【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 文庫 12

コミック→アオバ自転車店1期
12 /25 2010
並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 12
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 vol.12 (少年画報社文庫)並木橋通りアオバ自転車店 vol.12 (少年画報社文庫)
(2010/12)
宮尾 岳

商品詳細を見る

ここの人たちは みんな自転車バカ
でもただのバカじゃないよ
自転車の楽しさはきびしさと悲しさを乗り越えて生まれてくるんだって知っている

並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 12』本文より

並木橋通りアオバ自転車店』第1期の文庫版完結。

ブリジストンの工場見学やらノーブレーキピストの問題に。
社会派なやつ多かったなぁ。
ブリジストンの自転車を生み出す人たちの話こそ最後にもってくればいいラストだったのに(笑
まぁでも2期が今もずっと続いてるから終わっちゃいないんだけど。


ノーブレーキピストもなぁ。
その形のあまりの綺麗さは大好きなんだけど、公道走るとなるとまた大きな問題でてくるし。
いまなぜ問題なのかを的確に描いた話だと思う。

さらに原付バイクやMT車の話も出てきたりと、作者は車輪の付いてる乗り物にほんと愛着あるよなぁ。
なんか好きが伝わってくるみたい。
じゃなきゃこんだけ長くも続かないか(笑


これにて文庫版全12巻揃った。
並べると非常に綺麗で満足です。

【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 文庫 11

コミック→アオバ自転車店1期
11 /08 2010
並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 11
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 vol.11 (少年画報社文庫)並木橋通りアオバ自転車店 vol.11 (少年画報社文庫)
(2010/10)
宮尾 岳

商品詳細を見る

じいちゃんがいつもいってたんだ
「当たり前のことをもう一歩ふみこんでキッチリと仕上げる」
それが峠輪業のモットーなんだってさ

並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 11』本文より


文庫版11巻目。

ワカバさんの一人旅と峠輪業の話が交差する話が面白かった。
一人旅の楽しさに加えて先代の話も絡んで、しかもワカバさんの自転車店の若奥さんとしての実力発揮となにこれ、見所満載じゃないか。

母親のための自転車論争であったり、シングルスピードの面白さ、古いロードレーサーのリストアとジャンルも満遍なく、過去編もしっかり含んでたり、非常にバランスのいい巻でした。
少し長めの話も多くて満足。


うわ、表紙写真の自転車ってこの巻の最後に出てきたブルゾンか!?
綺麗な自転車だよなぁ。

【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 文庫 10

コミック→アオバ自転車店1期
10 /26 2010
並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 10
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 vol.10 (少年画報社文庫)並木橋通りアオバ自転車店 vol.10 (少年画報社文庫)
(2010/08/30)
宮尾 岳

商品詳細を見る

あ もうひとつ! 大事なコト
ただ付くんじゃなくて
美しくください!

並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 10』本文より


創作じいちゃん世界に行ったのかよ!
ぐぅぅ、こんなん読んだらまた世界行きたくなってきたなぁ。

いろいろ幅が広く、キャラクターを深く掘り下げつつ。
そんな中でロードにつけるカバンの話がぁぁぁ、ほっしぃ!
高いけど。
そうなんだよなー。意外といいものってないというか本当に大丈夫かよびくびくというものが多かったり、ロードにつくかどうかが到着するまで不安だったり。
こういうオーダーメイドのロードバイク用のカバンって欲しいかも。

【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 9

コミック→アオバ自転車店1期
07 /27 2010
並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 9
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 vol.9 (少年画報社文庫)並木橋通りアオバ自転車店 vol.9 (少年画報社文庫)
(2010/07/26)
宮尾 岳

商品詳細を見る

とにかく!
あたしは走る!
抜けるもんなら抜いてみな!

並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 9』本文より

ナツキに惚れた。
くーっ。いいなぁ。
スプリント勝負は萌えます。

ヒバリとPanasonicトレンクルが表紙の文庫9巻目。

うあ。
ヒバリだらけの巻。
もう彼女が主役といわんばかり。
特にヒバリがスカイラークという歌姫になるきっかけとなった事件のかわいさと歌声にびびっときた。
散々あまのじゃくなところとか、一瞬かわいらしいところを見せ付けておいて、最後にこれかよ(笑
そりゃかわいくも見えてくるわっ。


8インチの17バイシクルが描かれた当時から考えると最近はもう8インチって結構見かけるようになったよなぁということを考えると、この時点でこれを取り上げたのってすごいことなんじゃないだろか。


そしてやっぱり自転車ひとり旅の回はいつも以上に素敵な回に見えた。
いいねぇ。

【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 8

コミック→アオバ自転車店1期
05 /29 2010
並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 8
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 vol.8 (少年画報社文庫)並木橋通りアオバ自転車店 vol.8 (少年画報社文庫)
(2010/05/24)
宮尾 岳

商品詳細を見る

あたしが行きたいのは今!
あの山の向こうにある知らない世界や
行ってみなきゃわからへん! 行きたい気持ちがありゃなんとかなる!
「案ずるより見切り発車」やろ! じいちゃん

並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 8』本文より

くぅぅぅ。
先代の話、毎回旅にまつわる話だけれどもそれがなんとも好きだ大好きだ!

文庫版も8巻目。
親と子にまつわる話が多かったなぁ。
時折出てくる自分が大人になった時の親との関係を描いた話って深いよな…

中でもヒバリの初登場回からはじまるヒバリの両親と彼女自身の内なる優しさの話は結構好き。
最初からこんなに強烈なキャラクターだったんだ(笑

また久々のモリオとナギサのデートの話がwww
これが自転車バカのカップルのデートってやつか。
これはこれで楽しそう(笑
ほんとこの2人はお似合いだよなー。
二人が坂を駆け上がるこの8巻の表紙も素敵。
写真もしっかりとクロモリロードでキマってる。

【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 7

コミック→アオバ自転車店1期
03 /31 2010
並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 7
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 vol.7 (少年画報社文庫)並木橋通りアオバ自転車店 vol.7 (少年画報社文庫)
(2010/03)
宮尾 岳

商品詳細を見る

これはパンターニの分身
それならば――
彼に恥じない走りをしなきゃ 笑われちゃうじゃない!

並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 7』本文より

ああ……
ひとりのロード乗りとしてやっぱり坂の話やロードバイクの話は好きだと言わざるを得ない(笑
やっぱチェレステはカッコいいよあぁ。

7巻収録の中ではやはり広島からの転校生の話。
方言といい服装といい……
なにこの80年代テイスト!
さいっこう(笑

あとはやはり日常の中の楽しさを描いた『右へ左へ』も好き。
いい道って走ってみるとものすごく楽しいもんなんだよなぁ。


文庫7巻表紙はヒトハさんとマサさん。
なんだなんだ。今までのなかでものっそい大人な雰囲気の表紙なんだが(笑
写真は…スポルティーフ?文庫5巻の中学生のアオバが乗っていたものに似てるよーな気がする。

【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 6

コミック→アオバ自転車店1期
01 /28 2010
並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 6
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 vol.6 (少年画報社文庫)並木橋通りアオバ自転車店 vol.6 (少年画報社文庫)
(2010/01/25)
宮尾 岳

商品詳細を見る

これさえあればどこにだって行けるって思うもの
ひょっとしたら空だって飛べるんじゃないかって

並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 6』本文より

これで半分まで到達。
文庫版6巻目の『並木橋通りアオバ自転車店』。

うーん。
やはりアオバの小さい時とか、工作さんやワカバさんの話は好きだ。
特にアオバがはじめて補助輪の取れた自転車に乗る話とかねぇ。
はじめて乗って行動範囲が広がって、隣町まで行くのが冒険であったり。
今度は隣の市へ行き、県境を越え、ってね。
そのたびに感動ってものがあったよなぁ。
そんなことを思い出させてくれました。


ロードにMTBにビーチクルーザーからシティサイクルまで。
どんだけ多種多様な自転車を取り扱うつもりだといいたくなるほど、本当に幅広いジャンルの自転車取り上げてるよなぁ。
今までもそうだったけど、この文庫6巻目なんて特にそうだと思う。

時代の流れかもしれないけれども、この頃はいろんな自転車を物語と絡めながらってスタンスだよなぁ。
今は社会派といえるような話も多く出てきているような気がする。
特に昨今の自転車ブームからもいろいろ議論されているようになってきているしなぁ。
時代の流れなのかもな。


6巻の表紙イラストは黒ちゃんとCannondale BadBoy。
写真は…アカネさんのポケットロケットっぽいけどなんだろう。

【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 5

コミック→アオバ自転車店1期
12 /30 2009
並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 5
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 vol.5 (少年画報社文庫)並木橋通りアオバ自転車店 vol.5 (少年画報社文庫)
(2009/12/18)
宮尾 岳

商品詳細を見る

これだけじゃ無い
たとえどんなトラブルが起ころうが
あきらめない心と 工夫する頭があればな!

並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 5』本文より

文庫も5巻目。
写真はススム君がデュアル・スロラームで使ったMTB。
イラストはTOUGEのフレーム。

素敵な話が多い中。
日本一周の旅に出たじいちゃんの話に心を打たれた。
リスクを背負ってでも感じたいもの、見たいものがあればこそ。
そこに知恵と実力と勇気があれば、どんな困難でも乗り越えられるってことか。

いい言葉と物語を見れました。
アオバの生まれる話に、このじいちゃんの日本一周の旅路に。
なんだこの見所がありすぎる巻は(笑

【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 3-4

コミック→アオバ自転車店1期
11 /23 2009
並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 3~4
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 vol.4 (少年画報社文庫)並木橋通りアオバ自転車店 vol.4 (少年画報社文庫)
(2009/11/20)
宮尾 岳

商品詳細を見る

自分の足でペダル踏まなきゃ一センチだって前には進まない
いえ… それどころか坂道なら後ろへもどされてしまう
だから… だから! みんな登ることをやめないの

並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 3』本文より

このヒルクライムの話を扱った『おいしい水』が大好きだ。
これ以上に登ることの楽しさを的確にあらわしたような言葉ってなかなかないだろう。

そういえばこの前も四国で出会った人に「Mっぽいですよね。ヒルクラとか好きでしょ?」って言われた。
えぇもう大好きですよ(笑
登りきったときの達成感、ダウンヒルのこの上ない楽しさを含めてヒルクライムっていうのが好きです。


文庫3巻写真はキヨミヤザワロードレーサー、4巻はストライダ。
表紙イラスト3巻はタンデム、4巻はSPECIALIZEDのP3。

どれもアオバの世界に登場する名車だよなぁ。
そういえばこの前、とある知り合いがストライダに乗っててびっくりした。


3~4巻の内容は折りたたみからタンデムから人力車まで。
どんどん自転車の種類やそれに関わるいろんな話が収録された短編たち。
これを1ヶ月に1回読めるっていうのはなんだか幸せ。

だってそりゃ「いい話」って多いし、なにより自転車が好きだし。

特にこの3巻と4巻には好きな話が多く詰まってる。
ヒルクライムしかり、初めての50kmという遠出の話や美少年とMTBやX-GEMEの話とか。

初めての50km、初めて隣の県まで行ったときの感動ってやっぱり今でも覚えてるし、
自在に自転車を操って飛んだりトリックを決めたりというX-GAMEは見ていてあこがれます。
そしてなによりも楽しそうなんだよなぁ。
あと、人力車の離れ離れになった父と娘の人情話もかなりぐっときました。


ここから先は読んだことのない話ばっかりなので非常に楽しみです。

【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 1-2

コミック→アオバ自転車店1期
11 /02 2009
並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 1~2
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 vol.1 (少年画報社文庫)並木橋通りアオバ自転車店 vol.1 (少年画報社文庫)
(2009/10/26)
宮尾 岳

商品詳細を見る

自転車は――
鉄のパイプと数点の部品を組み合わせた ひとつの機械にすぎない――
けど… それだけじゃない何かを
この機械は持ってる事を………
彼女はぼくに教えてくれた

並木橋通りアオバ自転車店 文庫版 2』本文より

文庫版『並木橋通りアオバ自転車店』。
全12巻出るとの事。
表紙が爽やか。
そしてアオバとワカバのプジョーNS-40の色でもある水色と白ってのがまたいいもんです。
あとはやっぱりずらっと本棚に並べた時が文庫版だと綺麗になりそう。

文庫1巻写真はプジョーのNS-40、文庫2巻はブリジストンのワンタッチピクニカ。
イラストの方は1巻アオバ&プジョーNS-40、2巻ワカバさんプジョーNS-40。

こういう表紙いいなぁ。
11月の3巻4巻は誰とどの自転車で、写真は何が来るのかっていうのが楽しみ。


以前に書いた感想と重複するかもしれないけれども、ワカバさんと工一の昔の話とかが好み。
自転車そのものと人との関わりが非常にあたたかみのある話になっているので。

あとその回の主人公+自転車という意味ではパナソニックロデオの炉辺美夫の話なんかが楽しくて好き。
作者バイクも好きなんだろうなぁっていう愛情があったり、乗りこなすための自転車という特殊なものにまでロミオとジュリエットならぬ美女と野獣的な物語を作ってしまうあたりが楽しいです。

【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 4-5

コミック→アオバ自転車店1期
05 /24 2009
並木橋通りアオバ自転車店 4~5
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 (4) (YKコミックス (139))並木橋通りアオバ自転車店 (4) (YKコミックス (139))
(2001/11)
宮尾 岳

商品詳細を見る

バータレ!
王様が姫様の剣で戦ってどうする!
オレはこいつで戦うんでい!

並木橋通りアオバ自転車店 4』本文より

モリオいいこと言った!
自分のスタイルを貫いてこそだよな。

次々と新キャラが現れては後のレギェラーとなるくらいの個性のある人物が出てきた4~5巻。
ロードもMTBも小径もママチャリも、それぞれ自分のあった物語を持っている。
アオバ自転車店の初期ということもあって恐ろしく濃密だった。

今は時代に合わせた話が多いような気がするけれども、この頃って「自転車」のもっとも根源的な楽しさってものに焦点合わせたもの多いよなぁ。

なぜ坂を辛い思いをしながら登るのかっていう5巻の話や、通勤を自転車に切り替えて今まで見たことのない風景を見ることを楽しむという内容の4巻の話とか。


それにしてもエリザベスの初登場はこんなむちゃくちゃなお嬢様って登場だったのか(笑

【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 3

コミック→アオバ自転車店1期
02 /11 2009
並木橋通りアオバ自転車店 3
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 (3) (YKコミックス (084))並木橋通りアオバ自転車店 (3) (YKコミックス (084))
(2001/05)
宮尾 岳

商品詳細を見る

ど…どこ行くんだ?ミホちゃん

どこへでも足の向くまま… 気の向くまま!

並木橋通りアオバ自転車店 3』本文より

やっぱり輪行をしている身としては自転車を電車に乗っけてどこにでも遊びに行く輪行がらみの話が好きだ。

旧版がなかなか見つからないのだけれども、少しずつ集め中。

ストライダやミニベロと言った小径車が活躍した3巻目。
かわいいよなー。
1台欲しいもの。

って買ったら買ったで何台になるんだよ(笑
場所さえあったらしっかりと乗りこなす自信はあるんだけど。

まぁでも街中を見てるだけでも満足なんだけど。
この巻が出た00年から今までの間もやっぱり自転車を巡る事情はどんどん変わっている。
その中でも特にミニベロなどの小径車の種類はどんどん増えてきて実際乗っている人もかなり増えていると思う。

ちょこっと乗るのにすごくいい自転車だもんなぁ。

【コミック】並木橋通りアオバ自転車店 1-2

コミック→アオバ自転車店1期
04 /27 2008
並木橋通りアオバ自転車店 1~2
宮尾岳
ヤングキング連載
並木橋通りアオバ自転車店 (2) (YKコミックス (002))並木橋通りアオバ自転車店 (2) (YKコミックス (002))
(2000/06)
宮尾 岳

商品詳細を見る

車体のあちこちにある小さな傷……
その一つ一つがマウンテンバイクにとっては勲章のようなものです
もちろん汚い方がいいって訳じゃありませんが…
飾られてるんじゃなく…乗り込んでる証拠ですよ

並木橋通りアオバ自転車店 1』本文より


5~6年ぶりに買いなおした(笑
読んでた当時は自転車は乗っていたがそんなに思い入れがない状態。
いまはそれなりの頻度で色んなところ走りにいってる状態のぺーぺーでGIANTのCS乗りです(笑


自転車屋を訪れる人が主人公の1話完結型(少なくとも最初の方は。
2巻までの内容だとほとんどの人がはじめて"自転車"というものに触れる人ばかり。

はじめての自分でのパンク修理。
初輪行。
初スポーツ車。
etc

とにもかくにも素敵な話ばかり。
それに自転車の気持ちよさっていうのがすごく出ている。

はじめてスポーツ車っていうのに乗ったときには驚愕した。
ペダルがものすごく軽い。
それにスピードがどんどん出る。
自転車で走る距離じゃないだろと思っていた50kmも走れる、まだ行ける。
100km、150kmと思えば結構な距離を走ってたりする(笑

そんな魅力に気づいてしまったからこそ色んなところに走りに行ってるわけなんですけど(笑
そういう自転車の魅力って言うのがものすごく伝わってくる。

あと自転車そのものに関する愛情っていうのも見ただけでこの作者がいかに自転車がすきなのか分かる(笑
もちろん車種もいろいろ。
電動自転車から新聞配達に使う輸送車、フリースタイル用のMTBまで。


読んだら新車が欲しくなった。
買おっかなぁ。


(´-`).。oO(ひとつの自転車との出会いがひとつの物語を生んでいく。…そんな物語が自分にも用意されてないもんだろか orz

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。