【アニメ】あの夏で待ってる 第2話

アニメ(番組)→あの夏で待ってる
01 /31 2012
あの夏で待ってる
第2話 「先輩といっしょ…」

あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2012/03/23)
戸松遥、島崎信長 他

商品詳細を見る


あの夏で待ってる」第2話。

続きを読む

【コミック】デッドマン・ワンダーランド 3-4

コミック→デッドマン・ワンダーランド
01 /31 2012
デッドマン・ワンダーランド 3~4
片岡人生近藤一馬
少年エース連載
デッドマン・ワンダーランド (4) (角川コミックス・エース 138-11)デッドマン・ワンダーランド (4) (角川コミックス・エース 138-11)
(2008/10/25)
片岡 人生、近藤 一馬 他

商品詳細を見る

でもガンタは弱いじゃん
だからシロが守ってあげるんだもん

デッドマン・ワンダーランド 4』本文より

次はこの奇妙な世界からの脱出をかけた囚人たちの戦いがはじまる。

もちろんガンタの成長のための戦いも挟んでいるし、この園内で戦わされ敗者には死か臓器のどこかをもっていかれる戦いもまだしっかり描かれる。
囚人同士の兄弟の関係なども出てきたりと、登場人物にも深みが出てきたな。

だけれども、シロとガンタの関係がまだわからないこと多いなぁ。
シロがガンタを今度は守ろうとするのはわかるんだが、なぜ彼女はここにいるのか。何者なのか。
明らかに物語の核心の人物だけれども、話の流れとはまた別のところに属しているような扱いだったりするのはよく分かる。
分かるけれども、もう少し彼女の謎に早く迫ってほしいな。
囚人たちの中でも異質な墓守たちの話は正直すっとばしても(以下略


それにしても忠実にボーイ・ミーツ・ガールものをやってのけてるよなー

【コミック】ぷちモン 9

コミック→ぷちモン
01 /31 2012
ぷちモン
七瀬葵
ウルトラジャンプ連載
全10巻
ぷちモン 9 (ヤングジャンプコミックス)ぷちモン 9 (ヤングジャンプコミックス)
(2011/02/18)
七瀬 葵

商品詳細を見る

かっこいいだけのあこがれなら夢で終わらせる方がいい
責任を負いたくないなら飛び込まない方がいい
それでも?

ぷちモン 9』本文より

ぷちモン』9巻。
さぁいよいよラストの決勝戦も開始。

っておいおいまさかの鈴麗との対決だと!?
そして最後の最後で出てくるメルティ兄の圧倒的な存在感と、あらためてメルティにとってのなりたいクエスターとはどんなものなのかを問いかけてラストバトルへとつなげていく。

もちろん鈴麗との対決だけじゃなくて、まだ暗躍していることはほかにもあるようだ。

少女たちの剣と魔法の世界での萌えと友情と成長を描いた物語はいったいどこに着地するのかすごく楽しみになる9冊目でした。

さすがに最後に向っているだけあって、メルティと鈴麗の核心へと迫っていく手法はいいなぁ。
うん、実に彼女たちは成長したよなぁ。

【アニメ】あの夏で待ってる 第1話

アニメ(番組)→あの夏で待ってる
01 /30 2012
あの夏で待ってる
第1話 「困ります、先輩。」

あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2012/03/23)
戸松遥、島崎信長 他

商品詳細を見る


あの夏で待ってる」第1話。

続きを読む

【コミック】デッドマン・ワンダーランド 1-2

コミック→デッドマン・ワンダーランド
01 /30 2012
デッドマン・ワンダーランド 1~2
片岡人生近藤一馬
少年エース連載
デッドマン・ワンダーランド 1 (角川コミックス・エース 138-8)デッドマン・ワンダーランド 1 (角川コミックス・エース 138-8)
(2007/09/26)
片岡 人生、近藤 一馬 他

商品詳細を見る

…狂ってようがいまいが
不条理こそ現実だろうが
そして貴様らに現実から逃げる術はない
―――このデッドマン・ワンダーランドからはな

デッドマン・ワンダーランド 1』本文より

受刑者たちによって運営される遊園地『デッドマン・ワンダーランド』。
なんの因果かクラスメイト達を惨殺したといういわれのない殺人罪を背負ったガンタがそこで見たものとは。

