【コミック】ああっ女神さまっ 39

コミック→ああっ女神さまっ
07 /31 2009
ああっ女神さまっ 39
藤島康介
アフタヌーン連載
ああっ女神さまっ 39 (アフタヌーンKC)ああっ女神さまっ 39 (アフタヌーンKC)
(2009/07/23)
藤島 康介

商品詳細を見る

「かっこ悪いことさわやかに言うわねー」
「でもやっぱりかっこ悪いわねー」

ああっ女神さまっ 39』本文より

39冊か。
次で40巻じゃないか。

ああっ女神さまっ』39巻。
魔界での謀反にベルダンディーたち3姉妹をはじめ魔界の面々もあつまりはじめたシリアスな…
あれ、シリアスになるんじゃ。
確かにいつもと比べて重いけど、なんだろう。
このどことなく爽やかな感じは(笑

ペイオースやリンドも大きく活躍しそうだし、なにげに重要な人物が勢揃い。
しかもまだまだプロローグっぽいようにも思える。

お、これはもしや久々の長編になるんじゃ、とわくわくした。


そういや巻末のコメント集がなかったんだが、結局なくなっちゃったんだろうか。
38巻時には「39巻につづく」ってあったような(苦笑

【コミック】ラブやん 7

コミック→ラブやん
07 /30 2009
ラブやん 7
田丸浩史
アフタヌーン連載
ラブやん 7 (アフタヌーンKC)ラブやん 7 (アフタヌーンKC)
(2006/11/22)
田丸 浩史

商品詳細を見る

「そもそも2月14日はバレンチノ司祭が処刑された日であってチョコを贈るなんてゆうチャラチャラしたものはお菓子会社の陰謀にほかならないんだよネ
まったく踊らされてる人々を見るとバカにしか見えないとゆうモノですよ!!」
「ウン そうか 大体わかった」

ラブやん 7』本文

あーあ。
見てらんねぇ。
こうやって人はフラグを折っていくのか。
折っていくもなにも立ってすらいないというか攻略する気が無かったというか、気がついたらなくなっていたというか。

最後の砦すらも攻略寸前じゃないか。
うわぁ…

そんな『ラブやん』7巻。

ラブなこととはまったく無関係な人生迂回ルートを楽しみ続けるカズフサに未来はあるのか。
なんか男同士の友情のようなものを温めているような気しかしないのは気のせいか(笑


そんな本編っぽいものもタイヘン楽しかったのだが、ともあれダイエットに励む天使長に惚れた。

【アニメ】銀魂 第168話

アニメ(番組)→銀魂シーズン其ノ四
07 /30 2009
銀魂
第168話 「人の身体は小宇宙」

銀魂」第168話。

犯人はたまwww
うおっ、懐かしい。
ポートピアにドラクエ1~2の頃のふっかつのじゅもん。

教会での「ざんげを~」とか王様の「しんでしまうとはなさけない」がーーー。
もうこれ世代の人は狂喜乱舞の回だったんじゃないだろうか。

ネタとして知っている人はともかくとして、現役にやっていて楽しんでいた人ってどれだけいるんだろう。
そんなわけでぎりぎり楽しんでいた世代として大いに楽しんでました。


