【コミック】グラゼニ 7

コミック→グラゼニ
04 /19 2017
グラゼニ 7
原作:森高夕次
漫画:アダチケイジ
モーニング連載
全17巻
グラゼニ(7) (モーニング KC)
アダチ ケイジ
講談社 (2012-09-21)
売り上げランキング: 100,840

たった1球だけだったけど…
おれは"一軍の勝負"ができた!
おれは一軍に帰ってきたんだ!

グラゼニ 7』本文より

グラゼニ』7巻。

夏之助やっぱローテには向いてないな(笑
やっぱリリーフでこそ輝いてるわ。
給料的にはまた別問題なのだけれども。

過去編と現在の話との交錯具合もすごく巧く機能してきて、高校野球から分岐したそれぞれの仕事人生の描き方が巧いなぁ。

【コミック】グラゼニ 6

コミック→グラゼニ
04 /13 2017
グラゼニ 6
原作:森高夕次
漫画:アダチケイジ
モーニング連載
全17巻
グラゼニ(6) (モーニング KC)
アダチ ケイジ
講談社 (2012-07-23)
売り上げランキング: 123,850

この話にはまだ続きがありましてですね………
最後まで聞いて頂ければ"100万アップ"はせざるをえなくなると思うんです

グラゼニ 6』本文より

グラゼニ』6巻目。
これぞグラゼニという契約更改。凡田はいかなる作戦をとって年収アップを図るのか。
経営陣との駆け引きがもう見ていて非常に楽しい。

また野球解説者人生の危うさと椅子取りゲームの様も言われてみれば難しい世界なんだよなぁ。

【コミック】グラゼニ 5

コミック→グラゼニ
02 /27 2017
グラゼニ 5
原作:森高夕次
漫画:アダチケイジ
モーニング連載
全17巻
グラゼニ(5) (モーニング KC)
アダチ ケイジ
講談社 (2012-06-22)
売り上げランキング: 129,645

パパ…トライアウトに賭けてみたい………

グラゼニ 5』本文より

グラゼニ』5巻。
トライアウトに人生のすべてを賭ける。野球人生が終わるのか、それとも続けられるのか。
このぎりぎりまで頑張る人たちがすばらしくカッコよく、こんなん見せられたら1軍選手なんてどんなプレッシャーの中でいつまで続けられるのかを考えながらプレイしているんだろうとか考えちゃうわな。

あとは今と昔の甲子園の話もじんわりきた。
昔は昔の雰囲気あったよなぁ、と。
ここに愛着のある人にはたぶんすごく心に響くものがあるんだろうと思ったり。

【コミック】グラゼニ 4

コミック→グラゼニ
02 /23 2017
グラゼニ 4
原作:森高夕次
漫画:アダチケイジ
モーニング連載
全17巻
グラゼニ(4) (モーニング KC)
アダチ ケイジ
講談社 (2012-03-23)
売り上げランキング: 127,447

残された試合でおれはあと何試合登板できる--?

グラゼニ 4』本文より

グラゼニ』4巻。
まだまだ野球のお金の世界は広い。
2軍で嫁持ち子持ちのある種の数字の辛さ、急に1軍に行って活躍したもののマークされるとはどういう事態か。
野球とお金とそれぞれの人生が見えてくるというか、ほんとその人その人の人生とその先が見えてくるようだ。

今までの短編という形じゃなく、中編という形でこんだけ人の人生が見えてこようとは。

【コミック】グラゼニ 3

コミック→グラゼニ
02 /15 2017
グラゼニ 3
原作:森高夕次
漫画:アダチケイジ
モーニング連載
全17巻
グラゼニ(3) (モーニング KC)
アダチ ケイジ
講談社 (2011-12-22)
売り上げランキング: 114,279

今年26歳
年俸1800万の僕はいつ結婚できるんでしょうか?

グラゼニ 3』本文より

グラゼニ』3巻。

2軍と1軍の狭間とプロとして何年も続けられる人と続けられない人の差。
ほんのちょっとの差であり、単に実力で測れないものの考察が非常に面白くなってきた。
また野球人生以外の人生を考えながらのプロでの生活も考えさせられるところがあるな…

番長の副業によるイメージをもってプロとしては考えられない開き直りの話も面白いものがあったり、グルメをやりながら結婚であったり年俸に見合う結婚というのもシビアで現実的な話で、プロ野球もまた人の人生様々なだよなぁ。

【コミック】グラゼニ 2

コミック→グラゼニ
12 /28 2016
グラゼニ 2
原作:森高夕次
漫画:アダチケイジ
モーニング連載
全17巻
グラゼニ(2) (モーニング KC)
アダチ ケイジ
講談社 (2011-09-23)
売り上げランキング: 84,115

北村さんは給料を定年まで保証され……
東光さんは明日をも知れぬ選手人生……

グラゼニ 2』本文より

グラゼニ』2巻目。

一軍と二軍のお金の差、そのチャンスの活かし方。外国人登録選手の苦悩。
中継ぎと先発の話。
野球の裏側、決して華やかじゃない側から見ている上に、これがお金の話メインだろ…
面白くないわけない。
これ野球を見る上で知っていたらすんごい楽しくなるじゃないか。

【コミック】グラゼニ 1

コミック→グラゼニ
12 /07 2016
グラゼニ 1
原作:森高夕次
漫画:アダチケイジ
モーニング連載
全17巻
グラゼニ (1)
グラゼニ (1)
posted with amazlet at 16.12.07
森高 夕次 アダチ ケイジ
講談社 (2011-05-23)
売り上げランキング: 97,157

引退の翌年--
年収100万円台になった人を僕は何人も知っている!

グラゼニ 1』本文より

グラゼニ』第1部1巻。
モーニング読んでて気になったので読んでみた。

野球を努力でも友情でもなくお金という側面から見るという目からうろこの発想。
面白い。

60まで稼げるわけでもない。
引退してからの事も考えなきゃいけない。
それ以上に今も考えないといけない。
ケガもあるかもしれない、新しく加入した人によっていつ二軍においやられるかもしれない。

それこそ野球のルールでのピッチャーの役割やそれぞれの人数によってどこに配置されるかも重要ときたもんだ。

野球というスポーツそのものを内部から見られる漫画だよなぁ。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。