というプリズンものだけど、ボーイ・ミーツ・ガール。
そして異能バトルものに突入してびっくりした。

過酷な遊園地というなの刑務作業の数々が見られると思ったら1巻までで、2巻からはもっと根底にある特殊な「能力」をめぐる話になったけれども、極限状態には変わらない。
いや、極限状態で残虐な表現を可笑しくみせるのは非常に重たい。
重たいがゆえの、この「能力」を巡る本質の謎は魅力的だし、ガンタの昔からの知り合いであるというシロという非常に謎の能力と驚異の身体能力をもつ少女とのボーイ・ミーツ・ガールはなにを生み出すのか見届けたくなる。

【ラノベ】機動戦士ガンダム0083 (中)

本→ガンダム小説
01 /30 2012
機動戦士ガンダム0083 (中)
監修:今西隆志
著:山口宏
イラスト:川元利浩
角川スニーカー文庫
機動戦士ガンダム0083〈中〉 (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士ガンダム0083〈中〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
(1992/05)
山口 宏

商品詳細を見る

「それだけさ。やり残したことがあるから片づける。目の前に敵がいるから銃をぶっ放す。軍人だから戦争をする。それだけだ」

機動戦士ガンダム0083 (中)』本文より

機動戦士ガンダム0083』中巻。

ガトーに続き、シーマが現れ。
コウもガンダムしか乗りこなせないところから成長していく。
そのための成長させてくれるジオンの元軍人のケリィであったり、バニング大尉と過ごす時間というのが丁寧に描かれてるな。

ガトーやシーマといった強大な敵に追い付くため、いや、それよりはニナに対して押して押しまくるために成長していく恋模様が根底にあるっていうのは面白いところだよなと思った。
人間ドラマもいい、恋愛ものとしても見れる。
そしてメカもふたたび起ころうとしている戦争も実にこの物語の迫力ってやつを見せつけてくれるよなー。

【ミステリ】聯愁殺

本→西澤保彦
01 /29 2012
聯愁殺
西澤保彦
中公文庫
聯愁殺 (中公文庫)聯愁殺 (中公文庫)
(2010/09/22)
西澤 保彦

商品詳細を見る

今夜こそあたしの願いはかなえられるのだろうか? 長いあいだ自分を悩ませ、苦しませ続けてきた数々の謎。それは今夜ついに、解き明かされるのだろうか?

聯愁殺』本文より

西澤保彦の『聯愁殺』。

最初の30pで問題編が終わり、残り300pが延々と繰り広げられる推理劇。いわば解決編という仕様。

推理につぐ推理。
二転三転どころじゃない展開も魅力的。

解決編なのに、それでも出てくる証拠や証言の数々。
そこから考えると解決編なのにそれこそが本編。
問題編はただの序章というような構成もまたいいんだよなぁ。

こうやって推理に耽溺するかのごとき構成はなんかタックシリーズの麦酒なんかを思い出した(笑
そう。こんな感じ。
読む側も頭をフル回転させてついていかなきゃいけない感じに酔いしれることができて、非常に面白い。

ミステリが知的なゲームっていうのをしっかり認識させてくれた作品でした。

そしてこの物語が行き着く先も、ここにしか辿りつきようがないなんともいえないラストも脳裏に焼き付いてしまった感じがする…

【コミック】バクマン。 16

コミック→バクマン
01 /29 2012
バクマン。 16
原作:大場つぐみ
漫画:小畑健
週刊少年ジャンプ連載
バクマン。 16 (ジャンプコミックス)バクマン。 16 (ジャンプコミックス)
(2012/01/04)
小畑 健

商品詳細を見る

吉田氏に騙されていれば間違いない
それは僕が保障する

バクマン。 16』本文より

やっぱり吉田氏とのやりとりにニヤニヤしてしまう。
ついに中井さんまで取り込んで、あのふたりは一体どこへ向かってるのだ(笑
あーもー
平丸くんはかわいいなー

仲間との友情とお互いに切磋琢磨していく様は相変わらず。
そこへ謎の敵が、ジャンプにどんどん持ち込みさせてくる。
しかも往年の絵はいいがストーリーがまったくなかった人たちを使って、見事なストーリーを与え、そしてジャンプに対してなにを行おうというのか。

