【コミック】スケッチブック 10

コミック→スケッチブック
08 /16 2017
スケッチブック 10
小箱とたん
コミックブレイド連載
スケッチブック 10 (BLADE COMICS)
小箱 とたん
マッグガーデン (2014-06-03)
売り上げランキング: 112,659

こんにちは忍者です
うわ 空閑先輩

スケッチブック 10』本文より

スケッチブック』10巻。

9巻に続いて10巻も読んだ。
うむ。
なごむ。
猫も昆虫も生物という生物ネタも方言もほっこり。

【コミック】スケッチブック 9

コミック→スケッチブック
08 /02 2017
スケッチブック 9
小箱とたん
コミックブレイド連載
スケッチブック 9 (BLADE COMICS)
小箱 とたん
マッグガーデン (2013-05-10)
売り上げランキング: 124,107

どうせ明確な違いはないし
蝶っぽいから蝶
蛾っぽいから蛾というのも素直な見方かもね

スケッチブック 9』本文より

スケッチブック』9巻。

5年ぶりくらいに続刊読んだのにぜんぜん違和感ない。
いつもの人たちがいつもどおりの日常を送ってやがる。
これが日常系か。
それを10年も続けてるわけだもんな。
すごい。

【コミック】スケッチブック 8

コミック→スケッチブック
01 /11 2012
スケッチブック 8
小箱とたん
コミックブレイド連載
スケッチブック 8 (BLADE COMICS)スケッチブック 8 (BLADE COMICS)
(2012/01/10)
小箱 とたん

商品詳細を見る

今日は食べ放題にやってきた
「食ベルぞー食ベルぞー
骨の髄マデしゃぶり尽クシテくれるワー ワハハ」
「ケイト 意気込みはわかるけど日本語変よ」

スケッチブック 8』本文より

安定のスケブ8巻。

虫の話も猫の話も実に面白い。
あと日本語の話も。

完全装備の虫取りの話が非常に印象的。
録音も撮影も捕獲もOKってのは実に完全な装備だよな。

まるまる1冊実に癒された。

【コミック】スケッチブック 7

コミック→スケッチブック
11 /10 2010
スケッチブック 7
小箱とたん
コミックブレイド連載
スケッチブック(7) (ブレイドコミックス)スケッチブック(7) (ブレイドコミックス)
(2010/10/09)
小箱 とたん

商品詳細を見る

「それにしても すうどんみっつって」
「でもこれが一番安くてお腹がたまる
合理的かつ自然な発想だろう…」

スケッチブック 7』本文より

ああっ
学生の時の会話みたいっ。
いや、この子ら学生だからいいのか。

スケッチブックも7巻目。
根岸の妹が登場したりもしたけど、特になにか変わるわけでもなく、いつものようにネコ分と虫撮り分が多く語られてて満足。

読むほどに楽しいが、巻を重ねていくとそれだけ高校生との距離感がどんどん出てくるんよなー。
まぁ仕方ないことだが。


にしても日本語っておもしろいよなと毎度のことながら思わされる。

【コミック】スケッチブック 6

コミック→スケッチブック
06 /13 2009
スケッチブック 6
小箱とたん
コミックブレイド連載
スケッチブック 6 (BLADE COMICS)スケッチブック 6 (BLADE COMICS)
(2009/06/10)
小箱 とたん

商品詳細を見る

あそこの魚屋の主人は私に夢中にゃ
のどをなでさせたらイチコロにゃ… どんな魚でも快く差し出してくるにゃ

スケッチブック 6』本文より

帯を見て一年三ヶ月ぶりなのかと思った。
もうそんなに経つのか。
でも内容は変わらない。
これ変わらない心地よさがなんともよい(笑

帯を外してみたら頭を抱えることになった。
なにしてんの。
涼風ペアがいったい何をしてる構図なのかさっぱりわからん orz
謎だ(笑


新たなる猫の登場、虫たちの不思議も含め彼らのなんとも言えない楽しい日常を見ていて親近感を覚えたり、変にツボったり。


なんとなく作者が自炊一人暮らしを楽しんでいるひたすら楽しんでいるかのような雰囲気を感じるのは気のせいか。
妙に一人虫取りとか、一人釣りとか自炊の話に「楽しんでるよなー」という空気がマンガから漂ってくるような(笑

こういう日常の楽しさを見つけることって非常に楽しいもんですよね。



あとやっぱり番外編のネコたちの話が大好きだ ヽ(゚∀゚)ノ

【コミック】スケッチブック 5

コミック→スケッチブック
03 /31 2008
スケッチブック 5
小箱とたん
コミックブレイド連載
スケッチブック 5 (5) (BLADE COMICS)スケッチブック 5 (5) (BLADE COMICS)
(2008/03/28)
小箱 とたん

商品詳細を見る

「パイナップルって真ん中空洞じゃなかったの――!?」
「あッ」
「本当だッ!!」
「…………」

スケッチブック 5』本文より

なんとも日常的だが、なぜか登場人物のさりげない才能の無駄遣いをしているところをみて楽しむマンガ『スケッチブック』5巻。

あと無駄知識が妙に増えます(笑
最初の頃に比べて明らかにそういった使わないであろう知識がどんどん増えていっている気がする。
虫のことしかり。


71ページのラジカセにはアナライザがついていたということですが、ハッキリ覚えてます。
分かるということは世代間を上下で分けると上らしいです。
そうか…通じない人が増えてきてるのか orz


ミケさんたちネコ目線の話もしっかりと収録されていたので満足。
相変わらずクマさんは笑わせてくれるっw

【コミック】スケッチブック 4

コミック→スケッチブック
09 /12 2007
スケッチブック 4
小箱とたん
マッグガーデン
コミックブレイド連載
スケッチブック(4) (BLADE COMICS) スケッチブック(4) (BLADE COMICS)
小箱とたん (2007/09/10)
マッグガーデン

この商品の詳細を見る

「ここって居心地いいのよねー
冷蔵庫あるし ストーブもあるし テレビもあるし なんでもあるからね」
「ないものは?」
「夢 希望 充実感 新鮮味 素敵な出会い」

スケッチブック 4』本文より引用


ああ…
なんかそういうの分かる気がする。


スケッチブック」4巻。
お?なんかいつもより出るペースはやくないですか?

多分10月からアニメ化ということで今のうちに出しておこうということなんだろう。


内容はいつもどおりと言っちゃあいつもどおりに楽しい。
新キャラもちょこちょこ出てきたり、「スケッチブック出張版」に出てきた猫たちが本編に登場する頻度が高くなってたりした。

いやいや、まさかクマさんがもらわれていくとはな。



こういう日常のなんでもないことがネタになるのがスケッチブックの素晴らしいところ。
病気で寝てたら天井の電気が顔に見えてきただとか、ペットボトルに水をいれてまっさか様にしてうずまきを楽しむとか、防犯カメラからレーザーが出てきそうだとか。


4巻では「大ゲバーン」と「ハックションじゃないのかよっっ」っていうのがツボった。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。