【本】小さくても居心地のいい家を建てる152のコツ

本→その他の本
07 /21 2017
改訂版 小さくても居心地のいい家を建てる152のコツ
主婦の友社


8~17坪の小さい家、けれども空間とか、人間の感じる目線だったり体感だったりで、小さいながらも空間的には大きく見えたり、奥行きがあるように作ることなどできることいろいろあるじゃないというのを、これでもかと写真の実例を載せてくれているので、これは参考になるところが多いな。

【本】英語力テスト1000

本→その他の本
07 /14 2017
英語力テスト1000
小池直巳・佐藤誠司
PHP文庫
英語力テスト1000 (PHP文庫)
PHP研究所 (2014-04-04)
売り上げランキング: 60,747

一方、本書で問う英語力は「実用的な(コミュニケーション手段としての)英語の運用能力」です。

英語力テスト1000』本文より


再読。
実用的な、なるほど。
進むごとに難易度が増すテスト。
どこらへんで一気に問題が解けなくなっていくかで、何が足りないかわかってくる本のつくりがよい。
TOEICの点数で大体この辺というのは書いてあるけれども、TOEICで使われるものというよりも実用性で問いが作られていることが多いのが
読む、書く、英語の描写に慣れるというあたりの力を試すことができるな。

【本】一気に同時読み!世界史までわかる日本史

本→その他の本
07 /07 2017
一気に同時読み!世界史までわかる日本史
島崎晋
SB新書
一気に同時読み! 世界史までわかる日本史 (SB新書)
島崎 晋
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 159,630

本書は、近現代史以前の日本史と世界史の関連を意図したものだが、その基礎となる入門書として、肩の力を抜き、気軽に読んでいただければ幸いである。

一気に同時読み!世界史までわかる日本史』本文より


歴史好きには物足りず、あらためて日本史世界史をさらっと読もうという本だった。
序文で納得して、目次で読もうと思えたらたぶんその人には合ってる。
目次でそこに何が書いてあるのか想像できたらたぶん読んでも物足りない。

【本】新TOEICテストを5日間で攻略する本

本→その他の本
06 /23 2017
新TOEICテストを5日間で攻略する本
小池直巳・佐藤誠司
PHP文庫
新TOEICテストを5日間で攻略する本 (PHP文庫)
佐藤 誠司 小池 直己
PHP研究所
売り上げランキング: 628,196

割り切って言ってしまえば、TOEICスコアとは「TOEIC対策学習の成果」を測る数字にすぎない。だから、各社員がどれだけ努力したかを企業が査定するには適しているかもしれない。しかし、TOIECによって日常的な意味での「コミュニケーション能力」を測れるか?と言われると、大いに疑問だ。

新TOEICテストを5日間で攻略する本』本文より

再読。

結局TOEICは何を勉強していって、迷ったらどう選んでいくか、何を目印に問題を解いていくのかと、過去問から聞いて解いてを繰り返していくのとはまた別の切り口から書いていてこれを基にしてどう勉強すればスコアを上げて行けるかってのがわかる本だと思う。
もうだいぶ前の本なので今となっては変わってしまったものもあるけど、本質的には変わらないところ多いのでさらっと読むには面白い観点だな、と。

【本】住まいの解剖図鑑

本→その他の本
06 /16 2017
住まいの解剖図鑑
増田奏
エクスナレッジ
住まいの解剖図鑑
住まいの解剖図鑑
posted with amazlet at 17.06.08
増田 奏
エクスナレッジ
売り上げランキング: 1,373

住宅の設計はお弁当づくりに似ています。

住まいの解剖図鑑』本文より

解剖図鑑というだけにこれでもかとカットされたイラストがでてくる。
通常の間取りのような描き方ではなく別の視点でものごとを見させられる。そこがまた図面からは見ることができないものを浮かびあがらせてくれていて問題点がどこに発生しがちなのか、心地よさがどこからくるのか。
基本に立ち返らせてくれる本だなぁ。

【本】間取りの方程式

本→その他の本
06 /09 2017
間取りの方程式
飯塚豊
エクスナレッジ
間取りの方程式
間取りの方程式
posted with amazlet at 17.06.07
飯塚 豊
エクスナレッジ
売り上げランキング: 4,573

「この間取りをつくった人は、どうしてこのような間取りにしたのだろうか?」という、設計者と同じ目線で間取りと対峙してみることです。

間取りの方程式』本文より

間取りとはなんぞや、動線とは、水回りとは。
間取りに必要なもの、実際にその間取りってどうなのっていうのが非常にわかりやすく書かれていたかと。

【本】高校英語を5日間でやり直す本

本→その他の本
06 /02 2017
高校英語を5日間でやり直す本
小池直巳佐藤誠司
PHP文庫
高校英語を5日間でやり直す本 楽しみながら、らくらくマスター! (PHP文庫)
小池 直己 佐藤 誠司
PHP研究所
売り上げランキング: 269,864

こういう知識って、ホントに必要なの?
少なくとも大学入試ではな。今回の説明は、もともと受験業界のヒトである作者の趣味だと思ってくれ。

高校英語を5日間でやり直す本』本文より

受験業界の作者だからこその高校英語の文法をこれでもかと解説した本。
受験にしか使えないもの、ネイティブ使わないもの、ネイティブいわくべつにどっちだっていいって英語まで、そういうものだという解説入りでサクサク進めてくれるので読みやすい。
日本語を使っている日本人として英語を読み解くから、「こんな感じ」という結構感覚的なものが少ないのも特徴かも。
あるにはあるけど、それはそういうもんだ覚えるべしってやってくれていて日本語ではない感覚だがあるものだってやってくれるのも読み進めやすいものかと。

【本】誰でも書ける!英語ひとこと手帳

本→その他の本
05 /26 2017
誰でも書ける!英語ひとこと手帳

誰でも書ける!英語ひとこと手帳

三修社
売り上げランキング: 434,531

辞めたぞ~!
I quit!

誰でも書ける!英語ひとこと手帳』本文より

手帳や日記をメインに出しているだけにとっても女子向け。
だけれども身の回りのもの・こと・動作に関してはほんとこれで事足りるんじゃないかという豊富さだった。

【本】一汁一菜でよいという提案

本→その他の本
01 /22 2017
一汁一菜でよいという提案
土井善晴
グラフィック社
一汁一菜でよいという提案
土井 善晴
グラフィック社
売り上げランキング: 116

暮らしにおいて大切なことは、自分自身の心の置き場、心地よい場所に帰ってくる生活のリズムを作ることだと思います。その柱となるのが食事です。一日、一日、必ず自分がコントロールしているところへ帰ってくることです。

一汁一菜でよいという提案』本文より

土井善晴の『一汁一菜でよいという提案』。

食事は頑張って作り続けるものじゃないんだと再実感。
味噌汁の簡単さとなんでも入れれる万能さ。これでこんだけ栄養を取れるものにできるとは。
また子育て世代にとっての食事の意味、大切さもとてもよく伝わってきた。
食事が自分だけのものじゃなく、世代を繋いでいくとでもいうのだろうか。
子どもは親を見て育つ、そして毎日毎日何を見て聞いてどんな食事をするか。親と子にとっての一日一日がどれだけ大切な時間であるかっていうのも納得できた。

【本】京都ぎらい

本→その他の本
07 /10 2016
京都ぎらい
井上章一
朝日新書
京都ぎらい (朝日新書)
井上章一
朝日新聞出版 (2015-09-11)
売り上げランキング: 22

「そやかて、山科なんかにいったら、東山が西のほうに見えてしまうやないの」

京都ぎらい』本文より

作者の京都愛にあふれた1冊。
そして中京区民に対する憎しみあふれた1冊でもある。
もう結論である自分中心の文化を人に押し付けるなというところにたどりつけるまでの京都人たちのたとえ話の数々ににやにやするばかり。
そうですよねと言わざるを得ない。
京都府民でもなく京都市民でもなく、中京区の人達のイヤミな一面とその一面を含めても京都という失われつつある文化に対しての危惧感と文化への愛着が愛おしく思っていることがすごく伝わってきた。

【本】アイディ。

本→その他の本
08 /08 2015
アイディ。
坂本真綾
星海社文庫
アイディ。 (星海社文庫)
坂本 真綾
講談社 (2011-08-12)
売り上げランキング: 323,756

悲しみや痛みだけがエネルギーになるわけじゃない。感じたもの全て、良いことも悪いこともみんな歌にできる。

アイディ。』本文より

ちょうどこの本に描かれているエッセイたちの時期に一番坂本真綾を聞いていたから、なんか読んでていろいろ思い出してきた。
しみじみする。

なんやかんやで坂本真綾からも遠ざかりなんとなく読んでみたわけだけれども、今まさにレミゼを見たり聞いたり読んだりしている時に坂本真綾のレミゼのエポニーヌ役を得て実際に役を演じる話は特に興味をもって読むことができた。
まさかここで坂本真綾との接点があるとは。

そして彼女の海外ひとり旅の時期と同じ年齢の時に同じようなことをしてたのか…
そういう共通点でもないけれども、接点があって、その時期その時期を読みながら重ねたり思い出したりできた本だった。

そうだよなぁ。
海外いってた時に一番聞いてたのは坂本真綾の曲だったり、ちょうどevery whereの時期だったんだよな…

【本】大阪万博

本→その他の本
02 /16 2015
大阪万博
よつばスタジオ
大阪万博大阪万博
(2009/10/24)
Windows

商品詳細を見る

大阪万博」という書名に疑問を抱いた人も多いと思う。自分でもよく抱いた。しかしそれを言いはじめると、そもそも「あずまんが大王」という作品名も意味がわからなくなる。大王って誰?

大阪万博』本文より


あずまんが大王10周年本『大阪万博』。
もうあらゆるあずまんがに関するものが集められた。
これぞ万博。
あずまんが大王のすべてがここにあった。
すげぇ。

1冊の本にはページが足りない分は四コマ漫画の近年の次々にアニメ化される作者たちによる寄稿もすごい。
よくもまぁこんだけすごい面子をそろえたよな…

【本】30代でやっておきたいこと

本→その他の本
01 /30 2015
30代でやっておきたいこと
川北義則
知的生きかた文庫
30代でやっておきたいこと (知的生きかた文庫)30代でやっておきたいこと (知的生きかた文庫)
(2013/02)
川北 義則

商品詳細を見る

これからのビジネスパーソンにとって、会社は自分の夢を実現する舞台である。会社のためではなく、自分のために生きていくべきだ。

30代でやっておきたいこと』本文より


なんか女性軽視で、データが豊富なわけでもなく、引用もやたら古い。
なんだろなーと思ってたら作者1935年生まれか。
納得した。

30代がどうあるべきっていうのが個人の主観によって導き出されるような感じは、この人が人生の中で培ってきたところから見えてきたものというわけか。
年長者による生き方講座のような本だった。

【本】咲 ラブじゃん

本→その他の本
09 /29 2014
 ラブじゃん
原作 小林立
咲 Saki ラブじゃん マホちゃんの必殺技完成! (Guide Book)咲 Saki ラブじゃん マホちゃんの必殺技完成! (Guide Book)
(2010/01/29)
小林 立

商品詳細を見る

マホも、マホもかっこいい必殺技、覚えたいです~~っ!!

 ラブじゃん』本文より

』のガイドブック。
キャラクターブックでありながら、麻雀解説書という。
さらには和の後輩のまほの特訓の元ネタがここにある。

ちゃんと麻雀のルールと役をつかんだら、そのあとにしっかり麻雀ドリルもついているという。
本格的なのか、ただのファンブックにしとくには惜しいが、とにもかくにもいろいろ詰め込んでますという本だった。

【本】 中国なんて二度と行くかボケ!……でもまた行きたいかも。

本→その他の本
08 /10 2014
中国なんて二度と行くかボケ!……でもまた行きたいかも
さくら剛
幻冬舎文庫
中国なんて二度と行くかボケ!! ・・・・・・でもまた行きたいかも。 (幻冬舎文庫)中国なんて二度と行くかボケ!! ・・・・・・でもまた行きたいかも。 (幻冬舎文庫)
(2011/07/07)
さくら剛

商品詳細を見る

ここでは1日を普通に過ごしても、全然ねちょねちょしないのだ。香港では本土のようにさまざまな体液やねちょ物質や汚飛沫に侵されることもなく、見知らぬ男性の全裸や排泄真っ盛りの名場面を見せつけられることもない。ううう、香港~っ。ユーアーマイフレンドッッ(涙)!!!

中国なんて二度と行くかボケ!……でもまた行きたいかも。』本文より


南アフリカから北京までの旅が完結。
愛しの彼女にも北京でメールをするという、すべてが完結。

完結とかそういうことよりも中国のすごさを見せつけられる。

どんな旅ものでもそうだけれども、このシリーズでも何度も何度も見せてこられた世界のトイレのすごさというのは読んできた。
そのどこよりも中国はすごかった。
これはアカンわ(笑

でも食べ物は実においしそうだった。
あれ、そういえばこれまでと違って下痢という下痢に襲われる表現が少なかったよーな。
やっぱり食はおいしいんかもな。
何を使っているのかとか、どう作っているのかは別にして。

【本】ローマ人の物語 41-43

本→その他の本
05 /10 2014
ローマ人の物語 41-43 ローマ世界の終焉
塩野七生
新潮文庫
ローマ人の物語〈41〉ローマ世界の終焉〈上〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈41〉ローマ世界の終焉〈上〉 (新潮文庫)
(2011/08/28)
塩野 七生

商品詳細を見る

歴史上に現れては消えていった国家のほとんどは、興隆した後はすぐに衰退に向かっている。興隆期と衰退期の中間に、長年に及ぶ安定成長期までも持てた国家は少ない。それゆえか、長命を保った国家は必ず、安定成長期を持っている。

ローマ人の物語 ローマ世界の終焉』本文より


ローマ人の物語』最終巻。
実質的にローマ人のローマ帝国が崩壊し、東ローマ帝国があっけなくいつの間にかなくなるまで。

理由はいくらでもあった。
なにもしなかったのもあった。
常識も法律も通じず明らかに強すぎるゴート族の侵略もあった。
脅された金品だして、また脅されるというのもあった。
キリスト教の分派によって一体感がまったくなかったのもあった。
人材はいたけど、歴史が彼らを活かすのを許さなかった。

それよりもカエサル時代や賢帝時代と比べてなにがなくなっていたか、なにができなくなっていたかというのは非常に興味深いものだった。

なによりも一国の歴史を最初から最後まで読むことで現代社会にもどれだけ問題が多いかということをより身近に実感できたのがなによりも興味深く感じたし、さらにはもっとローマ帝国のことを知りたいという欲求すら出てきたのがびっくりだ。
いやいや、これ一国だけでは物足りないぞ。

【本】アフリカなんて二度と行くか!ボケ!! ……でも、愛してる(泣)。

本→その他の本
05 /03 2014
アフリカなんて二度と行くか!ボケ!! ……でも、愛してる(泣)。
さくら剛
幻冬舎文庫
アフリカなんて二度と行くか!ボケ!!―…でも、愛してる(涙)。 (幻冬舎文庫)アフリカなんて二度と行くか!ボケ!!―…でも、愛してる(涙)。 (幻冬舎文庫)
(2010/07)
さくら 剛

商品詳細を見る

……やられた。
全財産盗まれた。
いやー、ははは。
…………。

『アフリカなんて二度と行くか!ボケ!! ……でも、愛してる(泣)。』本文より


先にアフリカ篇2冊目と東南アジア編を読んでから1冊目を読んだ。

生ぬるいな。
たとえ強盗強姦あたりまえの場所場所に行こうが、全財産を盗まれようが、ボロボロの車で野生動物溢れる場所やゴキブリだらけ蚊だらけの部屋とか、それですら生ぬるく感じる1冊目。

読んでて楽しい旅行記。
よくもまぁ全財産を盗まれてなおほんと旅を続けようと思ったよなぁ。
そして出会う人にもやっぱり全財産を盗まれた人がいたりするもんなんだな。


これで生ぬるいと思えるんだから、今にして思えばすんごく楽しくもある時は危険でボケとツッコミを文化に対して行いながら、よくもまぁ生きて帰って来たよなぁ。
読むほどに笑ってしまう本だ。

【本】ローマ人の物語 38-40

本→その他の本
04 /26 2014
ローマ人の物語 38-40 キリストの勝利
塩野七生
新潮文庫
ローマ人の物語〈38〉キリストの勝利〈上〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈38〉キリストの勝利〈上〉 (新潮文庫)
(2010/08/28)
塩野 七生

商品詳細を見る

わたしはガリラヤの人々(キリスト教徒たち)の欲することがこの地上でも現実化できることを、皇帝として実証してみたい

『キリストの勝利』本文より

ローマ人の物語』38巻から40巻まで。

ユリアヌス帝は生まれてくる時代が間違ってた。
生まれるべきときに生まれていたら傑物となっていたに違いない。
もとのローマ世界に戻そうと努力し、結果を出しながらも潰された人物だったな…
主にキリスト教と、肥大化し潰れていきかけ腐敗していたローマ帝国によって。


キリスト教が国境になり、今までのローマ世界・宗教が否定されありとあらゆる美術品たちも『偶像』ゆえに破壊され尽くされた。
歴史すら否定され、キリスト教こそがすべての世界へとなりかわり、2頭政治の弊害によって東ローマと西ローマが誕生してもうた。
いよいよもう最後の最後の時代、壊れたローマ帝国の最後の時間が次の話か…


なにが世界を滅ぼすのか。
歴史から学ぶものがこんなにあるとは。
特に繁栄の時が終わり、滅び行くときにこそ学ぶものがこんなにあるとはなぁ。


収録されている時代
コンスタンティウス帝(AD337-361)
ユリアヌス帝(AD361-363)
司教アンブロシウス(AD374-397)

【本】ローマ人の物語 35-37

本→その他の本
03 /22 2014
ローマ人の物語 35-37 最後の努力
塩野七生
新潮文庫
ローマ人の物語〈35〉最後の努力〈上〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈35〉最後の努力〈上〉 (新潮文庫)
(2009/08/28)
塩野 七生

商品詳細を見る

税金を納める人の数よりも、税金を集める人の数のほうが多くなった

『最後の努力』本文より


2頭政治と4頭政治の皇帝・副帝を複数おいて広大なローマ世界の統治。
それによる官僚が増えすぎたせいで税が無駄に大きくなり、国を維持するのに必要な経費がどんどんあがる。
そして兵の質もどんどん下がる。
維持ができなくなった世界はどんどん縮小していく。

そして不満要素が東方ローまで噴出していたための、また宗教を利益にしようと試みたミラノ勅令前後も面白い。
宗教が人を救うのではなく堕落させているとしか思えない。
また一神教の怖さ、排他教であるがゆえの人を認めない世界に作り変えられていく様も怖ろしい。

このキリスト教を含む宗教の自由の不自由さ。
今まで一つの考えにもとに世界がなりたっていたのに、人が人を攻撃しだし、宗教が無税ゆえに金の流れを見出し大きなビジネスにしていく宗教家たち。

これを読むと宗教は人を救うかもしれないけれども、宗教は世界を混沌たらしめるものと思える要因がいくつも見えてくる。
おいおい……まったく、なんだよ、宗教って。

収録されている時代
ディオクレティアヌス帝(AD284-305)
コンスタンティヌス帝(AD306-337)

【本】花のズボラ飯 うんま~いレシピ

本→その他の本
10 /09 2013
花のズボラ飯 うんま~いレシピ
監修:久住昌之
画:水沢悦子
花のズボラ飯 うんま~いレシピ―なぜ、ズボラ料理なのに泣くほどうまいのか花のズボラ飯 うんま~いレシピ―なぜ、ズボラ料理なのに泣くほどうまいのか
(2011/10/06)
不明

商品詳細を見る


レシピ本。
もっとズボラ飯本編からのレシピをやってくれよーー。

でも確かにズボラという名のひと手間くらいしか手を加えませんという気負わずに作れる料理が多かったのでヨシ。
そう考えるとズボラ飯にめっちゃ乗っかりました企画ではあるんだよな。
ズボラ飯本編が終わる頃に本編に出てきた料理だけでレシピ本とか出してほしい。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。