【アニメ】DEATH NOTE~リライト2 Lを継ぐ者~

アニメ(番組)→DEATH NOTE
08 /29 2008
DEATH NOTE~リライト2 Lを継ぐ者~
(2008)

デスノート』のディレクターズカット版第2弾『リライト2 Lを継ぐ者』。
vsニア編のディレクターズカット版。

前回の『リライト』を見て「ここで終わるのかよっ。劇場版DVDの販促がアニメのDC版じゃないのか orz」と思っていたので第2部もDC版が出てよかったよかった。
物語としてもあそこで終わっちゃうとマズイしな(笑

あまり評価のよろしくないニア編。
アニメ版で1クールを費やして語られた壮絶な心理戦。
そして複雑化する物語の構造。
あまりに感慨深いラスト。

それをアニメで見事に描ききっていたのでかなり期待していた。
DC版も原作もアニメ版も見ていた者としても十分な出来だったし。


…うーん。
悪くはないんだけど…。
悪くはないけど思いっきり重要部分のみ描いた総集編で終わっちゃった感が orz

メロの立ち回りや、ニアと月の心理戦、捜査本部側の疑惑など面白い要素がアニメ版にはまだまだあったんだけどなー。

個人的にアニメ版の方が好みです。
26~36話までが第2部なので、気になった人は是非ともアニメの方で見るのをオススメ。

DEATH NOTE リライト ~幻視する神~DEATH NOTE リライト ~幻視する神~
(2008/03/19)
宮野真守山口勝平

商品詳細を見る

L change the WorLd complete set[DVD3枚組]L change the WorLd complete set[DVD3枚組]
(2008/06/25)
松山ケンイチ工藤夕貴

商品詳細を見る

【アニメ】DEATH NOTE DC版

アニメ(番組)→DEATH NOTE
09 /01 2007
DEATH NOTE ディレクターズカット版~リライト 幻視する神~
(2007)

原作:大場つぐみ・小畑 健『デスノート
監督:荒木哲郎
脚本:井上敏樹
キャスト:宮野真守山口勝平中村獅童平野綾


金曜ロードショーデスノートのDC版がやってたので見る。
TVアニメ版「デスノート」の第1話「新生」から第25話「沈黙」の総集編に追加カットなど結構大幅な編集したもの。


TV版を見てた人としての感想:
良くも悪くも総集編だな…
ノートについての細かい説明やライトとLの戦いに結構原作どおりに深く推理してた部分を結構スパッとカットしてたな。
なのでスピード感とかはかなり出てたと思う。
その所為かBGMがアップテンポなものに変わっていた箇所が結構あったよーな。

しかし四葉編ラストの追跡シーンでマキシマムザホルモンの絶望ビリーを流すとは(笑
なんか気分が第二部になった。


今回の話はリュークの回想だったわけだけど、ラストのリュークの持ってるノートに書かれている人物のこととか考えると第2部の総集編もやってくれるのかな?
あのラストじゃある意味世界にとってバッドエンドだし、なによりスピンオフの映画「L」の番宣としても第2部の総集編はうってつけだと思うんだけどなー。


(´-`).。oO(でも第2部で重要になる人物の話がカットされてしまってたよーな。まぁアニメ版第2部は結構好きなんできっと放送してくれると期待。


そういえばアニメ版が放送されてから色んなニュース番組等でアニメ版のBGMが流れること増えたよなぁ。
そんなデスノートの音楽は結構好きだったりする。

DEATH NOTE Vol.10 DEATH NOTE Vol.10
宮野真守山口勝平 他 (2007/09/27)
バップ

この商品の詳細を見る

【アニメ】DEATH NOTE 最終話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
07 /24 2007
DEATH NOTE
最終話 新世界


ライトとLの戦いに決着がついた。

Lを継いだニアとメロ。
彼らはふたりでライトを倒すことに成功する。



ついにデス・ノートも最終回。

主人公がいつの間にか主人公から敵役へと変遷し、ラストに至る。
最後のライトの演説に誰が納得できるだろうか。
最初のライトが思った純粋に殺人や犯罪のない世界を望む者の演説ではなかった。

だからライトの役どころの変遷というのはうまいことアニメ版は描いてるよなぁ。
自らの罪を隠すための殺人を重ねラストに至ったというのがすごく分かりやすい。



肝心のラストのラストは原作とは違うラストになったなぁ。
ここから先ネタバレあり。

続きを読む

【アニメ】DEATH NOTE 第35話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
07 /04 2007
DEATH NOTE
第35話 殺意


ライトの殺意がまる見えの35話。


キラ=神でもなんでもないと見ている人も気づくよなぁ。
もはや特定の人物を殺すことだけにノートを利用しているだけ。

そしてそうであると35話のラストシーンで言えると思う。
自らの保身のためだけに証拠隠滅を図る。

あれ?
でもこれって同じ事をやっていなかっただろうか。
初期のFBI捜査官につけられていた時なども。
その時はライトには大義があって、それを邪魔する者を排除するために見えたけれどもライトの行動は実は一貫してたんじゃないだろうか。

そう考えると見事にライトの行動に明らかに不信を抱かせることで、もう一度デスノートという物語を読み返す、または見返した時に見方がだいぶ変わるんじゃないだろうか。


ラスト2話。
最近ニア編の評価が個人的にうなぎのぼり。
いや、これはこれでおもしろいって。

(単行本が出るたびに読んでたら前の話を忘れるんだよなぁ。その点テレビは結構おぼえてるもんだな、と思う。


DEATH NOTE Vol.7 DEATH NOTE Vol.7
大場つぐみ、 他 (2007/06/27)
バップ

この商品の詳細を見る

【アニメ】DEATH NOTE 第34話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
06 /30 2007
DEATH NOTE
第34話 虎視

DEATH NOTE第34話。


ニアがついにキラに戦いを挑むべく準備を整えていく。


ニアのこれまでの少々不可解な行動がようやく見ている人に謎解きがなされる。
ライトの視点から見たニアとの頭脳戦が、今回で逆転する。
ニアがなにを調べ、なにをつかみ、なにを持ってキラを追い詰めようとしているのか。


これまで死に関してのライトの考えの変遷や、1部の時と違ってライトに対する視聴者の共感から違和感へ変わっていく。
そこから再びLとの戦いの時のような頭脳戦を見ることになった。
ただし、ニア側から見ていることになったけれども。

でも、これってある意味ではライトが主役から適役へと役柄を物語の上で逆転させてるんだよなぁ。

単にライトを追っているような見方をしていたらもしかしたらデス・ノートという物語に肩透かしをくらうような感じになるのかもなぁ。

DEATH NOTE Vol.7 DEATH NOTE Vol.7
大場つぐみ、 他 (2007/06/27)
バップ

この商品の詳細を見る

【アニメ】DEATH NOTE 第33話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
06 /19 2007
DEATH NOTE
第33話 嘲笑

デスノート第33話。

ラストに向かって一直線中。
ニアとの対決はすぐ近くの回。



やはり今回の見どころは女性の戦い。
お互いの心理戦であったり主張であったり。
言葉に出すこと出さないこと。
見ているほうとしては楽しい限りだが…

心理戦を魅せる作品であるデス・ノート。
しかし、キラにも見通せなかったこと。
それの一つがこういった女心であるのかもしれないな(笑


DEATH NOTE Vol.7 DEATH NOTE Vol.7
大場つぐみ、 他 (2007/06/27)
バップ

この商品の詳細を見る

【アニメ】DEATH NOTE 第32話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
06 /12 2007
DEATH NOTE
第32話 選択


デスノート第32話。

魅上の過去の話とキラが表舞台に出てくるまで。


魅上に魅力があるのは、誰もがどこかしら魅上ほど歪んではないものの悪いことは許せないということを理解できるからなのかもしれない。
それでも魅上に正しい正義であるというファンがなかなかいないのはまるでキラを宗教のように扱わせることで「なんか違う」と視聴者に思わせてるのかもしれないなぁ。


デスノートを巡るゲームもそろそろ終わり。
登場人物はすべて出尽くした感じ。


第2部の話数が少ないからもしかしてものすごい勢いで物語を進めるんじゃないかと危惧してたけど、十分おもしろいんじゃないだろうか。
むしろ本来これくらいのスピードがあったほうがよかったのかも(笑

DEATH NOTE Vol.7 DEATH NOTE Vol.7
大場つぐみ、 他 (2007/06/27)
バップ

この商品の詳細を見る

【アニメ】DEATH NOTE 第31話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
06 /08 2007
DEATH NOTE
第31話 委譲

デスノ31話。
魅上が登場。


ライトに対する疑惑が日本内部にも。

ライトはそれでもまだまだ追い詰められはしないと踏んでるが、見てる側にとってはもうそろそろ限界という感じだよなぁ。


最初の方の平和を願うための殺人というのは、観てる側にも納得できる理屈だったが自らの保身や肥大化しすぎたキラ像を正しく再現しなければ死を与えるという構図が狂っててよい。

だから、あとから考えると最初にキラのやろうとしたことに対しても疑問を投げかけてるってことなんかなぁ。


……第二部は人気があったから続いたのではなくて、読者に対して殺人という行為に対して疑問をなげかけるための第二部なんじゃないかと思えてくる。


魅上の声って松風雅也か…
なんか最近よく見るなぁ。
のだめしかり。


DEATH NOTE Vol.7 DEATH NOTE Vol.7
大場つぐみ、 他 (2007/06/27)
バップ

この商品の詳細を見る

【アニメ】DEATH NOTE 第30話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
06 /02 2007
DEATH NOTE
第30話 正義


デスノート第30話。

まだまだ続くライト vs ニアの戦い。

ニアによるライト陣営への揺さぶり。
ニアの行動に対してライトのとった行動とは。

続きを読む

【アニメ】DEATH NOTE 第29話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
05 /27 2007
DEATH NOTE
第29話 父親


メロ vs 夜神総一郎。

果たして勝負の行方は。


もうライトが昔のライトではなくなっていってるよな…。
世界を変えれるかもしれないという一種の革命家という役から、もはや泥沼に入り込んでるだけのような。
そんな目的のためにはどんな非情な手段でも選ぶような人になっちゃってるように思えてくる。

今回の総一郎のことを見ていると。



だからラストには余計に深みがでるんだけど(笑

DEATH NOTE Vol.7 DEATH NOTE Vol.7
大場つぐみ、 他 (2007/06/27)
バップ

この商品の詳細を見る

【アニメ】DEATH NOTE 第28話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
05 /19 2007
DEATH NOTE
第28話 焦燥

第2部の2話目。


ニアの建造物がえらいことになってるんスけどっ(笑
2部1話目と比べても規模がでかっ。


あとメロの頭の回転の速さを見せ付けられたり、夜神親子の苦悩するさまが光った回だった。


ここから本格的に三つ巴の戦いだなぁ。

DEATH NOTE Vol.6 DEATH NOTE Vol.6
大場つぐみ、 他 (2007/05/23)
バップ

この商品の詳細を見る

【アニメ】DEATH NOTE 第27話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
05 /12 2007
DEATH NOTE
第27話 誘拐

第2部開始。


ニアの日高のり子がものすごい合ってた。
これだよっ。
これがニアだ。

状況説明を一気に文字で説明してしまったのはいい手なのかも。
ややこしく時間を使って説明するよりはさくっと説明してしまった方がだらだらしなくて済むし。


第2部に入って、ものすごい展開がスピーディーになったなぁ。
次々に物事が起こってついていくので精一杯。
でもこれくらいの方がちょうどいい。

いままでがゆっくり丁寧にだったからなぁ。

DEATH NOTE Vol.5 DEATH NOTE Vol.5
大場つぐみ、 他 (2007/04/25)
バップ

この商品の詳細を見る

【アニメ】DEATH NOTE 第26話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
05 /03 2007
DEATH NOTE
第26話 再生

またうまいこと録画できてないし orz
時間変更はホント勘弁

とりあえず録画できてる分だけ見る。
最初の10分で終了かよ…

総集編のようだったけど、本当に総集編だったのか、それともLの見た走馬灯だったのか。

DEATH NOTE Vol.5 DEATH NOTE Vol.5
大場つぐみ、 他 (2007/04/25)
バップ

この商品の詳細を見る

【アニメ】DEATH NOTE 第25話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
04 /24 2007
DEATH NOTE
第25話 沈黙


第一部完結。

素晴らしい。

ここまでしっかり再現、そしてあぁいった演出をするとは。

この25話こそが一つのデスノートの集大成なのは確かだろうと思う。

DEATH NOTE Vol.5 DEATH NOTE Vol.5
大場つぐみ、 他 (2007/04/25)
バップ

この商品の詳細を見る

【アニメ】DEATH NOTE 第24話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
04 /17 2007
DEATH NOTE
第24話 復活


さぁ劇場版でいうともうラストのラストまで辿りついたアニメ版「デス・ノート」。
残り1話。

そしてその後は劇場版で語られなかった第2部。

どうやら39話構成になってるらしいと聞いたんだけれども、さてどうなることやら。
(残り13~4話くらいでしっかりと第2部をやってのけれるんだろうか

DEATH NOTE Vol.4 DEATH NOTE Vol.4
大場つぐみ、 他 (2007/03/21)
バップ

この商品の詳細を見る

【アニメ】DEATH NOTE 第23話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
04 /10 2007
DEATH NOTE
第23話 狂騒


デス・ノート23話。


ついにキラを捕獲する作戦に出るLたち。

果たしてHを捕まえることはできるのか。


Lとライトによる二重三重の捕獲作戦が見事。

最後の空のパトカーまで誘導するのが脅威。
だから誘導するために高架下は道を混ませてたのか。

あれだけの数のパトカーがものすごく分厚い壁に思わせるあたりとかいい演出だよなぁ。

まさに「追い詰めた」って感じが。


さぁ第1部最後の盛り上がりが来週。

【アニメ】DEATH NOTE 第22話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
04 /03 2007
DEATH NOTE
第22話 誘導


ついにキラの存在を突き止めるLとライト。
ついにデス・ノートを持つ"彼"はLが仕掛けた罠につぎつぎと引っかかっていく。

クライマックス。


映画が大ヒットし、じゃあアニメ版は?と言われてきたアニメもそろそろラスト。
第二部に行かなければの話だけれども。


なんというか。
妥当。
丁寧ではあるんだけど、アニメならではの手法ってのも取り入れてるんだけど。

でもなーんか足りない気がするんだよなぁ。


今回は松田が主役。
なんとも彼は役者だな(笑

DEATH NOTE Vol.4 / 大場つぐみ、 他

【アニメ】DEATH NOTE 第20話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
03 /20 2007
DEATH NOTE
第20話 姑息


MONDAY PARKの時間帯がしょっちゅう変わるからメンド…
先週見逃すし、今回半分しか録画できてないし。


デス・ノート第20話。
さて、ついに松田が突き止めた真実。
キラを捕まえるときは近くなってくるが、具体的にどうする!?
ってところで切れやがった orz

先週か今週からOPが変わったが、あれはどうなんだろな。
マキシマムザホルモンは別に構わないんだが…
なんかいろんな意味で突き抜けてるな(笑

DEATH NOTE Vol.4 / 大場つぐみ、 他

【アニメ】DEATH NOTE 第18話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
03 /07 2007
DEATH NOTE
第18話 仲間


デス・ノート18話。
関東と大分遅れが出てたんだな…
そろそろOPの二つ目かと思ってたんだけど。


一応ライトの容疑は晴れるが、Lとライトは手錠でつながれっぱなし。
再び起こったキラと思われるものの殺人にはある一定の規則があった。

また、警察上部でも動きがあり、捜査本部のメンバーは警察に残るか警察を辞職するかの決断に迫られる。


さぁついにヨツバ編。
ここから数話は全員の共同作業がはじまる。

ってか次回のタイトルが「松田」かよっ。
……単行本の時にも同じ事を思ったような。


やっぱ捜査本部には松田が必要だねぇ。
あの天然さは必要不可欠だ。
最近になってようやく捜査本部のメンバーが目立ってきたのかも。

DEATH NOTE Vol.3 / 大場つぐみ、 他

【アニメ】DEATH NOTE 第17話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
02 /27 2007
DEATH NOTE
第17話 執行


デス・ノート第17話。


やはりデスノは夜神パパと松田で成り立ってるんだってっっ(笑

夜神総一郎は迫真の演技だし、松田は空気読めてないし。
でもそんな空気がないとデスノは激しく暗くて読者置いてけぼりのものになるだろしなぁ。


17話は一部の人にお待ちかねライトとLが大接近の回だったな…
手錠って!?w


ヨツバも出てきたし、さぁクライマックスへ向けてってところですな。

DEATH NOTE 2 / 大場つぐみ、 他

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。