【SF】空の中

本→SF/FT
09 /30 2008
空の中
有川浩
角川文庫
空の中 (角川文庫 あ 48-1)空の中 (角川文庫 あ 48-1)
(2008/06/25)
有川 浩

商品詳細を見る

「ちったぁ遠慮とかしろよ、お前はー!」
「今さら何言いゆうが、瞬とあたしの仲やーん」
「どんな仲があったよ、迷惑かけられた覚えしかないぞ」
「うん、そのような仲がある」

空の中』本文より

やば。
土佐弁めっさ可愛いじゃないか。

有川浩の『空の中』。
処女作の『塩の街』があまりによかったので、読もうと思ったものの単行本orz
いつか文庫に落ちるだろと思ってたら4年。
電撃文庫じゃなく角川文庫で出るとは思わなかった(笑


高度2万メートル。
そこで起きる謎の航空機事故。
空の中で一体なにが起こったというのか。
また、その頃地上では高校生たちが謎の生物を発見し…
自衛隊の女性パイロットと高校生の少年のふたつの視点から物語は進んでいく。

文庫版解説は新井素子。
また文庫版のみ短編『仁淀の神様』を収録。


どうやら本を読む人の間で流れていた噂は本当だったようだ。
この本おもしろいじゃないか。

航空機事故を発端とする高度2万メートルの謎。
そして地上でのUMA。
それらの接点を結びながら、女性自衛官という特殊な苦境にある人物と、UMAを見つけた青春まっさかりの男女のふたりの話が進むわけだが。

なぜだかこの交差しそうにない二つの話が見事に重なっていく。

SFとしてももちろん面白い。

だが、しかし彼らの日常のなんと面白いことか。
特に高知の二人。
土佐弁がこれほどまでに楽しく読めるとは。
その地域独特の暖かさを持ってるよなぁ。
暖かさ=純粋さであり、ゆえに痛々しいまでの青春も描き出されているのも面白いところ(笑
あぁもういいなぁいいなぁw


有川浩の3作目『海の底』もささっと文庫になってほしいもんです。

「今期終了アニメの評価をしてみないかい?2」に参加

テレビ→アニメ
09 /29 2008
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』のピッコロさん主催の「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?2」に参加。
1の時は2作品でしか参加できなかったけど、今回は4作品で参加です。


【投票作品】
・ストライクウィッチーズ
・スレイヤーズREVOLUTION
・コードギアス 反逆のルルーシュR2
・ToLOVEる


かなり長文となっていますので、以下で発表いたします。

続きを読む

【アニメ】ToLOVEる 第26話

アニメ(番組)→ToLOVEる
09 /29 2008
ToLOVEる
第26話 「ララ」

ToLOVEる」最終話。

ToLOVEるもついに最終話。
ラブコメ+時代を遡ったかのような演出の数々を楽しませていただきました。

ラストは…
あり、なんかな。

コメディテイスト溢れる、シリアスな展開のあとの日常回帰は最後までちょっと懐かしい感じのコメディアニメとしてきちんと終わらせたなと思う。


それにしたって今回はやはり後半最初のリトの夢の中(笑
エロにもほどがある(笑
寸止め感がとてつもなかった。
この本領を他のところでも出していれば、「かのこん」にも負けなかっただろうに(笑


安心して見れる内容だっただけに、26話どまりは少々残念。
またいつか復活してくれることを祈りつつ。

To LOVEる 第1巻To LOVEる 第1巻
(2008/07/25)
渡辺明乃戸松遥

商品詳細を見る

【アニメ】ToLOVEる 第25話

アニメ(番組)→ToLOVEる
09 /28 2008
ToLOVEる
第25話 「地球最後の夜」

ToLOVEる」第25話。

ついにクライマックス。
ToLOVEる」なのにお色気はどこへやら。
…あったけど(笑

ついに「宇宙一の男」になれているかのテストが行われる。
失敗すれば地球は滅ぼされる。
さぁどうする結城リト。


ってなわけだが、なにあれーー。
お決まりの80年代風味な告白。
「めぞん一刻」とかあのあたりの演出だよなぁ。
電車の音に遮られてタイミングを逃すてw

あとなぜかBLUE SEEDのようなデビルーク王のトラップ(笑
ちょっと待てw
なんで冒頭でUFO襲来とか、なぜだか一昔以上前の戦闘機との「インデペンデンスデイ」っぽい戦いをしたのに、植物との戦いに(笑

25話だけでもいろんな映像作品っぽいネタがたくさん入っていてニヤニヤしてみてました。


次でいよいよ最終話。

To LOVEる 第1巻To LOVEる 第1巻
(2008/07/25)
渡辺明乃戸松遥

商品詳細を見る

【アニメ】コードギアスR2 最終話

アニメ(番組)→コードギアスR2
09 /28 2008
コードギアス 反逆のルルーシュR2
TURN25 「RE;」

コードギアスR2」最終話。

ついに最終話!

