【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 19

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 19
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (19)  ソロモン編・前 (角川コミックス・エース 80-22)
安彦 良和
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 62,615

俺は軍人だ
ザビ家の伝統を創る軍人だ
無駄に死んだりせん!

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 19』本文より

機動戦士ガンダム THE ORIGIN』19巻。ソロモン編前編。

最終決戦が迫る中、無駄にニュータイプとして覚醒していくアムロが孤立して誰にも理解されなくなってきている中、逆にジオンのザビ家の人間たちの結束と決意が熱い。
なにこの対照的な感じは。
こんなにザビ家ってかっこいいヤツばっかりだっけか。
印象が変わったかも。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 18

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 18
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (18)  ララァ編・後 (角川コミックス・エース 80-21)機動戦士ガンダム THE ORIGIN (18) ララァ編・後 (角川コミックス・エース 80-21)
(2008/12/24)
安彦 良和

商品詳細を見る

アルテイシア
すべては 大義のためだ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 18』本文より


機動戦士ガンダム THE ORIGIN』18巻目。
ララァ編後編。

アムロとシャアの対決。
ララァの介入。
これだけでも盛り上がるのに、シャアとセイラさんを対峙させる。
それにこのオリジンでのオリジナルのシャアがシャアとして生きていくことになったきっかけのエピソードたちをこれほどまでに絡めてくるとは。
面白くないわけがない。

ここからはまさに終盤。
最後の戦いの直前だ。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 17

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 17
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (17)    ララァ編・前 (角川コミックス・エース 80-20)機動戦士ガンダム THE ORIGIN (17) ララァ編・前 (角川コミックス・エース 80-20)
(2008/06/26)
安彦 良和

商品詳細を見る

実戦というものは
ドラマのように格好のよいものではない
戦場にいても まあこんなものだ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN』本文より

機動戦士ガンダム THE ORIGIN』17巻。
ララァ編前編。
こうしてアムロは父を越え父と決別し、ララァと出会い恋を知り、シャアと出会い嫉妬する。
こんなにもアムロの成長を次から次へと促す要素を与えていたのか。

かと思いきやシャアのニュータイプ論のかざし方、そして彼が何を目指すのか。
ミライさんの婚約者も現れ、この戦争が中立のコロニーにとってどんなふうに見えているのかも分かってきた。

ここでようやくガンダムというものが目指した方向性が見えてきた気がした。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 16

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 16
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 16 オデッサ編 後 (角川コミックス・エース 80-19)機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 16 オデッサ編 後 (角川コミックス・エース 80-19)
(2007/11/26)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

わたしをこんな気持ちにさせるおまえは!
おまえは ニュータイプなのか?!!

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 16』本文より


『ガンダム THE ORIGIN』オデッサ編後編。
マ・クベとの連邦との戦いがメインであるし、彼の戦争と芸術の対比させる名台詞もよいもの。
そして核兵器を巡っての1戦での完全なるアムロの覚醒も見られる。

その前のシャアとアムロとの4回目の戦いが今回一番の見ものではないかと思える。
ふたりの戦いがどんどんふたりを近い存在へと近づけてくる。
ふたりともが相容れない双子の片割れ同士のよう。
このふたりが分かり合えるなら、それこそ誰もが分かり合えるんじゃないかと思わせる構成だよなぁ。

ついにオデッサまでもが終わった。
さぁ、再び宇宙だ。
ラストに向けての最後の加速が終わった感がある。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 15

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 15
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編 前 (角川コミックス・エース 80-18)機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編 前 (角川コミックス・エース 80-18)
(2007/05/26)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

戦争のあいだは
こうでもしなきゃあたしたちなんか…

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15』本文より

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』15巻目。
オデッサ編前編。

カイとミハルのエピソードだけでまるまる1冊。
濃っ。
たしかに1エピソードではあるんだけど、ここまでやってくれるとは。

カイが下船してミハルと出会い、戦争だからこそ民間スパイとして生計を成り立たせるミハル。
こんな戦争だからこそ民間人でも稼ぐために戦争に加担しなくちゃいけない。
それゆえの悲劇が衝撃的。
やっぱファーストの中で、このエピソードはもっとも印象に残っているだけにカイの慟哭が心に響いてくるかのようだった。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 14

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 14
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (14) (角川コミックス・エース (KCA80-17))機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (14) (角川コミックス・エース (KCA80-17))
(2006/12/22)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

二度と戦争なぞしたいと思わなくなるほどに
徹底的に叩きのめすのだ!!

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 14』本文より

機動戦士ガンダム THE ORIGIN』14巻。
ルウム編後編。
すべての戦争の準備は整った。

すべての発端はシャアが見逃したわけか。
いわばザビ家を滅ぼす布石を敢えて逃がし、その逃げたレビルがデギンの思惑である休戦とはまったく逆の徹底交戦をやろうとは。

すべてシャアの思惑どおりじゃないか。
最初はこのザビ家をつぶすという復讐の個人的なところからすべてははじまったってわけか…

これでガンダムという話がすべてつながった。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 13

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 13
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (13) (角川コミックス・エース (KCA80-16))機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (13) (角川コミックス・エース (KCA80-16))
(2006/07)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

何十億人も殺して……
それでもまだお前は犠牲が足りないというのかっ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 13』本文より

機動戦士ガンダム THE ORIGIN』13巻目。
ルウム編前編。
開戦編でも十分と思っていたが、まだオリジナル展開でもっと深くガンダムの世界を構築していきよった…

シャアが赤い彗星と呼ばれ、黒い三連星の名も知られ、セイラもシャアとキャスバルが同一人物であると知り。
ジオン内部でも誰もが戦争を望んでいたわけでもなく、兄弟間でも亀裂が走りはじめている。

ゆえにギレンのもとにすべてが一致団結しているようで、そうではないのはこのルウム編でよく分かった。
特にラルがジオンの中枢から去るのには非常に納得がいった。
ザビ家内部がこんなにも掘り下げられると、まるで見方が変わるじゃないか(褒め言葉

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 12

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 12
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (12) (カドカワコミックスAエース)機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (12) (カドカワコミックスAエース)
(2006/04/22)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

御心配は無用です
既に決定的になるであろうプランがあります
これですっ!
RX-78!
コード名は『ガンダム』!

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 12』本文より


『オリジン』12巻目。
ぞわぞわっ
まさかのティム・レイによるガンダムに至るまでのMSの開発。
ジオンとジオニック社によるMSの開発。
この競争し、敵対する2つの勢力も開戦への準備へと刻一刻と迫っていく。

シャアが退役し、最初期のMS乗りとしての経歴を積み、アムロもあのはじまりのサイド7へと降り立つ。

すべての準備は整った。
ああ、これでガンダムがはじまるな。


それにしてもこの頃のフラウ・ボゥかわいすぎるだろ。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 11

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 11
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (11) (カドカワコミックスAエース)機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (11) (カドカワコミックスAエース)
(2005/12/22)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

つまらない見栄だと思うだろうけどボクは…
誰にも負けたくないんだ
この学校では…

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 11』本文より


『オリジン』開戦編。前編。
まさかのまだ続くオリジナル展開。

士官学校へ行ったシャアがガルマと出会い、彼らが才能を見せ始め、そしてジオンが独立していく過程を見せてきた。
なんだよもう。
シャアがなぜあんだけの名声を手に入れたのか。
ガルマが坊やだとは言われてもあれだけ人気があったのはなぜなのか。

士官学校での話だけでこんなにも彼らを理解することになろうとは。
語られないからこそ、そしてザビ家の台頭の地道な努力。
シャアがザビ家への復讐を誓いながらも、ザビ家に近いところで着実に実力をつけていく様なんかぞっとする。
0079だけでなく、その後もカリスマ性を持ち続けていたのも納得だ。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 10

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 10
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (10) (カドカワコミックスAエース)機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (10) (カドカワコミックスAエース)
(2005/08/26)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

関係ない
ボクはボクだ
さようならアルテイシア

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 10』本文より


シャア・セイラ編完結。
すごかった。
ガンダム漫画なんてたくさんあるけれども、確かにこれは「オリジン」だ。

シャアがシャアとなった瞬間。
セイラと生き別れた瞬間。
こんな経緯があったのか。
彼らの両親がどんな人物で、どんな人たちに囲まれて育って、0079の時代に敵対する軍にそれぞれ所属していたのか。
すべてが明らかにとはこういうことか。


それにしてもこのシャア・セイラ編読むとセイラさんがものすごくかわいく思えてくるから不思議。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 9

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 9
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダム THE ORIGIN(9) (カドカワコミックスAエース)機動戦士ガンダム THE ORIGIN(9) (カドカワコミックスAエース)
(2005/04/26)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

……でもボクはジオン・ズム・ダイクンの子だ
大きくなってすぐにまたデギンやあなたたちを従えるんだ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 9』本文より

え。なんだこの話。
安彦オリジンのオリジナル話だと…
すんごい面白い。
これをアニメ化しようというのも納得。

エドワウがどうやってシャアとなったのか。
シャアとセイラはどういう幼少期を送っていたのか。
ガンダムの特に0079の時代を掘り下げすぎだろというくらいに掘り下げてきた。

特にザビ家の台頭のいきさつ、ランバ・ラルがどうキャスバルやアルテイシアと関わっていたのか。
これまでは台詞の節々からしか予測できなかったことを描いてきた。
このシャア・セイラ編を読んでからもう一度ランバ・ラル編を読むとまったく違って見えそう。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 8

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 8
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (8) (角川コミックス・エース)機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (8) (角川コミックス・エース)
(2004/11/26)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

生き残るのだ
最後に選ばれた者だけが
この裁きの時代に

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 8』本文より


機動戦士ガンダム THE ORIGIN』8巻目。
ジャブロー後半。

シャアが出てくると盛り上がる。
自然に対しての敬意出会ったり誰が生き残るべきと考えるか。
そういった行動すべてが後の逆襲のシャアまでしっかりと貫かれているからこそ、この頃の言動までがにやりとして楽しめる。

さて、ジオンによるジャブローの強襲と連邦の形式ばっているだけのハリボテのような幹部の行動。
連邦に果たして価値があるのか、彼らの下でブライトたちは戦い続ける必要があるのか。
もはや生き残るための戦いになりつつあるのがジャブローだよなぁ。

アクションもいっぱいなんだけど、それ以上にカツレツキッカの冒険が非常に楽しい(笑

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 7

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 7
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダム THE ORIGIN(7) (角川コミックス・エース)機動戦士ガンダム THE ORIGIN(7) (角川コミックス・エース)
(2004/07/26)
安彦 良和

商品詳細を見る

知ったようなことを言わないで!たかだか十五、六年しか生きていないクセに

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 7』本文より


『ガンダム THE ORIGIN』7巻目。
ジャブロー編はじまった。
ここまでくると中盤って感じがするな。

リュウさんの死、マチルダさんの死。
ラルの仇をとろうとして逆にアムロに殺されるハモンさん。

死に翻弄されるアムロ。
これまでの戦争だから仕方ないというのとは違って実際にアムロのよく知る人たちがまさに回りで死んでいく。もしくはアムロが殺してしまう。
ここから色んな人の怨念を受けながら戦争の中で生きてしまうドラマが本格的に始まるわけか。

次はおそらくアクション満載のはず。
近藤ガンダムではアクションが本当にすごかったが、果たして安彦ガンダムはどう見せてくれるのか。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 6

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 6
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (6) (角川コミックス・エース)機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (6) (角川コミックス・エース)
(2004/03)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

この風 この肌ざわり
この匂いこそ 戦場よ!!

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 6』本文より

機動戦士ガンダム THE ORIGIN』6巻目。
ランバ・ラル編完結。

ラルさん完全に軍人。
対して民間人だったホワイトベースの人間たちもこれまでもなんやかんやで巻き込まれてきたけれども、それだけじゃあ生き残れなくなってきた。
もはや戦争の中心にいつの間にか入ってしまってるじゃないか。


ラルさんの愚直なまでに戦場に生きてきていて、しかも今後のシャアとセイラの関係を示唆することや、アムロの明らかな人間的な成長も見られた。
アムロの覚醒もすぐそこだ。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 5

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 5
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダム THE ORIGIN(5) (角川コミックス・エース)機動戦士ガンダム THE ORIGIN(5) (角川コミックス・エース)
(2003/07/24)
安彦 良和

商品詳細を見る

こいつ 違うぞ ザクなんかとは
装甲もパワーも!!
やられる!!?

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 5』本文より


機動戦士ガンダム』5巻。
ランバラル編スタート。

ザビ家が台頭している現在と、結局のところジオンってなんなのか、連邦ってなにと戦っているのかが明確になってきた。
シャアの独特な立ち位置も理解できるし、ホワイトベースを束ねる若きブライトの苦悩も頂点に達し始めてる。

ランバラルという純粋な政治の駆け引きを抜きにしても戦士である彼を相手に、ホワイトベースの面々の大きな成長が見られそう。
単に戦う、生き残るというものじゃなくて、もっと人間ドラマが次々に生まれるシチュエーションの土台がようやく築かれていつでも準備はOKって空気ができてきたな。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (4) (角川コミックス・エース)機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (4) (角川コミックス・エース)
(2003/03)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

今は…
戦争なんだ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4』本文より


機動戦士ガンダム』4巻。
ガルマ編完結。

ガルマも人の子だったし、戦争がもたらすいくつもの悲劇。
アムロと母のエピソードもそうだし、ガルマとその恋人にしても。

ガンダムって確かに戦争ものだったんだなと思い起こさせてくれる。
これほどに日常が非日常に変化しているというのもそうだし、ホワイトベース艦内がすでに戦争に巻き込まれた人達という空気から、まるで戦争が当たり前の日常へと変化していってるのも実にぞわっとする。
親への反抗心というのもあるんだけど、アムロがしっかりとした足取りで親ばなれするかのごとくホワイトベースへと帰って行ってたわけだもんなぁ。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 3

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 3
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (3) (角川コミックス・エース)機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (3) (角川コミックス・エース)
(2002/11)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

それが甘ったれなんだ!!
殴られもせずに一人前になったやつなんか
どこにいるもんか!!

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 3』本文より

『ORIGIN』3巻目。
ホワイトベース内の民間人との軋轢、
上層部からの支援がなく、たった1機のホワイトベースだけで突破しろという無茶な指令。
少なくなる食糧。

生き残ることができるかどうかすら怪しい要素しかないじゃないか。
こんなにも過酷な状況だったのか。
劇場版見ただけだけど、ここまでズシリとは感じなかったもんな。

あるべくしてあるシチュエーションをあますことなくマンガに詰め込んでるな…

こりゃブライトも一気に経験も積むけれども老け込んでいくわけだ。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 2

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 2
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (2) カドカワコミックA  (角川コミックス・エース)機動戦士ガンダム THE ORIGIN (2) カドカワコミックA (角川コミックス・エース)
(2002/07/24)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

われわれはいったいあの若者たちに…
なにを残したのだろうと

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 2』本文より


『オリジン』2巻目。
2冊まるまるプロローグ。
こんなに壮大で濃い物語だっけ…

はしょるという言葉を知らないくらいに丁寧で丁寧で。
まさにオリジンとはこのことかと思い知った。

最初の時のWBのクルーの寄せ集め感はあるのはよくわかっていたつもりだけど、まごうことなき寄せ集め集団だし、誰もが生き残るために自分たちのスキルを少しずつ提供していているものだったのか。
さらにはブライトに急に課せられた重責の圧迫感もハンパない。

かと思いきやシャアの孤高の天才ぶりや連邦・ジオンの金銭感覚や軍感覚の違いもこの時点で明白なくらいにでてるものだとはな…

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

【コミック】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 1

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 1
安彦良和
ガンダムエース連載
全23巻
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (1) (角川コミックス・エース)機動戦士ガンダム THE ORIGIN (1) (角川コミックス・エース)
(2002/06/01)
安彦 良和、矢立 肇 他

商品詳細を見る

認めたくないものだな
自分自身の若さ故のあやまちというものを……

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 1』本文より

機動戦士ガンダム』1巻。

近藤版とも違う、これはまた細かいところまで再現しながら現代によみがえらせたガンダムだな…
強烈にキャラクターたちが語りかけてくるかのようだ。

ああ、そうか。
これがガンダムなのか。
あらためて読んでみるとまた違った見方ができそう。

tag : 機動戦士ガンダム 安彦良和 ガンダムエース

プロフィール

∀ki(あき)

  • Author:∀ki(あき)
  • 自由に生きてます。
    色々読んだり見たりしてます。

    リンクやトラックバックは自由にどうぞ。
FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
その他カテゴリ