【ラノベ】沈黙ピラミッド

本→上遠野浩平
01 /31 2008
ブギーポップ・クエスチョン
沈黙ピラミッド

上遠野浩平
イラスト:緒方剛志
電撃文庫
沈黙ピラミッド―ブギーポップ・クエスチョン (電撃文庫)沈黙ピラミッド―ブギーポップ・クエスチョン (電撃文庫)
(2008/01/10)
上遠野 浩平

商品詳細を見る

人は……ほとんどの人は一生かかっても、上にも下にも行けない。ものすごい達成感とか、どうしようもない絶望とか、そういった上下の起伏のどちらでもないような、中途半端なところをふらふらして、一生を終えるのだ。

上遠野浩平沈黙ピラミッド』本文より引用

随分久しぶりのブギーポップシリーズ。

友情とは恋愛とは世界とは生とは死とは。

そんな漠然としながらも答えられない数々の疑問を通り過ぎながらも、時間は止まることなく進んでいく。
おいおいちょっと待てよ、とまれ時間とか言った所で止まっちゃくれない。
まぁそんな壁のような疑問も後から振り返ってみれば実は些細な真実だったりするんだけれど。

そんな疑問という「壁」にぶち当たった人や統和機構の人たちが主役のこの『ブギーポップ・クエスチョン』。

そりゃあかつありえない設定の小説でフィクションなんだけれども、今までのシリーズに比べて彼らが感じた疑問ってのは結構身近なものに思えた。

久々に読んだブギーポップは確かに面白い要素はたくさんあったんだけど、一体このシリーズをどこに連れて行く気だーーともちょっと思ってしまった(笑


章ページの扉の可愛さは新鮮。
二頭身かよっ(笑


(それにしてもなんとも説明しづらい話だよなぁ、ブギーポップシリーズは。まぁそれがブギーポップってやつなんだって

【コミック】すごいよ!!マサルさん ウ元ハ王版 1

コミック→すごいよ!!マサルさん
01 /31 2008
セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん ウ元ハ王版 1
うすた京介
集英社
週刊少年ジャンプ連載
セクシーコマンドー外伝すごいよ!!マサルさんウ元ハ王版 1 (1) (ジャンプコミックス)セクシーコマンドー外伝すごいよ!!マサルさんウ元ハ王版 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/01/21)
うすた 京介

商品詳細を見る

バンバン ババンバー~~
今日も~ 会社だ~
明日も~ 会社~~
明後日も~ 会社~~
ラララ そして~~ 君はマネ~ジャァ~

なんだそりゃーっ!!?

うすた京介『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん ウ元ハ王版 1』本文より引用


素直に「完全版」といえばいいのに「ウ元ハ王版」かよw

懐かしさのあまりに手にとってしまった。
この本を読み、何が面白いのか分からないがとにかく面白いという謎の現象に襲われた当時を思い出し買ってしまった。

今読んでもやっぱりなにが面白いのか分からない。
でもなぜか笑えてしまう。
しかし、電車の中で読むのはやっぱりやめておいた方がよかったと思いました。
って作文!?


この本の楽しさを伝えようとしてももはや無駄とすら思えるし、知ってても名前だけ、まぁとにかく読んでみろというのがいい薦め方だと思う。

20歳のマンガ読みの子に聞いてみたら知らないと言われてちょっとショックを受けた。
でも30歳ちょいの方に聞いてみたら懐かしーと狂喜乱舞してもらえて、ちょっとうれしかった。

このようにいろんな年代のマンガ読みの人に聞いてみたらどうもリアルタイムに読んでいた年代の最後くらいが22~3くらいっぽい。
上に兄姉がいる場合は別。
そうだよなぁ。
もう10年位前のマンガだもんなぁ。
小学校低学年でこのマンガを楽しめる人ってのもなんかイヤだ(笑

