【コミック】ぼくらの 11

ぼくらの 11
鬼頭莫宏
IKKI連載
全11巻
ぼくらの 11 (IKKI COMIX)ぼくらの 11 (IKKI COMIX)
(2009/12/26)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る

本当の悲しみや喜びや怒りは そんな日常の中にはなかった。
それを知ったのは ぼくら15人が集まり そして、
あれ、
あれに出会ってからだった。

ぼくらの 11』本文より

最終巻。

もうなにも言う必要がないくらい。
最後のシーンのためにこそ、すべての過程があって、
そして1巻最初のシーンがあるからこそ、ラストがあるわけか。
感無量。



これほどまでに自分自身の死ぬことと、生きてることを意識させてくれる物語にははじめて出会った。

tag : ぼくらの 鬼頭莫宏 IKKI

【コミック】ぼくらの 10

ぼくらの 10
鬼頭莫宏
IKKI連載
全11巻
ぼくらの 10 (IKKI COMIX)ぼくらの 10 (IKKI COMIX)
(2009/01/30)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る

でも それでいい。
だってまだほんの子供なんだから。
できることを、できる範囲で、ちょっとだけ背のびをして。

ぼくらの 10』本文より

最後のふたり。そしてついに最後の1人になった。

最後の総括ともいうべき話が開始。

仲間の子供たちが死んだとき、そしていま彼らにとって大切な人たちは何を想い、なにが変わったのか。

いままでこの作品が問い続けてきた、自分の死のそのさらに後の現実がまさに展開。

ああ。
みんな愛されてたんだな。
それだけでもう胸がいっぱいだ。


ラストの怒涛の展開でついに最後の1人に。
どうなる。
どうするんだろう。
すでにこのマンガのテーマは語り終えたとすら思う。
いわばエピローグともいうべきところへと進むってことかな。

tag : ぼくらの 鬼頭莫宏 IKKI

【コミック】ぼくらの 8-9

ぼくらの 8~9
鬼頭莫宏
IKKI連載
全11巻
ぼくらの 9 (IKKI COMIX)ぼくらの 9 (IKKI COMIX)
(2008/09/30)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る

寛治君のわがままのせいで世界が滅んでも、仕方がない。
でも私は軍人だから最後まであきらめないよ。
まだ何かできることが、あるはずだ。

ぼくらの 8』本文より

ぼくらの』9巻まで読了。
9巻が終わった時点で残り2人。

死んでいく子供たち。
次へ何かを繋げて死んでいく。

そして大人たちは子供たちを全力で守って、そして死んでいく。
そのひとつひとつの死が何かを心に残してくれるようだ。
誰もが誰かを守ろうとしている。
自分の死のあとに残るなにかを考えて行動している。

こういう普段ぜったいに考えないような自分の死のそのあとのこと。
まざまざと魅せられて、どんどんひきつけられる。

残るは2人。
どんなドラマと結末が待っているのか。
すごく楽しみだ。

tag : ぼくらの 鬼頭莫宏 IKKI

【コミック】ぼくらの 6-7

ぼくらの 6~7
鬼頭莫宏
IKKI連載
全11巻
ぼくらの 7 (IKKI COMICS)ぼくらの 7 (IKKI COMICS)
(2007/07/30)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る

世界はこんなに美しい。
世界はこんなに素晴らしい。
おそらく、たとえ私が傷つけられても。

ぼくらの 6』本文より

残り5人。

軍やマスコミもかかわり、謎のロボット「ジアース」を巡る日本や他国のかかわり方が変わってきた。

地球全ての命を背負って、敵である別の地球の人類何十億もの命を消し去る。
もちろんロボットのパイロットの生命を奪わないといけないということも出てきた。
向こうも自分たちが生き残るためにどんどん減っていく仲間たちを見ながら戦い続けている。

