【ドラマ】CSI:2 第23話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
03 /20 2007
CSI:2
第23話 哀しい宿命(さだめ)(The Hunger Artist)


CSI:2最終話。

最期はショッピングカートに乗せられ、顔にたくさんの傷を負った女性が死亡していた話。

彼女の身元を洗っていると彼女はモデルであった。
モデル業の裏側とえぐる話。


なにげにお金かけてるよなシーズン2のフィナーレ。

いやぁしかし、エグイ話だった。
人間関係も描写も。


今回でシーズン2が終了だけれども、大きな事件だけ残して終わってったな…
おいおいシーズン3以降どうなるんだっっ。

とりあえずテレビ大阪にはシーズン3を放送希望。
マイアミでもいいけど。

CSI:2 科学捜査班 DVD-BOX2 / ウィリアム・ピーターセン

【ドラマ】CSI:2 第22話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
03 /15 2007
CSI:2
第22話 ベガス-マイアミ合同捜査 ( Cross-Jurisdictions )


CSI:ベガスCSI:マイアミの合同捜査。

事件はベガスで起こり、誘拐された少女がマイアミで発見されたことから合同捜査に。

当初は事件をいかに自分たちのチームで行うかで互いに睨み合っていたが、少しずつ協力的に。


マイアミのメンバー操作手順よすぎっ。
ベガスは基本に忠実にという印象だが、マイアミはどこか犯人に行動を予測して行動に出てる気がする。
っつかマイアミは室長が自ら捜査のまっただ中にいくのかっ

マイアミ室長のホレイショがえらくカッコよかった。



テレビ大阪のCSIは残り1回。
次は……やってくれるんかなぁ。
CSI:3かCSI:マイアミ1か。

CSI:2 科学捜査班 DVD-BOX2 / ウィリアム・ピーターセン

【ドラマ】CSI:2 第21話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
03 /05 2007
CSI:2
第21話 最も残忍な殺害方法 (Anatomy of A Lie)

CSI:2第21話。

公園に埋められていた死体。
薬品によって消滅させられようとしていたらしい。
死因は交通事故。
だがしかし、現場を特定するもそこには血液がない。
発見現場まですぐの距離。
血液は一体どこに?


また、えらく大きな謎がたくさんの事件だった。

もう一つの砂漠で溺死するという事件もあまりの結末に唖然。
そんなんありかよっ。
……ベガスってすごいところだな。
自然が豊かすぎ(笑

そして来週はついにCSIマイアミとの合同捜査ヽ(´ー`)ノ

CSI:2 科学捜査班 DVD-BOX2 / ウィリアム・ピーターセン

【ドラマ】CSI:2 第20話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
02 /21 2007
CSI:2
第20話 猫屋敷の老婆 (Cats in The Cradle)


CSI:2第20話。


いつの間にか残り3話っすよ!?
あと2回でマイアミとの合同捜査にwktk


いきなりうわ…と絶句しそうな死体からはじまった20話。
猫屋敷で猫にいくらか食べられた跡のある老婆の遺体。
しかし、原因は明らかに人為的なものだった。


猫嫌いの隣人、付き合いの会った隣人。

なんか聞いたことある声だなぁと思ったら金朋と半場友恵かっ!?
子供役はやっぱりこの人らだなぁ。


ってか結末が orz
たまにはこれほどまでに後味悪いものもあってもいいとは思うけど…

どこの国でも誰にでも起こりえる話だよな…。


CSI:2 科学捜査班 DVD-BOX2 / ウィリアム・ピーターセン

【ドラマ】CSI:2 第18話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
02 /06 2007
CSI:2
第18話 暴走バス24人の運命 (Chasing The Bus)

CSI:2第18話。
CSI:ベガスの総力結集みたいな話だった。
総動員。


事故の何が原因だったのか。
犯行を起こしたものは一体どうやって事故を起こしたのか。
乗っていた仮出獄の客は一体どこへ消えたのか。

疑い始めればいくらでも考えられる。
けれども「真実は一つしかない」という言葉を発したグリッソム主任はカコエエなぁ。


ほんの少しの証拠から犯人を割り出していく、CSIというドラマの代表格の話だろな。
今回のは特に。


グレッグを今回現場に入れたのはまた今後に現場に出る可能性があるということなんかなぁ。
……でも普通ああゆう現場の凄惨さにはじめてふれたらそんな反応するよな

CSI:2 科学捜査班 DVD-BOX2 / ウィリアム・ピーターセン

【ドラマ】CSI:2 第17話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
02 /04 2007
CSI:2
第17話 六番目のチャクラ (Felonious’ Monk)


CSI:2の17話。

ベガスの仏教寺院で4人の僧侶が眉間に銃弾を打ち込まれ殺されていた。
そこは六番目のチャクラ、または第3の目と言われる宗教的に意味合いが深い場所だった。


またキャサリンは自分がCSIに入ることになった昔の事件と対峙することに。


続きを読む

【ドラマ】CSI:2 第16話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
02 /03 2007
CSI:2
第16話 儚い人生 (Primum Non Noncere)

CSI:2の16話。

アイスホッケーの試合中に殺された話と、バーで麻薬をやっている最中に殺された人の話。



アイスホッケーは話としては見事なんだけど、なんかすごい生々しい人間関係だな…
無意識な女性には気をつけましょうということだろか(笑

主任の仕事意識にちょっと感銘、ってか目の付け所が違うというか。
そんな証拠から事件の痕跡を見つけるのかよっ、って思った。



もう一つの事件の方は事件よりもウォリックの恋愛に目が向いて仕方なかった。
つかピアノうまいなぁ。
それから弾む会話て…。
あれが大人の恋愛とでもいうのだろうか。

CSI:2 科学捜査班 DVD-BOX2 / ウィリアム・ピーターセン

【ドラマ】CSI:2 第15話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
01 /27 2007
CSI:2
第15話 残酷な悪戯 (Burden of Proof)


CSI:2」第15話。

……どよーん。
終始暗い話だった…


死体農場で発見された対象外の死体。
銃で撃たれたはずなのに、その痕跡がない。
被害者は近々再婚予定。
そこまでCSIが調べ上げると彼の家はすでに燃やされており、焼け跡からは再婚する予定の女性の娘の裸の写真が発見される。

事件の方もすごく嫌な気分にさせてくれたが、CSIの人間関係のほうにも問題が発生。

続きを読む

【ドラマ】CSI:2 第14話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
01 /27 2007
CSI:2
第14話 ちぎれた指 (The Finger)

CSI:2第14話。

CSIのすぐ外で起こった誘拐事件。
その場にいたキャサリンも巻き込まれてしまう。

ちぎれた指、
100万ドルの受け渡し、
誘拐された人の安否は。

今回も見ごたえたっぷり。
キャサリンの頭の回転の早さに脱帽。

続きを読む

【ドラマ】CSI:2 第13話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
01 /06 2007
CSI:2
第13話 第4の殺人 衝撃の結末 (Identity Crisis)

グリッソム主任にとっての強敵現る。

自殺を装って殺された3体目の死体。
すべての死体の傍にはテープレコーダー。
そこには自殺の告白と母親への謝罪が。
そしてすべての事件の被害者の誕生日は8月17日であった。



うおー。
なんてこった。
まるでこれじゃCSIがミステリみたいだ!
一つ一つ浮かび上がる共通点。
明らかな犯人がまるで挑戦状を叩きつけるかのような行動に出る。

あーもうっ
名探偵vs大怪盗の構図とおんなじやんっ。


事件はスリリング。
しかし結末は…
なんとも後味の悪い結末へと向かったのがそれはそれでCSIっぽいな…



テレビ大阪の放送は1月7日分から朝の6時30分からに変更。

【ドラマ】CSI:2 第12話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
12 /27 2006
CSI:2
第12話 閉ざされた人々 (You’ve Got Male)

食べものはデリバリー、欲しいものはネット、仕事は自宅。
そんな引きこもりが被害者の女性。
彼女のメールの痕跡から周りを洗っていく…っていうネットが絡む事件とは珍しい。


もう一つのまるで事故死のような事件の方が今回は好き。
猟をする時に間違って撃たれないようにするために着るはずのジャンパを着ていなかった被害者。
しかし、猟を楽しむ時間外に死んでいた。
そして彼には保険が…

そこで一気に引っくり返された展開がお見事!



やっぱりサラとの仲は深まってくんかねぇ

【ドラマ】CSI:2 第11話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
12 /27 2006
CSI:2
第11話 女が男を殺す理由 (Organ Grinder)

-女が男を殺すときに最も多いのは毒殺である。

そしてその方法に捕まらないためのトリックを考え始めると今回のような事件になるわけか。

あまりに不自然な死体。
調べていくと途中までは進展。
容疑者は二人にしぼられたが、それ以上には絞り込めない。

動機もすべて判明しているがどちらが殺したかが分からない。


怖いなぁ。
CSIシリーズの中でも恐ろしいほどの知能犯だったんじゃなかろうか。

【ドラマ】CSI:2 第10話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
12 /20 2006
CSI:2
第10話 いとしきエリー 我が娘 (Ellie)

CSI:2第10話。

カジノでの偽チップ事件にはじまり、詐欺師の殺人事件に偽札事件が絡んでいく。
容疑者はブラス警部の娘。
主任に事件の全てをまかされたウォリックは事件に翻弄されていく。


CSIの中の人間関係と、ブラス警部の親と子の葛藤が見もの。

主任かこえーなぁ。
あんな上司のもとでなら喜んで働く。



エリーの声が川上とも子か…
なんかずいぶん久しぶりに声を聞いた気がする。
ラジオのイベントだったりアルバム買ったりしてたのもいい思い出だ。
久々にラジオを聴いてみるのもいいかもしれない。

【ドラマ】CSI:2 第9話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
12 /05 2006
CSI:2
第9話 裏切りの逃亡者 (And Then There Were None?)

