FC2ブログ

【コミック】機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 5

コミック→ガンダム X-Bone4
06 /11 2019
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 5
長谷川祐一
ガンダムエース連載
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST (5) (角川コミックス・エース)
長谷川 裕一 宮崎 真一
KADOKAWA (2018-06-26)
売り上げランキング: 67,414

取り引きだーー
おれは代わりにおまえを届けてやる
まだ この世界のどこにもない おまえの世界を作るまでだ!

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 5』本文より

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』5巻。

フォントとアッシュの2パート同時作戦。
まだまだフォントも伝説に人物にならず、現役のスーパーパイロットだな。
この圧倒的エース感を見ながら、もうひとりのパートであるアッシュもどんどん大きな存在になっていく。
そして彼らが救い出すのがかつてのクロスボーンの「伝説」たちってあたりが、もう。
彼らが救い出されたのちにいったい何が語られるのか。
DUSTになってから、すべての物語が統合されているくんじゃ…

【コミック】機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 4

コミック→ガンダム X-Bone4
10 /06 2018
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 4
長谷川祐一
ガンダムエース連載
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST (4) (角川コミックス・エース)
長谷川 裕一 宮崎 真一
KADOKAWA (2018-02-10)
売り上げランキング: 78,415

「せかい」を作れるだろうか?

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 4 』本文より

機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST』4巻。
カグヤの故郷での戦い。

これで地球と月と木星と。
3つの勢力が出てきて、最初の戦いの火ぶたが切っておとされた。
昔の機体ムラサメ、まさかなぁ。サイコガンダムかよ。
そんなものまで出てきてしまう。
もちろん過去の遺産として。
そういうのも歴史の果てだからこそのおもしろさだな。

【コミック】機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 3

コミック→ガンダム X-Bone4
09 /22 2018
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 3
長谷川祐一
ガンダムエース連載
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST (3) (角川コミックス・エース)
長谷川 裕一 宮崎 真一
KADOKAWA (2017-08-25)
売り上げランキング: 75,498

今の私は"幽霊"だ!
"存在しない者"--だ!

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 3』本文より

機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST』3巻。

これがフォント君が求めた世界。
なにを成そうとしているのかがようやく明かされ、ゆえにこの新たな主人公が配置され、物語が組み立てられてるのか。

ずっと戦争続きだったユニバーサルセンチュリーの世界。
その世界のもっとも先で平和がついになされるのか。
おもしろくなってきたぞ…
まさに誰も見たことのない世界だ…

【コミック】機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 2

コミック→ガンダム X-Bone4
09 /15 2018
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 2
長谷川祐一
ガンダムエース連載
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST (2) (角川コミックス・エース)
長谷川 裕一 宮崎 真一
KADOKAWA (2017-04-24)
売り上げランキング: 91,594

周りを見ろ! アッシュ!
そして考えろ!
これが今の"世界"のありさまだ!

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 2』本文より


機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST』2巻。

フォント再登場!
なぜ、なにを目的に。
彼の再登場が物語を一気に加速させた。
2巻にしてこんだけ話が進むとは。

F91からVの時代を経たこの世界。
このもっとも先の未来においてフォント君が核をにぎる、か。

【コミック】機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 1

コミック→ガンダム X-Bone4
07 /02 2018
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 1
長谷川祐一
ガンダムエース連載
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST (1) (角川コミックス・エース)
長谷川 裕一 宮崎 真一
KADOKAWA (2016-12-26)
売り上げランキング: 79,548

だが、もし―――あの時 お前が
"死ぬ"運命だったと言うなら
今日――お前は"その目で"自分の運命を追っ払ったんだ

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST 1』本文より

機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST』1巻。

ゴーストのエピローグの少しあと、新しい主人公新しいヒロインを迎えての物語。
ああ、ほんとに見たことのない世界だ。
Vの世界の後にどんな世界が待っていたのか。
ゴーストのフォントたちはどうなったのか。どうやらフォントはしっかりとこの時代にも生きているみたいだけど。
第1巻からもうワクワクの連続じゃないか。
ボーイ・ミーツ・ガールもよかったし、主人公はもはやボーイという年齢でもないけど。
でもいい出会いを見せてもらった。そして新しい物語のいい幕開けを。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。