いまのジャンプの編集者たちにも若干の怨みらしいものがあるあたり、切り捨てられた誰かなんかねぇ。

王道ストーリーもすごく読ませてくるけれども、それより平丸くんのその後が読みたい(笑

【映画】キャスト・アウェイ

映画→映画(2000~2004)
01 /29 2012
キャスト・アウェイ
CAST AWAY

(2000)
キャスト・アウェイ [DVD]キャスト・アウェイ [DVD]
(2009/04/10)
ヘレン・ハント、トム・ハンクス

商品詳細を見る

I knew, somehow that I had to stay alive.

『Cast Away』本編より

主人公が4年の月日を経て生きて人間社会へと帰ってきて、そして思った一言。
人間として一番大事なこととは何かっていうのが見えてくる一言です。

久々に見返した。

いいなぁ。
この孤独感の表し方。
そして島での生活の前後の伏線の数々。
トム・ハンクスの演技。
そして島でのさりげないCG。海や絶海の孤島っぷりを表しているのが余計に孤独感を増していく。
孤独感の表し方として、鳥の声も虫の音も、動物もいないような世界を音響だけで表してしまったことにびっくり。
違和感がないのだから余計にすごい。
孤独感とBGMのない中での緊張感や、長回しのカットの数々のカメラワークは何度見ても同じところでほんと息をのむ。

孤独な中での生活を経て帰って来たからの、この映画の本領の発揮も目を見張るものがたくさんある。
4年という空白の月日。
変わってしまったもの、変わらないもの。

これまでフェデックスで忙しく働いていた主人公のチャックとは対照的に、周りが急ぎ過ぎているように見える。
人間ってなんであんなにも急ぐんだろう。
火だっていとも簡単につくし、明かりもすぐにつけられる。食べ物も豊富にあるし、それを平気で残せもする。
それらを島での生活と対比させたり、しながら見せてくれる。

本当に大事な人間らしさってなんだろうってあらためて突き付けさせてくれる。
そしてそこで何を感じるかは本当に年代や男女によってもたぶんいろんなことを考えるんじゃないかなって思う。

島で得たものは彼の何を変えたのか。
生きることや生きる支えが何かを知った彼はきっとこれからも、生きることをかみしめながら生きていくんだろうなぁ。

監督: ロバート・ゼメキス
音楽: アラン・シルヴェストリ
出演:
トム・ハンクス

【コミック】ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編

コミック→ひぐらしのなく頃に解
01 /28 2012
ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編
原作・監修:竜騎士07
作画:鈴羅木かりん
ガンガンJOKER連載
全1巻
ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編 (ガンガンコミックスJOKER)ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編 (ガンガンコミックスJOKER)
(2011/12/22)
竜騎士07

商品詳細を見る

悩め
選べ
そして進め

ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編』本文より

ひぐらしのなく頃に』アフターストーリー。
これで本当に完結。

古出梨花による、たったひとりの、仲間もいない、羽入もいない世界での戦いが描かれる。

これですっかり、しっかりと完結したなぁ。
たった1冊で、もやもやしたみんなで生き残ってハッピーエンドというものから、「ひぐらし」のテーマの根本を改めて提示して。
そしてその上で何百回も昭和58年を繰り返してきた梨花に対して最後のお話を繰り広げた。

こんなにもメッセージ性の強いものだったんだなぁ、とあらためて感じた『賽殺し編』。
娯楽性の高いミステリかと思いきや、メッセージ性のある話ってところに落ち着いた『祭囃し編』に、さらにメッセージ性の強いエピローグとして成り立たせよった。
さて、これは蛇足だったのか、それとも『ひぐらし』を総括した話として受け取るべきなのか。

『ひぐらし』は十二分に楽しめたから、この形もまた「良し」なのかもしれない。

【映画】エクソシスト/オリジナル版

映画→映画(~1979)
01 /28 2012
エクソシスト/オリジナル版
THE EXORCIST : THEATRICAL CUT(1973 version)

(1973)
エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナル劇場版(2枚組) [Blu-ray]エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナル劇場版(2枚組) [Blu-ray]
(2010/11/03)
エレン・バースティンリンダ・ブレア

商品詳細を見る

The power of Christ compels you!