こ、こう締めくくったか。
いや、
これはむしろルルーシュがナナリーとの対峙で態度を急変させすぎてないか。

それとも最初から…

うーむ。
やはりネタバレ全開で記事を書かないとなにもかけないや(笑

というわけで以下にて

続きを読む

【コミック】アオバ自転車店 5

コミック→アオバ自転車店2期
09 /27 2008
アオバ自転車店
宮尾岳
ヤングキング連載
アオバ自転車店 5巻 (ヤングキングコミックス)アオバ自転車店 5巻 (ヤングキングコミックス)
(2008/09/26)
宮尾 岳

商品詳細を見る

知らない駅で降りてみる
それが 冒険のはじまりだよ

アオバ自転車店 5』本文より

電車や飛行機に自転車乗っけて輪行によく行く身としては激しく同意です。

アオバ自転車店』通産25冊目。
表紙はDAHONのMetro。
あとオマケとしてAOBAステッカー付。
…貼るか。貼っちまうか。
いま乗ってるR1に貼ったとしたら見た目としても映えそうなんよな(ウズウズ


近所の冒険や小径車の楽しさ…というよりあれはある意味DAHONの宣伝のよーな気もするが(笑
そしてつくば8耐のリベンジなどが収録。


近所が冒険の舞台となる。
自転車で知らない場所に行って見る。
意外と近場に知らない場所がたくさんあったりするもの。

そうなんよなぁ。
つい先日も20kmほどの近場(もはや近場というのかそれは)に歴史的な場所があると知り行ってきた。
確かにそれだけでも知的好奇心も風景もお腹いっぱい堪能してきたんだけれども、ちょっと一本路地へ入っただけで広がる新しい風景に出会えたことの方が楽しかったかもしれない。

自転車ってホントいろんなとこ行けるし、いろいろなことに出会えるもんですよ(笑

そんな楽しさってのがすごく伝わってきた。


DAHONの話は…
小径車にはじめて触れる人にはいい解説なんじゃないかなと思う。
でも個人的にDAHONのイメージはレーザー(以下略
結構乗ってる人もよく見かけます。
MetroとかSpeedとか。


つくば8耐リベンジは相変わらず燃える展開です。
やっぱりロードってアベレージ45km出せるもんなんだ…
だよな…
サイロですんごい速さで走ってる自転車いるもんなぁ。

いつか買いたいもんです。
今までのがGiantだから、やっぱりTCR荒あたりか。
KLEINとかREDLEYも最近カッコよく見えるんよなぁ。

とりあえず今のR1で10000km走ったら買っちまお。


【参考】
DAHON
http://www.dahon.jp/

【コミック】すもももももも 11

コミック→すもももももも
09 /27 2008
すもももももも~地上最強のヨメ~ 11
大高忍
ヤングガンガン連載
すもももももも~地上最強のヨメ~ 11 (ヤングガンガンコミックス)すもももももも~地上最強のヨメ~ 11 (ヤングガンガンコミックス)
(2008/09/25)
大高 忍

商品詳細を見る

武術家全ての未来のために
犬塚孝士殿に『決闘』を!

すもももももも 11』本文より

すもももももも』いよいよクライマックスか!?

