【コミック】LES MISERABLES 8

コミック→LES MISERABLES
01 /26 2017
LES MISERABLES 8
新井隆広
原作 ヴィクトル・ユーゴー
ゲッサン連載
全8巻
LES MISERABLES 8 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
新井 隆広 ヴィクトル・ユーゴー 豊島 与志雄
小学館 (2016-07-12)
売り上げランキング: 28,539

痛みもない、苦しみもない…
あるのは歓びと… 愛だけ……

『LES MISERABLES 8』本文より


レ・ミゼラブル』最終巻。最終部ジャン・ヴァルジャン。

完結!
よくここまで本当に描き切ってくれたな…
もちろん割愛したエピソードはあれど主軸はまさにこれ。

この無私ともいえる愛で行動し続けたジャン・ヴァルジャンとはこういう崇高な人物だったのだよ、と。

時代背景も素晴らしかったし、ジャン・ヴァルジャンと対極的な悪の塊であるテナルディエ。悪というより俗であるといった方が正しいのかもしれない。
自らの利益と物欲でのみ行動できることのある種のすばらしさですらあったな。
またもう一つの対極である自らの正義に生きたジャヴェールやアンジョーラもまた一つの生き方であり、そんな彼らすべてが「無情な人々」であったのだなと。
自らの救いをどこに求めるのかというのがまさに問い続けた作品であったと思う。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。