【コミック】ひとひら 3

コミック→ひとひら
05 /31 2007
ひとひら 3
桐原いづみ
コミックハイ!連載
ひとひら 3 (アクションコミックス)ひとひら 3 (アクションコミックス)
(2006/12/12)
桐原 いづみ

商品詳細を見る

人生で2つの選択肢にぶつかったとして それが行動するかしないかの選択肢なら
前者の方が後悔というものは少ないらしい
砕けようがぶつからないなんてのは私じゃないし!
後悔するなんてのも私らしくないし!!

ひとひら 3』本文より


ひとひら」3巻。

演劇に関わることで引っ込み思案の少女が成長していくさまを描いた物語。

部活のみんなと出会って、スパルタ教育で打ちのめされてそれでも這い上がって、
そして迎える学園祭での舞台の上演。


さぁ盛り上がってまいりましたーー。
この学園祭のあとにはどんな展開が待っているんだろうと思っていたら予想から随分はずれた展開にっ。


いやぁ…なんてーか…青春やなぁ


もしかしたら演劇研究会はあくまで主人公の麦の成長や、人との関わりを大きく飛躍させるための伏線だったのかもしれないな、と思った。


ここからが実はひとひらの本編となりえる部分じゃないだろうか。

これから先輩たちが卒業していき、学年が一つ上がり自分たちも本気で進路を考え始めなきゃいけない時期。
そんなとき、どんなことを彼女が考えて行動していくのかが楽しみ。

……そんな展開になるのかどうかはわからないけど(笑

【日記】5月31日

その他→日記
05 /31 2007
【5月ラスト】
5月の記憶があんまりないのは何故…

【CG彩色】
CGでキャラをはじめて塗った。
フォトショをこんな形で使ったのははじめてだ…
合成とか加工とかはするけど。

【お給料】
ぶは
意外と多かったのできっといつもより多く消えることでしょう。
一瞬でな。

【準備はOK】
明日のセールに備える。

【本】
浦賀っさんの「頭蓋骨の楽園」を再読。
やっぱりこの本は好きだ。

【悩みどころ】
FXライトセイバーを買うかどうかを悩む。

7月末のMermories Off Historyを買うか本気で悩む。
5やファンディスクはやっていない。
それどころかシリーズ大分長い間くらいやってない。
けど小説は買い続け、それでもやっぱり好きなシリーズゆえに。
……99年にメモオフに出会わなきゃギャルゲーもやることはなかっただろう。

【小説】方舟は冬の国へ

本→西澤保彦
05 /30 2007
方舟は冬の国へ
西澤保彦
光文社 カッパノベルス
小説宝石連載
方舟は冬の国へ (カッパノベルス)方舟は冬の国へ (カッパノベルス)
(2004/08/20)
西澤 保彦

商品詳細を見る

これから一ヶ月のあいだ、あなたたち三人は家族になるのです。他人も羨むような、とても仲のよい夫婦、そして幸せな親子を演じていただきます。完璧に、ね



西澤保彦の『方舟は冬の国へ』。


職を探しているときに見つけた職はかなりいい報酬だった。
1ヶ月間とあるところに滞在するだけ。
しかし、一切の質問はなし。
その仕事では見知らぬ女性と女の子と家族を完璧に演じるというものだった。


1ヶ月間の間、家族を演じる。
けれども、家の中は盗聴されているらしい。
ゆえにバレてはいけない。

そんなこんなではじまる家族の生活。
仲むつまじい夫婦を演じるのだからタイヘン。

相手に気を使いながらいかに仲良く見せるかという序盤からだんだんとお互いに惹かれていくラブストーリーへ…

しかし、西澤作品だけにそんな単調なものでもなく。
不思議なことに滞在している家の中では仮の妻とテレパシーが通じるのだった。
……ってまたしても超能力ものなんかいっ(笑


なぜ、そこでだけテレパシーが使えるのか。
そもそも依頼主にとってこの家族を演じることにはなんの利益があるのか。
時折遠くから覗かれているような感覚は現実?それとも……



最後に仰天の展開がまっているのかな、と思いきやどうやらいつもの西澤保彦のパズラーものではなく、これは…


謎が解けるという意味ではミステリなのかもしれないけど、大人のためのファンタジーといった方がしっくりくる気がする。

普通の家族よりよっぽど仲がよくて、ただの会話ですら心が暖かくなるような物語だった。
テレパシーの謎とこの擬似家族という仕事の謎が解けたあとに待ってる展開が…

西澤保彦はこういうものも書けるんだなぁ。
新たな新境地を見れたのかも(笑
懐かしいSFに触れたようなそんな感じの読後感だった。


いろんな西澤保彦作品に言えることだけれども、女性の心理をなんでこの作者はこうも自然に書けるんだろう。

女性じゃないので女性から見た感想じゃないんだけれども、栄子のような理屈じゃない言い分とか直感的なことって多々あるよなぁ。

方舟は冬の国へ 方舟は冬の国へ
西澤 保彦 (2004/08/20)
光文社

この商品の詳細を見る

【日記】5月30日

その他→日記
05 /30 2007
【5月もそろそろ終わり】
なんか早いな。
時間が過ぎるのが。

【久々に】
いつものメンバーと食事。
思えば1週間ぶりか。
いつもどおりの時間にご飯が食べれない時期が続いてたからなぁ。

【再起動】
心機一転しよう!
とりあえず今日はポジティブ。

【企画】
進める。
進む。

【コミック】世界の孫 1

コミック→アフタヌーン連載
05 /30 2007
世界の孫 1
SABE
講談社
アフタヌーン連載
世界の孫 1 (1) 世界の孫 1 (1)
SABE (2006/09/22)
講談社

この商品の詳細を見る

「そんなものもういらない!!
本物の愛に目覚めたんだ!!
肉欲を超えた愛……!!
お孫を愛でる心こそ無償の愛だ!!」

世界の孫1巻。

世界の孫」は新たなジャンルを開拓した。
お孫最強。
すべての人にとってお孫は愛される存在なのである。


そんな町内最強のお孫顔を持つ甘栗甘水。
彼女がお孫ゆえに誰からも好かれることをうらやむ者がしかける様々な戦い。
彼女は彼らをしりぞけ、お孫として世界に名を馳せるまでの物語らしい。



孫が最強というのはおもしろいところに目をつけたなぁ。
誰からも可愛がられ、不当な目にあわされることはない。
それどころか彼女のお孫としての愛らしさゆえに尽くしまくる人々がおもしろい。


……このマンガはいったいどこへ向かおうとしているのかが激しく謎(笑


下ネタあり、かつシュールなものですので、合わない人はまったく合わないマンガかも。

【日記】5月29日

その他→日記
05 /29 2007
【再会】
久々にある友人に会う。

……なんかがんばれないといけない気になる。
これが社会人ってやつかっ

【買おうかなと思った瞬間】
6月からセールか…
下見だけする。

【エンジン始動】
データが色々集まってきたので本格的にやらなければ。
もう引き返せないー。

【今日の本】
西澤保彦の「方舟は冬の国へ」をよみはじめる

【ミステリ】13階段

本→ミステリ
05 /28 2007
13階段
高野和明
講談社文庫
takano-13kaidan.jpg

「この縄を、奴の首にかけなければならない。そう考えた途端、南郷の顔から血の気が引いた。刑場全体を覆う教誨師の読経が、南郷の動揺に追い討ちをかけた。死者を弔うための読経は、心の安息をもたらさなかった。弔う相手が生きている今、それは人間の猟奇を呼び覚ますような呪術的な効果しか上げていなかった。」

第47回江戸川乱歩賞受賞作『13階段』。

人を殺し前科を負った青年三上と、刑務官をやめ冤罪を負ってしまった人を助けようとする南郷の二人が挑むある一人の死刑囚の冤罪を晴らすために調査を開始する。


死刑制度が日本には存在している。
でも死刑を実行している人は別にいる。
被害者の家族が殺すわけでもなんでもない。

それだけじゃない。
ありとあらゆる方向から日本の法制度の中での「死」についてのバックグラウンドをこれでもかというくらいに語ってくれている。
加害者、被害者、刑務官、前科者に対する世間の目etc

そんなすさまじい背景を見せ付けてくれながらも、さらに冤罪で死刑を宣告されている人の容疑を晴らすというストーリーである。
刻一刻と迫る死刑の時間。
しかもそれはいつ訪れるか分からないもの。
そんな緊張感の中で生きる死刑囚。


重く考えさせる死刑制度の背景に、驚くほどの結末。

……これはすげぇわ…
乱歩賞を満場一致でとったのも分かる気がする。


話が終わった後のすごい量の参考文献を読んで納得。
ここまで物語の中で死刑についてのあやふやさ、おかしさをこの本を読んで説得させられるわけだ。

13階段 13階段
高野 和明 (2004/08)
講談社

この商品の詳細を見る

【ドラマ】PRISON BREAK Season2 第1話

海外ドラマ(番組)→PrisonBreak S2
05 /28 2007
PRISON BREAK Season2
第1話「逃亡者たち」MANHUNT


プリズン・ブレイク」シーズン2第1話。


まさかまさかの地上波放送。
きっとまだ半年後くらいだと思ってた。

シーズン1の驚愕のラストから1ヶ月。
まさかこんなに早く続きが見られるようになるとは思わなかった(笑


以下ネタバレあり

続きを読む

【日記】5月28日

その他→日記
05 /28 2007
【体調わるし】
午後からどんどん体調下降気味

【原因】
睡眠足りてなかったかなぁ。
深夜か早朝かという時間にメールのやり取りしてたのがマズかったか

【しかし】
その時はその時、楽しかったのですよ。
メールの内容が。

【手伝う】
3回生の企画を手伝う。
果たしてどこまでやりきることができるのか。

【見る】
プリズンブレイクのシーズン2を見始める。

【本】脱オタクファッションガイド

本→その他の本
05 /28 2007
脱オタクファッションガイド
原案:久世
作画:晴瀬ひろき
制作:トレンド・プロ
オーム社
脱オタクファッションガイド脱オタクファッションガイド
(2005/10/26)
久世トレンド・プロ

商品詳細を見る

頼む! 俺におしゃれについて教えてくれ!!




脱オタクファッションガイド」。
タイトルそのままの本である。
しかし、まさかこういう本がオーム社から出るとは思わなかった(笑
技術書ってイメージあるからなぁ。


目次:
Chapter1 こんなファッションが「オタク」に見せる!
Chapter2 「トップス」はこう選べ! 
Chapter3 「ボトムス」はこう選べ!
Chapter4 髪型を変える!髪形で変わる!
Chapter5 小物にも気を抜くな!
Chapter6 コーディネイトの極意
Chapter7 服を買った後も気を抜くな!



この本はどうすればオシャレに見えるのか、という本ではない。
どうすれば「普通」に見えるか、というものである。

人から見た印象。
このアイテム、この組み合わせ、この色だけはやめとけっ、そんなことが多々。

他人から見たらなにがどう見えているのか。
なにがオタクっぽくて、なにがオシャレなのか。

自分の服装を見直してみたり、オシャレをしてみたいとは思うものの何から手をつけていいか分からないという人にはちょうどいい本なんじゃないかと思う。
例えば作者の薦めるブランドであったり、いろんな組み合わせ、美容院の予約の仕方に至るまで、結構あたりまえのことまでイラスト付で書いてくれている。
こんなことから解説が必要なんかよっ、と思えることも書いてあるから結構丁寧。


どちらかというと男性向け。



マンガと解説が半分ずつ。
前者は「もえたん」のように少しずつオシャレを覚えながら変わっていくストーリーなんだけど、ラストの展開…あれはないだろ(笑
作風は結構好きだけど。


(´-`).。oO(この作者さんの薦めるものってちょっと高いもの多くないだろうか。



Web版「脱オタクファッションガイド
http://www.oxiare.net/fashion/




この本の感想を書いてみてから3年。
ふと、よくよく考えてみたら書いてあること全部実践してたわー、ということに気づいた。

だからといって別にその3年で彼女ができたということもないけど。

服の組み合わせや色の合わせ方を考えてみたり、初美容院だったり、ムダ毛処理だったり、眉ととのえてみたりするよーになったり。
いろいろやったけれども、この本に書かれていることでできるのはあくまで周りからみて恥ずかしくないカッコをするということ。
あくまで遅れていたファッションセンスをスタートラインまでなんとか立てるよーにしましょうということだったんだろうなと思った。