感想はまぁとにかく楽しかったです。

というわけであとは装丁などの紹介。

・サイズは四六ソフトカバーよりちょっと大き目の高さにA5版より少し小さめという本棚に並べたくないサイズ(笑
・蛍光着色は無駄に全ページで見れる(笑 正直このカラーが見れるのは面白かった。本当に無駄なところばっかりに凝ってる。
・ページの端っこでフーミンとマサルさんが当時を振り返っているコメンタリーが見れます。内容は本当にどうでもいい。だがそれがなんともマサルさんらしくてGOOOOD。
・で、1400円の価値はあるのかと聞かれたら「これにはあった」と答えられるくらいのマサルさんの世界を体現した本の完成系だと思えた。


2巻の表紙でどのように「進化型表紙(エボリューション・カバー)」になっているのか楽しみ。

【小説】分岐点

メフィスト賞→古処誠二
01 /30 2008
分岐点
古処誠二
双葉社
分岐点分岐点
(2003/05)
古処 誠二

商品詳細を見る

「いいな片桐。足元を見失うな。体制がどう変わろうと、軍に身を置く人間の本懐は変わらん」
ともすれば独り言にも思える気配で、上官は最後に言った。
「子供たちを死なせるな」

古処誠二分岐点』本文より引用

古処誠二の第二次世界大戦を描いた小説『分岐点』。

1945年。
軍は中学生までも動員し、戦っていた。
下士官たちは使えない人間を統率しなければいけないことに疲弊し、物資が尽き、無謀な作戦を行おうとする軍に苛立ちを覚えていた。

そんな終戦間際の様々な立場の人間の『分岐点』を描いた作品。
中学生、女学生、下仕官、少尉etc

当時の体制による情報を制限した教育により生まれた歪んだ考えを持つ子供たち。
そういった正常、当たり前のことすら知ることを許されず動員され死地に赴かされる。
そんなのはおかしい。

だから戦争は悲惨でするべきではないのだ。
そうした戦争を生み出したということを記憶にとどめて生きる必要がある…


確かにそうだ。
けれどもそんなことを言うのは簡単なんだけど、この小説はもっと深いところまで考えさせられる小説だった。
なんというかよくこれを書いた古処誠二っ(笑

この本を読んだときにそうしたよくある反省ばかりする日本ということも考え物だと思わされた。

なぜ日本は戦争ということをはじめたか。
それをはっきりといえる人ってどれだけいるんだろうか。
そもそもの原因はいつからはじまり、何がきっかけで戦争がはじまることになってしまったのか。
後者は学校で教えられることだけれども、前者を答えられるような人って意外と少ないのではないか。
それを知っていれば一概に日本がすごく悪いということは言えないような気がするのだけれども(笑

アジアを占領し、搾取していた欧米を追い出し平和をもたらそうとしたなどの理由もある。
そして自分たちの国を家族を守るために戦って死んでいった人たちもたくさんいる。
その人たちの犠牲の上にいま生きている人たちがいる。

戦いがあるところにはそうした誰かのために戦っていたという想いがあるものだと思う。
だから映画でも戦争を扱ったものにはそういったところに敬意を払っているシーンが多くある。
なぜアメリカはそうした映画を作ってもまったく批判されないのに、日本はある国などから批判されるんでしょうね(笑

そこに戦争を正当化するなんてことは誰も考えてないだろうに…

などということを書いてみたけど別に筆者は右でも左でもないです。


少々話がそれたのでこの本の話へ。
戦時中どんな立場の人たちがどんなことを考え戦争というものに接していたか。
それがこの本の中で描かれている。

日本の内部も攻撃を仕掛けてくるアメリカ兵の誰もがおかしくなっていく戦争の果て、そんな第二次世界大戦の終わりと戦後の始まりという分岐点にたった時に起こった衝突。

戦争の最後に人々は何を考え、何を受け入れ、何を拒否したのか。
まざまざと当時の様子を再現しながら進む物語を読むにつれて、当時のことを考えさせられるそんな本でした。


「ルール」以降の古処誠二の戦争ものは秀逸なのが多いな…
参考文献とかにも結構惹かれます。

【ドラマ】CSI:マイアミ S1 第17話

海外ドラマ(番組)→CSI:マイアミ1
01 /30 2008
CSI:マイアミ Season1
第17話 似て非なる殺人(Simple Man)

