【コミック】ガウガウわー太2 5

コミック→ガウガウわー太2
12 /17 2009
ガウガウわー太2 5
梅川和実
コミックREX連載
ガウガウわー太2 5 (IDコミックス REXコミックス)ガウガウわー太2 5 (IDコミックス REXコミックス)
(2009/09/09)
梅川 和実

商品詳細を見る

――決まったんだ オヤジ
オレの生き方は

ガウガウわー太2 5』本文より

ガウガウわー太』最終巻。
完結!

ラスト3話がすごくよかった。
このマンガがもっとも伝えたいこと、たぶんその一番重要な場面との対峙。
その描き方が 。・゚・(ノД`)・゚・。

また彼らの行く先への決断と決意も、ね。
彼らの未来に幸あらんことを(笑


人間と動物たちを繋いできた物語もこれでラストか…
もっとも幸せなラストが読むことができてよかった、まさにそれに尽きます。

【コミック】ガウガウわー太2 4

コミック→ガウガウわー太2
12 /17 2009
ガウガウわー太2 4
梅川和実
コミックREX連載
ガウガウわー太2 4 (IDコミックス REXコミックス)ガウガウわー太2 4 (IDコミックス REXコミックス)
(2008/11/08)
梅川 和実

商品詳細を見る

故意に動物を外に逃がすのは論外ですが
ウッカリ逃がしてしまった時も
赤ちゃんが出来たら動物を手放さなければならないと言われた時も
正しい知識を持っていれば何も迷う事はないんですよ

ガウガウわー太2 4』本文より

そろそろラスト『ガウガウわー太2』4巻目。
委員長がっ。
委員長が表紙ということはついにフラグが折られる時が…
と思ったらこういう終わり方するわけね。

そして遠藤の出番がさっぱり orz
分かっちゃいたけどさ(笑

2の4巻目は鳥類との付き合い方。
そしてアニマルセラピーの現状について語られる。

より一層、日本のペットとの付き合い方を考えさせられる話となっていた。
こうやって意外と知られることのないような動物事情を読んでみるといろいろと考えさせられるし、知ることもできる。

動物と人間の共存の仕方。
これが最終巻でどういったことを作者は伝えてくれるんだろうかと楽しみです。

【コミック】ガウガウわー太2 3

コミック→ガウガウわー太2
01 /18 2009
ガウガウわー太2 3
梅川和実
コミックREX連載
ガウガウわー太2 3 (3) (IDコミックス REXコミックス) (IDコミックス REXコミックス) (IDコミックス REXコミックス)ガウガウわー太2 3 (3) (IDコミックス REXコミックス) (IDコミックス REXコミックス) (IDコミックス REXコミックス)
(2008/01/09)
梅川 和実

商品詳細を見る

人間はたくさん間違える 欲望に負けてしまう
―だけど気づくことができる
人は成長する生き物なんですよ

ガウガウわー太2 3』本文より

ガウガウわー太2』3巻目。
クライマックスも直前。
おそらく最後の登場人物であろう重要な人物も出てきたし。

たぶんこの物語がたどりつきたいというところも、太助と犬福の会話から見て取れる。
それにわー太の異変からも、2巻の衝撃の内容と結びつきそうな気すらするし…


もちろんラブコメとしてもそろそろ終盤。
しっかりとひとつひとつ伏線を回収してきている感じがする。

特に今回は遠藤がなぁ。
もう…確かにこの子はワガママだけどほんとにいい子だよなぁ 。・゚・(ノД`)・゚・。


で、次は委員長ですか。
どうなることやら。

【コミック】ガウガウわー太2 2

コミック→ガウガウわー太2
01 /04 2009
ガウガウわー太2 2
梅川和実
コミックREX連載
ガウガウわー太2 2 (2) (IDコミックス REXコミックス)ガウガウわー太2 2 (2) (IDコミックス REXコミックス)
(2007/03/09)
梅川 和実

商品詳細を見る

動物が大好きな人間が"この動物は不用だから"といった人間の幸せのためにその動物の命を絶たなければならない――
それはどんな拷問でしょうか
獣医師は願います
どうか今日は 動物を持ち込む人が来ませんように
放浪犬がみつかりませんように 今ここにいるコに迎えが来ますように

ガウガウわー太2 2』本文より

ガウガウわー太2』2巻目。

ああっ。・゚・(ノД`)・゚・。
このエピソードはっ。
このエピソードは反則すぎるだろ。

今までの動物をめぐるエピソードもたくさんあったけれども、保健所での殺処分エピソードほどの衝撃を受けたものはない。
しかも作者が実際に体験したこと、そして現状や保健所とはどういったところなのかを調査した上でのエピソードだもんな…

破壊力が大きすぎるというか、これこそ太助たち獣医師を目指す人たちにとってもあまりにも大きな壁。
動物と人間を繋ぐ重要な獣医師という存在のもうひとつの一面。

この現状を知った太助やみさと先輩はどう変わっていくのだろう。
「2」からラストスパートに入っているであろうということはよく分かっていたけれども、これほどのターニングポイントが待ち構えていたとはなぁ。

良くも悪くも、彼らは今後なにかしら変わるんだろうな…

【コミック】ガウガウわー太2 1

コミック→ガウガウわー太2
11 /14 2008
ガウガウわー太2 1
梅川和実
コミックREX連載
ガウガウわー太2 1 (1) (IDコミックス REXコミックス)ガウガウわー太2 1 (1) (IDコミックス REXコミックス)
(2006/07/07)
梅川 和実

商品詳細を見る

だが安心しろ
私は社の味方だ
これが私の『仲間』という言葉の意味だ
それでは不服か?

ガウガウわー太2 1』本文より

ガウガウわー太2』1巻。
「2」とついているけれども、なんの区切りもなくそのまま修学旅行編の続き。

あーもー。
委員長の株があがりまくりだ、どうしよう(笑
まさかこんだけ可愛いやつになるとはな。

すでにクライマックスに入っているので迷いのない太助は見ていて気持ちいいもんだ。
あとはまっすぐ進んでいくだけ。

その前に太助はいろいろと複雑になってきたみさと先輩たちとの関係をどうするかだよなぁ(笑


また父親や太助の動物と話す能力という物語の根幹を成す部分も出てきはじめたので、本当にラストに向かっているんだなと実感した。
こういう展開はやっぱりゾクゾクしてくるなぁ。
期待は膨らむばかり。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。