【コミック】ビリーバット 20

コミック→BillyBat
10 /15 2016
ビリーバット 20
浦沢直樹
モーニング連載
全20巻
BILLY BAT(20)<完> (<a href=モーニング KC)" style="border: none;" />
BILLY BAT(20)<完> (モーニング KC)
posted with amazlet at 16.10.16
浦沢 直樹 長崎 尚志
講談社 (2016-09-23)
売り上げランキング: 151

これからどうするの?
描いて描いて描きまくるんだ

ビリーバット 20』本文より

ビリーバット』完結巻。

漫画というものの可能性をこういう形で世界の歴史とこれからの未来を交えながら描き切ってしまおうとは。
漫画が影響を与えて、人の人生すら変えてしまう。
その影響の大きさと、そういった漫画を描こうともがく人々のなんと熱いことだろうか。

ケヴィン・ヤマガタにしても、ケヴィン・グッドマンも。ティミーでさえも自分たちにできることの最大限のことをやってのけたよなぁ。

【コミック】ビリーバット 19

コミック→BillyBat
07 /17 2016
ビリーバット 19
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(19) (モーニング KC)
浦沢 直樹 長崎 尚志
講談社 (2016-06-23)
売り上げランキング: 360

本物が
本物のビリーバット描きよんねん

ビリーバット 19』本文より

ビリーバット』19巻。

ゾクゾクするシーンの連続。
まさにクライマックス。
世代を重ねながらの物語も集まるべき主役たちが集まった。

ケヴィン・ヤマガタにケヴィン・グッドマン、ティミー。
ビリーバットを描いてきた主役たちが集まった時、世界はどの方向へ進むのか。
これは楽しみだ。

【コミック】ビリーバット 18

コミック→BillyBat
04 /17 2016
ビリーバット 18
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(18) (モーニング KC)
浦沢 直樹 長崎 尚志
講談社 (2015-12-22)
売り上げランキング: 3,312

彼がいなければ今の僕はいない
彼がいなければ今みたいに子どもたちを笑顔にすることもできなかった

ビリーバット 18』本文より

ビリーバット』18巻。
主要人物がついにケヴィン・ヤマガタに近づいてきている。
彼と彼らが出会ったときこそいよいよビリーバットの謎が解けそうだ。
このラストが近づいている感。
そして本当にケヴィン・ヤマガタはまだ生きているのか、そして彼は何をケヴィン・グッドマンたちに伝えるのか。
もはや楽しみしかない、がもうそろそろ一気に物語が動いてくれてもいい気もする。

【コミック】ビリーバット 17

コミック→BillyBat
03 /16 2016
ビリーバット 17
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(17) (モーニング KC)
浦沢 直樹 長崎 尚志
講談社 (2015-08-21)
売り上げランキング: 6,908

でも起きてもうたことはどないもならん
問題はこっからや
僕らにしかでけへん何かがあるはずや

ビリーバット 17』本文より

現代に、911まで来た。
ビリーバット』17巻。

ティミーは偽物チャック・カルキンの系列か。
ここにきて本物と偽物とが世界を歪めていく。
こうなるともうケヴィン・ヤマガタの再来が望まれるな。
もう何歳やねんという気もするが、浦沢直樹の世界ならジジイの活躍は望むところだ。

【コミック】ビリーバット 16

コミック→BillyBat
02 /06 2016
ビリーバット 16
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(16) (モーニング KC)
浦沢 直樹 長崎 尚志
講談社 (2015-03-23)
売り上げランキング: 9,805

世界はこれから良くない方向に……
向かっていく…………

ビリーバット 16』本文より

ビリーバット』16巻。
第3の主人公ともいうべきティミー・サナダへとビリーバットの描き手の任がまわってきた。
けれどももはやビリーバットの手にも負えない事態にカルキンの血を受け継ぐティミーがというのは…
なんともいえない不穏な空気がただよってきた。
もはや歴史というものに対しての傍観者となりつつあるケヴィンやティミーと違い、今度は山下くんとジャッキーが本格始動しだしよった。
彼らの動きと再登場は非常に楽しい。

【コミック】ビリーバット 15

コミック→BillyBat
01 /30 2016
ビリーバット 15
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(15) (モーニング KC)
浦沢 直樹 長崎 尚志
講談社 (2014-09-22)
売り上げランキング: 8,861

あと十年で破滅の時が来る
俺にはもうどうしたらいいかわかんねえんだよ

ビリーバット 15』本文より

物語は911に向かって再始動しだした。
歴史を予言してきた天然たちとはまた違い、さらなる混沌の今度こそ歴史を描くコウモリを見る漫画家たちではどうしようもないところまできた。
ここからが本当の物語のはじまりだと言わんばかり。