CSI:マイアミ」シーズン1第17話。

裁判中の事件と同様の手口の犯罪が起こり、急遽証言する予定だったホレイショが事件との関連性を調べだすという話。

裁判や警察を通してホレイショという人物がどう見られているかというところが見れる珍しい話だったかも。
真相究明のために周りとの連帯よりも正義を貫こうとする姿勢が組織からは厭われている、か。

しかしそのホレイショにCSIの面々は孤独な道になろうともついていくというところを見るといい部下たちに恵まれたよなぁ。

CSI:マイアミ コンプリートBOX 2CSI:マイアミ コンプリートBOX 2
(2005/10/19)
デヴィッド・カルーソ、アダム・ロドリゲス 他

商品詳細を見る

【小説】シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン

メフィスト賞→小路幸也
01 /28 2008
シー・ラブズ・ユー東京バンドワゴン
小路幸也
集英社
シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴンシー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン
(2007/05/25)
小路 幸也

商品詳細を見る

淋しいってよ、わんわん喚いたり暴れたりするのも、まぁ子供らしくていいけどよ。男の子はよ、やせ我慢ってものをしなきゃならねぇんだ。どんなに淋しくてもよ、辛くてもよ、自分一人で頑張るんだっていうやせ我慢ってやつをよ、覚えなきゃあなんねぇんだよ

小路幸也シー・ラブズ・ユー』本文より引用

東京バンドワゴン』第2弾。

今のご時勢めったに見られない大家族の物語。
大家族で生活して、古本屋とカフェを営みながら過ごす毎日。
一日の夕方にはみんなで集まって夕食を食べ、問題があればみんなで考えetc.

なんというかホームコメディとでもいうんだろうか。
コメディとも違うな…
人情もの?
ちょっとした日常の謎系のミステリ?

まぁいろんな要素が詰まった心温まる4つの話が収録されてます。

昔から伝わる家訓で守るべきものは守る。
しっかりと。
そんな家族なもんだから、現代では忘れられているような家族の姿っていうのを見ることができるのがなんだか心にグッとくる。

暖かい心を持っている人が多いし、怒るべきところではしっかり怒る。
こういうのがニュースとか見ててもなんだか欠けてきているんじゃないかと思えるんだよな。


感動した、泣ける。
そういうものではなく、読んだら心がほっこりと暖かくなる本だと思う。

【大説】LOVE LOGIC

メフィスト賞→清涼院流水
01 /27 2008
LOVE LOGIC
ラブ・ロジック~蜜と罰~

清涼院流水
角川書店
LOVE LOGIC―蜜と罰LOVE LOGIC―蜜と罰
(2007/05)
清涼院 流水

商品詳細を見る

当クラブは会員の皆様の<秘密の恋人>――"Secret Lovers"をお探しすることを活動目的とする団体です。

清涼院流水『LOVE LOGIC』本文より

清涼院流水デビュー10周年記念本の1つ『LOVE LOGIC』。

恋人を見つけるための会員制サイトに登録した10人がロッジへ集められた。
そこで行われるゲーム。
ゲームに勝てれば最良のパートナーと一緒に脱出、ゲームに負ければ死。
デッド・オア・アライブのゲームが開始される。


3人称でひたすら客観的に進む前半。
そして後半からがこの本の本領発揮。

これは「ゲームブック」形式で進む本である。
90年代半ばくらいに見なくなったジャンルをまさか流水の本で見ることになるとは(笑

ゲームブックというからには自ら参加しなければならない、そして読み進めたからといってすべて順番どおりに書いてあるわけじゃない。

当然この本の執着地点も最後のページではないです。

自分でゲームに参加し、すべての人を生還させない限りラストの驚愕は味わえない。
読むうえで幾多のバッドエンドを経験しながら進むしかないのである。
もしくは途中で投げ出して、ネタバレをいくつも目にしながらなんとか最後のページを見つけるか。

ラストのかなり意外な着地点にもげんなり(褒め言葉)したんだけれども、生き残れそうで生き残れないバッドエンドもあったりと楽しめた。

推理部分などをメモしたり、ページを戻るのがめんどくさいからという理由からフローチャートを作ってみながら読んだのも楽しいと思えた理由かも(笑

ラストのページにたどり着くのに苦心したからこそってやつかな。

そのフローチャート、終わってみたらまるで「かまいたちの夜」のごときフローチャートになってました。
そこに記されたバッドエンドを見る限り、よく頑張ったなぁとちょっと自分を褒めてあげたくなった。


副タイトルの「蜜と罰」も読み終わってみれば、GOODです。
どっちも存在してるってところがなおOK!