【映画】THE REAPING

映画→映画(2005~2006)
05 /27 2007
リーピング
THE REAPING

(2006)

【reaping】
刈り鎌



スパイダーマンもパイレーツも見ずにこれを見に行くのって…(苦笑


神を信じない元牧師のキャサリン。
彼女は世界中の「奇跡」と呼ばれる現象を調査し、科学的に謎を解明してまわてちる大学の教授。
そんな彼女が向かった先では川が真っ赤に染まったという。

川が赤く染まり、カエルが死に、ウジが沸き、暗闇が訪れ、雹と雷が襲い、人は皮膚病に侵され、イナゴが穀物を荒らし…

そんな旧約聖書で描かれる「十の厄災」が街を襲う。
その中心には兄を殺した少女がいた。


ミリオンダラー・ベイビーで主役を演じたヒラリー・スワンクが主演。




感想。


キャッチコピーの「イナゴ少女」はないだろ、と思った(笑

確かに、映画の中ではキリスト教における「天使と悪魔」の存在が重要になっていた。
日本人には確かに向かない内容。
だからB級ホラーっぽいキャッチフレーズで釣ったんだろうけど。


途中まで天使と悪魔の対立、さらにあとになると母と娘という内容になりこのまま感動路線かなぁ、と思っていたら見事に裏切られた。

見事に製作側の策略にはまった気分。
確かにいろんなシーンでみんなそれらしいことは言っていた。
つまりは、これって逆転劇だったのか!!?

---------------------
ここよりネタバレありのため反転でお願いします。


つまり少女サタンではなく、逆に街がサタンであり、彼女は天使だったから街の人々が殺そうとしたわけか。

だから彼女街の外へ追いやられて厄災によって街を再生させようとしていたわけか…


ということはキャサリン天使なんかじゃなく信仰をすて恨むことで逆にサタン側になっていたというわけか。


でも家の中にあの鎌があったのは何故…


ネタばれここまで
----------------------------

謎解きものとしてみると面白い映画かも。


でも見たあとであまりにもキリスト教の概念や知らないことが多すぎたことを思い知らされた。


【THE REAPING公式サイト】
http://wwws.warnerbros.co.jp/thereaping/

【日記】5月27日

その他→日記
05 /27 2007
【本を買う】
・世界の孫 1
・神社のススメ 1~4
・いばらの王 3
・スクールランブル 10
・スター・ウォーズNJO Vol.20
・13階段
・方舟は冬の国へ

を買う。
……よく分からないラインナップだな

【映画】
The Reapingを観にいく

【探し物】
先日「これはいい!読みたい!」と思える表紙の本があったんだが、タイトル忘れた。
いつかまた出会えることを祈る。

【コミック】メイド諸君! 2

コミック→きづきあきら
05 /27 2007
メイド諸君! 2
きづきあきらサトウナンキ
ワニブックス
コミックガム連載
メイド諸君! 2 (ガムコミックスプラス)メイド諸君! 2 (ガムコミックスプラス)
(2007/05/25)
きづき あきらサトウ ナンキ

商品詳細を見る

上下関係 利害 慣習 常識
…「自分以外」は制約だらけだな でもそれが社会だ
いちいち反発する前に 自分がどうなりたいか そのために制約を利用する方を考えろ



メイド諸君!第2巻。


メイドが萌えとか、そういうのを期待したらしっぺ返しをくう珍しい作品。
メイド喫茶の裏側、経営側から見たり、メイドからみたメイド喫茶やお客さん、メイド喫茶という場所をつくりあげるためにしている努力。

そういうものがたくさん見えてくる作品。


メイド喫茶におけるメイドとは何か。
お客の望むサービスとは、お客はなにを求めてメイド喫茶へやってくるのか。
そのあたりが2巻では深く掘り下げていってます。


次あたりからさらに経営としてのメイド喫茶に行きそうな気もする…


メイド喫茶の禁忌に触れようとしているチョコをこの先どんな壁が待っているのかにも期待。

【コミック】ラバーズ7 3

コミック→ラバーズ7
05 /27 2007
ラバーズ7 伊勢佐木真剣卓球師外伝 3
犬上すくね
小学館
サンデーGX連載
ラバーズ7 3 (3) ラバーズ7 3 (3)
犬上 すくね (2005/02)
小学館

この商品の詳細を見る

「何を浮かれてたんだろうね、俺は。
またなつきが笑うようになったからって……
あいつにとっちゃそれは単に兄キや父親と仲直りしたくらいのもんに決まってんじゃねーか。
それを――」


ラバーズ7第3巻。

酒宴のときから一夜明け、事態はさらにややこしく混乱していく。
結局、誰が誰のことが好きなのか。

それとも好きにまで至らないのかどうなのか。
本人たちはそれゆえに混乱していき、周りはなんとか収拾をつけようと奔走する。


なんかスーさんや店長は見守る側としてタイヘンなんだろう。
誰と誰をくっつけてもハッピーエンドなんて存在しない。
でもこのままだとすべてが瓦解しかねない(笑


青春ですよねぇ。
そんな3巻。

3巻ではしっかり卓球で白黒つける戦いが繰り広げておりました。

【アニメ】DEATH NOTE 第29話

アニメ(番組)→DEATH NOTE
05 /27 2007
DEATH NOTE
第29話 父親


メロ vs 夜神総一郎。

果たして勝負の行方は。


もうライトが昔のライトではなくなっていってるよな…。
世界を変えれるかもしれないという一種の革命家という役から、もはや泥沼に入り込んでるだけのような。
そんな目的のためにはどんな非情な手段でも選ぶような人になっちゃってるように思えてくる。

今回の総一郎のことを見ていると。



だからラストには余計に深みがでるんだけど(笑

DEATH NOTE Vol.7 DEATH NOTE Vol.7
大場つぐみ、 他 (2007/06/27)
バップ

この商品の詳細を見る

【コミック】探偵儀式Ⅳ

コミック→探偵儀式
05 /27 2007
探偵儀式
清涼院流水大塚英志箸井地図
角川書店
少年エース連載
探偵儀式 VOL.4 (4) 探偵儀式 VOL.4 (4)
清涼院 流水、大塚 英志 他 (2007/05/26)
角川書店

この商品の詳細を見る

「「探偵儀式」とは探偵開祖に選ばれし者が本当の探偵になるための試練…
真の探偵は『孤独』であることが絶対条件なんだ」


JDC』の清涼院流水、『多重人格探偵サイコ』の大塚英志、『BLOOD+』の箸井地図による『探偵儀式』4巻。
随分ひさしぶりの新刊。


探偵儀式のカードによって暴かれた龍宮城之介と音夢がなくした記憶。
阪神大震災のあの時、ふたりになにがあったのか。


阪神大震災……大塚英志がこの脚本を書いているとしたらMADARAになにか関係してるのだろうか。
『僕天』のラストと同じ場所と時間…('A`)


ポートアイランドで起こった事件。
住民が変貌するあの事件とマナベが気づいたポートピア殺人事件の関連性。
ってポートピア殺人事件と絡めるんかよっ(ツッコミ


首相がかかげる「国民総探偵制度」。
うわ…
なんか色々言いたい(笑
旧ドイツ第3帝国か北朝鮮にする気かよっ
なんというかよくも悪くも大塚英志のコミックだな…


日本の国民すべてを巻き込んで、この物語はどう展開していくのか。
ついに動き出したミステリ作家N月R太郎は。
龍宮の兄妹は記憶とどう対峙するのか。
JDCと同じくバラバラになったBDCは。

この巻で一気に伏線が増えたなぁ。

【テレビ】稲川淳二の超こわい話7

テレビ→その他
05 /27 2007
稲川淳二の超こわい話7


稲川淳二の超こわい話がテレビで深夜にやっていたので録画して見る。

いつもなら8月から9月くらいにやってるのに珍しいなぁ。


最初の方はのだめの録画などで見れなかったため、途中から見る。
ってこれ見るの2回目か3回目だ(笑


【二階の倉庫】
スタンダードにホラー。
二階になにかが確実にある。
それだけは最初から匂わせているんだけど、倉庫で外からなり響く足音の表現がこわかった。

深夜にイヤホンして見てたら家族が起きてきて肩を叩かれたのに激しくびびる(笑


【かくれんぼ】
昔あそんだ廃校の学校、懐かしさを楽しみながらかくれんぼをする。
でも、あれっ、と思わせながらも話が続いていき。

笑い声が泣き声に変わる異常さとラストあたりがぞくっ、ときた。


子どもの話は恋愛沙汰のホラーよりもずっと怖いと思う。



稲川淳二の超こわい話リターンズ BOX 稲川淳二の超こわい話リターンズ BOX
稲川淳二 (2005/08/05)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

【テレビ】英語でしゃべらナイト 07/5/21

テレビ→その他
05 /27 2007
英語でしゃべらナイト 07/05/21


ゲストは工藤夕貴。
SAYURIのイメージがえらく強い。

しかし、ものすごい生活してるなぁ。
この人なら文明なくなっても結構平気で生きていけそう(笑


料理に関する英語でっていうのは結構新鮮。
確かに、「いただきます」を英語でっていうのは分からなかった。
ちょうどあてはまるような言葉ってなさそうに思えるもんなぁ。
"Thanks for"でいいのか。

【コミック】NHKにようこそ! 7

コミック→少年エース系コミック
05 /26 2007
NHKにようこそ! 7
原作:滝本竜彦
漫画:大岩ケンヂ
角川書店
少年エース連載
NHKにようこそ! 7 (7) NHKにようこそ! 7 (7)
滝本 竜彦 (2007/05/26)
角川書店

この商品の詳細を見る

「その先どうなるか分からなくて逃げただけだ
傷つくのが怖いから傷つく前に逃げてしまう
きっと俺は何も本気で好きじゃないんだ!
本気になる前に逃げるんだ だから俺は最強なんだ!!」

NHKにようこそ!7巻。
次で最終巻らしい。


出てくる出てくる。
これでもかというくらいに魂の叫びが。

そう別に引きこもり人間不信は好きでやってるわけじゃない。
いつの間にかそうなってて、気がついたら前に進めなくなってしまってただけ。

そんな彼らの身を守るための方法がネガティブな方向だっただけ。
分かってる。
けどどうしようもないんだ!

そんな主張がリアルで聞こえてきたかのような内容だった。

あの原作者の滝本竜彦が結婚し、もうなにも信じられなくなるかもしれん。
滝本竜彦だけは見方だと、一生独身を貫くんだ、と信じていただけに(笑
だからこの「NHK」のマンガ版も何一つ共感がもてなくなってしまうのかもしれない。
そんな風に思っていたのは過去の話。

逆にものすごく納得できる内容になってきていると思う。
これにどれだけ原作者が関わっているのか分からないけど(笑


誰一人として前へ進むどころか何故か後退している気がしてならない。
ラストには前へ進めるのか。
それとも素晴らしいまでのバッドエンドを見せ付けてくれるのか。

ラストにものすごく期待してます。
これでもか、というくらいに。


未来を見つけて、けれども結局"こっち"に戻ってきた山崎がこの先どこまで行くのかが今のところ一番楽しみかも。

【アニメ】地球へ… 第8話

アニメ(番組)→地球へ…
05 /26 2007
地球へ…
section08 : 震える心


地球へ…第8話。

いつの間にやら3分の1が過ぎた。


ついに誰もが待っていたジョミーとキースの邂逅編。


マザーイライザが生徒をコールするのって、なにかを選別してるんじゃないんかなぁ。
脳波で生徒を管理できるのなら、特定の生徒をある方向に導くこともできるはず。

ただ、今回気になったのはシロエの最後のセリフなわけだけれども。
もしかしたらキースの他にもそういう人物がいたりするんだろうか。


いよいよ面白くなってきた。

地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】 地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】
結城信輝 (2007/08/08)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。