ついに話が動いた!
今までもそりゃちょっとずつ動いてはいたが、ここまでの急展開はなかったぞ。

孝士殿の目の描かれ方が今までと違って、ある意味感動だ。
あぁ。
無気力だったあの頃が懐かしい(笑


……それにしてもまさかジャングルの王者的な展開になるとは。
思わず笑ってしまった。


でもこの展開が続くとなると10巻までの楽しいラブコメ+武術家バカたちが織り成す楽しい学校生活もなさげなんかなぁ。
盛り上がる展開だし、こういう展開がいつか来るのは分かっていたけどちょっと寂しいものです。

【コミック】セラフィック・フェザー 10-11

コミック→セラフィックフェザー
09 /26 2008
セラフィック・フェザー 10~11
原作:武田俊也
漫画:うたたねひろゆき
アフタヌーン連載
セラフィック・フェザー 10 (10) (アフタヌーンKC)セラフィック・フェザー 10 (10) (アフタヌーンKC)
(2008/09/22)
うたたね ひろゆき武田 俊也

商品詳細を見る
セラフィック・フェザー 11 (11) (アフタヌーンKC)セラフィック・フェザー 11 (11) (アフタヌーンKC)
(2008/09/22)
うたたね ひろゆき武田 俊也

商品詳細を見る

行こう!4号
ボクらが彼を止めるんだ!

セラフィック・フェザー 11』本文より

『セラフィック・フェザー』完結。
しっかりと完結してる!?

約15年おつかれさまでした。

全巻読み返して、ついに最終巻までたどり着いた。
そうか。
こういう終わり方だったんだ。

地球の命運をかけた戦い。
そこに集っていくスナオたち。

最終決戦に費やされた500ページを超える展開は怒涛の連続。
ひとつひとつ誰もが過去や現在と戦っていく。
アペプは過去を乗り越え、ファーンはヒカルと、マザクはAと戦っていくetc
そして…

一気に読んだことで今まで十分に伏線って張られていたことにようやく気づいた。
だからこそ、ちょっと読んでいて感極まったかもしれない。

特にレンのシーンやスナオが駆けつけるシーンなんかは、ね。
そしてなにより単行本のために加筆されたエピローグ。

一番最初のシーンに繋がるような終わり方にするとは 。・゚・(ノД`)・゚・。
すごくいいラストでした。

でもまさか15年やるとはなぁ…
ついて行った自分も褒めてやりたいかもしれない(笑


『セラフィック・フェザー』も完結したことだし、第1部完結で単行本3巻出てない『リスティス』とか単行本が発売予定表に載ったものの結局出なかった『過神風塵帳』の続きとか…さすがに出ないだろーなー。
リスティス』連載でずっと追ってたけど面白かったんだけどなー

【DVD】銀魂 シーズン其ノ参 02

アニメ(番組)→銀魂DVD
09 /26 2008
銀魂 シーズン其ノ参 02
(2008)
銀魂 シーズン其ノ参 02銀魂 シーズン其ノ参 02
(2008/09/24)
杉田智和釘宮理恵

商品詳細を見る

銀魂』シーズン其ノ参2巻。

動乱編完結。

収録話:
第104話 「大切なものは見えにくい」
第105話 「何事もノリとタイミング」
第106話 「恋愛ってたいていサドンデス方式」
第107話 「親の心 子知らず」

映像特典:
第四期OP&第九期EDノンクレジット

やっぱ動乱編は傑作すぎる。
一気に見れることのなんと楽しいことか。
あとで動乱編全5話イッキミしよw

3話目はキャプテン翼を知ってたら、面白さが2倍3倍になるサッカー。
…なんていうかひどいなw
以前見た時も思ったけど(褒め言葉

そして今回最後に収録されている引きこもったヤクザの息子の話。
前半のコメディタッチと後半の展開のギャップが素敵です。
なんでこの話DVDで2分されるようなことに(苦笑
一緒に収録したら、こうもやっとした感じなくなるのになぁ。

【日記】9月26日 天王山

その他→サイクリング
09 /26 2008
天王山までサイクリングハイキングに行ってきた。
雨だったのに…

いや、結果的に雨だったってやつだけど。
雲の予報見てたら午後からはやみそうだったんだけどなぁ。


自転車生活の最新号に京都の大山崎町付近のサイクリングについてが載っていたので、そのルートを辿ってみた。

大阪府島本町と京都府大山崎町あたりを散策してきた。

【水無瀬神宮】
yamazaki01.jpg
水源が多いこともあり、地下水が汲める。
冷たくておいしかった。

【山崎駅】
yamazaki02.jpg
JRの駅。
この近辺には神社なども多くあり、住宅地には洋風なものがあったりと和洋折衷をまさに体現しているような街だった。
それらが違和感ないってのも。
見ているだけでも楽しめました。

