黙

羊たちの沈黙 上下
THE SILENCE OF THE LAMBS

トマス・ハリス THOMAS HARRIS
訳:高見浩
新潮文庫
羊たちの沈黙(上) (新潮文庫)羊たちの沈黙(上) (新潮文庫)
(2012/01/28)
トマス ハリス

商品詳細を見る

レクター博士の目は栗色で、針の先ほどの赤い点の集まりが光を反射している。ときおりその点が火花のように飛び散って、彼の内奥を映し出すように見える。その目はクラリスの全身をとらえていた。

羊たちの沈黙 上』本文より

『ハンニバル』『ハンニバル・ライジング』の高見浩による新訳版で再読。
違和感がない。
これがクラリスであり、レクター博士だ。

前作の『レッド・ドラゴン』の後日譚であることをありありと伺わせながら、今度はクラリスやクロフォードを意識の深く深くに存在する悪に触れていく。
それがバッファロゥ・ビルの事件とリンクさせながらというのが興味深い。
決してハンニバル・レクターが主役でないのに、ここまでの存在感を出すわけだもんな。
善良である何者に対しても悪は存在している、そしてそのきっかけはその人のどこかの時代にあるんじゃないかと思わせてくれるところがまた…

読者自体にもハンニバル・レクターは触れてくるんよなぁ。
いい読書体験でした。

tag : 羊たちの沈黙 トマス・ハリス 高見浩 新潮文庫

【小説】ハンニバル 下

ハンニバル
HANNIBAL

トマス・ハリス THOMAS HARRIS
訳:高見浩
新潮文庫
ハンニバル〈下〉 (新潮文庫)ハンニバル〈下〉 (新潮文庫)
(2000/04)
トマス ハリス

商品詳細を見る

「片手に希望、もう一方の手に糞、どっちが先に重くなるか」クラリスは言った。孤児院におけるこの格言を、クラリスのように美しい女が言い放ったのだから、さぞや不快に聞こえたに違いない。が、レクター博士の顔は楽しげで、わが意を得たような表情すら浮かべていた。

ハンニバル 下』本文より

トマス・ハリスの『ハンニバル』下巻。

様々な人を通してハンニバル・レクター博士像が描かれた上巻。
そして下巻ではハンニバル・レクター博士という人物のフィルタで通して個人が描かれる。

メイスン・ヴァージャー、クラリス・スターリング、バーニー、ポール・クレンドラーetc.
登場人物たちがレクター博士と関わることで、自分自身の中の迷宮に捕らわれていく様は圧巻。

実にゾッとする描写が多かった。
決して動的なものではなく、じわじわと迫ってくるような迫力の心理描写だった。
もちろんそのゾッとさせられる描写の影響はハンニバル・レクター博士というのは当然。
しかしこの物語においてレクター博士が主役というわけでもない。
登場人物によって語られ、また登場人物に多大な影響を及ぼしている存在であるというだけなのになんだこの圧倒的な存在感は。


それにしても彼らがレクター博士と関わることがなければ、自身の奥底にある原体験に気づくことなく平凡に幸せに生きていけただろうに。


映画とはまったくと言っていいほど違う内容に満足。
これはそのまま映画化しても面白くないよな…
映画には映画の魅せ方、小説には小説の読ませ方があるという典型例だと思う。

tag : ハンニバル トマス・ハリス 高見浩 新潮文庫

【小説】ハンニバル 上

ハンニバル
HANNIBAL

トマス・ハリス THOMAS HARRIS
訳:高見浩
新潮文庫
ハンニバル〈上〉 (新潮文庫)ハンニバル〈上〉 (新潮文庫)
(2000/04)
トマス ハリス

商品詳細を見る

一人の人間のなかで、ある資質が別の資質を抹消し去ることは決してあり得んのです。それは両立するのですよ、良い資質と恐るべき資質とは。

ハンニバル 上』本文より

トマス・ハリスの『ハンニバル』の上巻を読了。
かなり長い間にわたって積読したが、そろそろ読むときだろうとひっぱりだしてきた。

前作の主人公クラリス・スターリング捜査官が窮地に陥る。
そのとき、かのハンニバル・レクター博士から一通の手紙が届いたことからすべては再び動き出す。


文章の言い回しが相変わらず恐ろしく耽美だ…。
それに加えてキャラクターたちの思考の深さの描写がすさまじい。
ハンニバルと関わることによって対面せざるを得なくなった自分の中の闇。
自らの中の相反するような感情の中で思考の行き着く先を探し求めるかのような…

そうした描写を取り込みながら「ハンニバル・レクター」という人物を掘り下げていく内容とはな。
映画版では映像ゆえにハンニバルは明らかに主役なのだけれども、原作であるこの小説ではあくまで脇役。
脇役どころかほとんど出てこない、実際には。
それでもキャラクターたちの証言や過去の話によってレクター博士の輪郭が強烈な印象を残してくれる。

上巻でようやくレクター博士が表舞台に出てこざるを得ないような状況はできあがった。
さて、下巻でどんな内容が待ち受けていることやら。

映画と比べてもおそろしく心理描写が多いのでまったく知らない場面が多々ありそうなので期待です。

tag : ハンニバル トマス・ハリス 高見浩 新潮文庫

【小説】レッドドラゴン[決定版]

レッドドラゴン[決定版] 上下
RED DRAGON

トマス・ハリス Thomas Harris
翻訳:小倉多加志
ハヤカワ文庫NV
レッド・ドラゴン 決定版〈上〉 (ハヤカワ文庫NV) レッド・ドラゴン 決定版〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
トマス ハリス (2002/09)
早川書房