CSI:ベガスっぽい話だった…


いつもの二つの事件が交互に捜査され…ではなく意外な接点を持つ二つの事件。

カジノ強盗。
次々殺される犯人グループ。
そして容疑者はすべて殺され…

意外と最初の郊外のちょっとした事件での色んな証言があとで大きく関わってくるとは


CSI:2の中でもっとも面白かったかもしれない。

【ドラマ】CSI:2 第8話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
11 /27 2006
CSI:2
第8話 倒錯の館 (Slaves of Las Vegas)


CSI第8話。
砂場から発見された風俗嬢。
なぜ彼女は砂場という見つかりやすい場所で発見されたのか。


CSIという科学捜査の話でありながら、随分哲学的な方向へ話が展開したなぁ。
人間心理と性と犯罪と。


女主人のキャラがえらくよかった。
もうレギュラー入りして欲しいくらいに(笑

【ドラマ】CSI:2 第7話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
11 /12 2006
CSI:2
第7話 愛しすぎた男


うわモンクさんと同じ症状だ!
とは少し違うが自閉症の男が重要な証人である事件。
記憶が鮮明に残っている、しかし傍目に見ると挙動不審に見えてしまう。
…名探偵モンクなどをよく見ているせいか、おかしな目で見ることがなくなったなぁ。

密室の中どこから毒を摂取したのか、実に些細な状況だったな。


もう一つの列車事故のほうは、恐ろしい事件だった…
音と声からどのような状況が推測できるか、
そして真相は…実際どこでもありそうな些細なケンカが原因。
こわっ
そういえば警部とこれだけ連携した事件も珍しいかも。

【ドラマ】CSI:2 第6話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
11 /10 2006
CSI:2
第6話 冤罪 兄弟のレクイエム (Alter Boys)



サウナで死んでいた女と逮捕されても何も喋ろうとしない男の話。

なぜ喋らないのか、少しずつボロを出し、CSIが次々と証拠へとたどり着くがどうしてもその男が殺した決定的な証拠が見つからない。


関わっているのは確かだが、決定的なものがない。
なぜ黙るのか。
その理由はしっかりと描かれるが…
なんとも後味の悪い。
結果的にどちらに転ぼうとも同じところに行き着いたんだろうなぁ、黙秘した男は。
殺人というものに関わってしまった以上は。

【ドラマ】CSI:2 第5話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
10 /29 2006
CSI:2
第5話 破壊捜査 壁の向こう側(Scuba Doobie-Doo)


序盤からものごっつスゴイ謎きたっ

血しぶきのが舞い散る部屋。
山火事の現場で木の上にいたダイバーの死体。


なんじゃこりゃというところから、一転また一転。
容疑者が鼻血を飛ばして血飛沫の惨状に見せかけたり、ハエの大量発生などの要素から意外な犯人へと辿りつくさまは毎度のことながら楽しませてくれるよなぁ。

【ドラマ】CSI:2 第4話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
10 /28 2006
CSI:科学捜査班2
第4話 犯罪と香り 鼻孔の記憶 (Bully For You)


最新兵器…というか最新機器すげぇ。
実際あんな空気中の成分から臭いのもとがなんなのかを判別できるものって存在してるんかなぁ。

二転三転した事件も魅力的だった。


ふと思った。
今回の二つの事件ってどっちも嗅覚が関係してるんだよなぁ。
一つは人間には分析不能。
一つは悪臭(笑

【ドラマ】CSI:2 第3話

海外ドラマ(番組)→CSI:2
10 /28 2006
CSI:科学捜査班2
第3話 疑惑の転落死 (Overload)


テレビ大阪で1話がやってることにあとから気づき、2話を取り逃し3話から見だす。


おもしろっ。
人間関係とかも分かりやすいし、捜査の仕方から事件の解決までの展開がスピーディーでおもしろい。
捜査の中でも捜査員の思考がどうなっているのか、証拠がどうやって犯人や状況によって作成されたかを頭の中で考えていることを映像化するあたりが斬新だなぁ。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。