【天王山入り口】
yamazaki03.jpg
もーなんてーかね。
激坂なんてもんじゃねーよ。
歩いてしか登れねーよ。
帰りは帰りでものすごく怖かった。
前輪ブレーキをかけすぎようもんなら確実に1回転する。
まるでジェットコースターのような角度。
またはスキーで直滑降のような(笑

【天王山展望台】
yamazaki07.jpg
京都が見渡せる。
絶景。
天王山の山頂までいくにもしっかりとしたハイキングコースだった。
1.5kmくらいなので家族でも楽しめると思います。
秀吉と光秀の決戦ともなった場所でもあり、回るだけでも楽しめる要素がそこかしこにあるのも楽しめました。

【コミック】エスペリダスオード 1

コミック→コミック
09 /26 2008
エスペリダス・オード THE ODE TO THE ESPERIDES 1
堤抄子
コミックREX連載
エスペリダス・オード 1 (1) (IDコミックス REXコミックス)エスペリダス・オード 1 (1) (IDコミックス REXコミックス)
(2007/06/08)
堤 抄子

商品詳細を見る

あーっ あれって竜ですよねえ
さすが大陸に近づくと多いんだあ

エスペリダス・オード 1』本文より

堤抄子の『エスペリダス・オード』。
ここまでの本格ファンタジーがまだ存在していたのかっ!?

過去に人間と魔族の戦いを制してから幾年もの月日が過ぎ平和が保たれていた。
しかし、5匹の竜たちに守られていた世界の命運を握る2対の剣のうちが1本が何者かに引き抜かれた。

かくして再び戦乱の世の中がはじまった。

序盤から人間達の乗り物としての竜がたくさん出てくるシーンからはじまり、伝説が語られ、ふたたび勇者が現れる。

王道中の王道。

しかし、人間と魔族の両方の側から語られるのが魅力的。

人間/魔族と深い溝があるものの、実は本質が変わらないというのも魅力的。

ただ前回の戦いで人間が勝ったからこそ人間主体の世界になっているだけ。
だから虐げられていた魔族が反乱を起こしたというのが実のところ。

これは面白い!

まだまだ勇者も未熟だけれども、勇者含め個性豊かなキャラクターたちが動いているのを見ると、これは期待できそうだ。

素晴らしいファンタジーに出会えてしまったようです。

【コミック】Dear Emily... 1

コミック→コミック
09 /26 2008
Dear Emily... ディアエミリー
瑚澄遊智
コミックREX連載
Dear Emily… 1 (1) (IDコミックス REXコミックス)Dear Emily… 1 (1) (IDコミックス REXコミックス)
(2006/10/07)
瑚澄 遊智

商品詳細を見る

世の中にはいろんな人がいるのです
これから暮らす街
いったいどんな人々や出来事が待っているのでしょう!

『Dear Emily... 1』本文より

瑚澄遊智の『ディアエミリー』。

故郷の施設を出て、知らない街で暮らし始めるエミリー。
彼女はコーレスタン邸のメイドとして働き始める。

街の人々との出会い、働くメイドさん。
彼女の純粋なものの捉え方が純粋さを思い出させてくれます(笑

街の雰囲気もお屋敷の人たちとの交流も温かみが感じられる。
それに言葉を話すネコたちとの交流も。
懐かしさを感じることのできる、異国の地の風景もいいんだよなぁ。


彼女とその周りのすべての空気に癒されました。
ほんわかどころじゃない。
和むというか時すら忘れさせてくれる空気を持つ本でした。

【ドラマ】Re:Genesis1 第7話

海外ドラマ(番組)→Re:Genesis1
09 /26 2008
Re:Genesis1
リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班 シーズン1

Code:107 「HIV」Faint Hope

リ・ジェネシス」シーズン1第7話。

続きを読む

【CD】new moon / Lia

CD
09 /26 2008
new moon
Lia
(2008)
new moonnew moon
(2008/09/03)
Lia

商品詳細を見る

Liaのアルバム『new moon』。

Liaのベストアルバムの影響からか買っちゃった。
もうこの透明感のある歌声がたまらないです。
延々とリピート中(笑

特にこのアルバムでは「Introduction」からトラック2の「Enter」への入り方が大好きだ。

またヴィヴァルディの「冬」のラルゴを用いた曲や「天空の城ラピュタ」の主題歌などのアレンジもかなりよいです。
こう来るのかっ、と。

収録曲
01 Introduction
02 Enter
03 SANDSTORM
04 Soldiers
05 doll
06 human
07 Believe ~from Vivaldi's "Winter"~
08 僕の愛のカタチ
09 Love of Destiny
10 約束
11 君をのせて
12 new moon
13 Last Present

