濃いな

● ちかれた
なんか今日は色々とありすぎた。

● 読書
小説
清水文化『気象精霊ぷらくてぃか 5』読了
水野良『新ロードス島戦記 5』読了

コミック
ももせたまみ『せんせいのお時間 6』

● 撮影
なでちこ氏の所属している筝曲部の練習風景を撮りに行く。
琴をひかせてもらうという貴重な体験をさせていただきました。

● F-19トムキャット
neko先生と某戦闘機について語る。
12月の授業でその戦闘機がえらくカッコよく撮られてる映画を見るということで。
まさか学校でトップガンのデジタルリマスタ版を見られるとは。
そして今日授業で使った映画は『戦場のピアニスト』と『オペラ座の怪人』それと20世紀初頭のアニメーション。
そのアニメーションがまたすごかった。
どうやって合成なんてやったんだろ。

● 素材探し
明後日提出用の映像の素材探し。
音はすでに完璧に編集できたものの……、ここからが問題だ。
あとは来週月曜までに映像のお勉強用の素材を探さなきゃ。
できれば葵祭は扱いたくない。
……使える部分が少ないねんもんなぁ、それとも反面教師ということで使うか

● 色調整は終わんない
世の中の映像の色を疑いたくなってます。
スタンダードなんてどこにあるんだよっ
orz

● 地下鉄で発見
地下鉄のホームで騒ぐ同じゼミの友人を見かけたので冷ややかな目で眺めてみた。
気付かれたw

● 遭遇SX!
5限後にSX先生らとたこやきについて議論する。
ソースかけないたこやきなんざ信じられん!

● せんくすあろっと
ライラックさまよりチョコレート、O様より金沢産の醤油饅頭とやらを頂く。
色んな人から食べ物を貰っているような気がするのでそのうちお返しをしなきゃなぁと思ったり。

angels-天使たちの長い夜

angels
天使たちの長い夜

篠田真由美
講談社ノベルス
sinoda-angels.jpg


あらすじ

夏休み、人気がない校内で死体が発見された。
学校にいた人物にしかできない犯行であることは間違いない。
高校生たちは自分たちで犯人探しという名のゲームを始める。


感想とか

建築探偵桜井京介の事件簿の番外篇。
建築探偵の登場人物の一人『蒼』は出てきているが完全に登場人物の中の一人である。

推理ゲームどうこうよりも一人一人の視点から語られる登場人物の心情を抉っていくようなストーリィがもう秀逸。

タイトルに騙されてはいけません
いや、むしろ騙されたほうがおもしろいと思う(笑

センティメンタル・ブルー

Sentimental Blue

篠田真由美
講談社ノベルス
sinoda-senti.jpg


あらすじなど

建築探偵桜井京介の事件簿の登場人物の一人「蒼」が11~20歳の間に出会った4つの事件。

ネットで出会った彼女が誰にも言えない秘密とは?
―『ダイイングメッセージ<Y>』

ダイイングメッセージの事件から3年後。事件はまだ終わってはいなかった…
―『センティメンタル・ブルー』


感想とか
短編集の中の後半の2編『ダイイングメッセージ』と『センティメンタル・ブルー』がえらくおもしろかった…。
ネットで知り合った彼女は演劇をしており彼女が主演の「鏡の国のアリス」を見ることになった。
そこで語られる『鏡の中』と『こちら側』の世界。
鏡の存在自体が今まさに問題になっていることの一つであるトランスセクシャルを表してたとは。
それに関して深く考えさせられた気がする。

そろそろ

● ってか
明日映像「講義」最終回の課題をやりおえるぞー
おー。
……その後の2月末締め切りの課題が大変なわけですが。

● アシスタント
課題が~。卒論がぁぁ、と言ってる短大生の方々がいぱーい。
なんちゅー忙しさ。

● 読書
小説
篠田真由美『センティメンタルブルー』講談社ノベルス 読了
篠田真由美『angels-天使たちの長い夜-』講談社ノベルス 読了
今まで読んだ篠田真由美作品の中で最もおもしろい部類だと思う。両方とも。

コミック
柴田亜美『PAPUWA 7』月刊ガンガン
柴田亜美『偽PAPUWA』スクウェア・エニックス
伊藤真美+冲方丁『ピルグリム・イェーガー 5』YKours

● CD
坂本真綾の『夕凪LOOP』をループしまくる。

● ソフト
学科のお金でAdobeのいろんなソフトを購入してもらえるようで嬉しい限り。
ありがとうございます。

● 来週1週間
69年の猿の惑星とかスウィングガールズ、LOVERSなど見たい映画がいっぱい。
いつ見れるかはさっぱりわかりませんが。

● 最終回
ついにチャングムが最終回。
最後まで伏線が活かされていました。
1年間全54話の間楽しませてくれてありがとぉぉぉ。

● BLOOD+
一部の場面がアメリカ批判に思えてならないですw
夕方6時代にやっていいんかなぁこのアニメ。

● 阪神感動をありがとうセール
カラオケ半額~~。

月末

● 木曜日
さて次の授業があるのは3週間後なわけで。
休みがえらく多い11月まであと少し。

● 残業
1回生の授業のアシスタントが1時間半じゃ終わりません。
残業代出ないかなぁ。

● 映画色々公開
29日には「SAW2」。
3日に「ブラザーズグリム」。
おもしろそうなのが次々公開。
とりあえずファーストデイに「コープスブライド」を見に行く予定。

● セール
セールがいろいろはじまりますな。

● 読書
篠田真由美『センティメンタル・ブルー』講談社ノベルス
建築探偵番外篇。
物語の紡ぎ手「蒼」が主人公の短編4編。
読んでて思った。
まさか蒼の物語がおもしろいとは orz
なにかに負けた気分。
アンソロジー『「Y」の悲劇』に収録された短編が加筆訂正されてます。

第1の関門突破のような

● 突破
アクション映画のオープニング製作終了。
次は自由になんでもいいから映画のオープニング作成。
期限は1週間後。
…………アニメーション作るのは無茶かなぁ。

● 読書
小説
冲方丁『微睡みのセフィロト』(徳間デュアル文庫)読了
ファフナーを書くきっかけになった小説なのかもしれない。

コミック
柴田亜美『PAPUWA 5~6』ガンガン
ナマモノがさらなる進化を遂げている。
ウマ子のコスプレはもう orz

夢路キリコ+冲方丁『シュヴァリエ 1』マガジンZ
16世紀フランスが舞台。
Pasalm(詩篇)や印刷、言葉を奪われた少女など『言葉』がキーワードになりそう。

● いらんもの
いらないものはいらんのです。ハイ

● とにもかくにも
昨日の作業の影響で眠...

● たまには構内を歩いてみる。
先日人が多そうな時間に大学内を歩いてみた。
普段誰もであるかないような時間にしか移動しないので誰とも会わないのだが、その時は20mに一人は知り合いにつかまるという謎な展開に。

それでも結局買うのかよっ

● 買い物
・篠田真由美『センティメンタル・ブルー』講談社ノベルス
建築探偵番外篇。主役が蒼の短編集

・篠田真由美『angels-天使たちの長い夜』講談社ノベルス
建築探偵番外篇。主役が蒼の長編。

・冲方丁『微睡みのセフィロト』徳間デュアル文庫
SF大賞受賞者による中篇。

結局建築探偵を買ってしまった。
中古で安かったので。

● 延期
森博嗣と清涼院流水と佐藤友哉は延期っぽい。
少なくとも森博嗣は確実。

● 読書
小説
大場惑『イースⅥ-ナピシュテムの匣- 上下巻』読了

コミック
うたたねひろゆき『天獄 1』ウルトラジャンプ

● くろ
とある人にえらく黒い系な笑顔を向けてみた。
サキ氏なんだよそれぇぇぇぇぇ
● 今日も今日とて
夜はこれから。
さぁ明日提出の映像をつくろうではないか orz
……終わるのか

● 人がいないときに限って
人が少ない時に限って忙しくなるのは世の常なのだろうか

● 破裂
鞄の中で漂流してた某カラオケ屋のシロップが破裂してました orz

● 流行
風邪が周りで流行っている模様。
接点はないはずの知り合いばかりがかかっているみたい。
それをつなげれるのが……。

ぐろっきぃ

● グロッキー
色調整映像編集でちょいグロッキー状態に。
うまいことフィルタがかかりやがらねー

● とか言っていた直後
何かが降りてきた模様。
後期ゼミ課題はもらったっ(謎
とりあえず必要なBGMと効果音探しに明け暮れることになりそ。

● 読書
今野敏『ST 黄の調査ファイル』読了
西尾維新『ネコソギラジカル 上』読了
清水文化『気象精霊ぷらくてぃか5』一日一編

● ごめんよ
色んなところにバトンを広めてしまった原因を作ってしまったようでごめんよ~(本人楽しんでるが

● ダメっス
MS-WORDはダメだと思うんです。
特に階層構造が。
階層構造ならPowerPointも作りにくいことこの上ないと思うんだけど。
ACCESSも普通に使う分のDBソフトとしてはアレだし…MS-Officeの最優秀ソフトはやっぱりEXCELだよなぁ。

● そろそろ発売?
佐藤友哉と清涼院流水の単行本、森博嗣のDown to heavenが新書落ちするようなので楽しみ。

土曜はコミック買う日ー

● ごっそり買う日は
大抵土曜日な気がします。

● 買い物
コミック
holic07.jpg

CLAMP『×××HOLiC 7』(ヤングマガジン)
蜘蛛の恨みを買った百目鬼(うわっ一発変換で出たっ)の右目が開かなくなった。それを見た四月一日は蜘蛛の恨みを自分へと移す……

映画にもなり、次はアニメ化するらしい。
……今回の巻の内容はとある属性を持つ友人がめっちゃ喜びそうだ。


butterfly3.jpg

相川有『バタフライ 3』(コミックバーズ)
8年前に起きた銀次の兄が電車のホームで4歳の少女を突き落としたと言われている事件の真相がついに明らかに。人の記憶を読み取ることが出来る上羽は目撃者の記憶からその時の様子を映し出す。そこに映っていたものとは……。

想像の産物でしかなかった幽霊がどんどん現実的なものになってきたー。しまいには境目なんてものがなくなってしまうんじゃ……。


ecole07.jpg

美樹本晴彦『Ecole du ciel-天空の学校- 7』(ガンダムエース)
アスナの母親が誘拐された。代償はニュータイプとしてのアスナ。罠だと知りつつ母親を奪還する作戦を実行に移す。

ちゃんとした表紙はえらくカッコいいガンダムMK-2が描かれてます。これは裏表紙です。


小説
simizu-kishopla5.jpg

清水文化『気象精霊ぷらくてぃか 5』(富士見ファンタジア文庫)
気象精霊記シリーズの短編集第5弾。
主人公たちがまだ学生だった頃の話。

あとがきに居座っているキャラが「8年間も居座っていて~」に苦笑。
そっか……そんなに長い間買い続けてるんだよなぁ。
あとがきしかまだ読んでいません。


ys6.jpg

大場惑『イースⅥ-ナピシュテムの箱- 上下』(スクウェア・エニックス ゲームノベルス)
Falcom原作のアクションゲームのノベライズ。
シリーズ12~13冊目。
全巻から8年ぶりくらいの新刊?
版元が変わっても作者は変わらず。
まさか大場イースを再び見ることができるとは……


konno-yellow.jpg

今野敏『ST 黄の調査ファイル』(講談社ノベルス)
ST警視庁科学特捜班第6作目。
聴覚がすぐれているけど閉所恐怖症だったり、プロファイリングのプロだが秩序が見られるものが大の苦手だったり変わった面々5人が活躍するミステリ。

● 読書
小説
はやみねかおる『虹北恭介の新・新冒険』読了
西尾維新『ネコソギラジカル 上』再読中

コミック
CLAMP『×××HOLiC 7』
相川有『バタフライ 3』
美樹本晴彦『Ecole du Ciel 7』
戸土野正内朗『悪魔狩り-寂滅の聖頌歌編- 7』完結

● 映像
学校で課題を制作。
なんとか…なんとか期限までに終われる……といいな

● 寒っ
ひぇーーっ。
外は寒いです。

● 映画
『オーシャンズ11』鑑賞終了。
HDDレコーダには1月15日、と。
随分長い間放置してたっぽい。

● やっぱりきた
筋肉痛がやってきました。

少年名探偵 虹北恭助の新・新冒険

少年名探偵虹北恭介の新・新冒険

はやみねかおる
講談社ノベルス
hayamine-kohoku3.jpg


児童向けミステリ作家のはやみねかおるによる虹北恭介シリーズ第3弾。

『春色幻想』
響子と恭介の間では同級生のガキ大将的存在であるの鉄也の印象はあまりに違っていた。
なぜ鉄也は響子の目からはそう見えてしまっていたのか。

いたよなぁこういう奴。
恐がられたりしてもなんにも気にせず、けれどもよくよく見てみるとすごくいい奴だったり。


『殺鯉事件』
映画を撮るために鯉は殺されてしまったのか。
この殺鯉は演出か、それとも……。

タイトルの元ネタは殺竜事件かぁぁ。
これを読んでいるあたりから「実は虹北シリーズの主役って若旦那たち映画仲間ではなかろうか」とか思ってしまった。


『聖降誕祭』
ウサギのサンタさんを病院で見せたのは一体誰だったのか。
そしてウサギのサンタとは一体何なのか!?

心温まるストーリーですなぁ。
はやみねかおるはほんわかしながら読めるので結構好き。

フットサル……もう疲れたぁ

● フットサル
おもしろかったが……がっしかし筋肉痛が来はじめたーー

● チャングムの誓い
第53話。
もう1話から約1年が過ぎたのかぁ。
最終回の予告で( ゚∀゚)ナニソノセリフ
まだあと1回くらいどんでん返しがありそうな気が…

● 映画
オーシャンズ11を見始める。

● 読書
コミック
戸土野正内朗『悪魔狩り-寂滅の聖頌歌編- 5,6』コミックブレイド
大橋薫+西澤保彦『16秒間の密室-タック&タカチの事件簿-』サスペリアミステリー

● ぷれみあ
フィルタかけたプレビューの画像と出力されたファイルの色が違うのはなんでやねん orz

● orz
最近一日二食。
よくあることだから別にそんなに気にしてないっちゃないんだけれども…。
とある人に言われた。
「二食では『痩せる』んじゃなくて『やつれる』だ!」
そういや前にも似たようなことを数人の人に言われた気が。
確かに体重は減るんだけどねぇ。
痩せる時は健康的にやせましょー

【ミステリ】黒の貴婦人

黒の貴婦人
Teh Lady in Black

西澤保彦
幻冬舎文庫
黒の貴婦人 (幻冬舎文庫)黒の貴婦人 (幻冬舎文庫)
(2005/10)
西澤 保彦

商品詳細を見る

タックシリーズ第3短編集。
飲んで議論して議論して何でもない謎からとんでもない解決へ至ってしまう人気シリーズ。


『招かれざる死者』
ささやかに開かれた飲み会の部屋のチャイムが鳴り、ドアを開けると死体が倒れこんできた。
----------------
動機に((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
現代だからこそ納得してしまうことがもっと嫌


