【コミック】シノハユ 7

コミック→咲シノハユ
02 /04 2017
シノハユ
原作:小林立
作画:五十嵐あぐり
ビッグガンガン連載
シノハユ(7) (ビッグガンガンコミックススーパー)
小林 立 五十嵐 あぐり
スクウェア・エニックス (2016-12-24)
売り上げランキング: 701

私の選択で--
チームを不利にしてしまった

シノハユ 7』本文より

シノハユ』7巻。

中学での初団体戦。
小学生ではライバル同士が同じ中学で出場。
また一歩本格的な咲のような団体戦での戦い。
この小学校と中学校のルール差、新たに目指す全国の意味の違いが出てきた感がある。
それと同時にただ楽しいだけの麻雀から勝ち上がっていくことの意味が変わってきたな。

【コミック】シノハユ 6

コミック→咲シノハユ
04 /03 2016
シノハユ
原作:小林立
作画:五十嵐あぐり
ビッグガンガン連載
シノハユ(6) (ビッグガンガンコミックススーパー)
小林 立 五十嵐 あぐり
スクウェア・エニックス (2016-03-25)
売り上げランキング: 57

髪も伸びてきてもうすぐ中学生----
おかーさんに雰囲気が似てるって言われた

シノハユ 6』本文より

シノハユ』6巻。
小学生が終わりよった。ここで終わると思ってたら中学生での話がはじまりよったぞ。
これはまた楽しみな。
小学生でも後のプロたちの片鱗を見れたのに、中学生までいくともっと面白いものが見れそうな。

それにしたって制服が届いてきてみて、お母さんに似てるって。
親から目線で子供を見るとこんな感じに見えるのか(笑
みんなしっかり成長しちゃって、となんか感慨深く見れてしまう。
̪

【コミック】シノハユ 5

コミック→咲シノハユ
12 /19 2015
シノハユ
原作:小林立
作画:五十嵐あぐり
ビッグガンガン連載
シノハユ(5) (ビッグガンガンコミックススーパー)
小林 立 五十嵐 あぐり
スクウェア・エニックス (2015-11-25)
売り上げランキング: 242

私の中では一貫してるから大丈夫--
すべては勝つためです

シノハユ 5』本文より

シノハユ』5巻。
いよいよ全国…って。なにこのスピード。そして次々に現れる後のプロ雀士たち。
赤土晴絵は表紙はもちろん本編もいい活躍。にしても表紙は小学生のはずなのにこの時点でこの色気ときたもんだ。
あとはやっぱ三尋木プロ登場でざわっとくるな。

全国ですらもさらっと流したけれども、ここからどう展開するのか。
母に会うための麻雀の次なる一歩は。
ラストで話が一気に動いたけれども、果たして…

【コミック】シノハユ 4

コミック→咲シノハユ
08 /08 2015
シノハユ
原作:小林立
作画:五十嵐あぐり
ビッグガンガン連載
シノハユ(4) (ビッグガンガンコミックススーパー)
小林 立 五十嵐 あぐり
スクウェア・エニックス (2015-07-25)
売り上げランキング: 25

地区予選がダメなら---
全国で優勝する…!!

シノハユ 4』本文より

シノハユ』4冊目。
地区大会終了。

それにしてもまっすぐな小学生たちだなぁ。
篠にいたっては母を探してを地でいく。麻雀というつながりをもって探すという、もうまったくこの子は…(笑

さぁさぁ全国という場所に行き着くわけだけれども、いよいよきたぞ。
全国の猛者たち。
咲の時代のプロたちが続々と。
副題の「The dawn of age」が動きはじめた感じだ。

【コミック】シノハユ 3

コミック→咲シノハユ
03 /07 2015
シノハユ
原作:小林立
作画:五十嵐あぐり
ビッグガンガン連載
シノハユ(3) (ビッグガンガンコミックススーパー)シノハユ(3) (ビッグガンガンコミックススーパー)
(2015/02/25)
小林立

商品詳細を見る

人をよろこばせようとするってことは
はやりちゃんにもアイドルの素質があるのかも

シノハユ 3』本文より

シノハユ』3巻。

はやりんがきよった。
しかも章タイトルにもなるくらいに、なぜ彼女がアイドル雀士となっていったのか。
はややー、ってなっていたのはこういうことかw
こんな小学生時からアイドルの卵とはな。

はやりんしかり、この『シノハユ』の誰もが何かをもって麻雀のトップを目指していく。
その純粋な想いなどなども楽しめるが、なにげに出てくる後の咲時代におけるプロたちの卵時代が見れてにやにや。

【コミック】シノハユ 2

コミック→咲シノハユ
10 /04 2014
シノハユ
原作:小林立
作画:五十嵐あぐり
ビッグガンガン連載
シノハユ(2) (ビッグガンガンコミックススーパー)シノハユ(2) (ビッグガンガンコミックススーパー)
(2014/09/25)
小林立

商品詳細を見る

うん…
前より無敵感あがってる

シノハユ 2』本文より

ああ。
そうか。『シノハユ』って3人の物語にしていくつもりなのか。
1巻の内容を閑無視点でもう一度描き、打倒水原はやりんに至るまで。
そして新章ではそのはやりんの物語をはじめるとは。

麻雀を通してたったひとりぼっちの世界からなにか新しさを見つけていく3人。
このまま小学生のままで話が終わるとも思えない。
どう成長していくのか楽しみになってきた。

咲本編にははやりんは出てきているけれども、主役ふたりはどうなってしまっているのか。
過去話だからこその現在とどうつながるのかは楽しみだよなあ。

【コミック】シノハユ 1

コミック→咲シノハユ
02 /16 2014
シノハユ
原作:小林立
作画:五十嵐あぐり
ビッグガンガン連載
シノハユ (1) (ビッグガンガンコミックススーパー)シノハユ (1) (ビッグガンガンコミックススーパー)
(2013/12/25)
小林 立、五十嵐 あぐり 他

商品詳細を見る

おかーさんとまた
会えますように――

シノハユ 1』本文より

『咲』第2のスピンオフ『シノハユ』。
咲、阿智賀に続き再び全国を目指す少女たちの戦いを見守ることになろうとは。
しかも今度は小学生。
え?小学生なんかよ。

咲が姉と会うために全国をめざし、阿智賀は友に会うために、そして今度は母に会うため。

それぞれ違う理由だけども、麻雀を楽しむ楽しさはしっかり伝わってくる。
特に今回は少女ということもあるし、失踪した母に会いたいというまさに母を訪ねて三千里といわんばかりの純粋さ。


はやりんもしっかり出てきてるし、本編や阿智賀のプロもいろいろ出てきそうだな。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。