【小説】千里眼 ファントム・クォーター

本→千里眼
09 /26 2008
千里眼 ファントム・クォーター
松岡圭祐
角川文庫
千里眼ファントム・クォーター (角川文庫 (ま26-102))千里眼ファントム・クォーター (角川文庫 (ま26-102))
(2007/01)
松岡 圭祐

商品詳細を見る

ここで敗北などしない。美由紀はその思いを胸にきざみこんだ。この国には、人の数と同じだけの人生と、未来と、希望がある。断じて失わせはしない。

千里眼 ファントム・クォーター』本文より

新生『千里眼』2冊目。

ファントム・クォーターという幻の町へ拉致された美由紀。
彼女はなんのために連れてこられたのか、そして背後でうごめく完全なステルス機能を持つトマホークミサイルの計画。
見えない敵に対して岬美由紀が立ち向かう。


1冊目で身近に思える内容になった、と書いたら2冊目からいつもどおりじゃないか(笑

見えざる敵との戦い。
確かに盛り上がるし、少しずつ見えてくる真の敵の存在があるところも、今後どうなるかが気になるところ。

また美由紀を頼りやってくる一人の少女の話が同時に平行しているのも面白いところ。
彼女の話に関しては臨床心理士としてのリアリティを与えてくれている。
前シリーズまでの超然とした強さと慈愛を持ちながら自らに悩む存在から、
まさに人を守るという側面も大きく意味づけされてきたと思う。

彼女は今後もシリーズに出てくるんかなぁ。

【コミック】セラフィック・フェザー 8-9

コミック→セラフィックフェザー
09 /26 2008
セラフィック・フェザー 8~9
原作:武田俊也
漫画:うたたねひろゆき
アフタヌーン連載
セラフィック・フェザー 9 (9) (アフタヌーンKC)セラフィック・フェザー 9 (9) (アフタヌーンKC)
(2005/03/23)
うたたね ひろゆき武田 俊也

商品詳細を見る

それは"約束" 姉さんが死んだ日からの
わたしは憎しみと憧憬を
あなたは悔恨と慈愛を胸に

セラフィック・フェザー 9』本文より

セラフィック・フェザー』全巻再読計画ほぼ完了。

地球滅亡の危機に対し、いくつもの犠牲を出しながらもすべてが軌道エレベーターへ集結していく。
まさにクライマックス直前!

SFという設定をうまいこと使い、人と人の絆を描いてるよな…
マザクさんやケイの過去がスナオの過去と交錯し、ケイとアペプの間にある事件によって二人の運命が大きく変わりetc

結果的に月と地球の命運をかけた戦いとなっているが、すべて自分達の過去に決着をつけるための戦いだよなぁ。


あとは10巻、11巻のみ。
ついに読んだことのない領域へ…、か。

【アニメ】スレイヤーズREVOLUTION 最終話

アニメ(番組)→スレイヤーズR
09 /26 2008
スレイヤーズREVOLUTION
最終話 「Misty 振り下ろされる刃!」

スレイヤーズREVOLUTION」最終話。

ザナッファーとの戦いもこれでラスト!

動く動く!
ここまでの戦闘をやってのけてくれると、非常に視聴者としてもおもしろい。
ラストに必要な要素はすべてあったんじゃないだろうか。

究極の危機、それに打ち克つ最後の秘策。
そしてポコタとデュクリスの二人の違えた運命の行く先。

ありきたりなんだけど、やっぱり盛り上がったな。
ラグナ・ブレードとドラグスレイブのコンビネーションは販促すぎ。
そりゃ見てる側としては盛り上がらざるをえないわ(笑
OPが流れてからの熱い展開には手に汗握った。
まさか21世紀になってからもスレイヤーズを楽しめるとはなぁ。
始まる前は「いまさらスレイヤーズかよ」なんて思ってたもんだったんですが(笑

