【コミック】「きみのカケラ」 9

きみのカケラ
LOOK FOR ONE PIECE. TO THE FUTURE OF YOURS.

高橋しん
小学館
きみのカケラ 9 (少年サンデーコミックス)きみのカケラ 9 (少年サンデーコミックス)
(2010/07/16)
高橋 しん

商品詳細を見る

このお話は、2つのカケラの物語。
短い一生を懸命に生きた少年と少女の物語。

きみのカケラ 9』本文より

きみのカケラ』最終巻。
終わった…
長かった…

けれども、彼らの物語に寄り添いながらゆっくり時間をかけて付き合うことができたっていうのが読者として喜ばしい限りです。
1巻からずっと続いていた引用した部分。
2つのカケラの物語。
まさにその通りだった。
物語は行き着くべき場所へと行き着いた。


彼らが懸命に生きて、生きて。
そして得たものってなんだったのか。
現代に生きる人たちにとって忘れがちな大切な何かっていうのがしっかり描かれていて、それをまっすぐ伝えてくれた本でした。

tag : きみのカケラ 高橋しん

【コミック】「きみのカケラ」 8

きみのカケラ
LOOK FOR ONE PIECE. TO THE FUTURE OF YOURS.

高橋しん
小学館
きみのカケラ 8 (少年サンデーコミックス)きみのカケラ 8 (少年サンデーコミックス)
(2010/01/18)
高橋 しん

商品詳細を見る

約束だ。
シロも生きる。生きてる!!
…それで…いいか?

きみのカケラ 8』本文より

きみのカケラ』8巻目。
次でラスト。
1巻が2003年に出たから、そうか随分と時間も経つわけだ。
ゆっくり時間をかけて創られているマンガだけに1コマ1コマがものすごく力強い。

7巻で壁の外の世界の真実が語られ、8巻ではついにシロとイコロが再会し再び壁の中へ。
世界の歴史と真実を知った今、残る物語の謎は太陽の真実と彼らの行く先。

ラスト直前の安寧と最後へ向かって突き進む助走。
あぁ、これはまるで「最終兵器彼女」のラスト直前の6巻目で読んだかのような読後感だ。


登場人物の誰もが未来を願うように、彼らの行き着く先に未来のあることを祈りつつ最終巻を待ちます。

tag : きみのカケラ 高橋しん

【コミック】「きみのカケラ」 7

きみのカケラ 7
LOOK FOR ONE PIECE. TO THE FUTURE OF YOURS.
高橋しん
小学館
きみのカケラ 7 (少年サンデーコミックス)きみのカケラ 7 (少年サンデーコミックス)
(2009/10/16)
高橋 しん

商品詳細を見る

あわれなんかじゃない!
死ぬヤツはこの世界でしっかり役割を終えたのさ。どこも不幸なんかじゃない!
世界は生きる役割の人間のためにあるんだ!
…こんな世界で大変な想いをして、あるかわからない希望をバカみたいに信じて、
それでも生きなきゃって… 
……それでも生きる役割の…ヤツのためのものなんだ。

きみのカケラ 7』本文より

2年ぶりの新刊。
…出てる!?
別のものを買おうと思って本屋に行ったけど、あまりにびっくりして思わずこっちを先に買ってしまった。

太陽を、そしてあの壁の向こうへ。
ついにシロたちは真実を目にする。

精一杯生きた人たちの行く末に涙した。
思わず7巻を読み終わってから他の巻も読み返した。
それくらい衝撃的でした。
一人ひとりの物語がゆっくりと終わっていく。
その過程の丁寧さに驚いた。


イコロとシロの物語もいよいよ終盤。
この終わり行く世界と共にどんな物語の終わりを迎えるのか期待して待ってます。

tag : 「きみのカケラ」 きみのカケラ 高橋しん

【コミック】「きみのカケラ」 6

きみのカケラ 6
LOOK FOR ONE PIECE. TO THE FUTURE OF YOURS.

高橋しん
小学館
きみのカケラ 6 (少年サンデーコミックス)きみのカケラ 6 (少年サンデーコミックス)
(2007/08/10)
高橋 しん

商品詳細を見る

…だってあいつ あの状況でもあきらめなかった。
…あいつ… 往生際わるく必死に生きるって 生きたいって、
言ってた。 叫んでた!!
…あたしの部下に…生きる勇気をくれた。
…だからあたしも信じてやることにしたんだ… 王女は生きてるんだって!

「きみのカケラ」6』本文より。


5巻の衝撃的な結末から1年半。
ついに新刊が出たヽ(゚∀゚)ノ

そして待った甲斐があった。


シロとヨナたちの『生きたい』『忘れたくない』という小さな子供から発せられる大きな叫びが聞こえるかのようだった。

もうすぐこの「きみのカケラ」の世界では、世界自体が滅んでしまうんだろう。
確実に、滅びが見え始めてる。
けれども、彼らはそこで必死に生きようとしてる。
そんな姿を見てると本の外側で本を読んでいること、それ自体がなんて幸せなことなんだろうと気づかされる。

大切なことを忘れることもない、明日の食料に絶望的なまでに困ることもない。

特にそれをコロリねえちゃんの「忘れたくないな… この時間のこと…」という言葉から思わされた。

どんな状況下にあっても生きる希望を見出す彼らに幸あらんことを、と願うばかりである。


そして次の巻とはやく出会えますように、というところだろうか(笑
あとがきから察するに次は今回ほど待たされることもないようで。
とにもかくにも次の巻に期待してます。

特に予告からもシロとイコロはどうなるんだー、というのが気になって気になって。
ホントに再会できるのか!?

tag : 「きみのカケラ」 きみのカケラ 高橋しん

【コミック】キミのかけら 1~2

キミのかけら 1~2
高橋しん
小学館
きみのカケラ 1 (少年サンデーコミックス)きみのカケラ 1 (少年サンデーコミックス)
(2003/01/18)
高橋 しん

商品詳細を見る


文明もなにもかもが雪に埋もれ、人類の未来が見えなくなってしまった時代の話。

それでも、少女は未来を人々に見せるために太陽を探し、少年は生きる目的を探すために少女と行動を共にする。



未来が見えない世界に生きる子供たち、そして大人たち。
それでも希望を求めて、登場人物たちはさまざまな行動をとる。
とる行動は違っても、誰もが前向きに生きている。
なんかそういうのっていいよなぁ。


シロの忘却している記憶が気になるなぁ。
今のところわかっているのは「おじいさん」がいたことくらいか。
そしてヒトガタであることから察するに、王族の血を引いてるんかな。
あとは手錠が意味していることはなんなのか。

さっさと続き買ってこよ。
プロフィール

∀ki(あき)

  • Author:∀ki(あき)
  • 自由に生きてます。
    色々読んだり見たりしてます。

    リンクやトラックバックは自由にどうぞ。
FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
その他カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク