【コミック】アガルタ 完全版 4

コミック→アガルタ
12 /04 2016
アガルタ 完全版 4
松本嵩春
ウルトラジャンプ連載
全11巻
AGHARTA - アガルタ - 【完全版】 4巻 (ガムコミックス)
松本 嵩春
ワニブックス
売り上げランキング: 51,111

「欲する」次元を超えた……
「透明な感情」をもってして 初めて
ヒトが「獰猛なる欲望」を手にす…る…

アガルタ 完全版 4』本文より

アガルタ』完全版4巻。
ついにここまで来た。
RAELの記憶の中へ。新人格REMを手に入れるためにピーウィーはジェドの力を借りて記憶に潜り込む。

オリジナルとコピーがあり、現在の人間のRAELはコピー。
またオリジナルは別にある。
しかしREMの人格自体は本来あるべきタマリスク受容体ではなく、なぜか人の子の中にコピーされた。
じゃあそれはなぜなのか。
ウルスラみたいな受容体ではなく、なぜそうする必要があったのか。
しかし本当のオリジナルでは人は救えなかった。

またコーリィ―やアナ=マリアはなぜ水でもってして蘇生できたのか。
彼らは人間であるのか、それとも別のものに生まれ変わってしまっているのか。

少なくとも4巻現在では幾度も人類は失敗し、次の世代へと受け継がれ、REMによってなんらかの救いがもたらされるってわけか。
そんでもって今回暴走したタマリスク自体は「家に帰ろう」としている。
じゃあ家ってなんなのかってのも問題になってくるな。

ここらへんから過去と現在が巧みに入れ替わって物語の核心へと近づいていくわけだ。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。