あとロト気取りの白血球王に萌えた。
よくもまぁあのカッコでナイト気取りってところがまた(笑
杉田ノリノリすぎだ(笑

銀魂 シーズン其ノ参 12(完全生産限定版) [DVD]銀魂 シーズン其ノ参 12(完全生産限定版) [DVD]
(2009/07/22)
杉田智和釘宮理恵

商品詳細を見る

【日記】2009.7/29 伊賀上野へ

その他→サイクリング
07 /29 2009
地図を広げて考える。
さて、休みなのだがどこ行こう、と。

片道70-80kmくらいなら全部自走で大丈夫だよな b

そんなわけで初自転車で三重県入りだじぇ、と選んだのは伊賀上野までのサイクリング


大阪出発で木津川サイクリングロードを使って木津川まで着き、
さてそこからは未知の道。
163号をひたすら東へ。
それで伊賀上野へ着くはずだった。

着いたんだけどさ。

なにこの交通量。
そして大型トラックの多いこと。
しかも道せまっ。

そのうえ何度も登っては下る峠道。

景色は抜群。
山と言う山の緑。
人家がなくなって非日常の世界へと入り込む感覚。
どんどん荒々しくなる渓流。

見ていて楽しいんだけど命の危険が(笑
ふらついたら終わりだなと思いながら峠を40km完走し、伊賀上野へ。


伊賀上野城を散策。
あれ?なんかここ来た事ある…
そうか!
幼稚園の時に来た事あるわ、ここ。

感慨に浸り、さぁ帰路どうしよう。
あの峠を再びなんとか完走できる自信なし。

よし、京都府の木津まで輪行で。
そしてラスト45kmはしっかり走ろう。
行きはずっと向かい風だったから、きっと追い風のはず、と思いきやずっと向かい風。
なぜだっwww


大阪北部から伊賀まで向かう場合の163号線は難敵です。
行こうという方はご注意を(笑


(帰ってきたから調べてみたら大阪府出発で伊賀へ向かった人がほとんどいない理由がわかったような気がした。

iga01.jpg
笠置町の役場あたり。
もう目の前に次から次へとちょっとした山が襲ってきます(笑

iga02.jpg
やっと三重県入ったーと思っても町が見えるのはまだ先。
あとひとふんばり。

iga03.jpg
伊賀上野城天守閣。
忍者屋敷とか見所たくさん。
散策を楽しんできた。

iga04.jpg
天守閣の公園より。
この風景には見とれた。

iga05.jpg
伊賀上野駅。
ここから木津まで輪行
なんか雨降ってきそうだったから、もしもの時は家の最寄り駅まで行こうかとも企んでた。
2009年の長い梅雨の時期の間で珍しい晴れの日だったので最後まで降らなくてよかった。

【コミック】ラブやん 6

コミック→ラブやん
07 /29 2009
ラブやん 6
田丸浩史
アフタヌーン連載
ラブやん 6 (アフタヌーンKC)ラブやん 6 (アフタヌーンKC)
(2006/03/23)
田丸 浩史

商品詳細を見る

「……………………一こと言わせてもらうが
おんなじ!! オマエラ全ておんなじ!!
客観的に見たら二人とも単なる変質者にしか見えん!!」
「なにイイ 失敬な!!
オレタチは単にカワイイモノをカワイイと思ってるだけで」
「言い訳無用!!」

ラブやん 6』本文より


6巻まで読了。
永世名人グッジョブ。
なにこのイジられっぷりは(笑

キューピッドたちのキューピッドらしくないよーなK○K団かよとツッコミたくなる会合など盛りだくさん。
ああっまさか天使長まで加わるとは。
いや、でもカワイイから許す。


で、ラストでラブやんの役目がもはや終わったかのように思える出来事があったわけだが。
もうカズフサに残されたフラグなんてないんじゃと思わなくもない(笑

【アニメ】咲 第16話

アニメ(番組)→咲
07 /28 2009

第16話 「結託」

」第16話。
天江の魔物っぷりが発生。
海底撈月の演出といい、圧倒的すぎる実力と運を持つ化け物っぷりがたまらん。

前回の嶺上開花連発もよかったが、今回の海底にも(*´Д`)ハァハァ

あとタコスの「エニグマティックだじぇ」が聞けて満足。

大将戦で一気に原作消化がペースダウン。
まさかこのまま持たせる気なのか。
確かに2クールだとしたら、もしかしたらついこの前出たばかりの6巻消化をかなり遅らせることでなんとかなるかもしれんが…

この先の物語構成の軌道が気になるところです。

咲-Saki- 2 初回限定版 [DVD]咲-Saki- 2 初回限定版 [DVD]
(2009/08/19)
植田佳奈小清水亜美

商品詳細を見る

【FT】闇に選ばれし魔女 マロリオン物語4

本→ベルガリアード物語2
07 /28 2009
闇に選ばれし魔女 マロリオン物語
SORCERESS OF DARSHIVA

デイヴィッド・エディングス David Eddings
訳:宇佐川晶子
カバーイラスト:HACCAN
ハヤカワ文庫FT
闇に選ばれし魔女―マロリオン物語〈4〉 (ハヤカワ文庫FT)闇に選ばれし魔女―マロリオン物語〈4〉 (ハヤカワ文庫FT)
(2006/04/07)
デイヴィッド エディングス

