【ミステリ】甘栗と戦車とシロノワール

本→太田忠司
01 /31 2016
甘栗と戦車とシロノワール
太田忠司
カバーイラスト:ミギー
角川文庫
甘栗と戦車とシロノワール (角川文庫)
太田 忠司
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-02-25)
売り上げランキング: 535,318

「シロノワールを食わせてやる」
「今からかよ?」
「駄目か。シロノワールには早すぎるか」

甘栗と戦車とシロノワール』本文より

甘栗くんシリーズ2冊目『甘栗と戦車とシロノワール』。

ハードボイルドでミステリで。
そして名古屋である。
名古屋を知るとやたらニヤけられる。
事件の舞台やその移動しかり。もちろんシロノワールも。

学生探偵にしてこのハードボイルドっぷり。
大人になってからの活躍なんてものも見てみたいなー。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。