ここにきてのチャック・カルキンの死が近づき、ケヴィンの手に余る歴史に変わり、ジャッキーが再びコウモリの声を聞くという。
長い歴史を描いてきたからこその時間の経過がこんなにも面白く物語に関わってこようとは。

【コミック】ビリーバット 14

コミック→BillyBat
01 /23 2016
ビリーバット 14
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(14) (モーニング KC)
浦沢 直樹 長崎 尚志
講談社 (2014-04-23)
売り上げランキング: 8,650

どうすれば地球は終わらないですむんだ……
それを考えるのがおまえの仕事だ

ビリーバット 14』本文より

ビリーバット』14巻。
世界の終わりにもっと近い「時」がきた。
ケヴィン・ヤマガタが積み上げ、ケヴィン・グッドマンが引き継いだ世界がいよいよ世界の終局に直面。打開する。
だが無理やりにグッドエンドにし、最終回も回避してしまったってわけか。
最終回になりそこねた物語がどう動いていくのか…
まさに歴史の転換点がここってわけか。

【コミック】ビリーバット 13

コミック→BillyBat
01 /17 2016
ビリーバット 13
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(13) (モーニング KC)
浦沢 直樹 長崎 尚志
講談社 (2013-11-22)
売り上げランキング: 21,476

いいか おめえ次第だ
この世を地獄にするのも まともにするのも

ビリーバット 13』本文より

ビリーバット』13巻。
次なるケヴィンにチャック・カルキンの後継者としてのビリーバット描きになる。

1980年代に突入し、同時にケヴィンの筆が関東大震災を描き出す。
過去と現在の入り乱れ方。
ケヴィン・ヤマガタが描いていなかった時代すらも、いや、これはもうありとあらゆる時代・世界のビリーバット描きの話が統合されつつあるような。
人類の終わりを示唆するようなところも出てきたし、この二代目の主人公の話もエンジンかかってきた。

【コミック】ビリーバット 12

コミック→BillyBat
01 /10 2016
ビリーバット 12
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(12) (モーニング KC)
浦沢 直樹 長崎 尚志
講談社 (2013-08-23)
売り上げランキング: 42,917

ああ知ってるよ
おまえのビリーが本物だ

ビリーバット 12』本文より

ビリーバット』12巻。
新章突入した…

次なるケヴィン。
1980年代へ突入した。
過去のヒトラーに関する話も同時進行、前巻に出てきた月のビデオも今回大きくからみそう。
あれ、もう新しいビリーを継ぐ者に変わってたった1冊でこんなにも話が進みよった。

【コミック】ビリーバット 11

コミック→BillyBat
01 /03 2016
ビリーバット 11
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(11) (モーニング KC)
浦沢 直樹 長崎 尚志
講談社 (2013-03-22)
売り上げランキング: 20,485

てなわけでいよいよ本題だ
俺の正体知りたくねえか?

ビリーバット 11』本文より

ビリーバット』11巻目。

ケヴィンがいよいよ本領発揮と思ったら、次はフランシスコ・ザビエルの話もはじまり、次なるビリーバットを継ぐ者が現れるんかい!?
忙しいほどに展開が早い。
そのうえ謎がちょい出しだらけ。
だいぶ謎も解けてきたし、次なる世界で何を見せてくれるのかが非常の楽しみ。
NASAの月のビデオも出すわ、これはどんどん現代へと近づいてきているがどこをクライマックスへ持って行くんだろう。

【コミック】ビリーバット 10

コミック→BillyBat
03 /15 2013
ビリーバット 10
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(10) (モーニング KC)BILLY BAT(10) (モーニング KC)
(2012/09/21)
浦沢 直樹、長崎 尚志 他

商品詳細を見る

おまえの人生は苦労の連続だ
まあ人生なんてどのみち大変だ しようがない
そしておまえは地球を救う

ビリーバット 10』本文より

1924年。
ビリーを生み出したケヴィンの師匠ゾフーのさらに師匠の「シショー」の物語。
偽物を世界に向けて作りだした悪でもある奴と、彼が生まれるまでの物語が語られた。

次々に「ビリー」に関わった者たちの歴史が語られ、引き継がれていく。
今度はゾフー先生の話かよ。
現代のビリーの話がクライマックスに向かうと同時にどんどん物語たちが増え補強されていくかのようだ。

漫画の持つ力とは。
ビリーの行く末もそうだが、幾人もの人たちが残したビリーバットの物語たちが人々を興奮させそれを現実にしていく。
もしくは結末があるからそこにビリーが導いているのか。
どちらにせよ、この地球を賭けた物語のゆくすえであるラストは着実に近づいてるよな…
楽しみ。

【コミック】ビリーバット 9

コミック→BillyBat
12 /23 2012
ビリーバット
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(9) (モーニング KC)BILLY BAT(9) (モーニング KC)
(2012/05/23)
浦沢 直樹、長崎 尚志 他