……でも清涼院流水はじめての人とかにはやっぱり薦められないかも。

【日記】1月27日

その他→日記
01 /27 2008
【日記】
日記のカテゴリで書くのは2ヵ月半ぶりです。

いろいろ忙しかったりでblog更新もゆっくりめに、というかたぶん人より多く書いてます的な数になっていますが元気です。

それよりレビュー系のものに日記系が混ざるのってどーよみたいなことを考えたので日記を以下サイトに移行。

日記のページで日記縮小継続中です。

「あきろぐ。」
http://turnakilog.web.fc2.com/index.html

【アニメ】CLANNAD 第14話

アニメ(番組)→CLANNAD
01 /27 2008
CLANNAD-クラナド-
第14回「Theory of Everything」

CLANNAD」第14話。
ことみ編完結。


親の愛情に泣けた。・゚・(ノД`)・゚・。
そして世界は美しい。
人から人へ、手紙の主の娘への想いを伝えようとした人たちがいる世界のなんと美しいことか。

美しい国…じゃないや、美しい世界っていうのはこういうのなんだよ(笑


それも感動できたんだけれども、それ以上にことみ父の「やりたいことをしなさい なりたいものになりなさい ゆっくり大人になりなさい」という言葉が心にしみた。

親って偉大だよな…

CLANNAD 3 (初回限定版)CLANNAD 3 (初回限定版)
(2008/02/20)
中原麻衣、神田朱未 他

商品詳細を見る

【アニメ】機動戦士ガンダム00 第16話

アニメ(番組)→機動戦士ガンダム00
01 /26 2008
機動戦士ガンダム00
#16「トリニティ」

機動戦士ガンダム00」第16話。

ついにトリニティ3兄弟投入!
新ガンダムもアイン・ツヴァイ・ドライっていうドイツ語の「1・2・3」というのは今までと比べてもシンプルなネーミングだな。

末妹のネーナ・トリニティいいな(笑
末っ子だから兄たちに甘える一方年下(?)である刹那に対してはお姉さんぶっているところなんかが特に。
……という見方をするのも少々釘宮病の気があるからかもしれないけど(笑


今回は半分が総集編だったけど色々と意味深な場面があった。
ソレスタル・ビーイングの後ろ盾が二つあること。
ソレスタル・ビーイングの行動を承認する委員会、それと独自に動き新ガンダムを製造したもう一つのルート。
作戦行動自体に大きな、けれども世界に対して秘密裏である組織というのはなんとなく匂わせていたけれども、それ以外に新ガンダムを建造できるほどの大きな金の流れっていうのが存在するとは…

ソレスタル・ビーイングも一枚岩というわけではなく、様々な思惑が交差してそうだな。
総集編っぽかったのに、随分と色々な設定の要素を入れてくるもんだ(笑

機動戦士ガンダム00 2機動戦士ガンダム00 2
(2008/02/22)
宮野真守、三木眞一郎 他

商品詳細を見る

【アニメ】コードギアス 第12話

アニメ(番組)→コードギアス
01 /26 2008
コードギアス 反逆のルルーシュ
STAGE12「キョウトからの使者」

コードギアス」第12話。

ルルーシュはバックを固めたと同時に、もう引く事の許されないところまで来てしまったわけか。
表と裏。
その表の学園生活の部分にすら影響を受け始めたか…。

次回の意味深すぎるタイトル。
それと大きくなりすぎた黒の騎士団の内部でも諍いがおき始めていたり。
特にシャーリーとの間はどうなることやら。


CCがかなりルルーシュを意識してないか?(笑
ちょっと前まで不思議で意味ありげなキャラクターだったのにっ。

コードギアス 反逆のルルーシュ volume 05コードギアス 反逆のルルーシュ volume 05
(2007/05/25)
福山 潤、櫻井孝宏 他

商品詳細を見る

【映画】銀色の髪のアギト

映画→映画(アニメ)
01 /26 2008
銀色の髪のアギト
(2005)
銀色の髪のアギト 初回限定版銀色の髪のアギト 初回限定版
(2006/06/23)
勝地涼宮崎あおい

商品詳細を見る


BS-2でやっていたので見てみた。
美術すげぇな…

監督: 杉山慶一
原案: 飯田馬之介
キャラクターデザイン:緒方剛志
美術設定:佐藤肇、中原レイ、菊地正典
声の出演:
勝地涼
宮崎あおい


共存っていうテーマはよく伝わってきた。
そのテーマがあってこその、過去の人類の文明であるビルが荒廃した姿も不思議と美しくて自然と調和していた。

おいおい。
どんな発想力だよ。
というかこれほど美しく見せるのは大変だったんだろうなぁ。
素直あの世界観を構築していたのはすごく見事だと思った。

さらにあの中立国の人たちの人間らしさ、日々を生きている楽しさが伝わってきているのに対して、大佐たちの人間が人間としての世界を取り戻すために生きている工業国の息苦しさ。
そういった人々の生活との対比を見てみると、この映画のテーマって言うのがすごく活きてくる。


緒方剛志のキャラクターも前々から好きだし、結構楽しめた。


でもトゥーラーーーと連呼するのはちょっと…(苦笑
キャストに俳優を多く配して一般向け・ファミリー向けにするには少々しんどくないかともちょっと思った。
確かに誰しも似向けたメッセージ性は直球なんだけど、設定が凝っててよくよく考えると結構深い考察ができそうな映画だから、必ずしも一般向けではない気がするんだよな…

人と森の同化する力はなんのために作られたとか、過去の人間をなぜ未来に残そうとしたのか、など。

未来で目覚めさせ、そして世界の未来をどうするかという決定権を委ねたりとか。
人間傲慢ちょっと傲慢すぎやしないか(笑
それでも森の一部となった人もさらに人を生み出し共存していこうとするところとか…


確かにちょっと真っ直ぐすぎたり、予定調和で「へ?」とか思わされた部分もあったけど、メイン以外のところでも色々と楽しめる映画だと思います。

【コミック】神戸在住 10

コミック→アフタヌーン連載
01 /26 2008
神戸在住 10
木村紺
アフタヌーン連載
神戸在住 10 (10) (アフタヌーンKC)神戸在住 10 (10) (アフタヌーンKC)
(2008/01/23)
木村 紺

商品詳細を見る

門出の儀式を終え、後に残した母校の正門。
「ああ、これで私の大学生活が終わったんだなあ」
様々な感慨と共に、浮かんでは消えてゆく思い出の、
そのひとつひとつに、たまらないほどの愛おしさを覚えます。

木村紺神戸在住 10』本文より引用

神戸在住』最終巻。

ああ。
終わったんだな。

素敵な物語でした。

等身大の登場人物たち、ゆっくりと流れる時間、それと身近で実際にあるものや本当にそこにあるかのような風景たち。

そんなやさしい日記をそっと慈しむように読んでいるかのような感覚になれるのが好きでした。


ラストの卒業式や書き下ろしの日和さんの話、それにエピローグは必見。
久々にマンガで感動して泣きそうになったかもしれない(笑

桂たちが確かに神戸で時間を過ごし、少しずつだけれども周りも変化して行っている。
それと読んでいる人たちにとっても確かに過去っていうのは糧になって今を生きている。
そんなことを読んでいて思った。


帯の「一生、読み続けられる本」という文句に違わない名作です。



2ちゃんねるの神戸在住スレも楽しかったです(笑
そして1月17日から最終巻発売直後のいつもとのギャップにもちょっと感動した。

あの流れを見ていると、1月の17日の後に最終巻を発売するというのはすごくよかったなぁと思えた。
1巻から阪神大震災というのを背景に描かれたマンガでもあったわけだし。

【映画】未知との遭遇

映画→映画(~1979)
01 /26 2008
未知との遭遇
CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND

(1977)
未知との遭遇 製作30周年アニバーサリー アルティメット・エディション(3枚組み)未知との遭遇 製作30周年アニバーサリー アルティメット・エディション(3枚組み)
(2007/12/19)
リチャード・ドレイファス; フランソワ・トリュフォー; テリー・ガー

商品詳細を見る

SFの傑作とも言われる「未知との遭遇」。
異星人とのコンタクトを取る話。
それだけと言っちゃあそれだけなんだけれども…

半分くらいから後の展開にずっと圧倒されました。
それまでは一体どこが面白いのかと懐疑的に見てた(苦笑

監督・脚本: スティーヴン・スピルバーグ
音楽: ジョン・ウィリアムズ
出演:
リチャード・ドレイファス
フランソワ・トリュフォー
テリー・ガー


ターラーラーラーラーの五音の通信といい、マザーシップ登場シーンといい名場面が多すぎ。
唖然とした。

冒頭の人類以外の接触としかいえない奇怪な現象やUFO目撃談、未知と遭遇してしまった人のポルターガイスト現象。

少しずつ小出しに小出しにしていく。
その手法にうまいことやられた気分だ。

内容から考えても、この映画は子供向けに当初作られていたと思えるフシが多々あるんだけれども、いやいや大人でも十分感動できる。

いろんな現象にしても、UFOに遭遇してからの主人公の不思議な行動もすべてがラストへつながっていく。
それに加えて政府の謎の行動や主人公を追い詰める軍にしても緊張感が高まり、これまた最後に繋がるようになっている。


まさに「ラストシーン」のためにすべてのシーンがあるような映画だった。
傑作といわれるのも分かった。


登場人物にフランス映画の巨匠のフランソワ・トリュフォーが出てたのには笑った。
なんでーー。
ってか俳優もできるのかあの監督は(笑


DVDのファイナルカット版で見たけれども、BR版も欲しいと思えた。
ってか思わず見た直後に着メロであの交信シーンの音を作ってしまった(笑
もうあの5つの単音からどんどん連ねていくところっていいよなー(笑

【ドラマ】LOST S2 第41話

海外ドラマ(番組)→LOST S2
01 /25 2008
LOST Season2
第41話「秘密」The Whole Truth

LOST」シーズン2第41話。

今回はサンとジン…の話かと思われたけれども。
あれ?
もしかしてだんだんと「今までどおり」という話の展開じゃなくなってきたかも。

続きを読む

【DVD】銀魂 シーズン其ノ弐 07

アニメ(番組)→銀魂DVD
01 /25 2008
銀魂 シーズン其ノ弐 07
(2008)
銀魂 シーズン其ノ弐 07 【完全生産限定版】銀魂 シーズン其ノ弐 07 【完全生産限定版】
(2008/01/23)
杉田 智和、釘宮 理恵 他

商品詳細を見る

初回限定版にはドラマCDが付属。
ジャケットが土高!?
おいおい本編で絡んでねーじゃねーかこの二人。
…まぁ人気投票だしなぁ。


収録話:
第74話「漫画家は原稿のストックが出来てこそ一人前」
第75話「仕事のグチは家でこぼさず外でこぼせ!って言うからちょっとこぼさせてもらうけどね「侍の国」僕らの国がそう呼ばれていたのは今は昔の話…とか言って始まったこのアニメもはや一年半。あんな事こんな事いろんな事があったよね。で、そろそろ色々振り返ってもいいかなーと思ったのに「チェッ、なんだよ総集編かよ、手抜きじゃね?」とかアニメだって作るの大変なんだから文句言うのやめなさい!」
第76話「そういう時は黙って赤飯」
第77話「昨日の敵は今日もなんやかんやで敵」

ドラマCD:
「反省文なんか書いたところで何も変わることはないんですよ先生」

映像特典:
75話のOPとかEDとかいろいろ、74話のみのED


さて総集編という名の大いなるお遊びの75話収録の7巻。
この75話と連動したのがある意味ドラマCD。

銀魂に届いた数々の苦情を披露するというなんとも自虐的な内容。
それでいてドラマCDという形態をしているから、ある意味メタ的。
大いに爆笑。
そんでもって胃を痛めたり、もう使えるストックねーよと叫ぶ脚本家さんにはほんとうにありがとうございます。
毎週毎週楽しみにさせてもらってます。
はい。
3年目もがんばってください。

そうなんだよなー。
ついに3年目か。
まさかここまで「持つ」とは(笑
でもそういうところ大好きです。


74話のRYOⅡの回の予告。
あれ本放送と違ってない?
ってか両津がしっかりと出てる!?
すっげ。
DVDすげー。

次の8巻はまるまる柳生編。
7巻の冒頭2話も破壊力抜群でした。
シリアスと笑いのバランスがやはり素晴らしいな。

【アニメ】銀魂 第90話

アニメ(番組)→銀魂シーズン其ノ弐
01 /25 2008
銀魂
第90話 「美味いものほど当たると恐い」

銀魂」第90話。

ずいぶんと最初のほうの話のアニメ化。
これってまだやってなかったんだ。

冒頭のシン・シティに笑った。
長谷川さんカッケーよっ(笑
ハード・ボイルドだ。

お店が「テリヤキ・ウェスタン・ヂャンゴ(元ネタ三池崇史のスキヤキ・ウエスタンジャンゴ」だったのや轢かれた後に「素晴らしき哉、人生!」といってたのにも爆笑。
わかんねーよ。
普通わかんねーよっ(笑
映画ファンでもクラシック映画なんて見てる奴ほとんどいねーよっ(笑

ハードボイルドの回の「カサブランカ」のネタも笑わせてもらったけど、今度は「素晴らしき哉、人生!」とは。
長谷川さんにはほど遠い映画の世界だ。
結局「素晴らしき哉、人生!」のように天使は現れず、なっさんによって轢き逃げされたわけだし。


もう銀魂は映画ファンの予想の斜め上のネタを使ってくるよな(笑

久々の病院ネタだったけれども婦長がパワーアップしてないか。
前回の南ちゃんの時よりも武装が激しくなってるんですけど。

あと見終わってからもう一度見てみたら序盤の店内にしっかりとなっさんいたんだな。
なにしてんすか松平公ーー


それにしても「ベタ」を踏襲したよい回でした。
なに?この話のジャンルはお笑い?(笑

Cパートも使い古されたようだけどオチが…っていいのっ?
これ一応は子供向きのアニメだよな(ぇ
中の人なんかいないんじゃ…

銀魂 シーズン其ノ弐 08銀魂 シーズン其ノ弐 08
(2008/02/27)
杉田智和、釘宮理恵 他

商品詳細を見る

【ドラマ】THE 4400 S2 第7話

海外ドラマ(番組)→4400 S2
01 /25 2008
THE 4400 Season2
第7話 塔 Wake-Up Call Part 1

「THE 4400」シーズン2第7話。

ABCテレビでシーズン1に引き続きシーズン2も放送。

DVD版を見たのがずいぶん前だから声の印象がなくなってた(笑
マイアとかこんな声だっけ?とか思ってしまった。

シーズン1のラストから半年。
コリアーがさらに4400を擁護する立場となり、大きな組織へとしていく。
銃を向けた罪で現場から離れていたトムも現場に復帰、4400捜索の最前線へ。

第7話では塔を描く少女の精神病棟の話。
彼女の周りの人たちは患者・先生を問わず「塔」を作る。

彼らが言うには「時間がない」のだそうだが。

その「塔」を見る限り、タロットカードの塔のようにも思えた。
そうすると元の意味のとおり、火が出たのも納得。
元の意味でもバベルの塔は崩壊したり、火の家という意味があったりするわけだし。

それと気になるのが何かと交信しようとしていたことだろうか。
しかし火が出て塔を再建できなくなってしまう。
うーん。
神からの罰とかか。
この時代ではまだ手に入れてはいけないものでも手に入れようとしたのだろうか。
バベルの塔の伝説のように。


なにはともあれ、次回に期待。
この話は前後編のようだし。

THE 4400 -フォーティ・フォー・ハンドレッド- シーズン2 コンプリートボックスTHE 4400 -フォーティ・フォー・ハンドレッド- シーズン2 コンプリートボックス
(2007/02/23)
ジョエル・グレッチ、ジャクリーン・マッケンジー 他

商品詳細を見る

【ミステリ】QED 諏訪の神霊

メフィスト賞→高田崇史
01 /24 2008
QED 諏訪の神霊
高田崇史
講談社ノベルス
QED 諏訪の神霊 (講談社ノベルス)QED 諏訪の神霊 (講談社ノベルス)
(2008/01/11)
高田 崇史