『黒の貴婦人』
先着5名だけが食べることが出来る鯖寿司。
鯖寿司を先着5名で食べられる店は二つ。
ボアン先輩たちはランダムでこれらの店に行っていたのだが毎回見かける人物がいた。
通称「白い貴婦人」。
彼女はなぜ毎回ボアン先輩たちの前に現れるのか。
そしてなぜそこまでして鯖寿司を食べなければならないのか。
----------------
シリーズをずっと追いかけている人必見。
"たかが"と思えるのは他人だけ。
その人にとっては何物にも変えられないことだったりするんだよなぁ。
なぜ「黒い貴婦人」というタイトルなのかを考えるのも非常におもしろい。


『スプリット・イメージ』
四人の女子大生だけで行く都会からずっと離れた地にある別荘への旅行。
別荘の近くで男の刺殺体が発見される。彼は4人の知っている人だった。
なぜ彼がここに?そして別荘の2階へとたてかけられた脚立はなぜそこになければなかったのか。
-----------------
この本の中の唯一の中篇。
人間関係黒ッ。
動機あってのトリックだよなぁ。


『ジャケットの地図』
会長の愛人のような立場で会長秘書をやっていた女性。
会長が残したというジャケットにあるという"宝物の地図"。
しかしそんなものは存在せず…
会長が遺したジャケットに残された痕跡をたどって行くとそこには...
-------------------
死者が遺す意味深な言葉と残された人への想い。
ため息とか出てしまうな…


『夜空の向こう側』
ご祝儀袋に残された謎とボアン先輩、ウサコから見たタック&タカチの関係。
大学卒業後のエピソード。
------------------
タックシリーズのファン必見エピソードその2。
御祝儀袋の方も後味は相変わらず(笑

この胸いっぱいの愛を

この胸いっぱいの愛を

梶尾真治
小学館文庫
kajio-konomune.jpg


映画「この胸いっぱいの愛を」のノベライズ。
原作ではありません。


あらすじ

1986年の門司(もじ)。
やり残したことがある時代へと来てしまった登場人物たち。
そのうちの一人の鈴谷比呂志は大好きだった女性に再会する。
その人は病気で死んでしまったが、この時点ではまだ死んではいなかった。生きていた。
幼かった頃、彼女が死んでしまうことに耐えられず東京へと何も言わずに帰ってしまった。
今度こそ彼女を死なせない、そう決意し幼い頃の自分と一緒に彼女を助けようとする…。


感想など

ラストが映画と大分違う!?
でもこれって未来を変えたことによってヒロは飛行機に乗らずにすんで助かったわけだけど、他の人はやっぱり現在に戻って死んでしまうわけで…………。
だとするとこれって本当にハッピーエンド

廃用身

廃用身

久坂部羊
幻冬舎、幻冬舎文庫
kusakabe-haiyo.jpg

あらすじ

廃用身-回復する見込みのない手足のこと。
老人医療施設を経営する医師の漆原は老人たちの命を救うため一つの決断をする。
廃用身である手足を切断することで体への負担を減らそうということを試みる。
結果として老人たちは以前よりも生き生きとした生活が送れるようになった。
しかしマスコミがこの治療のことを伝え始めると、漆原の意図した医療とは別の観点から非難を受けることとなる。
そして浮かび上がってくる漆原像とは…。


感想とか

今から20年後には高齢者が日本の人口の3分の1をしめることとなる現代。
老人医療とは誰しも切っても切れない関係にある。
老人への介護、痴呆、医療保険制度……どれを見ても不安なものだと思う。
不安なものでも必要なことだからやらなくちゃいけない。
けれどもそれは本当に老人からの視点に立ったものだろうか。
老人たちが望んでいること、若い人たちが必要だと考える介護。
実はそれは随分と違うものなのかもしれない。
"自分たちのことを考えてやってくれている"そう考えると本当に言いたいことでも黙ってしまう。
そういうことって誰しもあるものだと思う。
それはどんなケースでも同じなハズ。
介護に本当に必要なことって実はもっともっと要介護者の人と話し合うってことなんじゃない?

フットサル

● フットサル
いい汗かいた。
まさか体力がこれほどまでに落ちているとは orz
機会があったらまたやりましょー >参加者の方々

● 読書
小説
久坂部羊『廃用身』幻冬社文庫 読了
老化現象の一つとして体の部位の一部が使い物にならなくなった場合、その部位を切り落とすという医療措置を施すと患者の痴呆などが治る確立が高まる。そんなノンフィクションを装ったフィクション。

● あしーすたーんとのバイト
数週間後にフォトショップに関して講義をしなきゃいけないらしい。
担当教員じゃなくアシスタントが。
えー。

● フェチバトン
さぁやってきました。
以前に告知してたフェチバトン。
24氏から8/4に渡されたまま放置してたものに答えませう。
…ひかないよーに。

Q1 あなたは何フェチ?
部位じゃなくてもいいのカナ?
仕草とか

Q2 異性を見る時、まず何処を見る?


Q3 最近プッシュ出来る部位
自分のプッシュできる部位ってことらしい。
なので、声とか言ってみる

Q4 異性の好きな部位5つ
部位って大雑把に見るとひじょーに少ない気がするんですが。
どこの筋肉とか骨とか言い出すのなら別ですが。

目・髪・手のひら・胸・顔の輪郭

Q5 フェチを感じる衣装は?
和服Ok。
メイドも可。

Q6 バトンを渡す5人
ほしい人にあげます。
とりあえずなでちこ = ぷくぷくさんにはあげます。

限界げんかいー

● 次なる課題
1回目は5秒以内のタイトルの出し方。
2回目はサスペンス映画のオープニング。
そして今回3回目はアクション映画のオープニングを作れ、という課題。
今までと違って制限時間は1週間もある。
……これで下手なものをつくったら((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

● さらなる課題
某ポスターは"黒いもの"で行きます。

● 読書
小説
篠田真由美『月蝕の窓』
建築探偵桜井京介の事件簿第8弾。
蒼もほっとんど出てきません。

コミック
柴田亜美『PAPUWA』1~4
ナマモノとかマッスルな人がいっぱい。
女性キャラなんぞ一人たりとて出てコネー ヽ(`Д´)ノ
キャラがみんな汗くさげだよぅ。・゚・(ノД`)・゚・。
おもしろいんやけどね

● 昼ごはん
お昼を食べようかなと思ったらすでに21時だった。
……すでに夜食やんっ

● 黒田研二
新作11月10日に出るーーー。
1年ぶりの新作か。

ファウスト11月~…ホントに出るのか

● 半分寝つつコンパイル
エラーの嵐。
睡眠時間はちゃんととってるんだけどなぁ。

● 読書
小説
上遠野浩平『メモリアノイズの流転現象』祥伝社NONノベル 読了
梶尾真治『この胸いっぱいの愛を』小学館 読了
映画とはまた違ったラスト。

コミック
戸土野正内朗『悪魔狩り-寂滅の聖頌歌編- 3』(コミックブレイド)

● 24 season3
1:00-2:00
シェリーはやっぱりシェリーだった……
回を重ねるごとに強くなってるよな

● ファウスト
VOL.6は二冊組み orz
それでも付いていきますとも
えぇ
(……計1200頁の文芸(?)雑誌か

● 優勝
そして見ようと思っていた番組は延びてるわけで orz
しゃべらNightの後半をかえせー

● 時間の経つのは早いもの
久々にあった友人との会話
「そういや前にあったのいつだっけ?」
「……9月?」
「…………そんなに会ってなかったっけか」
時間の流れを感じた瞬間。

さぁはじめようか >まぁ色々と

● 読書
小説
・西澤保彦『黒の貴婦人』読了
・上遠野浩平『メモリアノイズの流転現象』

コミック
・戸土野正内朗『悪魔狩り-寂滅の聖頌歌篇- 2』

● 後期課題
ついに始動。
有力なネタは二つ(無謀な企画なら沢山あるけどw)。
片方を選べば今から数週間以内に英語を話せるようになる必要あり。
そうなっらそうなったでガンバロー。

