【FT】ホビット〈下〉―ゆきてかえりし物語

本→指輪物語
01 /15 2017
ホビット〈下〉―ゆきてかえりし物語
HOBBIT

J・R・R・トールキン J.R.R. Tolkin
翻訳:原田史郎
原書房
ホビット〈下〉―ゆきてかえりし物語
J.R.R. トールキン
原書房
売り上げランキング: 120,656

「今の願いは自分の肘かけ椅子に座ること、ただそれだけさ」とビルドは言いました。

ホビット〈下〉―ゆきてかえりし物語』本文より

ホビット』下巻。
本編小説付き指輪物語およびホビット、トールキンに関しての研究所みたいな本だった。

冒険そのものも面白かったんだが、想像の余地がこれほどあって、ああ、これで映画が3本にまで膨れ上がるというのも納得。
ファンタジーと、その世界観によってこれだけ想像するということが面白いものかと実感させられた。
子どもから大人まで読むに堪える本作りもさることながら、様々な人種と文化の側面もしっかり魅せ。
冒険に出て、帰ってくるまでの「故郷に帰る」というところに主軸を置いているのもまた非常に面白い。それがまるで小説世界に没頭してからちゃんと現実世界に帰るような。

いい読書体験だった。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。