【ラノベ】ロードス島戦記 3

本→ライトノベル
04 /09 2016
ロードス島戦記 3 火竜山の魔竜(上)
水野良
角川スニーカー文庫
新装版 ロードス島戦記 3    火竜山の魔竜(上) (角川スニーカー文庫)
水野 良
角川書店 (2013-11-30)
売り上げランキング: 14,236

たしかに、人は集うと争いを起こす。でも、人はけっして孤独では生きられない。ならば、人同士が争いあうのは、宿命とあきらめねばならないのかしら

ロードス島戦記 3 火竜山の魔竜(上)』本文より

ロードス島戦記』3巻再読。

シーリスとオルソンが加わり、いよいよドラゴンスレイヤーのパーンの登場。
この時のパーティーが非常にバランスがいいうえ、最強の敵である竜の登場と、敵役であるマーモのアシュラムもライバルとしての登場と登場づくし。
あらゆる因縁が注ぎ込まれた話だったんじゃないかと。

さらには1巻の時の英雄戦争を発端としながらもその過去も少しずつ描かれはじめてきて、時間軸としてもロードス島戦記は面白くなってきているのがまさにここからかな。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。