商品詳細を見る

ビリーバットは魔物だ
人類のため 子供のため 力を貸してほしい

ビリーバット 9』本文より

60年代の米ソの冷戦時代と航空宇宙産業時代にしっかり突入。

一方のビリーバットを巡っては表紙のからまぞふー先生というキーパーソンを中心に、ビリーの声を聞いたものたちが一堂に会した。
現況のひとつである光森村で、こうしてキーとなる人物が集まった。
いよいよ話が動くぞ…
わくわく。

光森村の人たちはなぜにああなっちゃったんかね。
あんなゾンビみたいな…キングの「セーラムズ・ロット」かよ。
「サイレン」でも「屍鬼」でもいいけど。
不可思議な村に向かうと村人たちがみんなおかしい。
しかもそこの村が謎をとく鍵とか、どんだけ読者をわくわくさせてくれるんだよー。もー。

【コミック】ビリーバット 8

コミック→BillyBat
05 /10 2012
ビリーバット
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(8) (モーニング KC)BILLY BAT(8) (モーニング KC)
(2012/02/23)
浦沢 直樹、長崎 尚志 他

商品詳細を見る

ビリーがね 言ってるよ
「おまえが日本に行かないならこの子に行かせろ」って

ビリーバット 8』本文より

盛り上がってきた。
いままさに最高潮。

すべてが日本に、紀伊半島の物語に結びついた。
あとはあの巻物とビリーバットを巡る物語。ついては歴史を動かすことのできるものに集約しはじめた。

ケヴィンもジャッキーも日本に赴き、そして暗躍するものたちも。

いったい世界を動かし歴史を動かすというのはどういうことなのか。
謎もいよいよ明かされるときが近いのだろうか。

今までの複線が結びつく瞬間ってこんだけ盛り上がるねぇ。


思わず一気に読んでしまった。

【コミック】ビリーバット 7

コミック→BillyBat
02 /22 2012
ビリーバット
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(7) (モーニングKC)BILLY BAT(7) (モーニングKC)
(2011/07/22)
浦沢 直樹、長崎 尚志 他

商品詳細を見る

言っただろ
このドラマには犠牲者が必要だって

ビリーバット 7』本文より


ビリーバット』7巻目。

おおきなターニングポイント。

1963年11月22日。
JFK暗殺の日がやってきた。

その時オズワルドはケヴィンは、ジャッキーは。
それぞれにとって大きな1日となった。

この歴史を書きとめるような大作はここでようやく、意味を見いだせたかもしれない。
同じ登場人物を何十年も主人公とすることはできない。
ここでのもしかしたら「次の主人公」に関しても、この災厄の日に立ち会わせてきたのには心底驚いた。
そして興奮した。

まだまだこの1963年はプロローグだったのかもしれないな…
歴史を別の側面と、そして大きな物語の根幹を為す流れを描いていく、その面白さがついに炸裂した!
うわ、もうこれすごい漫画になるかもしれんぞ。

【コミック】ビリーバット 6

コミック→BillyBat
02 /18 2012
ビリーバット
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(6) (モーニング KC)BILLY BAT(6) (モーニング KC)
(2011/05/23)
浦沢 直樹、長崎 尚志 他

商品詳細を見る

僕の漫画の登場人物から消えてくれ
歴史から君の名前を消してくれ

ビリーバット 6』本文より


ビリーバット』6巻目。
オズワルドとケヴィンの邂逅は終了。
また新しい話がはじまった。

オズワルドに関してはあのあとどうなったんだよ!?
ここで新章!?
勘弁してくれ、気になる…
歴史は変わったのか、それともビリー・バットの言うまま変わらなかったのか。

今度はあの伊賀の忍者の話と1963年が関わっていくのか…
しかもビリー・バットの存在を知っている者がさらに歴史に介入していることがわかっているなかで、ケヴィンと共に再び日本を目指して元凶へと向かうのか。
うわー。
見事に歴史を繋いでいくSF色が高まってまいりました。

【コミック】ビリーバット 5

コミック→BillyBat
02 /04 2012
ビリーバット
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(5) (モーニングKC)BILLY BAT(5) (モーニングKC)
(2010/11/22)
浦沢 直樹、長崎 尚志 他

商品詳細を見る

正義ってのはなあ
頭で考えるもんじゃない
血と汗と涙 流して行動するのが正義だ

ビリーバット 5』本文より

オズワルド事件の日が近づきつつある5巻。
ビリー・バットの作者ケヴィン・ヤマガタとオズワルドの距離が縮まっていく。

ビリー・バットの幻影に人生を狂わされた人物たちが挑む歴史。
どんどん面白くなってきた。
この先の歴史の転換点、ケネディ大統領の暗殺は防ぐことができるのか。
それとも誰もが歴史の前に屈服してしまうのか。

