【コミック】ふたつのスピカ 16

ふたつのスピカ 16
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 16 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 16 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2009/10/23)
柳沼 行

商品詳細を見る

鴨川は
ひとりってわけじゃないんだぜ

ふたつのスピカ 16』本文より

ふたつのスピカ』最終巻。

感無量。
前巻でも綺麗に終っていたのに、完膚なきまでにエピローグ。
みんなの卒業後。
自分たちの進む道の第一歩まで見せてくれたのは、しんみりしたと同時にこれからも彼女たちは頑張っていくのだろうっていう確信が得られて、なんだが読んでるこっちが安心した。

子供たちだけでなく、大人たちの夢や、ライオンさんをはじめとした幽霊たちの夢も描き出され、またそれが作品内で昇華されていくんだもんなぁ。

宇宙に対する憧れと夢と、夢に向かって一歩ずつ進んで行くことの素晴らしさをしかと最後まで受け止めれてよかった。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 15

ふたつのスピカ 15
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 15 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 15 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2009/06/23)
柳沼 行

商品詳細を見る

困難とは常に痛みを伴うものだ
心も身体も疲弊させ足を止めてしまう
それでも 生き抜いてほしい
夢を持って 生きて 生きて 生き抜いてほしい

ふたつのスピカ 15』本文より

泣いた。
卒業式に涙腺が崩壊した。

ふたつのスピカ』15巻。
残すはエピローグともいうべき最終巻のみ。

15巻で終わってもいいんじゃないかってくらい今までの総決算だった。

誰がどんな道を選んでいくのか。
誰が宇宙飛行士になることを許されたのか。

夢を追い続けて、そして本当の友達と一緒に前へ進んできて。
それでもどこかで、そう卒業をもって別れはやってくる。

自分の夢にまっすぐ生きることをまざまざと見せつけられて、その純粋さに心を打たれまくったマンガだった。


さぁ。
こんだけ綺麗に思わったとも思える『ふたつのスピカ』。
ラスト1冊。何を見せてくれるのか楽しみだ。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 14

ふたつのスピカ 14
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 14 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 14 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2008/03/22)
柳沼 行

商品詳細を見る

ほんとうのともだちがいてくれたから
今まで頑張れた

ふたつのスピカ 14』本文より

最後の大きな訓練。
あかん。
もうラストがすぐ近くじゃないか。

ふたつのスピカ』14巻。

友情や、彼らの心の強さが存分に出ていた訓練だった。

もう宇宙飛行の切符はすぐ近く。
ほとんどが宇宙にいけず、いけるにはほんの少しだけ。

そんな中で前へ前は進むことができたのは、すぐ近くに本当に本当に大切なともだちがいたからという展開はほんと泣かせてくるなぁ。
すごくそれは大切なことだよな…



ラストのシーン。
フチュウヤだいじょうぶだろうな…
シュウに続いてとう悲劇にならないことを望む。
いや、もうほんとこれ以上の悲しい展開はイヤだ。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 13

ふたつのスピカ 13
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 13 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 13 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2007/12/22)
柳沼 行

商品詳細を見る

たとえどこかで倒れてしまったとしても
最後まで皆と一緒に走り切りたい
その気持ちだけは ずっと変わってない

ふたつのスピカ 13』本文より

うああシュウがぁぁぁ。
まさかシュウの物語が一番最初に終わっていくとは。

ふたつのスピカ』13巻。

宇宙を目指すものたち。
志半ばで途中で倒れる者。
行き先を変更する者。
みんなの道が変化してきた。
自分の道を自分で決めて一歩一歩進んで行った。

まずはシュウの物語が終わっていった。
そしてマリカの物語も終わりが見えてきた。
フチュウヤの別の道も示されている。

ほんと前巻のみんなで一緒の最後の機会がすごく大事な大事なシーンだったんだなと13巻を読んでしみじみした。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 12

ふたつのスピカ 12
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 12 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 12 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2007/03/23)
柳沼 行

商品詳細を見る

自分はこんな生き方しかできないけど
夢を追って生きてきた道に悔いはないよ

ふたつのスピカ 12』本文より

ふたつのスピカ』12巻。

これが最後のみんなで過ごす時間。
まるまる1冊使って、本当にゆったりしたみんなですごす時間を描いていた。
ほろりとくるかと思ったわ。

こんだけ丁寧に唯ヶ浜での夏休みを描いてるからなにかあるとは思っていたけれども。
大人も子供たちも、みんなの夢と自分の進む道をあらためて自覚させていて。
そう、それがまたみんなまっすぐなんだよなぁ。

夢のきらきらさが、そのまっすぐさをほんと実直に描いていると思う。
夢って素敵だ。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 11

ふたつのスピカ 11
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 11 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 11 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2006/11/22)
柳沼 行

