【コミック】アガルタ 完全版 3

コミック→アガルタ
11 /26 2016
アガルタ 完全版 3
松本嵩春
ウルトラジャンプ連載
全11巻
AGHARTA - アガルタ - 【完全版】 3巻 (ガムコミックス)
松本 嵩春
ワニブックス
売り上げランキング: 62,204

沈黙に潜む 獰猛なる欲望
夢みる鳥達は祈り 飢えた獣はダンスする
「IT」はざわめきのなかに存在る

アガルタ 完全版 3』本文より

例の詩が出てきた3巻目。
思えばこの巻まではいわゆる普通の刊行スピードだったんだよなぁ。
ここからがなかなか出ないわ、難解になるわで。
ここまでが普通のSFだったのでは、と今にして思う。

紅花とジュジュとRAELの三角関係も見ものだし、ジュジュが昔どういう人間だったのか。
コーリィを出すことで物語に緊迫感も出てきたし、前巻に引き続きジャドが物語の本質を語りだしてる。
この世界がいわゆる現在から何世代もあとの地球であり、それを見守ってきた「庭師」たちがいた、と。
そして現状の人類を打開する、次なる人類のために必要なのがRAELとその真人格、と。

さて、じゃあ誰がRAELを奪うのか。
そしてそもそもRAELって何者なのか。ただのフィリップ卿の孫娘ってだけではないのは確か。

ここからがしっかり読まないといけないところに突入しはじめたな。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。