エクソシスト』本編より

悪魔を退散させる時に神父2人が用いた言葉。
ローマから送られてきた実際の悪魔祓いのテープから監督が引用し映画で用いた言葉でもある。

ディレクターズカット版は原作者の要望をふんだんに取り入れた理屈の映画。
それに比べてこちらのオリジナル版は直感的でスピーディな監督の技巧が光る感性の映画だったと思う。

さてこの映画は1949年に起こった少年に憑いた悪魔ばらいの話を基にブラッティが1971年に小説にし、それを基に作られた映画である。
小説執筆の際に実際の神父による監修があり、この映画にも神父が監修に入っていたり、2人ほど重要な役に役者ではなく神父が演じているのも面白い映画。

さてディレクターズカット版に続き、このオリジナル版も鑑賞。
面白い。
ディレクターズカット版を見て、特典のインタビューや監督の音声解説を聞いて。
そしてオリジナル版見て、この映画のドキュメンタリー見て、監督の音声解説を聞いて、原作者の解説まで聞いた。

実に面白い
監督の解説もDC版では演技指導のようにどの登場人物が何を想ってどんな行動をしているかを解説しているのに対して、
オリジナル版の解説ではそのシーンがなぜ必要だったのかなど構成についての話が主だった。
ちなみに原作者の解説は執筆時の話。
これも映像とシンクロした話ではないから聞き流し気味だったんだけど、たった一点だけものすごい驚愕を覚えた発言があった。
これはまた後ほど。


オリジナル版とディレクターズカット版の違いについても書いておこう。
最初にオリジナルを直感的、DC版を理屈的という風に書いたと思う。
ラストシーンが違ったり、説明的なところをオリジナルは省いてたりする。
これによって何が起こってくるか。
オリジナルでは各々がいろいろ想像できる終わり方。
悪とは何か。これからも続く善と悪を彷彿とさせるラスト。
などなど見終わったあとに考えざるを得ない。この映画がなんだったとか。
それに対してDC版では悪に打ち勝った善の物語であり、非常にやさしい物語であったり、カラス神父を讃える映画になるような映画になったる。

しかしどちらにしても面白いのは決して「ホラー」ではないところだと思う。
人間ドラマ。
母と子の物語。父のいない家庭での母の背中を見る子の心の変化。
カラス神父が堕落し、そこからリーガンを助ける使命を感じて高みへと上がっていく物語。
メリル神父が命をかけて教義を守り、最後まで戦う物語。
キンダーマン警部が現実とのものとは思えないものに対して真相へと迫る物語。
これらの人間ドラマがラストに向けて収束していくのだから、面白くないわけがない。

また、科学と宗教。
善と悪。
それらを表現するための静と動。
様々な対比する事柄を見せるための映像もまたぐっと見る者を引き寄せる力があったんだと思う。


さてあとで書くと書いた原作者の音声解説でぞっとさせられた一言。
これに関してだけはネタバレと想像甚だしいので追記にて書いてみようかと思います。


監督: ウィリアム・フリードキン
製作・原作・脚本: ウィリアム・ピーター・ブラッティ
出演:
エレン・バースティン
マックス・フォン・シドー
リー・J・コッブ
ジェイソン・ミラー
リンダ・ブレア

ブルーレイ版スペック
映像:1080p High Definition 16*9 1.85:1
音声:英語5.1ch DTS-HD Master Audio、日本語Dolby Degital 5.1ch
字幕:英語、日本語
コーデック:VC-1 50GB

続きを読む

【コミック】箱舟の行方

コミック→コミック
01 /28 2012
箱舟の行方
シギサワカヤ
全1巻
箱舟の行方 (ジェッツコミックス)箱舟の行方 (ジェッツコミックス)
(2006/07/28)
シギサワ カヤ

商品詳細を見る

きっと もはや 恋ですらない

箱舟の行方』収録『箱舟の行方』本文より

以前にきづきあきらの本が好きなら、シギサワカヤも気に入るはずと薦められたので読んでみた。
短編集『箱舟の行方』。

おおお。
恋と愛と性欲の間をうろうろする言葉にならない心の言葉がこれでもかと収録されてた。

相手を好きであっても立場などから相手のことを拒否していても、どこかで受け入れたいと思っている心の動きが素晴らしい「箱舟の行方」。

相手との距離をお互いに測れないもの同士の結ばれていく過程の青春的で、かといって青春賛美に徹しない。互いの「壁」を描きながらもそこを突破してからの幸せ感満載の「つまりは病のような。」

どろどろばっかりじゃないかよ、と思わせながらラスト2編でのなんとも言えないどろっとしているようで、どこか清らかな心の動きを見せつけてくれるものもあったりと。

すごく多彩。
そしてそれらは恋であり、恋のようなものであり。
すべてが後にハッピーエンドに繋がるとは思えないものも予感させたりするあたり巧いな…。

短編はその作家の個性がもっとも出るものと言われているものだけに、この人のもっと長い本を読んでみたいと思わせてくれる1作でした。


収録話
・「箱舟の行方」
・「ウィーク・エンダー」
・「こい、のようなもの」
・「つまりは病のような。」
・「ワールズエンド・サテライト」
・「空の記憶」

【アニメ】男子高校生の日常 第3話

アニメ(番組)→男子高校生の日常
01 /27 2012
男子高校生の日常
第3話 「男子高校生と夏の思い出」

男子高校生の日常 スペシャルCD付き初回限定版 VOL.1 [Blu-ray]男子高校生の日常 スペシャルCD付き初回限定版 VOL.1 [Blu-ray]
(2012/04/03)
入野自由、杉田智和 他

商品詳細を見る


男子高校生の日常」第3話。

続きを読む

【小説】死者のための音楽

本→乙一
01 /27 2012
死者のための音楽
山白朝子
MF文庫
死者のための音楽 (MF文庫ダ・ヴィンチ)死者のための音楽 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
(2011/12/21)
山白朝子

商品詳細を見る

ぎゅっと心がつかまれるような、泣きたくなるような、そういう音楽。
死にそうになるたびに、どこからともなく、それが聞こえてくるの。

死者のための音楽』収録『死者のための音楽』本文より

乙一山白朝子名義の怪談を集めた短編集『死者のための音楽』。

怖くも優しく、どこか童話的なような。
そんな話がいっぱい詰まってた。

とにかく読みやすい。
そして最後の最後まで気が抜けない。
この話は怖いのか怪しいのか哀しいのか優しいのか、と。

噺のバリエーションも切り口も多種多様で、少しずつ読むのにはすごくいい本です。


乙一と知らずに読んだら、すごく楽しかったかも。
乙一はそれだけでジャンルのように捉えてしまうところあるからなぁ。
だからこの名義を使っての怪談というのはすごく面白い試みだったと思う。

【ラノベ】機動戦士ガンダム0083 (上)

本→ガンダム小説
01 /27 2012
機動戦士ガンダム0083 (上)
監修:今西隆志
著:山口宏
イラスト:川元利浩
角川スニーカー文庫
機動戦士ガンダム0083〈上〉 (角川文庫―スニーカー文庫)機動戦士ガンダム0083〈上〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
(1992/03)
山口 宏

商品詳細を見る

『我々はデラーズ・フリート。この機体の核弾頭はもらって行く。ジオン再興のために!』

機動戦士ガンダム0083 (上)』本文より

機動戦士ガンダム0083』上巻。

あ、なんかまるで戦記ものみたい。
日付と時間の経過での物語の進み方といい、キャラクターの絡みだけで進んで行くというよりは客観的に進んで行くなぁ。

ジオン再興のための戦いと、それを食い止める戦い。
その記録としての物語としてすごく読んでてわくわくする。
ただ、このあとのZの時代へなだれ込む要素はまだあまり見受けられないだけに、ブリッジストーリーとしてもどう変化していくかは楽しみ。

【コミック】おおきく振りかぶって 14

コミック→おおきく振りかぶって
01 /26 2012
おおきく振りかぶって 14
ひぐちアサ
アフタヌーン連載
おおきく振りかぶって(14) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(14) (アフタヌーンKC)
(2010/04/23)
ひぐち アサ

商品詳細を見る

オレがみんなを落ちつかせられる
オレが大丈夫なら みんなが大丈夫
オレが エースなんだ!

おおきく振りかぶって 14』本文より

『おお振り』14巻。
ついに決着。

手に汗にぎった。
ものすごく内心で応援してしまってた。
どうやってあれだけの点差を取り返すのか、と。

追い詰められて、それでも精神的に反撃ののろしをあげていって。
最後まであきらめない戦いには盛大に拍手を送りたくなった。

特に三橋のこの5回戦のはじまりと終わったあとでの大きな成長には目を見張るものがあったよなぁ。
彼の頑張りと、前に前に進んで行くエースらしさは称えたいくらいだ。


でも今回で夏の大会は終わってしまったわけだけど、次の巻っていったいどうするんだろう…

【小説】魔界探偵冥王星O デッドドールのダブルD

メフィスト賞→舞城王太郎
01 /26 2012
魔界探偵冥王星O デッドドールのダブルD
原作:越前魔太郎
著:舞城王太郎
講談社ノベルス
魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD (講談社ノベルス)魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD (講談社ノベルス)
(2010/09/07)
舞城 王太郎

商品詳細を見る

「一度死んで、こうやって生き返って、私は元の私なの?それとも新しい私なの?

魔界探偵冥王星O デッドドールのダブルD』本文より

魔界探偵冥王星O舞城王太郎による第一期最後の一篇。
越前魔太郎の中でも唯一名前を出している本人というか発起人というかの本という事で、ちょっと異色。

探偵は探偵だけど、かなり特殊。
いや、他の冥王星Oも独特だけど。

平行世界のようであり、いくつもの冥王星Oがいることを前提としていて、そして今回の内容は破壊と再生の中での冥王星O。
おお。
いつもの舞城王太郎だ。
ブレない神話を象ったような破壊と再生のための物語だった。

別に1期の最後だからといって締めくくりというわけでもなく、数ある冥王星Oの中の一編というものだった。
他にもいくつもの世界があるからこそできる芸当の内容だよなぁ。

【映画】エクソシスト/ディレクターズ・カット版

映画→映画(2000~2004)
01 /25 2012
エクソシスト/ディレクターズ・カット版
THE EXORCIST : DIRECTOR'S CUT(2000 version)

(2000)
エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナル劇場版(2枚組) [Blu-ray]エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナル劇場版(2枚組) [Blu-ray]
(2010/11/03)
エレン・バースティンリンダ・ブレア

商品詳細を見る

I think the point to make up despair.

エクソシスト/DC版』本編より

ディレクターズカットのみに収録されているシーンから引用。
悪魔は一体なぜ善き子供に憑くのか。
全編を通してのテーマを明文化させた言葉を抜粋。
すべてはこれが物語っていると思う。
実際の悪魔にせよ、現実の人の中での善と悪の戦いにせよ。
悪魔は人に絶望をもたらそうとするからこそ、取り憑く。
いろいろ考えさせられる言葉でした。


2000年にデジタル処理され、未公開の映像を盛り込んだ『エクソシスト/ディレクターズカット版』。
原作者とケンカしてカットしたという部分を多く盛り込んであるのでディレクターズカットというよりは、原作者のためのカットというべきかも。
それでも秀逸。

はじめて見たんだけれども、人物が深く描かれていることに驚いた。
おぞましい描写や不快な描写もしかり、それはとってもホラー的で鉄則で、後の映画にも数多くの影響を与えたのも納得。
特にアナログな技術で人の目の錯覚や、装置を作っていかに超常現象・スーパーナチュラルな出来事として見せるのかはまるでお手本のよう。
首が回るシーンしかり、逆さ向きで歩くシーンや浮遊のシーンとか。
素晴らしい。特典映像での解説なんか感心しっぱなしだ。