商品詳細を見る

ライオンさんが言ってた 人にしかできないことって何だろう
私にしかできないことがあるとしたら 何だろう

ふたつのスピカ 11』本文より

ふたつのスピカ』11巻。

なんて大人たちがカッコイイんだろう。
今回の宇宙技術者のロボット開発を行う人のなぜ宇宙開発にロボットを持ち込むのかという意志の強さと考え。

もうほんとこのマンガに出てくる大人たちの想いの強さには惹かれすぎる。
実際にもこういう子供に自分の背中を見せて成長させられるような大人が多かったらな、と思う(笑

残り5冊。
3年生の期間も消化してきているし、だんだん残りのみんな一緒にいれる時間というのが少なくなってきてるんだよなぁ。
切ねぇ。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 10

ふたつのスピカ 10
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 10 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 10 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2006/03/23)
柳沼 行

商品詳細を見る

あきらめるな
どんなことがあっても 夢をあきらめるな

ふたつのスピカ 10』本文より


ふたつのスピカ』10巻。
佐野先生が再来!?
そして再び大人たちが動き出した。

後輩もできて、高校の3年目も時間がすぎていき、アスミの昔の友人との再会があり。

すべてが獅子号事件に関わったところが動き出している感じにどきどきする。
原点か物語が再始動しはじめた感じがいいねぇ。
ついにラストに向って動いたか、って。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 9

ふたつのスピカ
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 9 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 9 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2005/12/22)
柳沼 行

商品詳細を見る

私たち……
今すごくかけがえのない時間の中にいるのかもしれないね

ふたつのスピカ 9』本文より

ふたつのスピカ』9巻目。

ひとり、またひとりと自分の道を進みだす。
アスミたちも3年生になり、この1年が終れば大部分の人と別れることになる。
ああ。
だんだんと終わりが近づいてきてるよな…

それでも素敵だと思えるのは、ただひたすらにみんなが純粋に自分の道を歩んで行っている様が描かれるからだろうなぁ。
ほんと、彼女たちの学生生活はきらきらした一瞬の限られた時間だよなぁ。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 8

ふたつのスピカ
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 8 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 8 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2005/05/23)
柳沼 行

商品詳細を見る

そこにあったものが消えて無くなるってことは
そこにまた新しいものが生まれるってことでもあるんだよ

ふたつのスピカ 8』本文より

まずは宇宙飛行士への夢をシュウくんが一番乗りに近づくのか。

学年も変わったり少しずつ年月が過ぎていく中、いつかは来る別れの時を示唆するかのような。
いや、それも案外近いのかもしれない、と。

それぞれの夢を追いかけてひとりひとりが少しずつその夢に近づいて行ってるよな…
同時に、この夢を一緒に追って行った人たちとも別れるときがくる、か。
あたりまえのことをあたりまえのように描いて、それでいてそれを気づかせてくれる。
なんとも切なくも暖かいよな。


それにしてもみんな夢を追いながら自分の生活を成り立たせる様が、そう仕事をしながら学業も成り立たせる。
当たり前なんだけど、すごく当たり前すぎて逆に新鮮だった。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 7

ふたつのスピカ
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ (7)ふたつのスピカ (7)
(2004/12/22)
柳沼 行

商品詳細を見る

答えがないから いろいろ悩むのかな
目的じゃなくて 夢だから

ふたつのスピカ 7』本文より

ふたつのスピカ』7巻目。
ここからはアニメ版では描かれなかったところだな。

マリカのあの陰のある行動や吐血の謎も解け、解けても友だちは離れたりせず、もっともっと近づいたのがやっぱり読み手としてはうれしい。

マリカやアスミたちの友人たちが一緒にいているように、過去にもアスミの父たちにもずっと居続けて、それが獅子号の事件がきっかけでばらばらになったという対比エピソードを入れてくるあたり、
親から子へと渡された宇宙への夢っていうのも人の想いはしっかり生きていることがとてもよく伝わってくる。
そう、それがライオンさんというシンボルなんだよなぁ。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 6

ふたつのスピカ
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 6 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 6 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2004/04/23)
柳沼 行

商品詳細を見る

夢を語れるほんとうのともだちは 大人になるほどなかなかできないよ
悲しいことだけどね

ふたつのスピカ 6』本文より

ふたつのスピカ』6巻目。

ライオンさんの旧友で宇宙飛行士の人との再会や、アスミの昔の友人とその母の死の話など。
今回も死に関する話が随分と多くなってた。

人は死ぬと星になるとも言うけれども、そういう意味での死と、アスミたちが宇宙へ向かって一歩ずつ進んでいることとを同じようにして語っていくことがやっぱりこのマンガのテーマになってるんだろうなー。

死んだ人たちからの優しいメッセ―ジや後押しするような気持ちというのが、すごく優しく伝わってくるな…
ライオンさんのアスミに対する言動はもちろんのこと、今回の昔の話でのアスミの友人の話でのいわゆる「三途の川」での別れは、ね。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 5