商品詳細を見る

<光の子>よ、これであたしとクトラグ・サルディウスとのあいだに立ちはだかる障害はおまえだけになった。<もはや存在しない場所>でおまえのくるのを待っているよ。

闇に選ばれし魔女』本文より


次でラスト。
マロリオン物語4巻目『闇に選ばれし魔女』。

ザンドラマスとの対峙。
そして最後の謎ともいえる写本の真実が暴かれ、あまりに残酷な運命がこの先に待っていることが判明した。

うわ…
もうほんとラストまで来ちゃったな。

表紙もベルガリオン一行vsザンドラマスという構図が最終決戦を予感させてくれる。

さぁあとはラストの「もはや存在しない場所」での決戦のみ。
心して読まなければ。
なんてったってタイトルからして「宿命の子ら」。
ここまで読み終わってしまったらこのタイトルには戦慄し、そして期待せざるを得ないもんな…。

【コミック】ういういdays 4

コミック→犬上すくね
07 /28 2009
ういういdays 4
犬上すくね
まんがライフオリジナル連載
ういういdays 4 (バンブー・コミックス)ういういdays 4 (バンブー・コミックス)
(2006/11/07)
犬上 すくね

商品詳細を見る

ええ?
妙子のBFがウチに?

ういういdays 4』本文より

はじめて彼氏がウチにくる、というエピソードだと……(ザワッ
しかも勉強のため…!?

うああ。
なんというういういエピソード。
この破壊力は伊達じゃない。

他にもついに部活に後輩の女の子が!?というなんともうらやましいものがあったり。

なんでこんなに初々しいものが次々とと思えるくらい多発しております。
どうしてくれよう。
もうごろごろ悶えるしかないのだろうか(笑

【コミック】男爵校長 2

コミック→4コマ
07 /28 2009
男爵校長
ÖYSTER (オイスター)
もえよん連載
男爵校長 2 (アクションコミックス アクションコミックスもえよん)男爵校長 2 (アクションコミックス アクションコミックスもえよん)
(2007/05/12)
OYSTER

商品詳細を見る

何もない空間に出力している…
「エアギター」ならぬ「エア彼氏」か!!

男爵校長 2』本文より

あれ男爵校長ってこんなに面白かったっけ?
妙にキャラクターたちの個性がでてきたからだろうか。

弦音さんの乙女ちっくなところとか馴染んできたミリオタの小蘭さんあたりが特にいい味を出しすぎ。
そしてすべてに突っ込みを入れるアリアリの元気さに振り回される小夜子さんの図式がなんともよいもんです ⊂⌒~⊃。Д。)⊃

2巻では特にゾンビラジオの脱いじゃったネタがツボった。
ゾンビだけに皮膚もかよっ、ってな具合に。

あとキスというキスに大喜びしまくる男性陣。
もうなんかイヤッホゥゥという感じが伝わってくる。
よくわかりますw

【コミック】探偵儀式 6

コミック→探偵儀式
07 /28 2009
探偵儀式
清涼院流水大塚英志箸井地図
少年エース連載
探偵儀式 (6) (角川コミックス・エース 109-6)探偵儀式 (6) (角川コミックス・エース 109-6)
(2009/07/25)
箸井 地図

商品詳細を見る

「望みは?」
「再生… いや 誕生だ
新しい探偵小説の」

探偵儀式 6』本文より

清涼院流水大塚英志箸井地図による『探偵儀式』これにて終幕。

ああ…
結局大塚英志の色が満載のラストになったな。

推理もしない。
清涼院流水のJDCだけでなくサイコや黒鷺・とでんかの笹山まで出てきて、そのうえ作画の箸井地図氏っぽいキャラ、法月綸太郎っぽい人や、故宇山日出臣っぽい人まで登場。
なんだこのここ10年のある意味の日本のミステリ界の縮図のような。
マンガを通してミステリというよりミステリから一線を画した小説群を端的に表したような感じだろうか。
なんかマンガっぽくないよなぁ。
そんなことを巻を重ねるごとに思っていった。

一体この先の探偵小説ないしはどんどん定義が拡大していくミステリというものの行方を危惧し、それでもさらに新しいものの出現を願う祈りのような話だったように感じた。

うん、なんとなく言いたいことはわかる。
けれどもこれをマンガという媒体でやろうとしたことはスゴイよな…
いや、マンガじゃなきゃできなかったのかもしれない。

ここ10年、メフィスト賞以降という流れを知っている人ならよりこの展開は色々と楽しめるはず(笑
そんでもって大塚英志の評論になれている人ならもっと、ね(笑

【コミック】ラブやん 5

コミック→ラブやん
07 /28 2009
ラブやん 5
田丸浩史
アフタヌーン連載
ラブやん 5 (アフタヌーンKC)ラブやん 5 (アフタヌーンKC)
(2005/06/23)
田丸 浩史

商品詳細を見る

「貴様は今や3ヶ月の訓練を経て百戦錬磨のキューピッドへと生まれ変わった!!
ウチへ来て親父とファックしてワシの妹を作ってイイぞ!!」
「サー! ごめんこうむるサー!!」
「よオしッではラブセンサーで最も強い電波を選び出せッ!!」
「サー イエッサー!!」

ラブやん 5』本文より

なんかこう、愛と青春の旅立ち的な訓練いいよなw

ラブやん』5巻。
4巻に続いてオナホ的な話が多くなってるのは気のせいか(笑
そして男性陣は揃いも揃ってなんかいい感じにダメ方向へ驀進中。
その中不可抗力で純潔失ったヒデヒコは氏ね!www
元に戻ったとしてももうお前は仲間でもなんでもないやい的なことになるかと思いきやホント元の鞘におさまりやがったw
ちょw あれw キューピッドとしての立場はどうなん、みのっちw


なんかそんなこんなでいつもどおり。
だが5巻最終話で変化球が。
あれ、カズフサのとこから離れちゃうん?

もしかするとサブキャラの方に本格的にスポットを当てていくのだろうか。
それはそれで楽しみだ。

【ドラマ】CSI:5 第6話

海外ドラマ(番組)→CSI:5
07 /28 2009
CSI:5
第6話 「青の衝撃」What’s Eating Gilbert Grissom

CSI:5」第6話。

続きを読む

【コミック】百舌谷さん逆上する 3

コミック→百舌谷さん逆上する
07 /27 2009
百舌谷さん逆上する
篠房六郎
アフタヌーン連載
百舌谷さん逆上する 3 (アフタヌーンKC)百舌谷さん逆上する 3 (アフタヌーンKC)
(2009/07/23)
篠房 六郎

商品詳細を見る

ドMは誰かを見上げさせることは出来ない
しかし 誰かの落とした絶望の影での下で共に佇む事は出来る
ボロゾーキンになったとしても構わない
だからこそ誰かのこぼした涙を受け止めることが出来るから
真のドMに 僕はなりたい――

百舌谷さん逆上する 3』本文より

泣きました?
3度ほど泣きそうになりました。
不覚にも。
まったくもって不覚だが。

まさか『百舌谷さん逆上する』で泣かされるとは思わなかった。

なんでドMの言葉で泣きそうにならなきゃならないのだ。

おかしな話だが感動する。
いや、もうこれは読んでもらわないとわからないだろうが不思議なことに感動してしまうのだ(笑
話の持っていきかたがうますぎる。

他にもあれやこれやと恐ろしくいい話が詰まってる。
こんだけ笑いと涙が入ったマンガってないのではなかろうか。


前巻までは作者の思考が変態すぎてどうしようと思ってたが、まさかこれがその伏線だったとは。
びっくりするほど感動したこと事態にびっくりです。

【ミステリ】当確への布石 上下

本→ミステリ
07 /27 2009
当確への布石 上下
高山聖史
宝島社文庫
当確への布石 上巻 (宝島社文庫)当確への布石 上巻 (宝島社文庫)
(2009/05/09)
高山 聖史

商品詳細を見る

陣営が商店街に到着し、歓待を受ける。正装した一糸乱れない隊列が標旗を掲げ、確固たる決意で練り歩いていく。
しかし、どの顔にも興奮は見えなかった。端然とした美しさと、戦い抜いた自信に満ちていたのだ。
どんな外圧がかかろうと、相手が誰であろうと問題ではなくなった。
彼女たちの姿勢には、何かを超越したような神々しささえ感じた。

当確への布石 下』本文より

第5回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作。
解説は西靖。

選挙ミステリである。
そんでもってタイトルが「当確への布石」である。

さてどんなドロドロした選挙戦、戦略と金が動くものを見せてくれるんだろうと思いきや拍子抜け。
無党派から出馬していて、NPOのメンバーたちの頑張りなど見ているとかなりクリーン。

なーんだと思ったのもつかの間、事件は予想外の方向へ。

犯罪被害者の救済を訴え出馬した主人公。
その時に謎の団体が行った元犯罪者を中傷するビラをまく騒動が選挙戦を彩っていく。

選挙運動の最中、出馬した主人公やサポートする人たちはもとより、警察にマスコミを巻き込んでいくスケールアップは見ものだった。

選挙の裏模様しかり、またミステリへの引きこみ方もGOODでした。

【コミック】咲 6

コミック→咲
07 /26 2009
 6
小林立
ヤングガンガン連載
咲-Saki- 6 (ヤングガンガンコミックス)咲-Saki- 6 (ヤングガンガンコミックス)
(2009/07/25)
小林 立

商品詳細を見る

衣――…
感覚に頼るな
それはおまえの感覚を超越する相手だ

 6』本文より

県大会決勝、大将戦。
なんだこの恐ろしく盛り上がる展開は。

表紙タコスの『』6巻。
なぜいまタコスなのかと思わなくもないが、まだまだ彼女の見せ場はありましたよ、と。
正直妄想のタコスのボインもありだと思うのです(笑


さて大将戦。
もうこれは言わずもがな。
ガケっぷちだった池田の追い上げ、そして今まで沈黙していたもう一人の魔物の宮永の実力が発揮。
この盛り上がりは異常だ。

そして大将戦のラストへともつれ込む。
誰がこの戦いを制するのか。
これは次の巻が楽しみだ。


はいてないもおっぱいもいいが、冒頭カラーページの池田もよくね?なんて思ったり(笑
あれは下になにも着てないんじゃないか(笑
ってかこの巻は池田がおいしすぎる。

【コミック】アットホーム・ロマンス 1

コミック→アットホーム・ロマンス
07 /26 2009
アットホーム・ロマンス
風華チルヲ
まんがタイムきららキャラット連載
アットホーム・ロマンス (1) (まんがタイムKRコミックス)アットホーム・ロマンス (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2007/08/27)
風華 チルヲ

商品詳細を見る

姉は…私!!
私は…姉!!
OK!?

アットホーム・ロマンス 1』本文より

マザコンにブラコンにシスコンに娘LOVE。

インセスト的にもはやどうかしている人たちの愛と微妙なエロスに溢れたどたばたコメディ。
それがこの『アットホーム・ロマンス』。

姉っていいよな!(笑


いや、もう……
この度をすぎた近親LOVEっぷりがたまらん(笑

【コミック】るくるく 10

コミック→るくるく
07 /25 2009
るくるく 10
あさりよしとお
アフタヌーン連載
るくるく 10 (アフタヌーンKC)るくるく 10 (アフタヌーンKC)
(2009/07/23)
あさり よしとお

商品詳細を見る

夢はいつかさめるもの
自分が「夢を見ている」と気づいてしまったらもう時間の問題
でも 安心して
六文は消えたりしない

るくるく 10』本文より

るくるく』最終巻。

ああっるくちゃんが読めるのもこれでラストか orz
ああっ、くそっ。
最後までかわいいなこんちくしょー(笑
スク水にエプロンにネコミミとは!?
なにそのあまりに似合いすぎてるカッコは ⊂⌒~⊃。Д。)⊃

