FC2ブログ

【FT】新しき神々 ドラル国戦史 8

本→ドラル国戦史
08 /18 2018
新しき神々 ドラル国戦史 8
THE YOUNGER GODS

デイヴィッド&リー・エディングス David and Leigh Eddings
訳 宇佐川晶子
カバーイラスト 岩良ノラ
ハヤカワ文庫FT
新しき神々―ドラル国戦史〈8〉 (ハヤカワ文庫FT)
デイヴィッド エディングス リー エディングス
早川書房
売り上げランキング: 964,775

「楽しい夢をね最愛なる方」

『新しき神々 ドラル国戦史 8』本文より


ドラル国戦史』最終巻。
うん。どうしてこうなった。
ラストバトルがなぜにこんな消化不良みたいな…

いや、うん、ここ数巻の神の動きからしたらこういうのもありだろうけど。
うーんうーん。
ほんとどうしてこういう終わり方になったんだ。

【FT】高峰の決戦 ドラル国戦史 7

本→ドラル国戦史
08 /11 2018
高峰の決戦 ドラル国戦史 7
THE YOUNGER GODS

デイヴィッド&リー・エディングス David and Leigh Eddings
訳 宇佐川晶子
カバーイラスト 岩良ノラ
ハヤカワ文庫FT
高峰の決戦 (ドラル国戦史7) (ハヤカワ文庫FT)
デイヴィッド・エディングス リー・エディングス
早川書房
売り上げランキング: 921,857

「あんたが死にものぐるいでアラシアをだましてくれれば、われわれも昆虫人間にあんたの邪魔をさせないようにするよ」

『高峰の決戦』本文より

ドラル国戦史』7冊目。

神が実際にいるけれども、それでも宗教を絡めると人間関係文化関係こんなにもおかしくなっていくか(笑
この敵にも味方にも邪魔にもなりえる宗教観は面白いな。
ファンタジー世界が実に人間臭くなるよな。

さぁ残り1冊。

【FT】峡谷の昆虫人 ドラル国戦史 6

本→ドラル国戦史
08 /04 2018
不死なる侵略者 ドラル国戦史 6
CRYSTAL GORGE

デイヴィッド&リー・エディングス David and Leigh Eddings
訳 宇佐川晶子
カバーイラスト 岩良ノラ
ハヤカワ文庫FT
不死なる侵略者 - ドラル国戦史 (6) (ハヤカワ文庫FT)
デイヴィッド・エディングス リー・エデイングス
早川書房
売り上げランキング: 922,031

彼らの知性が人間のそれをうわまわったら、人間は死滅の道をたどるだろう――それはここドラル国だけにかぎったことではない。

『峡谷の昆虫人 ドラル国戦史 6』本文より


ドラル国戦史』6巻。
人間の圧倒的勝利ともいえるが…
どんどん人間たちがさまざまな辺境人たちの知識をもって一気に知性の進化を遂げている。
圧倒的科学力の勝利みたいな感じだろうか。
それにしてもトレニシアみたいな女系世界から来たようなキャラクターでてくるとエディングス作品は一気に楽しくなるよな。

さてさてヴラーも人間と同様に知性を蓄え始めたいま、次の神の一手はというか、神が出すぎになっちゃいないかと思わなくもない。

【FT】水晶砦の攻防 ドラル国戦史 5

本→ドラル国戦史
07 /29 2018
水晶砦の攻防 ドラル国戦史 5
CRYSTAL GORGE
デイヴィッド&リー・エディングス David and Leigh Eddings
訳 宇佐川晶子
カバーイラスト 岩良ノラ
ハヤカワ文庫FT
水晶砦の攻防 -ドラル国戦史(5)(ハヤカワ文庫FT)
デイヴィッド・エディングス リー・エディングス
早川書房
売り上げランキング: 1,022,269

飢饉が起きると、想像もつかぬ恐ろしいことが起きる。飢えは戦争より始末が悪い。深刻な飢饉が発生したら、生き残るものはひとりもいない。

『水晶砦の攻防 ドラル国戦史 5』本文より


ドラル国戦史』5冊目。
ヴラーの進軍は刻一刻と迫ってきた。
前巻の戦いを経ての一行の戦力の弱まらない虫軍団だからこその脅威だよな。
そりゃ食糧事情もだし、どこでどうやって食い止めるのかという問題が取りざたされ防戦気味なところをどうやって打開していくのか楽しみだ。

【FT】峡谷の昆虫人 ドラル国戦史 4

本→ドラル国戦史
06 /17 2018
峡谷の昆虫人 ドラル国戦史 4
THE TREASURE ONE

デイヴィッド&リー・エディングス David and Leigh Eddings
訳 宇佐川晶子
カバーイラスト 岩良ノラ
ハヤカワ文庫FT
峡谷の昆虫人 - ドラル国戦史 (4)(ハヤカワ文庫FT)
デイヴィッド・エディングス リー・エディングス
早川書房
売り上げランキング: 1,046,178

「たぶんそうだと思う。いや、どうかな。ヴラーの家来の多くは、ひたすら女王を守るためだけに生きている。命を懸けて女王を守るんだ」

『峡谷の昆虫人 ドラル国戦史 4』本文より

ドラル国戦史』4巻目。

ヴラーが行動しはじめたぞ。
さてさて、人間・神の混成軍は勝てるのか。

…うん、これ勝てるな。
人間の知恵が文化を隔てていたものが神によって一つの場所に集まったからこその知識たちが共有され知恵となっていく様を見てると、うん、これいけるやつだ。

神と神の信者と。神の間でも若い神と老神の間の軋轢も大きくなってきたし、夢見人の夢も大きく絡んできた感じがある。
ようやく物語が軌道に乗り始めた。

【FT】神託の夢 ドラル国戦史 3

本→ドラル国戦史
06 /10 2018
神託の夢 ドラル国戦史 3
THE TREASURE ONE

デイヴィッド&リー・エディングス David and Leigh Eddings
訳 宇佐川晶子
カバーイラスト 岩良ノラ
ハヤカワ文庫FT
神託の夢 - ドラル国戦史 (3) (ハヤカワ文庫FT)
デイヴィッド・エディングス リー・エディングス
早川書房
売り上げランキング: 1,025,200

もしもわたしたちが自然の秩序を過剰にいじりはじめたら、取り返しのつかない結果になるという気がしてならないの。

『神託の夢 ドラル国戦史 3』本文より

ドラル国戦史』3巻。

若神と老神の間にも軋轢がでてきた。
設定が一気についかされ、人間たち混成軍も領地を広げ、神と人の関係も様々なパターンが描かれはじめた。
設定面白いんだけど、なんとなく登場人物がものすごく増えてきたような。

【FT】蛇民の兵団 ドラル国戦史 2

本→ドラル国戦史
06 /03 2018
蛇民の兵団 ドラル国戦史 2
THE ELDER GODS

デイヴィッド&リー・エディングス David and Leigh Eddings
訳 宇佐川晶子
カバーイラスト 岩良ノラ
ハヤカワ文庫FT
蛇民の兵団―ドラル国戦史〈2〉 (ハヤカワ文庫FT)
デイヴィッド エディングス リー エディングス
早川書房
売り上げランキング: 984,445

「辺境人たちは金のために働いていると思ってるが、実際は、生き残るためなんだ。ぼくたちが勝たなかったら、ヴラーの家来たちにランチがわりにされちゃうんだからね」

『蛇民の兵団 ドラル国戦史 2』本文より

ドラル国戦史』2巻。

人間たちがだいぶ揃ってきた。
雇われているとはいえ随分と個性的な人たちが揃ってきたし、神に協力しなければヴラーに滅ぼされていくのは自分たちという逆境直前というのも面白いところ。
あとは文化も人種も違うからこその混成団になってきたのは面白いな。

【FT】四方を統べる神 ドラル国戦史 1

本→ドラル国戦史
05 /26 2018
四方を統べる神 ドラル国戦史 1
THE ELDER GODS

デイヴィッド&リー・エディングス David and Leigh Eddings
訳 宇佐川晶子
カバーイラスト 岩良ノラ
ハヤカワ文庫FT
四方を統べる神―ドラル国戦史〈1〉 (ハヤカワ文庫FT)
デイヴィッド エディングス リー エディングス
早川書房
売り上げランキング: 974,838

「わたしたちの知らないことなんてあるもんですか。人間がわたしたちに教えることなんて、本当にあるの?」

『四方を統べる神 ドラル国戦史 1』本文より

ドラル国戦史』1巻。

これはまた変わった神さまたちの物語がはじまった。童話のようにはじまるけれども、エディングスのいつものように実に人間くさくておしゃべりな神さまばっかだな。

しかし戦争がはじまるからいろんなところに神さまがスカウトにいくところからはじまるんかい。
しかも金で(笑
いいねぇ。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。