ふたつのスピカ
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2003/10/23)
柳沼 行

商品詳細を見る

ひとりじゃない
ひとりなんかじゃなかった
みんなここでがんばってるんだ

ふたつのスピカ 5』本文より

サバイバル訓練開始。

そしてライオンさんとマリカの話もスタート。
マリカがなぜあそこまで人と関わろうとしないのか、なぜ宇宙を目指すのかがわかってきてすごく深みが出てきた。

ライオンさんにしても、なにかの病気でもしかして長くないのではないかと思わせるマリカの存在がものすごく死を意識させるな。
今までもライオンさんや死んだアスミの初恋の相手ともいえる男の子の死や獅子号の事件での死者。

どれだけの死にささえられて、いまを生きているのかというのをより強く思わせてくるよな…

そして死の匂いをぷんぷんさせながら、はじまったのがサバイバル訓練ってのも面白い。
しかも導入部分がもし宇宙で救命ポッドを使ったら、っていうものときた。
死を待つか、それとも限りなく可能性の低い救助を待つかという、できる事なら使いたくない選択を訓練するところからはじまるんだもんな。

夢と希望と死を同時に保ちながら絶妙なバランスで成り立ってるマンガだよなぁ。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 4

ふたつのスピカ
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2003/05/23)
柳沼 行

商品詳細を見る

しっかし彼の言ってた通りだね
星さえ見えれば笑ってる

ふたつのスピカ 4』本文より

ふたつのスピカ』4巻目。

宇宙という地球から見て向こう側っていうのとライオンさんやアスミの昔の死んだ友人の話など、死生観も少しずつ物語にまとわせてきたな…
もちろん獅子号の事故の件がこの物語の出発点でもあるんだけれども、宇宙への人の想いと、故人への人の想いというふたつのテーマの用い方はなんていうか…やさしいよな、って思う。

それにしても初の宇宙のような無重力の訓練とか、夢が膨らむなぁ。
宇宙が近づいている感じがなんともいいもんだ。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 3

ふたつのスピカ
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2002/11/20)
柳沼 行

商品詳細を見る

どうしてだろう
どうして大人の人たちはみんな あんな悲しい顔をするんだろう

ふたつのスピカ 3』本文より

夢をあきらめた大人と、夢に向かう子供たちの対比がたまらく哀しくも、どこか暖かい。

ふたつのスピカ』3巻。

宇宙に向かう子供たち、特にアスミがほんと夢見る子供だからこそ、過去に宇宙を目指した大人たちがとてもいろんな思いを抱えながら今を生きているっていうのを魅せられる。

大人になった大人だからこそ、ああいう大人たちの背中っていうのはどんだけ子供にとって大きく見えて先人に見えるんだろうってことを思いださせてくれるな。
もっと子供に見せてやれる「背中」を作ってやりたくなるねぇ。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 2

ふたつのスピカ
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2002/04/23)
柳沼 行

商品詳細を見る

いつかこれ着て 宇宙に行けるよね
行けるよね みんなで

ふたつのスピカ 2』本文より

ふたつのスピカ』2巻目。

さぁ宇宙学校がはじまったぞ。
いくつもの乗り越えなければいけない日々のはじまりだ。

宇宙へ行こうとする子たちの物語と、彼らを支えようという大人たちの想い、また昔に宇宙へ行こうとしていて今は子どもたちを支える側にいる大人たちの物語。
このふたつの交差が面白いな。

それぞれの想いが違っていても、共通する「宇宙」。
そう、この宇宙を語るにすごく浪漫がある描き方していて、ほんといいなって思う。

学園ものの教師の嫌がらせもしっかり入れるあたり、すごくなんかわかっていらっしゃる(笑
近未来的だけども、学園物としてみると古典的なんだよな。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

【コミック】ふたつのスピカ 1

ふたつのスピカ
柳沼行
コミックフラッパー連載
全16巻
ふたつのスピカ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2002/01)
柳沼 行

商品詳細を見る

あんなに小さく見える星でもさ
ホントは太陽の何十倍もある大きな星なんだぜ
なにげなく日々を過ごしていると僕らは全くその大きさに気付かない
自分の目で確かめない限り その力強さはわからない
それは 人も一緒だよ

ふたつのスピカ 1』本文より

ふたつのスピカ』を読み始めた。
アニメ版は見ていたので、すごく懐かしい感じがする。

旅立ちのための1巻目というべきか。
アスミが親の元を旅立ち、宇宙学校へと自分の夢を叶いに行き、父は彼女をそっと見守る。
そして最初に宇宙へ行くのに必要な試験が描かれる。

ああ、ここにふたつのスピカのすべてが詰まってるよなぁ。
宇宙に行きたいという父。
昔に起きたという宇宙船の事故。それに関わったお父さんやライオンさんの影がちらついたり。

他にもアスミの級友になる子たちもそれぞれに宇宙に対するいろんな想いがあってあそこにいるんだろうなってことが描かれてたり。
すごく丁寧にひとりひとりを描いていこうとしているんだなということが伝わってきてどきどきするな。

tag : ふたつのスピカ 柳沼行 コミックフラッパー

プロフィール

∀ki(あき)

  • Author:∀ki(あき)
  • 自由に生きてます。
    色々読んだり見たりしてます。

    リンクやトラックバックは自由にどうぞ。
FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
その他カテゴリ