【コミック】DOLL MASTER 5

コミック→DOLL MASTER
12 /08 2006
DOLL MASTER ドール・マスター 5
井原祐士
メディアワークス
電撃大王連載
ihara-dollmaster05.jpg

「例え人に似た形があったとしても
人がそこに想いを寄せなければ それはただの「物」でしかない」

最終巻……最終巻!?


傀儡の一端は確かに見えた。
御文の思惑と、傀儡をなぜ狙うのかも分かった…
けれども、けれどもなぁ。
もう少しだけ描ききってくれればっ、と思わずにはいられなかった。


ラブコメとしてもフィギュアの作り手と消費者側から見た世界としても楽しめた。
こういうジャンルはなかなか描かれないからなぁ。

雛子が少しずつ育っていく様としての物語はちゃんと一つの締めくくり、オリジナルものへの挑戦が見れたのでそこそこに満足です。

DOLL MASTER 5 (5) / 井原 裕士

【コミック】DOLL MASTER 4

コミック→DOLL MASTER
12 /08 2006
DOLL MASTER ドール・マスター 4
井原祐士
メディアワークス
電撃大王
ihara-dollmaster04.jpg

「私が作りたいと思っていたのは「商品」じゃなくて「作品」なんだわ」


ほのぼのフィギュアものとしては終わり、人形の「傀儡」や「式神」の話がメインになってきた。


「久具津」って苗字は「傀儡」に通じてたことに今更気づいた orz
苗字なんてめったに出てこないからなー。

雛子のフィギュアの原型師としてもひとつの壁を乗り越えたし、もう残るはシリーズ最大の謎のみ!

次で最終巻……なのか!?

DOLL MASTER 4 (4) / 井原 裕士

【コミック】DOLL MASTER 3

コミック→DOLL MASTER
12 /07 2006
DOLL MASTER ドールマスター 3
井原祐士
メディアワークス
電撃大王
ihara-dollmaster03.jpg

「この久具津摩耶の第一の下僕!!
入学早々2か月分の食費を緊縛モノのエロフィギュアに変えた漢!!」

なんて憐れな紹介のされ方…


クリスマス、バレンタインデーと恋愛ネタがてんこもりだったり、
ひな祭りと人形を絡めた話、
そして冬のイベントでの新たな人物の登場。
しかもどうも久具津の家との関係があるらしいときた。


そろそろあの魂が入った人形の謎の方へと物語がシフトしていきそうな予感

DOLL MASTER 3 (3) / 井原 裕士

【コミック】DOLL MASTER 2

コミック→DOLL MASTER
12 /05 2006
DOLL MASTER ドールマスター 2
井原祐士
メディアワークス
電撃大王連載
ihara-dollmaster02.jpg

「作った人形を通して いろんな人がいろんな反応を返してくれる
ここは造形の出来を評価される場でもあるけれど
それとは別の楽しみ方もあるんだわ」


ドールマスター2巻。

ヒロインの子がどんどんフィギュアの深みにはまっていく…(笑

ファンタジー要素もあったからもしかしたらそっち方面に行くんかなー、とも思ったけれどもまったくそんなことはなくむしろワンフェスに出展するためにいろんな努力を…という方へと。

こっちの方面に行ったかw
キャラクターも作る側、買う側ともに増えていき、個性も出てきたなぁ。
……しかしあの大学オタな人が多すぎじゃなかろうか(笑

DOLL MASTER 2 (2) / 井原 裕士

【コミック】DOLL MASTER 1

コミック→DOLL MASTER
12 /04 2006
DOLL MASTER ドールマスター 1
井原祐士
メディアワークス
電撃大王
ihara-dollmaster01.jpg

「たとえ外見的によく似せた人形を作ったとしても
作り手がきちんと作品を理解していなけりゃ元のキャラとは別モノになっちまう
シビアなファンはそれを敏感に感じ取るもんなんだよ」

ドールマスター1巻。

はて、……友人はなぜにこの漫画をくれたのだろうか。
2.5次元に目を向けろとでも言われてるのだろうか(笑

ファンタジーものかと思っていたら原型師の話だった…
一部、フィギュアに魂を込めてしまえるところは確かにファンタジーだけれども。

モデラーへの道を目指す少女のサクセスストーリー。


電撃大王連載だったか…
まにぃロードといい、こういうホビーものの漫画は容赦なく出してくるよなぁ。
いったいこんなにマニアックなものを誰が買うんだろうかと少し思うけど、ここまで詳しくフィギュアについてを描いた漫画もないだろうなぁ。

DOLL MASTER 1 (1) / 井原 裕士

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。