● 他にも
言ってしまったからにはやらないとなぁ、ということが少々。

● ドラマ化
めぞん一刻ドラマ化。
やったぁぁぁぁぁ…………実写だよなぁ。
キャストどうすんだろ。

● 着信アリのドラマ
orz
合わないっぽいです。

● メフィスト賞作家全作品制覇計画
着々と進みつつ……。
密かにライバルと思っているのは『フリッカーフリー』のウリオさま。

● ネコ先生
トップガンのデジタルリマスタ版を見るですとぉぉ。
さらにオペラ座の怪人とかあと数本。
マルチメディア論をとっていてよかったと思うそんな瞬間。

惰眠と

● 意識
意識がなくなる・ブラックアウト→足元から崩れる→吊革をしっかり握っていたのでガクゥッとなるだけで済む→ビクッッとなって意識が戻る。
電車の中で数回繰り返した。
徹夜してからの電車はダメだ。
あの揺れはなんとも心地いい。

● やっぱり
体力的精神的に消耗してしまったようで。
特に精神的 orz

> 関係者さまへ
民主主義は数の暴力だヽ(`Д´)ノ

● 買い物
小説
上遠野浩平『メモリアノイズの流転現象』NONノベル
ソウルドロップ奇音録二冊目。
"新伝記"小説っていうのはどうやら一般的に広まったらしいなぁ。

コミック
CLAMP『ツバサ 12』
ピッフル国編完結。

さとうふみや+天樹征丸『金田一少年の事件簿File26金田一少年の決死行』
さとうふみや+天樹征丸『明智警視の優雅なる事件簿』
文庫版第1期完結。
全32巻。

● 読書
小説
西澤保彦『黒の貴婦人』
スプリット・イメージまで読了。

コミック
CLAMP『ツバサ 12』
さとうふみや+天樹征丸『金田一少年の事件簿File26金田一少年の決死行』
さとうふみや+天樹征丸『明智警視の優雅なる事件簿』

● テレビ
ツバサ・クロニクル第26話。
第1シリーズ最終回。
第2シリーズは来年春からとのこと。

授業なんて一つもなかったけど

● 本日は
朝9時から夜8時半前までずっと学校。
なぜか帰りにライラックさんら3人と遭遇。
その時出会ってしまったのはどうやら友人のますかわさんによって召喚されてしまったかららしい。
ケロロはちゃんと貸しますんで変な念力で呼び寄せないでほしいものです。

● 読書
小説
・桐野夏生『柔らかな頬 下』文春文庫
直木賞受賞作。
カタルシスはさっぱりないけど頭の片隅になにかがずっと引っかかってるようなそんな読後感。

・西澤保彦『黒の貴婦人』幻冬舎文庫
酩酊ミステリの最新刊の文庫版。
議論大好きな人にオススメ。

コミック
戸土野正内朗『悪魔狩り-冠翼の聖天使篇- 6』ガンガンWING
戸土野正内朗『悪魔狩り-寂滅の聖頌歌篇- 1』コミックブレイド

● バトン
1ヵ月半ほど前にとある方からあるバトンが渡されていたことに今更気付く。
答えるべきなんかなぁ。
激しく公開するのがためらわれるないようなんだが……。
blogがmixiにて近々公開!?かも。
そのバトンのタイトルはフェチバトンらしぃ。

● 占い
どこぞで見つけた『羊占い』とやら。
グリーン羊らしい。
そういえば動物占いも羊だったような……。

占いっていうのは出た結果に対して共通点を見つけるのか、結果を信じるために自ら結果へと近づこうと思ってしまうものなのかどうなんだろ。

● 明日のために
体力温存。
体力と精神力を極端に使ってしまいそうな気がしなくもないので。
プロフィール

∀ki(あき)

  • Author:∀ki(あき)
  • 自由に生きてます。
    色々読んだり見たりしてます。

    リンクやトラックバックは自由にどうぞ。
FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
その他カテゴリ