そしてなによりの善と悪の戦いとしての見せ方。
メリル神父が古来より続いてきた悪との戦いに運命に導かれるように再び赴く決心をするイラクのシーン。
カラス神父の信仰の危機。いかに信仰で人を救えないかというところから、天に召されるまでの彼の苦悩と彼自身との戦い。
事件を調べる警部が繋いでいく物語と人との関係。
娘を救えず、そして家庭が壊れていく様の原因ともなる母の苦悩と愛。

誰もが自分と戦い。自身の中でも善と悪がせめぎ合う。
その様と実際の「悪魔祓い」へと結び付けていく物語の構造とテーマもまた見事な映画としか言いようがないです。

さて、ブルーレイ版にもうひとつ収録されているオリジナルも堪能しようっと。


監督: ウィリアム・フリードキン
製作・原作・脚本: ウィリアム・ピーター・ブラッティ
出演:
エレン・バースティン
マックス・フォン・シドー
リー・J・コッブ
ジェイソン・ミラー
リンダ・ブレア

ブルーレイ版スペック
映像:1080p High Definition 16*9 1.85:1
音声:英語6.1ch DTS-HD Master Audio、日本語Dolby Degital 5.1ch
字幕:英語、日本語
コーデック:VC-1 50GB

【アニメ】ナジカ電撃作戦 Vol.6

アニメ(番組)→ナジカ電撃作戦
01 /25 2012
ナジカ電撃作戦 Vol.6
第11話 「惜別のミッションを少女のまごころと共に」
最終話 「華麗なるエージェントは邂逅の薔薇を心に」

ナジカ電撃作戦DVD-BOXナジカ電撃作戦DVD-BOX
(2008/02/22)
冬馬由美

商品詳細を見る


ナジカ電撃作戦」Vol.6。

続きを読む

【SF】SW 過去の亡霊

本→スター・ウォーズ
01 /24 2012
スター・ウォーズ 過去の亡霊 上下
STAR WARS : Specter of the Past

ティモシー・ザーン Timothy Zahn
訳:富永和子
ソニーマガジンズ文庫
スター・ウォーズ 過去の亡霊〈上巻〉 (ソニー・マガジンズ文庫)スター・ウォーズ 過去の亡霊〈上巻〉 (ソニー・マガジンズ文庫)
(1999/10)
ティモシイ ザーン

商品詳細を見る

「もちろんだ」ランドはスローンに目を戻して、つぶやいた。これには何か仕掛けがあるにちがいない。そうとも、何か仕掛けがあるのだ。スローンは死んだ。帝国軍の司令部がそう発表したではないか。
しかし――

スター・ウォーズ 過去の亡霊 下』本文より

スター・ウォーズ』ハンド・オブ・スローンのシリーズ前半『過去の亡霊』を再読。
サーガのひとつの完結編。
スローン三部作からジェダイアカデミーにはじまり、コレリアの反乱のあとの時系列の物語。
ニュージェダイオーダーの時代に入る前のひとつの決着点ともいうべき作品。

作者がスローン三部作のひとであり、この長い長いサーガのはじまりを描いたともいうべきティモシー・ザーンの作品だけにものすごく力が入っている。
スローン大提督にはじまり、ルークと深い仲となるマラ・ジェイド。
ローグ中隊の面々に、密輸業者のタロン・カード。そしてランド・カルリジアンまで。
そうそうたる面子で描かれる大きな物語ともいえよう。

メインは後半の『未来への展望』で描かれるとして、この作品ではスローン復活までが描かれる。
そしてスター・ウォーズの重要なキャラたちを一堂に会させるための伏線が張られていく。
メンバーを見ただけでも、どんだけ重要なことが起こるのかとすごくわくわくさせてくれる。

なにせ新共和国を滅ぼす直前まで追い詰めたあのスローン大提督が復活ときたもんだ。

正直前置き部分でしかない。
しかし、このあとどんだけ面白いことが待ち受けているのだろうと期待させてくれるのが、この本だよなぁ。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。