常に懐かしさと新しさの両方を感じれる作品でした。


そして次のシリーズも期待してます。
今回描かれなかった幾多の謎が解かれることを期待して。

さてゼロスが出てきた理由はなんだったのか。
ザナッファー事件でリナたちがてんやわんやする中、背後で動いていたレゾやズーマが関わる何かで動いていたんだろうけど…

スレイヤーズREVOLUTION Vol.1スレイヤーズREVOLUTION Vol.1
(2008/10/08)
リナ=インバース:林原めぐみガウリイ・ガブリエフ:松本保典

商品詳細を見る

【アニメ】銀魂 第125話

アニメ(番組)→銀魂シーズン其ノ参
09 /26 2008
銀魂
第125話 「最終章突入」

銀魂」125話。

やりやがったwww

6分でEDに予告に「はいー次はキングコングのふたり、よろしくー」かよwww
面白かったです > スタッフ


相変わらず25の倍数の回はおもしろいですなぁ。

50話のテコ入れの使いまわしでも、ここまでネタっぽくできるもんなのかw

銀魂 シーズン其ノ参 03 【完全生産限定版】銀魂 シーズン其ノ参 03 【完全生産限定版】
(2008/10/22)
杉田智和釘宮理恵

商品詳細を見る

【映画】シャッター

映画→映画(2007~2008)
09 /25 2008
シャッター
SHUTTER

(2008)

ジャパニーズホラーの担い手の一人である落合正幸の「シャッター」。
「感染」でも映画をよく見ている人じゃないとこんなの読み取れないだろうと思いつつも、気づけばずっと見事に騙されていたことに気づいて驚かされたが、今作も仰天した。

とんでもねーよ。
この映画。
ただのホラーとしてしか知られないようじゃもったいない。

監督: 落合正幸
脚本: ルーク・ドーソン
出演:
ジョシュア・ジャクソン
レイチェル・テイラー
奥菜恵


ただのホラーと思うなかれ。
確かにねっとりとしたホラーで、日本製のホラーらしく画面の隅々になにかが現れそうな雰囲気は持った映画。
でもアメリカ資本で作られているだけに、作り方はハリウッド流の映画の作り方だ。

日本の風景がまるで全然違う見え方したのに驚いた。

いやいや、確かにそこもスゴイところなんだが、この映画の作り方が異常(褒め言葉
たぶんこんなホラーを作った人はいない。

『リング』のような謎解き、『呪怨』のように心理的気持ち悪さの追求、『着信アリ』のように社会派要素、『感染』のような実験的なもの。
ホラーにもいろいろ付随する要素は色々ある。

今回の『シャッター』は日本のホラーの要素をふんだんに入れながら、ミステリーや冒険ものを取り入れながらもとんでもない方向へ向かう。

あーもーーー。
どうあってもネタバレなしには語れないので以下にて。

映画は言葉では語ってくれないけど、映像自体が語るある事実に「気づいたら」一気にこの映画の見方変わると思います(笑

続きを読む

【コミック】セラフィック・フェザー 6-7

コミック→セラフィックフェザー
09 /25 2008
セラフィック・フェザー 6~7
原作:武田俊也
漫画:うたたねひろゆき
アフタヌーン連載
セラフィック・フェザー 7 (7) (アフタヌーンKC)セラフィック・フェザー 7 (7) (アフタヌーンKC)
(2002/03/22)
うたたね ひろゆき武田 俊也

商品詳細を見る

まあいいさ これからじっくり
あたしを殺り損ねたことを 後悔してもらおうか!

『セラフィック・フェザ- 6』本文より


セラフィック・フェザー』再読中。
あと少しで最新巻にて最終巻。

6~7巻は月と地球を結ぶ定期便での戦闘が描かれる。
長かった。
長かったよなぁ当時。
一つの戦闘に3年ちょっと。

でもコミック内の時間は1日も立っておらず、はじまってから3~4日目のことのはず。
この時点で連載10年弱だから…


まぁしかし、内容は非常に濃い。
戦闘のプロ同士の戦略が飛び交い、星人という存在自体に関する伏線やマザクさんに隠された少女時代の記憶がフラッシュバックしたり…

実はこの巻あたりで伏線がかなり多くなったんじゃないだろうか。

なんか一気に読み返すといろいろ気づけるもんだな(笑

次はクライマックスへの大きな一歩となる8~9巻。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。