【コミック】女王の百年密室

メフィスト賞→森博嗣
08 /22 2012
女王の百年密室
GOD SAVE THE QUEEN

原作:森博嗣
作画:スズキユカ
全1巻
女王の百年密室 (幻冬舎コミックス漫画文庫 す 1-1)女王の百年密室 (幻冬舎コミックス漫画文庫 す 1-1)
(2007/06)
森 博嗣

商品詳細を見る

私を判定する以前に私を好きになることだ

女王の百年密室』本文より

文庫版で再読。

詩的でSFでファンタジィでミステリィな本作。
小説のコミカライズの中でも、この詩的な世界のコミック化に見事に成功していると思う。

特に哲学的でもある、自分が自分であるという自己存在についてが多く語られる中で混乱する様であったり、それを「見せる」驚愕の表現、それらがとてもシャープな切れ味をもった印象として心に残る。

そういうもっとも重要なところも大好きなんだけど、人間ではないウォーカロンという動き話す機械であるロイディとサエバ・ミチルのどこかコミカルに見える実に人間的なやりとりがすごく微笑ましい。
もっと見たいぞ。

【FT】暗黒の魔術師 タムール記4

本→エレニア記
08 /21 2012
暗黒の魔術師 タムール記 4
THE SHINING ONES

デイヴィッド・エディングス David Eddings
訳:宇佐川晶子
表紙イラスト:ウスダヒロ
ハヤカワ文庫FT
暗黒の魔術師―タムール記〈4〉 (ハヤカワ文庫FT)暗黒の魔術師―タムール記〈4〉 (ハヤカワ文庫FT)
(2007/04/06)
デイヴィッド エディングス

商品詳細を見る

「子供というのはみな不満をもつものですよ」セフレーニアが断言した。「両親をあっというまに老け込ませる理由のひとつが、それなのです」
「まったくだ」スパーホークは同意した。かれもセフレーニアもフルートを見て見ぬふりをした。

『暗黒の魔術師』本文より

タムール記』4巻目。
「THE SHINING ONES」後半。

トロール神たちとのいわば神との戦いも間近。
その裏側にもまだまだ色々潜んでいそうだが。

ゆっくり確実に決戦の時は近づいているわけだが。

それ以上にいろんな方向に発展していく大人たちの会話が面白い。
特に前シリーズと比べて違うスパーホークが子供をもっているからこその会話が面白い。
男と女と大人と子供。
本質をついたような言葉の数々はずきずきくるな(笑

より会話がエレニア記の時に比べてもシャープになっているよなー。

【小説】小夜しぐれ みをつくし料理帖

本→みをつくし料理帖
08 /20 2012
小夜しぐれ みをつくし料理帖
高田郁
ハルキ文庫
小夜しぐれ (みをつくし料理帖)小夜しぐれ (みをつくし料理帖)
(2011/03/15)
高田 郁

商品詳細を見る

そう、昨夏、初めてここを訪ねた時に、美緒とふたり、同じ景色を眺めたことがあったのだ。
「初めて澪さんがここに来た時も、あの鳥が鳴いていたわ」
同じことを思ったのだろう、美緒が呟く。
「そうよ、丁度一年前の今頃だったわ」

『小夜しぐれ』本編より

みをつくし料理帖』5冊目。

時間は過ぎ、あれから1年という澪と美緒のエピソードが思わずほろりときた。
料理と事件の話も数多くあったけれども、そんな中でも友情も随分と育まれてきていたのだと思い知った。

ああ、もう。
こんだけ人情ものが続いていると、内部の人情もこんだけ育ってたんだな…

つる屋の面々と各キャラクターも少しずつ物語が続いていると関係が変わってきている。
それもだんだん味が出てきたなー。

【アニメ】じょしらく 第6話

アニメ(番組)→じょしらく
08 /20 2012
じょしらく
第六席「四枚起承」「武蔵八景」「下僕の仇討ち」

じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray]じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray]
(2012/09/26)
佐倉綾音、山本希望 他

商品詳細を見る


じょしらく」第6話。

続きを読む

【小説】ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

メフィスト賞→その他
08 /19 2012
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。
辻村深月
講談社文庫
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)
(2012/04/13)
辻村 深月

商品詳細を見る

家族だからと何かを許し、あきらめ、呑み込み、耐え、結びついた家。形は違っても、どこも皆、共通に抱える病理のようだ。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』本文より

辻村深月の『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』。

友人が彼女の母を殺した。
そこからはじまる。

なぜ彼女は自分の母を殺すに至ったか。

現代のこの社会の生きづらい女性たちの中で少しずつ降り積もっていく感情を淡々と描ききった作品だと感じた。
仕事に結婚に出産に。
その時々で関わる様々な家。家と自分の関わり方のどうにも行き詰まりずっと耐え続けるかのような関係の息苦しさがとても伝わってきた。

第1章第2章とふたつの章で構成され、その対比で進む物語の構成もまた巧みな構図だった。

母と子の物語である。
そしてその中でも自分の存在を否定であったり避けられるように接させる子供たちが大人になった時、果たしてどうなっているのか。
そして自分が子供を産んだ時にどうなるのか。

どうにもこの小説の内容はやはり現代が罹っている一種の病理のような気がしてならない。

【本】裁判長!ここは懲役4年でどうすか

本→その他の本
08 /19 2012
裁判長!ここは懲役4年でどうすか
北尾トロ
文春文庫
裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)
(2006/07)
北尾 トロ

商品詳細を見る

「同じこと何回も言わすなよ! 調書でもまたやるって言ってるだろ!」
いいぞ、思いもよらない展開だ。さあ、どうする弁護人。暴れ馬をなだめることはできるのか。

裁判長!ここは懲役4年でどうすか』本文より

これ面白い。

裁判って身近なようでまったく身近じゃない。
まったく知らない人たちの裁判や大きな裁判、簡易裁判。
どれも味がある。

レイプ犯の「ソープにもいけないし貧乏なんだから女児をターゲットにするしかないだろ」発言にあんぐりし、詐欺師が詐欺られた事件に苦笑し、雨露をしのぐために他人の家に勝手にあがりこんで数か月すごした人の言い訳。

なんでこんなにヘンなのだろう。
もちろん真面目な裁判も、非常に残酷な事件の裁判もいっぱい収録されてる。
それ以上に恐ろしいほど多くの「ヘン」な事件、「ヘン」な被告人がいっぱいいるのだ。
常識外という言葉がすごくあてはまるような。

そりゃ作者も裁判という魅力のある舞台へと足を運ぶようになったわけだと妙に納得した。
被告人の華麗なる戦いも、やる気のない弁護人も、女子高生を前にはりきる裁判官も、なにも罪を犯したひとだけじゃなく、裁判を彩る様々な人たちもまた魅力的なのだ。
なにこの面白い世界。

裁判とはエンターテイメントだといわんばかりの楽しさがわかった気がする。
もっと読みたいぞ。

【ドラマ】CSI:NY2 第8話

海外ドラマ(番組)→CSI:NY2
08 /19 2012
CSI:NY2
第8話 「悪い賭け」 Bad Beat

CSI:NY シーズン2 コンプリートBOX-1 [DVD]CSI:NY シーズン2 コンプリートBOX-1 [DVD]
(2008/05/23)
エディ・ケイヒル: ヒル・ハーパー、アンナ・ベルナップ 他

商品詳細を見る


CSI:ニューヨーク2」第8話。

続きを読む

【映画】キング・コング

映画→映画(2005~2006)
08 /19 2012
キング・コング
KING KONG

(2005)
キング・コング [Blu-ray]キング・コング [Blu-ray]
(2012/04/13)
ナオミ・ワッツエイドリアン・ブロディー 他

商品詳細を見る

It was beauty killed the beast.

本編より

1933年の『キング・コング』のリメイク版。
当時使われていた小道具も用い、音楽も一部同じものを再現したり。
当時の技術的に不可能で脚本から抜け落ちた部分を追加したり。
これでもかというくらいにピーター・ジャクソン監督の愛に満ちた映画でした。
さすが96年の段階で企画されるも中止になり、ロード・オブ・ザ・リングで巨匠となり、技術も経験も積んだあとで監督がもっとも敬愛するこの映画をリメイクするってわけだから、とんでもないものができあがってたと思う。

33年の『キング・コング』がなければ、78年のリメイク版もなかっただろうし、オマージュが至る所に散りばめられた『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド』も、このリメイク版『キング・コング』も生まれなかったわけだ。

しかも足りないと思われているところがものすごく多く語られている。
デナムやドリスコルの物語やイングルホーン船長の物語もそれぞれに完結している。
そのための公開中の様々なエピソードが絡み、また船長の部下に対する考え方や船の中にあるクロロフォルムや檻からも捕獲を得意としていることもわかったり。

誰がなんのために島に行き、島でなにを手に入れようとするのか。
欲望の渦巻く登場人物たちの中でひときわ映えるアンとドリスコル、そしてコングの愛が煌めくかのようだ。

もうねぇ。
特に気持ち悪い虫たちが跋扈する穴の底から先が楽しすぎる。
あそこでまさに人生の底まで落ちたデナムの豹変ぶりたるや。
彼にとって映画がすべてであったのに、すべてを失くして這い上がる様は強烈。
それまでのコミカルでありながら仲間たちが命を落としても映画に賭けようとしていたデナムさんが、再起をかけてやってはいけないことに手を出すわけだからな…

あの虫、黄色と黒色のも実際にNZにいるというのもまた面白いところ。
もちろんサイズは小さいらしいけれども、獰猛であり、そうとうに嫌われている虫らしい。

そんな気持ち悪いものがあるかと思いきや、CGであるコングの人間らしさや愛の表現であったり。
それにこたえるアンの目の演技ももう素晴らしい。
今回ブルーレイ版で見返していたんだけれども、ほんと言葉少なに進んで行くのに物語性がすごく多いのが不思議だったけれども、まるでトーキー時代のように台詞に頼らない演技っていうのがものすごく多かった。
すごいな…

何度見ても新しいものが見えてくる素晴らしいエンターテイメント映画だと思う。
そりゃ最初の映画から70年経ってもまだリメイクされて支持されるものだもんなぁ。


監督: ピーター・ジャクソン
原案: メリアン・C・クーパー、エドガー・ウォレス
主演:
ナオミ・ワッツ
エイドリアン・ブロディ
ジャック・ブラック
トーマス・クレッチマン

ブルーレイ版スペック
映像:16:9 スコープサイズ(1080)
音声:
英語 5.1chサラウンド/DTS-HDマスターオーディオ
日本語 5.1chサラウンド/DTS
字幕:英語・日本語
エンコードVC-1 50GB

【コミック】バクマン。 20

コミック→バクマン
08 /18 2012
バクマン。 20
原作:大場つぐみ
漫画:小畑健
週刊少年ジャンプ連載
バクマン。 20 (ジャンプコミックス)バクマン。 20 (ジャンプコミックス)
(2012/07/04)
小畑 健

商品詳細を見る

結婚してください!!!

バクマン。 20』本文より

バクマン。』最終巻。

ラストシーンに相応しいラスト。

それに最後のエイジとの戦い、結婚に至るまでのアニメ化までの道のりと、亜豆がヒロインの声をあてるまでの戦い。

すべてがクライマックスを迎えて、終幕した。

おっそろしく綺麗に終ったなぁ。

綺麗すぎるのが少し残念。
ああ、もうちょいなんか捻りがほしくもあるけれども、完全に終わるべきところはここしかないんだよなぁ。

【本】ローマ人の物語 32-34

本→その他の本
08 /18 2012
ローマ人の物語 32-34 迷走する帝国
塩野七生
新潮文庫
ローマ人の物語〈32〉迷走する帝国〈上〉 (新潮文庫 し 12-82)ローマ人の物語〈32〉迷走する帝国〈上〉 (新潮文庫 し 12-82)
(2008/08/28)
塩野 七生

商品詳細を見る

帝国の危機打開に積極的に取り組んだ皇帝ほど、キリスト教徒への弾圧でも積極的である。それは彼らが、ローマの神々を信じなくなることは、ローマ帝国を信じなくなることにつながると、感じていたからであると思う。

ローマ人の物語 34 迷走する帝国(下)』本文より


ローマ人の物語』32巻から34巻。

名前通り迷走する帝国である。

ローマ人というひとつの敬称ともいえるような身分がもはや当たり前のものとなり、
これはこれで差別を撤廃するという意味でも先進的なのだけれども、この当時の戦いにつぐ戦いの時代においてのモチベーションの低下に繋がったり、
はたまた皇帝が戦いの最中に戦死したり、生きたまま囚われたり。

恐ろしい勢いで愚策と、皇帝の失策や運によってローマ人の誇りが失われていった。
ローマ人がローマ人でなくなっていったような、そんな巻だった。

自分たちのナショナリティをもってして、誇りをもってローマ人であった時代は終わったのだな…

そして自分たちの皇帝や国や神を信じられなくなったからこそのキリスト教の台頭というのも面白い。

こうして滅びゆく国の歴史を見ていると、なにがこの国の根本にあったのかを思い知らせれる。
それを見て、今の日本は、日本人は自分の国に誇りを持てているか、この国に尽くしていこうという国であるかどうか問われているような気すらする。
過去の歴史に学ぶならば、もっと日本は日本人で盛り上げていくものなのだろうけれども…


収録内容:
211年~284年。
カラカラ帝からカリヌス帝までの22皇帝。

【ドラマ】SHERLOCK (シャーロック) S1 第2話

海外ドラマ(番組)→SHERLOCK S1
08 /18 2012
SHERLOCK (シャーロック) Season1
第2話 「死を呼ぶ暗号」 The Blind Banker

SHERLOCK/シャーロック(BBC) Season:1/シリーズ1 [PAL-UK][Import]SHERLOCK/シャーロック(BBC) Season:1/シリーズ1 [PAL-UK][Import]
()
Benedict Cumberbatch、Martin Freeman 他

商品詳細を見る


「SHERLOCK (シャーロック)」シーズン1第2話。

続きを読む

【自転車】LOOK quarts

その他→自転車パーツ
08 /18 2012
LOOK quarts(SPDペダル)

LOOK QUARTZ ペダル ホワイトLOOK QUARTZ ペダル ホワイト
()
不明

商品詳細を見る


MTB用のSPDペダル。
もっとも後発といわれるSPDだからこその楽さだった。

両面で受け止めてくれるし、クリートのはめ方のキツさもいろいろ選べるようになってる。
クリートの厚さではめる時の強さを選べるのは面白いし、ShimanoのSPDに比べてクリートが薄いのもカチャカチャ鳴るのが少ないのはすごくいい。
もちろんクリートの音がするはSPDシューズの方で選んだ方がいいのだけれども。

あとはビジネスシューズやスニーカーでも踏みやすい感じになっているので、普段乗りのロードバイクでも使いやすいと感じた。

あと個人的にはShimanoのロード用SPDのPD600よりも軽くて使いやすい踏みやすいのはよかったかな。

【アニメ】ゆるゆり♪♪ 第6話

アニメ(番組)→ゆるゆり♪♪
08 /17 2012

続きを読む

【ラノベ】∀ガンダム 5

本→ガンダム小説
08 /17 2012
∀ガンダム 5 月光蝶
佐藤茂
原作:富野由悠季
カバーイラスト:萩尾望都
角川スニーカー文庫
ターンエーガンダム〈5〉月光蝶 (角川スニーカー文庫)ターンエーガンダム〈5〉月光蝶 (角川スニーカー文庫)
(2000/04)
佐藤 茂

商品詳細を見る

「ロランは優しすぎます」
ディアナが体を屈めてVRメットの中のロランを見つめた。「でもその優しさが、この白い機械人形をただの武器以上のものにしているとわたしは信じています」

∀ガンダム 5』本文より

『ターンエーガンダム』最終巻。

誰もが嘘をつき、自分自身に正直に生きようと出来ない人たちの物語が完結。

ラストはこんだけアニメと違うものになってたのか。
月と地上の間で平和を望む者たちと、逆に自分たちの利己的な考えに取り憑かれたグエンやギンガナムの突出した行動が実にうまいことバランスをとっている。

そしてグエンの暴走と同時に彼がいかに支配者として的確であるかを示すシーンが多くあるのも面白い。
国の発展と平和は同時に実現は難しいのかと思わせてくるよな…


またキャラクターたちの戦いも次第に個人個人の恋がメインにラブストーリーへと変貌を遂げていくのも、∀ガンダムの特徴かもしれない。
平和を唱え、戦いの中からそんな平和を見出し、戦いの間で芽生えるいくつもの愛を描いていく。
単純にラブアンドピースなんていうものかもしれないけど、その難しさや愛の尊さなんてものが伝わってくる物語でした。

∀をもってしてガンダムはもっとも原点のガンダムに近いようなテーマに辿りついて、それでいてものすごく分かりやすくも幻想的な物語でした。

【ラノベ】∀ガンダム 4

本→ガンダム小説
08 /16 2012
∀ガンダム 4 火と月
佐藤茂
原作:富野由悠季
カバーイラスト:萩尾望都
角川スニーカー文庫
ターンエーガンダム〈4〉火と月 (角川スニーカー文庫)ターンエーガンダム〈4〉火と月 (角川スニーカー文庫)
(2000/03)
佐藤 茂

商品詳細を見る

「さっきは言わなかったが、自由に生き死にできる自然を求めて、我は地球に帰りたいと思ったのだ。……それは我のわがままか?」

∀ガンダム 4』本文より

『ターンエーガンダム』4巻目。
いよいよウィルゲムという大きな力をもった地球のイングレッサの面々は宇宙へ。

核爆弾という過去に封印された武器も登場。

歴史のさらに過去にある封印された歴史というひとつのテーマが表に出てきた。
それにソシエやキエル、ハリーの恋が描かれた、
さらには今まで語られなかった「月」での生活がどういうものなのか、おおよそいわゆる地球に住む者の感性では理解できない人間らしさがないような環境。
そこに出てきたディアナ様の地球に帰りたいという個人的な動機。

誰もが自分らしくいようとするが、誰もが自分の立場にからめとられて自分らしさがない。
ゆえに確固たる何者かになろうとするがゆえに、行動は戦いに巻き込まれ加速させていく。

そんなような、いわばこれって悲劇そのものだよな…

3巻でテーマが見え始めて、いよいよ4巻でクライマックス。
あとは最終巻で決着だな。

【ラノベ】∀ガンダム 3

本→ガンダム小説
08 /15 2012
∀ガンダム 3 百年の恋
佐藤茂
原作:富野由悠季
カバーイラスト:萩尾望都
角川スニーカー文庫
ターンエーガンダム〈3〉百年の恋 (角川文庫―スニーカー文庫)ターンエーガンダム〈3〉百年の恋 (角川文庫―スニーカー文庫)
(2000/01)
佐藤 茂

商品詳細を見る

「わたしはミリシャのパイロットです。でも本当は月で生まれ育った月の人間で、地上であろうと月であろうと、人の命を大切にしない人と戦うつもりです」

∀ガンダム 3』本文より

『ターンエーガンダム』3巻目。

ディアナとキエルが出会い入れ替わり、ロランが地球人ではないことをだいだいてきに言ってしまったり。
様々な嘘が入り混じりはじめた。

そして地球側が大きな「力」を手に入れたことで、本質的な地球人気質までが変化しはじめた。

こうして10年以上も経ってから再読してみると、誰もが何者かになろうとしている。
そういうテーマも含め、ここでは地球の資本化・軍事化が急速に進むことにどこか怖いものを見た気がする。
平和を唱えながら軍事力を一気に整えるグエン・サード・ラインフォード。
彼の地上と月の王になろうという欲望が一気に見えてくるかのようだ。

この軍事化を含め、資本が一気に動き出す感じといい、グエンさんは政治家としても統治者としてもおそろしくセンスいいよな。


また過去のディアナ・ソレルに恋した人物であるウィルの事件も、まるで竹取物語のようなファンタジー性を加速させてくれてるねぇ。
政治的側面が大きく見え始め、個人個人の物語が動きだし、幻想的なファンタジー風味も加味されて、実にいいエンターテイメント性が豊かになってきて読んでて楽しい限りだ。

【ラノベ】∀ガンダム 2

本→ガンダム小説
08 /14 2012
∀ガンダム 2 騒乱
佐藤茂
原作:富野由悠季
カバーイラスト:萩尾望都
角川スニーカー文庫
ターンAガンダム 2 角川文庫―スニーカー文庫ターンAガンダム 2 角川文庫―スニーカー文庫
(1999/11)
佐藤 茂

商品詳細を見る

「それに近いものが……労せず向こうから来る。これを利用してイングレッサを、いやこの地上をかつてのように豊かにすることをなぜ否定する?」

∀ガンダム 2』本文より

∀ガンダム』2巻。
いよいよ開戦。

地上に根付く民と、地球に帰ろうとする民はなぜ相容れないのか。

文化や文明の違いが明らかで、しかも蛮族と称された地球側がモビルドールを、黒歴史を発掘して月の民を倒そうとする。
双方が豊かになろうとすることで、結果的に傷つけあう、か。


パン屋が破壊されることで戦いに勝っても飢えるというセリフも重く響いてくるし、
また双方の第1印象、最初の遭遇の時点においての尖塔によりお互いの拒絶という結果が出来てしまい、それを払拭できない。
もはやすべてが遅くなってしまったのかが今回の2巻目。

話し合えば解決できるのに、全員が全員それを良しとしない。
ならばこの先どうなるのか。
戦火の拡大なんだよな…

常にどこかに平和への糸口があり、双方が望んでいるのに、選び取れないもどかしさが感じられるよな。
現実の人と人の関係もまたしかり。
難しいものである。

【ラノベ】∀ガンダム 1

本→ガンダム小説
08 /13 2012
∀ガンダム 1 初動
佐藤茂
原作:富野由悠季
カバーイラスト:萩尾望都
角川スニーカー文庫
ターンAガンダム 1 角川文庫―スニーカー文庫ターンAガンダム 1 角川文庫―スニーカー文庫
(1999/10)
佐藤 茂

商品詳細を見る

みんな!
地球はとってもいいところだぞ!
早く帰って来ーい!

∀ガンダム 1』本文より

∀ガンダム』1巻。

ガンダムを最初から読んでようやく∀ガンダムまでたどりついた。
最初から最後までリアルタイムで見た最初のガンダムがこれだった。
あのころは毎週毎週時間が変わるようなビデオに録画するのがものすごく大変だった。

おかげでものすごく思い入れがある。
ちょうど∀を見る前にブレンパワードに大ハマリしたために、それはもうすんごいハマリっぷりだった。

そしてそれから10年ちょっと経ってから再び読み返してみた。

ものすごく牧歌的な世界観が激動の時代に突入する。
いわば、文化が襲ってくるとでもいうのか。
時代が変わることを余儀なくされる。

そして大人と子供の物語でもあり、文化の衝突でもあり。
また随分と文学的でありながら、SFというよりもとてもファンタジーなところを感じさせるのがまたいいんだよな。

文化が衝突し、人が変わらざるを得ない世界の中で何を思って葛藤していくか。
そしてさらに今後は地球の歴史をも内包する大きな物語へと変貌を遂げていくのも楽しみだ。


いま読んでみたらイラストが萩尾望都でびっくりした。
あの萩尾望都かよ。
当時はまったく知らない。名前だけ知っている程度だったのだけれども、萩尾望都の本をいくつも読んでからこれを読むと驚くなんてレベルじゃない。
いったい∀ガンダムはどこに到達しようとしていたのか。
今までのガンダムという歴史を突破しようとしていたとしか思えない人選だな…

【アニメ】じょしらく 第5話

アニメ(番組)→じょしらく
08 /13 2012
じょしらく
第五席「娘ほめ」「小洒落町」「眼鏡別れ」

じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray]じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray]
(2012/09/26)
佐倉綾音、山本希望 他

商品詳細を見る


じょしらく」第5話。

続きを読む

【コミック】岳 17

コミック→岳
08 /12 2012
17
石塚真一
ビッグコミックオリジナル連載
全18巻
岳 17 (ビッグ コミックス)岳 17 (ビッグ コミックス)
(2012/07/30)
石塚 真一

商品詳細を見る

午前4時35分!!
目標、35から50時間!!
生きて、帰る。

17』本文より

』ラスト2冊。

それぞれが救助の場でなく、自分のために山を登る。
目指す場所があって、そこに辿りつく。

ただそれだけなのに、こんなにも感動させてくれる。
登ったところで何かあるわけじゃない。
誉められるわけでもない。

でも、それぞれが「何か」を得ようと山へ来ることっていうのを、とても感じさせてくれる。
ただ「何か」のために、っていうのがいいんだよな…



それにしてもエベレストの草介にしても、ローツェの三歩にしても恐ろしく過酷な山に挑戦してるな…
思わず拳を握りしめながら読むような感じになる。

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。