悪魔と天使のとてもご近所さん敵なケンカも宗教論争というより痴話げんかのようなものも。
明らかに日常なんて言えない日常のあまりに楽しいこと。

もうなんかだらだら続こうがなにも文句は言わないつもりが、まさかこんな唐突にラストが訪れるとは。
いや、確かに伏線はちょこっとずつ張られてはいたけどさ。

終わりが近づくにつれて、この謎の多い世界の真実が見え出すと共に急に終わりがすぐ間近に迫っていることを認識した。
まさに「お…終わってしまうのか!? おいてかないでくれー」という感じだろうか。

それだけこのなんでもない「るくるく」というマンガにおける普通の日常にゆるりと浸れてたんだよなぁ…
そしてあのコメディテイストがたまらないもんってやつです。


それにしてもラストあたりの話がなんとも濃いな…
つまりあの世界何?とか、なぜ六文だったのか、なぜ天使は抵抗したのか、とかラストの悪魔たちの姿とか。
うわー、これは誰かと語ってみたいなぁ。
ちょっともう一回全部読み直してみようかな。


まぁなんにせよ、るくはは最後までかわいかったぞ、と(笑

【コミック】もっけ 9

コミック→もっけ
07 /25 2009
もっけ 勿怪 9
熊倉隆敏
アフタヌーン連載
もっけ(勿怪) 9 (アフタヌーンKC)もっけ(勿怪) 9 (アフタヌーンKC)
(2009/07/23)
熊倉 隆敏

商品詳細を見る

田舎での暮らしだってそうだよ いずれ変わってく
その時 想い出ばかり見ていたら――
大切な人ときちんとお別れ出来なくなるかもしれない
そんなのもっともっと淋しくなるだけなんだよ!

もっけ 9』本文より

もっけ』最終巻。
あぁ……終わってしまったのか。

これを高校生の時に友人から面白いと聞いて、借りたりしていて数年たち、一気に買って再び読み始め。
思えばこれが妖怪モノを読むきっかけになった本かもしれないんだよなぁ。

京極夏彦を読み始め、そして岡野玲子の陰陽師や今市子の百鬼夜行抄へ至る最初のものだったように思える。

見えないはずの妖が見える姉と、憑かれてしまう妹。
彼女たちが妖怪たちと出会い少しずつ成長していく。

それが一気に顕著になった離れ離れになったエピソード。
ふたりが一緒だったのが当たり前だったけれども、お互いに別々の場所でも壁にぶつかって、ふたたび姉妹が一緒になって。
その離れた時間もふたりはしっかり成長しているのを見てなんかじーんときた。

そんな感慨を抱きながらあらためて1巻から表紙を眺めていくと月日を感じるなぁ。
この楽しく『もっけ』を読んだ日々もこれで一段落。
生活のいたるところにいる見えないものとの付き合い、非常に興味深く、そしてなにより楽しかったです。


9巻収録話
・ショウジョウ
・キツネマド
・ノヅチ
・ノジュクビ
・ノヅチオトシ
・ヒノデ

【ドラマ】CSI:5 第4話

海外ドラマ(番組)→CSI:5
07 /24 2009
CSI:5
第4話 「鏡よ鏡」Crow’s Feet

CSI:5」第4話。

続きを読む

【コミック】ラブやん 4

コミック→ラブやん
07 /23 2009
ラブやん 4
田丸浩史
アフタヌーン連載
ラブやん 4 (アフタヌーンKC)ラブやん 4 (アフタヌーンKC)
(2004/11/22)
田丸 浩史

商品詳細を見る

うん…まあ……
あそこまで女に免疫ないとゆーか ヘタレだとは思わなかった
ラブやんが手こずりまくるのがわかった気がする……
童貞切って自信持たない限り彼女なんてムリそうじゃのう……
ラブやんちゃっちゃーと抜いたげ

ラブやん 4』本文より

これ読んでると自分が一体どこに向かって行ってるのか余計分からなくなってくる(笑
読んでる側にまで自虐をもたらすコミック『ラブやん』4巻まで読み終わった。

フサさんぶっちぎりでフラグ折りまくりだなwww

いろんな意味でみんなダメになっていくw
なんというカオスな展開。
どんどん世間からズレていく様が逆に清々しい。

囲炉裏の回でのラブやんを見ているとなんか馴染んだというか、もはやカズフサに性格的に引けを取らないような気が…
いや、おもしろいからそれはそれでヨシ!


あと天使長はアリだと思います!

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。