【コミック】金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 5

コミック→金田一少年の事件簿20周年
01 /15 2014
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 5
原作:天樹征丸
漫画:さとうふみや
週刊少年マガジン連載
全5巻
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(5)<完> (少年マガジンコミックス)金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(5)<完> (少年マガジンコミックス)
(2013/06/17)
さとう ふみや

商品詳細を見る

犯罪芸術家たるもの物語のエピローグはもっと美しく
鮮やかでなくてはならない……

金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 5』本文より

『薔薇十字館殺人事件』完結。
そしてあらたな高遠の物語が幕を開け始めた。

高遠の生き別れた妹の物語というものも完結しはしたけれども、高遠が再び再始動。
金田一の一期のラストは高遠の蒔いた種との対決だったけれども、高遠が自らのルーツを見出し今度は自分のためだけの犯罪の種を見つけたかのような不穏さ。
金田一はいよいよラストへ向かい始めたのかもしれない。


それはともかくとして、微妙微妙つまんないと思っていた金田一20周年の事件たち。
暗黒城は好きだったけど。
ついに薔薇十字館の「館」もの、大胆不敵な物理トリックにも驚愕。
こういうものが見たかった!
しっかりとした館ものじゃないか。
叙述トリックが残念な犯人ではあったけれども高遠のようにトリックを錯視で彩り、被害者をあぶりだす方法があまりにお見事。

よかった。
20周年にちゃんと楽しめて大きな事件があってよかった。

【コミック】金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 4

コミック→金田一少年の事件簿20周年
12 /16 2013
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 4
原作:天樹征丸
漫画:さとうふみや
週刊少年マガジン連載
全5巻
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(4) (少年マガジンコミックス)金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(4) (少年マガジンコミックス)
(2013/03/15)
さとう ふみや

商品詳細を見る

私は殺すのは得意ですがその逆となると話は別です

金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 4』本文より

暗黒城殺人事件の解決編と薔薇十字館殺人事件のはじまり。

目が見えない口もきけない特殊状況下での殺人。
おお。そうきたか。
短編でひとつの事件、しかもワントリック。
これがやっぱり金田一少年の短編の面白さだわ。
目も口も閉ざされた静寂の中でいかに犯人は特定の人物を殺せたか。
20周年が個人的に不発続きだっただけに、楽しかった。
こうでなくちゃ。

そして20周年最後の事件。
金田一と高遠のタッグというはじめての展開。
しかも犯人は高遠を犯罪者と認めた上で勝負を挑んできているというこれまた今までにない展開。

特殊館もので密室ともいえる中でどう面白いものを見せてくれるのかこれは楽しみ。

【コミック】金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 3

コミック→金田一少年の事件簿20周年
11 /21 2013
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 3
原作:天樹征丸
漫画:さとうふみや
週刊少年マガジン連載
全5巻
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(3) (少年マガジンコミックス)金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(3) (少年マガジンコミックス)
(2012/12/17)
さとう ふみや

商品詳細を見る

俺がワン・ロンならどこに爆弾を隠す?

金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 3』本文より

「香港九龍財宝伝説殺人事件」完結。
そして「暗黒城殺人事件」始動。

すべての巻が2つの事件をまたがらせるってなんだかなぁ。
金田一の初期の頃を思い出すけど、1冊完結になってからや文庫版を考えるとやっぱり適してない気しかしない。

ドラマ化もされたということで非常に視覚に訴えてくるトリックの香港の事件。
決死行や上海魚人伝説のようにいつものように香港をかけまわる。
またかよと思いながらも、いつもどおりで、前2つのように視覚全開トリックというのは偶然なのかなんなのか。
核爆弾という強烈なテロ行為という側面もあったのに、あくまで核爆弾を追うというアクション&謎解きに徹してて、暗号解読ものとしては納得できるんだけど、金田一少年のシリーズとしてはなんだかイマイチというかなんというか。

と思っていたらラスト1話からはじまった新事件は今度は視覚の無い場所での事件と来たもんだ。
こうきたかというトリックに期待です。

【コミック】金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 2

コミック→金田一少年の事件簿20周年
07 /18 2013
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 2
原作:天樹征丸
漫画:さとうふみや
週刊少年マガジン連載
全5巻
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(2) (少年マガジンコミックス)金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(2) (少年マガジンコミックス)
(2012/10/17)
さとう ふみや

商品詳細を見る

美雪もランも俺が必ず助け出す!

金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 2』本文より

「人喰い研究所殺人事件」の完結。
そして「香港九龍財宝伝説殺人事件」始動。

また香港かよ(笑
でもスケールが今までの事件の中でもそうとう大きいもので、美雪のそっくりさんという珍しい展開がでてきた。
と思ったら前半でのトリックの鍵が学園七不思議の時と似てるぞニヤニヤとも思ったり。

久々の佐木2号の登場ということはまたビデオが重大なヒントになるわけか。
このビデオも時代を経るごとにどんどん進化するよなぁ(笑

【コミック】金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 1

コミック→金田一少年の事件簿20周年
05 /21 2013
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ 1
原作:天樹征丸
漫画:さとうふみや
週刊少年マガジン連載
全5巻
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)
(2012/06/15)
さとう ふみや

商品詳細を見る

お前にゃ俺がついてる
突然自殺なんてぜってーさせねーよ!

『人喰い研究所殺人事件』本文より

20周年記念シリーズ。
『人喰い研究所殺人事件』問題編収録。

昭和のノスタルジー溢れる町と、最先端の無尽蔵のエネルギーを研究する研究所。
最先端なのに電力の使い方が怪しかったり、突然自殺をする場所といういわくつきの場所。

うわ、なに、この情報過多な事件。
明らかに電力は怪しく思えるし、そこからアリバイも崩すことができそうな。
暗号も多いし、解答編でどんだけの情報が明かされるのか楽しみだ。

事件も不思議な雰囲気を醸し出しているし、これでもかとミステリの楽しみを詰め込んだ事件だねぇ。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。