命のやりとりというのがものすごく表面にまで出てきたので、ただでさえ重い内容はさらにずしっときはじめた。

6~7巻では特に死ぬ子供と生き残る親という構図が続いたのでまた見ていて辛い。
死ぬその瞬間を親が見るってことだもんな…
それでも最後の最後のシーンはどこか少しの希望が感じられたことがよかった。
決して死ぬ運命は悪いことばかりではなかった、と。

tag : ぼくらの 鬼頭莫宏 IKKI

【コミック】ぼくらの 4-5

ぼくらの 4~5
鬼頭莫宏
IKKI連載
全11巻
ぼくらの 5 (IKKI COMICS)ぼくらの 5 (IKKI COMICS)
(2006/06/30)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る

ねえ。コエムシ、
あたしたちは、何と戦ってるの?

ぼくらの 5』本文より


これで8人。
半分以上が死亡。

彼らは何と戦っているのか。
なぜ負けられないのか。
それが判明した5巻目まで読了。

一気にSF色が増えた。
すんごい好み!

悲劇的な物語が続く中で、それでも読み続けるこの世界と物語の謎。
何億という人の命を背負って、自分が死ぬことが確定しているうえに戦う。

彼らの何故戦うのかという理由の前向きさ、何を守ろうと、何を未来に託そうとしているのか。
そのひとつひとつに心を打たれる。

なんでこの子らはこんなにも自分の死と向き合えるんだろう。
もうこれは最初の契約の時点で、誰を選んで地球の運命を託したのかすらも計算のうちだったとしか思えないな。

tag : ぼくらの 鬼頭莫宏 IKKI

【コミック】ぼくらの 2-3

ぼくらの 2~3
鬼頭莫宏
IKKI連載
全11巻
ぼくらの 3 (IKKI COMICS)ぼくらの 3 (IKKI COMICS)
(2005/06/30)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る

命とひきかえに、絶大な力を自由にできて、
仲間を救えるんだ。
うれしいだろ?

ぼくらの 3』本文より

5人死亡。
地球はまだ消滅は免れてる。

物語の展開が壮絶。

契約した子供たちが世界を救い、救う代償としてパイロットの子供が死ぬ。
しかし勝ち抜かなければ地球が消滅。


売春婦の子供として誰よりも力強く生きていながらいじめられ続けた子の人を救うことも、
信頼していた大人に裏切られてレイプされた子の絶大な力をもってしての復讐劇も、
自分の死と向き合ったときに、いったい最後に何を思って行動するのか。
それこそがこのマンガのもっとも奥底のテーマなのか。

引き込まれてしょうがない。
結局この戦いの最後はどうなるのか。
すべてのパイロットが死亡したとき、それこそが地球が救われたときのはずだけれども子供たちの周りの人間は何を感じるのだろう。

tag : ぼくらの 鬼頭莫宏 IKKI

【コミック】ぼくらの 1

ぼくらの
鬼頭莫宏
IKKI連載
全11巻
ぼくらの 1 (IKKI COMICS)ぼくらの 1 (IKKI COMICS)
(2004/06/30)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る

やばい。ぞくぞくする。
今、俺は人の死に関わってるんだ。

ぼくらの 1』本文より

鬼頭莫宏の『ぼくらの』。
実家に帰ったら弟がそろえてた。

出だしからヘビーだな。
ロボットを使っての現実でのSFゲームかと思いきや、そんな単純なものでもないようだな。

いったい敵のロボットは誰が操ってるのか。
なぜ戦うのか。

なんの説明もないまま巻き込まれる怖さ。
子供たち自身の生い立ちや葛藤などバックグラウンドを使っての心理描写のずっしり来る感じ。

まさにヘビー。
重たいな…

そしてなによりこのタイトル「ぼくらの」。「ぼくらの」に続く言葉って一体なんなんだろう。

tag : ぼくらの 鬼頭莫宏 IKKI

プロフィール

∀ki(あき)

  • Author:∀ki(あき)
  • 自由に生きてます。
    色々読んだり見たりしてます。

    リンクやトラックバックは自由にどうぞ。
FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
その他カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク