【コミック】ワールドエンブリオ 13

コミック→WorldEmbryo
05 /24 2016
ワールドエンブリオ WorldEmbryo 13
森山大輔
ヤングキングアワーズ連載
全13巻
ワールドエンブリオ (13) (ヤングキングコミックス)
森山 大輔
少年画報社 (2014-09-30)
売り上げランキング: 43,504

世界の法則をねじまげる
ただ一人のために

ワールドエンブリオ 13』本文より

ワールドエンブリオ』13巻。完結巻。
いいラストだった。

世界を救った。だが自分は救わない。
それを仲間たちが動いていくラストがまた。
終始一貫誰のための物語だったのかというのを描いていたし、ほんとブレずに物語を広げて、このラストにたどり着いたよなぁ。

【コミック】ワールドエンブリオ 12

コミック→WorldEmbryo
03 /19 2016
ワールドエンブリオ WorldEmbryo 12
森山大輔
ヤングキングアワーズ連載
全13巻
ワールドエンブリオ (12) (ヤングキングコミックス)
森山 大輔
少年画報社 (2014-09-30)
売り上げランキング: 22,182

だから…お前が選んでくれ
ネーネは…オレ達と一緒にいるの…いやか?

ワールドエンブリオ 12』本文より

ワールドエンブリオ』12巻。
きたぜきたぜラストバトル。
まさに総力戦。

もはや話の核であったネーネも最後の決断をし、まさに最後の決戦へと次々に伏線が回収されていく。
素晴らしい展開を見せてくれてる気がする。

【コミック】ワールドエンブリオ 11

コミック→WorldEmbryo
06 /09 2013
ワールドエンブリオ WorldEmbryo 11
森山大輔
ヤングキングアワーズ連載
ワールドエンブリオ 11 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 11 (ヤングキングコミックス)
(2013/05/30)
森山 大輔

商品詳細を見る

始めましょう
人類全てを賭け金にした遊戯を

ワールドエンブリオ 11』本文より

ワールドエンブリオ』11巻。
10巻に続けて読んでみた。

もう最終決戦じゃないか。
ラストバトルがはじまり、ネーネとの戦いも佳境に。
レナとタカオがどうなっていたのかと思いきや11巻ラストからようやく何をしていたのかが分かりかけてきた。

それぞれの刃旗使いの過去編と絡み合わせながらのラストバトルというか人類のラストゲームの扱い方も見事だよなー。

さて、ついにあと1冊。

10巻11巻と同時刊行でのクライマックスぶりが熱すぎた。


表紙でこのリクはいったいなんだと思ってたらレナのコートだったんかい(笑
10巻から続けて実ににやにやできるな。

【コミック】ワールドエンブリオ 10

コミック→WorldEmbryo
06 /01 2013
ワールドエンブリオ WorldEmbryo 10
森山大輔
ヤングキングアワーズ連載
ワールドエンブリオ 10 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 10 (ヤングキングコミックス)
(2013/05/30)
森山 大輔

商品詳細を見る

オレが全部ブッ壊す!!
世界だって救ってやるよ!!!!

ワールドエンブリオ 10』本文より

9巻最終ページからついに最後の最後に向けての話がスタートした。

もはや最後の時が見えたとしか言いようがない。
もうあとは最後の伏線がある場所へ。

タカオも動きだし、レナも最後の行動を起こした。

さぁ追えリッくん。
ラストバトルとネーネとの最後の時はもうすぐそこだ。


壮大に伏線を一気に回収したので、もうゾクゾクきた。
ネーネが一体何を成そうとするか、そしてどうリクを動かしてきたなんて。
タカオとレナの過去もついに統合されたわけだし。

11巻同時発売でよかった。
ささっと続きが読める(笑

【コミック】ワールドエンブリオ 9

コミック→WorldEmbryo
04 /15 2012
ワールドエンブリオ WorldEmbryo 9
森山大輔
ヤングキングアワーズ連載
ワールドエンブリオ 9 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 9 (ヤングキングコミックス)
(2012/03/07)
森山 大輔

商品詳細を見る

リックンの現在はリックンが勝ち取ってきたものやないか!
亡くした人にずっと縛られ続ける必要はないんやで
その想いを胸に 今いる大切な人を大事にしてあげてな

ワールドエンブリオ 9』本文より

ワールドエンブリオ』9巻。
佳境へ。

過去編を経て、再び現在の話が再始動。
すべての想いをこれでもかとさらけださせた上で、さぁいまからはじまるクライマックス!
これが盛り上がらずにいられようか。

最初はすべて天音姉が消えたことからはじまり、すべてが天音とネーネ、そしてすべての現象と繋がってきた!

ああ。
もうただ一言、「面白い」。
その言葉に尽きる。


こんだけ世界設定を凝ったものにして、登場人物ひとりひとりにスポットを当て、
それでもなお世界はこんがらがることなく、終わりへと向かって行っている。
漫画をいっぱい読んできてるつもりなんだけど、こんなに綺麗に壮大にクライマックスを迎えるなんてほんと珍しいと思う。

今回もラスト1ページに唖然とさせられたので、次も期待するしかないな。

【コミック】ワールドエンブリオ 8

コミック→WorldEmbryo
07 /12 2011
ワールドエンブリオ WorldEmbryo 8
森山大輔
ヤングキングアワーズ連載
ワールドエンブリオ 8 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 8 (ヤングキングコミックス)
(2011/06/10)
森山 大輔

商品詳細を見る

もう大丈夫だ 君は僕が守る
今度こそ君をこの世界に受け入れさせる
そのために世界を作り変える

ワールドエンブリオ 8』本文より

ワールドエンブリオ』8巻。
過去編。

初実時まで起きたという、すべてのはじまり。
そのはじまりがこれほど壮大なものとは。

いろんな伏線を回収しながら展開される話にゾクゾクした。

リクとレナにとっての罪と、過去との接点。
そのつなげ方が、ね。

どんだけ伏線を張ってたんだ、と!

こんな話を持って帰ってきたリクとレナが現在に与える影響はどんなものなのか。
そして今後どう話が展開していくのか。
これは楽しみで仕方ない。

【コミック】ワールドエンブリオ 7

コミック→WorldEmbryo
12 /17 2010
ワールドエンブリオ WorldEmbryo 7
森山大輔
ヤングキングアワーズ連載
ワールドエンブリオ 7 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 7 (ヤングキングコミックス)
(2010/09/03)
森山 大輔

商品詳細を見る

うそつき…

ワールドエンブリオ 7』本文より

……絶句。
なんという展開だ。

一つの区切りがついた。
真実が限りなく近くまでやってきて再び遠のいた、だと……

ここ数巻の燃えと鬱展開が激しすぎる。
ここに来てまさかあんな重要キャラを…
予想外すぎる。
最後の最後までずっと核心に居続けると思ってたのに。

結局「エンブリオ」とは何なのかもわからず仕舞い。
そう。タイトルに冠されたエンブリオの謎が解けそうだったのに。
タカオもそれには大きく関わっているようだし。
そしてリクもタカオと同じ道を歩むのか、それとも何かを見出すか。

もはやFLAGも有栖川たちもリクの心の傍にすら近づけないだろうし。
どうなるんだ。

【コミック】ワールドエンブリオ 6

コミック→WorldEmbryo
12 /31 2009
ワールドエンブリオ WorldEmbryo 6
森山大輔
ヤングキングアワーズ連載
ワールドエンブリオ 6 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 6 (ヤングキングコミックス)
(2009/12/28)
森山 大輔

商品詳細を見る

いつか…現れるといいなって…願ってます
あなたの重荷を一緒に持って…
背中をまかせられる………
そんな人……

ワールドエンブリオ 6』本文より

なんという展開だ。
主人公ほっぽいて、いや、この際ほっぽいてもいいのだが。
それどころじゃないことが沢山勃発。

タカオと吾妻さんの失踪の7日間にかなりのページを割いた『ワールドエンブリオ』6巻目。
タカオの印象が今まで一気に変わってしまった。
キーパーソンだとは思ってたけど、彼も主役級の重要な役とすら言えるんじゃ。
今後のリクとの関わり合いは確実にありそうだな。


また6巻でのネーネの成長もひとつのピークを迎え、FLAGの内部事情、そしてFLAGの創始者という重要人物も登場。
これが盛り上がらずにいられようか。


とりあえずこれだけは。
吾妻さん orz
4巻からずっと吾妻さん吾妻さん言ってきただけに6巻の吾妻さんはかわいくて仕方ないのだが。
だがしかし、ってやつですね orz

【コミック】ワールドエンブリオ 5

コミック→WorldEmbryo
01 /29 2009
ワールドエンブリオ WorldEmbryo 5
森山大輔
ヤングキングアワーズ連載
ワールドエンブリオ 5 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 5 (ヤングキングコミックス)
(2009/01/29)
森山 大輔

商品詳細を見る

あ あんまり意識させないでよ 小牧ちゃん…
ハズかしいのガマンしてるんだから

来てよかった! よかったなァ 孝太アアア!!
お おう

ワールドエンブリオ 5』本文より

うおおおおーー
吾妻さーん
吾妻さーん
さいこう!

さて『ワールドエンブリオ』5巻です。
帯を見て思わず「ちゃん様かよ!」と思った。
本編もぐっと進んでいますが、日常のシーンへの絡め方が異常。
前巻で吾妻さんもっとだせ、本編に絡めろといった感想を書いてから9ヶ月。
まさかこんな吾妻さんのための巻が出ようとは。
もうね。
もうこれだけでお腹いっぱい。

もちろん有栖川のツンデレっぷりも最高でございます。

こんだけギャルゲーもびっくりなフラグをつぎつぎと立てながらもしっかりとファンタジー。
そしてシリアスっぷりを同時展開する様は圧巻すぎ!
いやもうホント面白い展開になってきた。

で、またしてもとんでもなところで終わってるわけだがどうなったんだ!
はやくっ。
はやく続きをっ(笑
しっかりゆっくり待ちますんで熱い展開とハァハァ 的な萌え分もたんまりあることを期待しております(笑

【コミック】ワールドエンブリオ 4

コミック→WorldEmbryo
07 /05 2008
ワールドエンブリオ WorldEmbryo 4
森山大輔
ヤングキングアワーズ連載
ワールドエンブリオ 4 (4) (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 4 (4) (ヤングキングコミックス)
(2008/04/28)
森山 大輔

商品詳細を見る

オレは彼らを騙すことになんの戸惑いもない
でも…洋兄は 自分の仲間をオレが騙すことを知ったら……
オレのことを咎めるだろうか?

ワールドエンブリオ 4』本文より

ワールドエンブリオ』4巻。

天音姉の過去話や新キャラ登場と盛りだくさんな巻だった。

特にリクの矛盾に悩む様には楽しませてもらった。
ネーネを育てることは組織を裏切ることになる。
しかし組織を頼らざるを得ないし、信頼も得てきている。
それでも今はネーネの成長を促すことが最優先事項。

そんなすべてがよい方向へは確実に流れることがないであろう展開に悩む様が良いです。

いよいよ登場人物も増え、それぞれの関係もややこしく絡まりあってきたよなぁ。


そんな展開でも有栖川のツンデレっぷりと吾妻さんさえ見れれば満足 ヽ(´ー`)ノ
もちろん今の物語の複雑化も好きなんですけど。

吾妻さんかわえーなぁ。
そろそろ物語の核心にも関わってきてくれないものだろうか(笑

【コミック】ワールドエンブリオ 3

コミック→WorldEmbryo
08 /09 2007
ワールドエンブリオ 3
WorldEmbryo

森山大輔
Youg king Ours連載
ワールドエンブリオ 3 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 3 (ヤングキングコミックス)
(2007/08/09)
森山 大輔

商品詳細を見る

世界はそうやってつながっているんだ
お前も誰かの大切な日常の一部なんだ

ワールドエンブリオ 3』本文より。


ワールドエンブリオ3巻。
今回の帯コメントは脚本家の黒田洋介
アニメ化の際には是非とも脚本として参加とあったけど、もしあったらものすごい熱いものになりそうだな。
2巻ラストとかさ。


3巻に入ってついに本編スタート。
ついにFLAGという秘密組織の内部に入り、人類を脅かす存在である棺守との実戦がはじまった。

学校の生活にも戻るだろうからラブコメとかでもあったりするんかなーと思ってたら否、ひたすら熱い展開ヽ(゚∀゚)ノ


元・人間を殺すことへの葛藤、戦わなければ必然的に増えていく犠牲者。
そして犠牲者からの声を聞いて戦うことを決意するまでの心の迷い。

あーもー
これこそ少年マンガの王道だよなヽ(´ー`)ノ


所属する組織が秘密裏に動いているところだけに秘密は守らなきゃいけないとか、ネーネの存在が事件の根底にあることを知っているのは主人公の陸だけってのもまた心震える要素のひとつ。


なんかいろんな意味でツボを突かれた展開だった(笑

【コミック】ワールドエンブリオ 2

コミック→WorldEmbryo
11 /29 2006
ワールドエンブリオ 2
WorldEmbryo

森山大輔
Youg king Ours連載
ワールドエンブリオ 2 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 2 (ヤングキングコミックス)
(2006/11/27)
森山 大輔

商品詳細を見る

「ついて来い天海陸!!
お前に拒む権利は無い!!
お前に逃げる資格は無い!!
あの人をお前が背負ってしまったからだ!!
あの人が何と戦っていたのか…お前には知る義務がある…!」



帯のコメントは和月伸宏

ワールドエンブリオの序章終了。

うっわーー。
すっごい面白くなってきた!!!


棺守というバケモノに感染した主人公の陸。
70時間で自我の崩壊。
それを防ぐ手段。
棺守と戦う刃旗使いたち。
刃旗使いばかりを狙う刃旗狩り。
彼の目的は、なぜ天音と陸を狙うのか。
棺守に殺されたものは人から忘れ去られる。
棺守とは何か?
何故…

1巻で謎だらけだったものが確固たる謎になり、プロローグが悲劇と共に終わる。
2巻で一気に面白くなった!

話の展開もすさまじくスピーディー、かつ話がどんどん奥深くなっていってる。


ここまで続きが待ち遠しいと思えるものも珍しいかも。

【コミック】ワールドエンブリオ 1

コミック→WorldEmbryo
11 /04 2006
ワールドエンブリオ 1
森山大輔
Y.K.Ours連載
ワールドエンブリオ 1 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 1 (ヤングキングコミックス)
(2006/03/27)
森山 大輔

商品詳細を見る

「リク…オレ達が闘っているのは 人間のなれの果てだ」



電波に乗って人間に寄生する「何か」。
それに触れた人間はそのときの出来事と関わった人間のことを忘れていく。

感染したものの自我を保った主人公。
死んだはずの姉から届いたメール。
そこで見つけた繭の中から出てきた姉の幼少期の頃とそっくりの幼女。



1巻なので謎ばっかりだけれども、おもしろそうな予感がします。
しかしメインヒロインが2歳の幼女とは…(笑

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。