60年代の出来事を描きながら、大きなストーリーラインであるケヴィンやオズワルドの物語。
そして根幹にある「コウモリ」とのからめさせ方が非常に面白くなってきた。

5巻目にもなるとようやく物語の輪郭が見え始めてきた。
面白い…けど、はやく続きが知りたくなるような展開で終わるのとか巧すぎる。
しかもオズワルドの話がまだ続くような気しかしないんだが。

【コミック】ビリーバット 4

コミック→BillyBat
01 /12 2012
ビリーバット
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(4) (モーニングKC)BILLY BAT(4) (モーニングKC)
(2010/07/23)
浦沢 直樹、長崎 尚志 他

商品詳細を見る

オズワルド君
君は英雄になるんだ

ビリーバット 4』本文より

ビリーバット』4巻。

ケヴィン・ヤマガタ廃人に。
一気に時代が飛んで、オズワルド事件前。
まるで彼が見るコウモリが予言するかのように、彼が書いたマンガがどんどん現実化する。
コウモリは彼になにを見せてるんだろう。
そしてその先になにがあって、なにを人類に警告しているんだろう。

その点に尽きるんだけれども、やっぱり20世紀の世界的な事件を次々に追ってくれるとすごく面白い。
あの事件が、この物語にどんな力を与えてくれるんだろう、とか。

いよいよもって、彼の未来予知に気づいた人物が現れた。
さてさて面白くなってきたぞ。

やっぱり3巻の忍びの時よりも、この近代やケヴィンが関わる事件が描かれると一気に面白くなるな。

【コミック】ビリーバット 3

コミック→BillyBat
01 /05 2012
ビリーバット
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(3) (モーニングKC)BILLY BAT(3) (モーニングKC)
(2010/03/23)
浦沢 直樹、長崎 尚志 他

商品詳細を見る

これを持つ者は世界の支配者となれる
だが同時にこれは世界を……くるわす…………

ビリーバット 3』本文より

ビリーバット』3巻。

ビリーバットの世界は古き時代や忍びの世界まで遡った。

なにこれ。
ビリーバットの原点は世界を変える可能性のあることすら関係してくるのか。
いったいどんな秘密が。

ところどころに挿入されるケヴィン・ヤマガタの本編もっと早く進んでくれー。
気になる。

【コミック】ビリーバット 2

コミック→BillyBat
11 /21 2011
ビリーバット
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(2) (モーニングKC)BILLY BAT(2) (モーニングKC)
(2009/11/20)
浦沢 直樹、長崎 尚志 他

商品詳細を見る

おまえが続きを描いて……
おまえが止めろ
おまえが……

ビリーバット 2』本文より

ビリーバット』2巻目。

うわ。いくつも世界が動き始めた。
あのこうもりの「絵」と共に。

結局気になったので2巻までは読む。
読んだが。
まさか主人公の何度もの交代。
そしてひとつの時代だけじゃなくいくつもの世界や時代を通して描かれる「あのコウモリ」。

あの図は一体なんなのだ。
謎ばっかりが膨らみ、そしてどんどんこの世界への興味が出てきてしまう。

いや、だけど。今度こそやめよう。
一気に読めるのを待とう。
こんなものはすべてが語られて、すべてがひとつに繋がるのはずっと後のはず。

【コミック】ビリーバット 1

コミック→BillyBat
11 /21 2011
ビリーバット
浦沢直樹
モーニング連載
BILLY BAT(1) (モーニングKC)BILLY BAT(1) (モーニングKC)
(2009/06/23)
浦沢 直樹、長崎 尚志 他

商品詳細を見る

じゃあ一番最初に絵を描いた奴は……
誰を真似て描いたんだ?

ビリーバット 1』本文より

浦沢直樹の『ビリーバット』。

アメリカでマンガを描いていた主人公が自分のキャラクターに酷似したキャラが日本にいると聞いて戦後の日本を駆け回る。


……うわ。
ものすごく長くなりそう。
戦後昭和史をすべてなぞるつもりか、このマンガは。

それにしても、面白い視点だ。
もしこれを戦後昭和史、ならびに手塚治虫にはじまる漫画史を並べながら話が進んだときには傑作になるかもしれん。
が、やっぱりものすごく長そうだ(笑


自分の絵のルーツはどこにあるのか。
そして何より、戦後日本の描写や実際にあった事件や人物たちの物語がどう、このビリーバット事件に関連するか。
そして1巻で登場した日本の漫画家が描く未来を描いた漫画の意味はなんなのか。

1巻で提示されたいくつもの謎だけでもものすごく楽しくなりそうだ。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。