この商品の詳細を見る

「君がわたしを捕まえたわけは、わたしたちが瓜二つだからさ」

レッドドラゴン 上』本文より引用


ハンニバル・レクター」シリーズの1作目。
1981年に出版。
もう25年以上前か…

[決定版]にはトマス・ハリスによる序文を収録。
あらためて読んでみるとものすごい小説だ…
いま読んで見ても目新しいし、登場人物についてここまで深く掘り下げながら描かれた小説ってのもなかなかないだろうと思える。


ネタバレありの感想は続きにて。

more...

tag : トマス・ハリス レッドドラゴン ハンニバル・レクター 小倉多加志 ハヤカワ文庫

【小説】ハンニバル・ライジング 下

ハンニバル・ライジング 下
HANNIBAL RISING

トマス・ハリス THOMAS HARRIS
訳:高見浩
新潮文庫
thomas-hannibalrising2.jpg

「人を愛せるどんなものが、あなたのなかに残っているの?」

トマス・ハリスの「ハンニバル・ライジング」下巻。

医学の道を選び、そしてあのレクター博士になる過程…と思っていたが、どうもそうではないらしい。


あのハンニバル・レクターはもとから存在していた。
だからこの物語は「ハンニバル・レクターの人生の一部を切り取ったもの」なんじゃないだろうか。

すべてのピースがぴたっ、と当てはまるようなものではないし、けれども彼の奥深さは余計に魅力的に見えるようになった。

これまでと違ってサスペンス的なものから復讐劇にジャンルが変化した。
でもなぜか同じ系譜のものとして読めてしまう。

日本文化を愛し、和歌を理解し自らも詠むレクター。
そんな多感で繊細な人がなぜ復讐を行おうとするのか。
自らの閉ざされた痛ましい記憶を無理に呼び起こそうとする様はものすごく痛々しく思えた。

そこまでするのは何故…
レクター少年の紫夫人に対する愛と徐々に蘇る過去の鮮烈な記憶と獣のような衝動が同時にこの人物の中に同等に存在しているのがなんとも恐ろしい…。




トマス・ハリスはなぜここまで日本の文化を理解しているのだろう。
読んでて自分の無知をかなり知らされた気がする。
感覚的には分かる。
けれどもその元となる書物などのことには実際に触れたことがない。
読まなきゃなぁ。
読んでみて、またこの「ライジング」を読むと余計に混乱しそうだ。

それほどにまでレクター少年とはまるでカオスのようだった。

ハンニバル・ライジング 下巻 (3) / トマス・ハリス

tag : ハンニバル・ライジング ハンニバル・レクター トマス・ハリス 新潮文庫

【小説】ハンニバル・ライジング 上

ハンニバル・ライジング 上
HANNIBAL RISING

トマス・ハリス THOMAS HARRIS
訳:高見浩
新潮文庫
thomas-hannibalrising.jpg

「きみは、あらゆることを記憶したいかね?」
「うん」
「あらゆることを記憶すると、苦痛が伴うかもしれないよ」
「それでも記憶したいな、何もかも」

トマス・ハリスの新刊「ハンニバル・ライジング」。
前作「ハンニバル」より7年。
ついに新刊というのを目にした。

長かった。
っていうより待ってなかったからそういうのではないけど(笑

なかなかでないことくらい分かってたしなぁ。
「羊たちの沈黙」から「ハンニバル」よりは短いスパンなのがなにより。


舞台は1941年リトアニア。
ハンニバル・レクター12歳の時から物語ははじまる。


これはあれだな。
下巻を読んでから感想等を書こう。


レクター博士の片鱗が色々見え隠れするのがもうーーーーーーー。


確か映画「シカゴ」だったか。
DVDの特典映像でロブ・マーシャルかリチャード・ギアだったと思うがこんな言葉を言っている。

「悪人が嫌いなやつはいない」

読んでてこの言葉がしっくりきた。
確かに。
あの「ハンニバル・レクター」になる過程を、それを楽しみに読んでいる。
たとえそれがレクター少年にとって過酷な運命を辿っているのを知っていながら。

次に読めるのは何年後か。
噛み締めて下巻を読みます。

ハンニバル・ライジング 上巻 (1) / トマス・ハリス

tag : トマス・ハリス ハンニバル・ライジング ハンニバル・レクター 新潮文庫

【その他】羊たちの沈黙

羊たちの沈黙
THE SILENCE OF THE LAMBS

トマス・ハリス
新潮文庫
thomas-lamb.jpg

「彼は明確に見抜く―彼が私を見抜いているのは確かだ」

レクター博士のシリーズ第2弾。

なにげなく再読してみたら、レクター博士とクラリスのやりとりってある意味エロティックだよなぁ。
相手を好きというわけではない、それでも総てを見抜いてしまう。
そんなところにエロさみたいなのをなんか感じる。

相手の考えが分かってしまうのには思考能力が相手より勝っている必要がある。
じゃあこのハンニバル・レクターという人物は一体何者なんだ!
そんな常人には理解できない人物、そしてクラリス捜査官が追う常人には理解できない事件。

そんな世界、そんな人物たちのやりとりを読み進められるのは読書家として大変楽しいものです。


トマス・ハリスがもっと多作家だったらなぁ、と思う。
プロフィール

∀ki(あき)

  • Author:∀ki(あき)
  • 自由に生きてます。
    色々読んだり見たりしてます。

    リンクやトラックバックは自由にどうぞ。
FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
その他カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク