【コミック】エマ 10

コミック→エマ
09 /26 2009
エマ 10
森薫
コミックビーム連載
エマ 10巻 (BEAM COMIX)エマ 10巻 (BEAM COMIX)
(2008/04/25)
森 薫

商品詳細を見る

生きたと言えるような人生を生きたいから
やったと言えるだけの事をやりたいのよ
私にとっては自分の恋愛や結婚よりも今の生活の方がそう思える

エマ 10』本文より

番外編3冊目。
今度こそ最後の1冊。
もちろん最後のエピソードは結婚式の『エマ』10巻!

『その後』のエレノアさんに撃沈。
うわ、ちょ…かわいすぎるわ ⊂⌒~⊃。Д。)⊃

アデーレさんは相変わらずカッコいいし、ジョーンズの青年時代は実にやはりというかマジメだな(笑

番外編というよりはエマという世界観をより広げた感じがする3冊でした。
本編よりも面白いと言っても過言ではないんだろうか。

やりたい放題というよりもエマとジョーンズという二人の話が『エマ』という物語なだけに、個性的なキャラクターたちがもっと活躍して欲しいのにっと読者と思っていたのも事実。
それをまさか3冊にも渡ってやるとは思わなかったけれども非常に満足です。

特に最後のエピソードの結婚式はもうすばらしいの一言。
これでもかというほどキャラクターというキャラクター総集結。
あぁもうなんか。
いいよなぁ。
大団円ってこういうもんだよなぁ。
本編で彼らふたりの間にはいくつもの壁が立ちはだかっていただけに、見ていて幸せ感が伝わってきた。
おめでとうとでも言いたくなります(笑


こんなのを見せられたとあっては、次はどんだけマニアックな世界観を圧倒的な愛で描いてくれるんだろうと期待せざるを得ないです(笑

【コミック】エマ 9

コミック→エマ
09 /18 2009
エマ
森薫
コミックビーム連載
エマ 9巻 (BEAM COMIX)エマ 9巻 (BEAM COMIX)
(2007/09/25)
森 薫

商品詳細を見る

頼まれてたのは全部買った!!
さーて自分のもの買うぞー!!

エマ 9』本文より

ポリーとアルマのお買い物話がなにげにいい (*´Д`)
実になにげないいつもの風景だけれども。
どんだけ資料探して書いてるんだコレ。
普通の町の片隅という片隅を描きまくってる力作に思えてならない。

そんなものがあると思いきやピロートークに非常に近いヴィルヘルムの話があったり(ベッドの上だけで短編作っちまうんだからスゴイとしか言いようがない。)
なにげに見たかったジョーンズとハキムの話があったり。

まさに番外編だよなぁ。
いや、こういうのがないと見れないものばかり。

番外編にもほどがある「三人の歌手」も見もの。
うわー。
これ森さん…
オペラの舞台描きたかっただけなんじゃ(笑
いやいや、それはおいといてもかなりいい話でした。


番外編も残り1冊。

【コミック】エマ 8

コミック→エマ
09 /14 2009
エマ
森薫
コミックビーム連載
ビームコミックス エマ 8巻(通常版)ビームコミックス エマ 8巻(通常版)
(2007/03/26)
森 薫

商品詳細を見る

悲しみは年月が癒すという
思い出すのは楽しかった記憶ばかりだ

エマ 8』本文より

エマ番外編のはじまり。

エレノアの話こいーー、と思っていたら本当に収録されていてびびった。
内容に文句なし!
その後の話なわけだけれども、これがまた…
失恋後だけにどんな話だろうと思っていたら。
おおお。
こう乗り越えたのか!?


いやいやそれ以上に衝撃的だったのは万国博覧会に行くケリーの若き日の話。
ここでっ。
まさか7巻でエマとジョーンズの話が完結したあとに、若き日の、それこそエマを育てたと言っても過言ではない彼女の話が出てくるとは…

番外編最初に持ってくるとはあまりに驚き、そして内容もぐっとくるものであった。
まるでエマという主人公の話を追随するかのような過去の話だもんなぁ。


これはもしかしたら
番外編は単なる外伝的なものじゃなく、単純に短編としての濃さや物語で語られなかったこと、描かれなかった文化のあれこれを描いてくれそうだ。
9巻も楽しみだ。

【コミック】エマ 7

コミック→エマ
09 /10 2009
エマ
森薫
コミックビーム連載
エマ (7) (Beam comix)エマ (7) (Beam comix)
(2006/05/25)
森 薫

商品詳細を見る

何があっても僕があなたを守りますから

エマ 7』本文より

くっ…
まさかこんなありきたりな言葉にぐっと来るとは。
そんだけ王道という王道をロマンチックに見せてくれやがって!
ブラヴォー!

エマ』本編最終巻。

貴族とメイド。
封建的な社交界においての異端の恋を描いたエマも完結。

あまりに身分違いであるがゆえの周囲の目もあるだろう。
それでもこのふたりの覚悟は確固たるものだった。

はぁ…
もう…
いいもの読めたなぁ。

当時の文化の再現というか、調べに調べ尽くしたかのような文化への愛をひしひし感じる物語背景にもたいへんハァハァできました(笑


8巻以降は番外編。
あくまでエマの主役はあのふたりだっただけにあの人やあの人が描かれるのではないかとうずうず。
まぁエレノアが描かれたらそれだけで満足できそうなんですけど (*´Д`)

【コミック】エマ 6

コミック→エマ
09 /08 2009
エマ
森薫
コミックビーム連載
エマ (6) (Beam comix)エマ (6) (Beam comix)
(2005/08/31)
森 薫

商品詳細を見る

なぜそこまで社交界というものにおもねる必要があるんです!?
なぜそこまで!!
さんざん成り上がりと軽蔑されて 母さんを追い出した人たちに……

エマ 6』本文より

おおお。
身分違いの恋に社交界という閉ざされた世界の力が及んできた…

作中の『ゼンダ城の虜』という本もそうだったけれども、エマとジョーンズがどう乗り越えるのかが楽しみ。

今までのように周囲の理解を得られないとかそういうものではない。
圧倒的な力だもんな。
これが身分というものかというのを見せ付けるかのごとく。

ここまでくると物語りもそろそろ終盤だなぁ。



エレノアのくるくる変わる衣装が毎度のことながら見ているだけでも非常に楽しいです。

【コミック】エマ 5

コミック→エマ
08 /26 2009
エマ
森薫
コミックビーム連載
エマ (5) (ビームコミックス)エマ (5) (ビームコミックス)
(2005/03/31)
森 薫

商品詳細を見る

ただ 
この国の階級制度には少々腹の立つ思いもさせられてきたからね

エマ 5』本文より

ゆっくりとしたペースで読んでます。

エマ』5巻。

離れ離れになったエマとジョーンズに新たな展開。

さぁいよいよ英国社交界の中のどろどろした話へ突入か。
栄華で煌びやか、どこかゆっくりとした時間が流れていた中での身分の離れた恋模様。
それが一転、ついに許されぬ恋が描かれるわけか…

まさに時代の荒波に逆らうかのようなことになりそう。
今までも家々の伝統っていうものをメイドの立場や主人の立場で描いてきただけに、ね。
もはや主人となる者にとってはただ自分ひとりのために家を没落させるわけにもいかないわけだしなぁ。


相変わらず背景や衣装の楽しいこと楽しいこと。
森薫の魂を見た気がする…
なんだこの細かさと懲りようは!
こういうの大好きです。

【コミック】エマ 4

コミック→エマ
04 /05 2009
エマ
森薫
コミックビーム連載
エマ (4) (Beam comix)エマ (4) (Beam comix)
(2004/05/26)
森 薫

商品詳細を見る

あの時 とにかく追いかければよかったか
行き先も知らないのに? 探せば…どうやって?

エマ 4』本文より

随分久しぶりに続きを読んだ。
3巻読んでから1年か…
3巻ってどんな内容だっけ。

などと思っていたけれども読んだらすぐに思い出した。

さてさて悲恋と成就しそうな恋とが入り乱れてまいりました。
そうとなれば、本編はここから。

それにしたってエレノアの恋を語るのにロッシーニのオペラを引き合いに出してくるのかよ。
なにこの構成。
ぴったりすぎてぐぅの音もでない(笑

それだけじゃない。
彼女の心情を見るのにも衣装から髪型からもういったいどこまで凝ってるんだよ。
もう素晴らしい素晴らしい。
グッドです。
ちょっと昔のイギリス大好きーな人にはたまらんです。

それに次から次に出てくるメイドさんたちにも癒されます。


やっぱ「時代」ってものをしっかり考証したうえで描かれてる話って大好きだ ⊂⌒~⊃。Д。)⊃

【コミック】エマ 2~3

コミック→エマ
03 /14 2008
エマ 2~3
森薫
コミックビーム連載
エマ (3)エマ (3)
(2003/11/25)
森 薫

商品詳細を見る

「幕間は終わりだそうだ」
「第二幕が始まるか 役者がもつのか」
「小さい頃から忍耐力だけは鍛えられてる なにしろあの先生に教わったんだからね」

エマ 3』本文より

2巻で世界観や登場人物紹介のプロローグも終わり、3巻からついに動き出したストーリー。
さぁいよいよ第2幕。

3巻からからエマの新メイド服!?
なにこの微妙な違いのこだわり方(笑


一言一言の言い回しや、セリフのないこまの使わないコマがかもし出すなんとも言えない空気が非常にいい。
背景や小道具などがかなり凝ったところまで描かれてるっていうことから、その1世紀以上前のイギリスの空気のようなものを感じられるのかもしれないけど。

そんなこだわりの一つ一つが読んでて気持ちいい。

【コミック】エマ 1

コミック→エマ
03 /01 2008
エマ
森薫
コミックビーム連載
エマ (1) (Beam comix)エマ (1) (Beam comix)
(2002/08/26)
森 薫

商品詳細を見る

メイドさんは好きですかー
イギリスは好きですかー

森薫エマ 1』あとがきより引用

大好きでーすヽ(゚∀゚)ノ

こういうのが読みたかった。
後輩に薦められてからいつかは読もうと思っていたが、これほどまでにジャストミートな本に出会うことになるとは。


19世紀末のロンドン。
まだまだ身分の差っていうのがあった時代の恋愛モノ。

ロンドンの町並みにしても、家の中の家具にしてもものすごく凝ってる。
時計にしても車にしても、港にある船にしても。
そのうえエマが走るシーンではしっかりスカートを押さえていたりとか、なんかぶわっとなってたり、メガネを外すシーンがあったりと…
この作者分かってるよっ(笑
以前に「シャーリー」を読んだときも思ったけど。


イギリス好きでメイド好きな人にはたまらんです(笑

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。