商品詳細を見る

「お前もしかして『御頭祭』の意味が分かったって言うのか?」
「ああ、その通りだ」
「ちょっと待て!しかし『御頭祭』といったら、諏訪大社関連では『難易度の一番高い得体の知れない祭礼』--といわれているんだぞ」

『QED 諏訪の神霊』本文より引用


QED』15作目。
今回は諏訪の御柱祭がメイン。
そして1200年の歴史を持つ御頭祭の意味とは。


序盤でまず驚かされる。
どうやら今までのシリーズのように神仏へ直結するものではないことが明らかにされる。
神への敬意や怨霊を封じ込めるための神社や祭りといったものとは異質なものであるらしい。

毎度驚かされるけれども、さすがに15作目ともなるとだいたいこのあたりで解決するんだろうな、ということを考えながら読んでいるんだけれども、序盤で「それはない」と断言されて「おいおいどうなるんだ!?」と読み進む。

さらにいつもに加えて警察パートが妙に多い。
かなり密接に今回の御頭祭と非常に関わりのある殺人事件であり、いつもとかなり違うラストを迎えて「えええぇぇっ」となった。

いつものQEDシリーズには違いないんだけれども、すごく新鮮。

古事記に記されている伝説にも関わらず、日本書紀から消された記述の謎とは。

魅力的な謎たちと殺人事件との関係性に加えこれからのシリーズのクライマックスに向けての伏線も張られていることを含めると、この巻はすごく楽しめる内容でした。

【ドラマ】CSI:マイアミ S1 第16話

海外ドラマ(番組)→CSI:マイアミ1
01 /23 2008
CSI:マイアミ Season1
第16話 復元 不可解な音(Evidence Of Things Unseen)

CSI:マイアミ」シーズン1第16話。

今回も長編。
マイアミは1話1事件っていうのが多いな。
それだけでなぜか長編とか思えてしまう。

ピープクラブが舞台なだけにエロティックなシーンが満載。
しかし謎は濃厚。

人の欲望が交差する場所での事件なだけに、人間心理の濃いところまでたどり着いた事件だったな…


それにしてもCSIの音声の割り出し、あれ一体どうやってんだ…
上書きされたデータからノイズを洗ったり、そのデータの周波数から音を分割したり。

最先端科学すごいな…

CSI:マイアミ コンプリートBOX 2CSI:マイアミ コンプリートBOX 2
(2005/10/19)
デヴィッド・カルーソ、アダム・ロドリゲス 他

商品詳細を見る

【ミステリ】パラダイス・クローズド

メフィスト賞→汀こるもの
01 /23 2008
パラダイス・クローズド タナトス
Paradise Closed THANATOS

汀こるもの
講談社ノベルス
パラダイス・クローズド THANATOS (講談社ノベルス)パラダイス・クローズド THANATOS (講談社ノベルス)
(2008/01/11)
汀 こるもの

商品詳細を見る

彼はこの中で一番プロに近いアマチュア名探偵。日本一死体に詳しい高校生。刑事よりも詳しいのだ。
高校生名探偵。彼の本当のリングは孤島の館などではない。彼の得意ジャンルは"本格"ではなくバリバリの社会派なのだから。

汀こるものパラダイス・クローズド』本文より引用

第37回メフィスト賞受賞作。
双子の美少年探偵。
ひとりは周りに死者を次々に呼び出し、ひとりは名探偵。
ミステリ作家が集まる孤島の館で起こる殺人事件がこの『パラダイス・クローズド』。

帯の推薦文は有栖川有栖。

ラストが気が抜けないというか、薀蓄を頑張って読んでよかったと思えた。
あの膨大な量の水棲生物についての文を読んだら「こう関わってくるのかっ」と。



さりげなく挿入されてる様々なネタにもくすっと笑わしてもらいました。
遊戯王やロマンシング・サガ、ナウシカにキューブリック、バトロワもキル・ビルも、さらには夏目漱石などの文芸作品まで。
どんだけ元ネタ多岐にわたってるんだよっ(笑

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。