【コミック】百鬼夜行抄 文庫版 17

コミック→百鬼夜行抄
02 /18 2017
百鬼夜行抄 文庫版 17
今市子
ネムキ連載
百鬼夜行抄 17 (朝日コミック文庫)
今 市子
朝日新聞出版 (2017-01-06)
売り上げランキング: 453

どんな美徳も絆も飢えの前には力を失う
最後の握り飯を奪い合って殺し合う

百鬼夜行抄 文庫版 17』本文より


今年もちゃんと文庫版が出たようでなにより。
「ふさわしい道具」にしても「アルマイトの箱」にしても人間が怖い話。
妖怪の絡みも人間の何らかの感情が大きく絡むけれども人間自体の怖さっていうのはやっぱりゾクっと
させられる。

妖ものとしては「鬼の相続人」が非常によい。
遺体の「取り替え」から付け狙われ、何をすれば妖が離れるのかというのを探し、
迫りくる恐怖というのもまたいい効果だ。
なのに怖いと思っていた妖と共に真実を探るあたりのユーモアもあるのがたまらなく楽しいものだ。

青嵐も少しずつ力を失いつつあるようだし、御法神としてではない形で律の元にいることからも
そろそろ何かが起きそうな不吉な予感を少しずつ出してくるようになってきている気がするな…

収録話:
・「ふさわしい道具」
・「我が家の神様」
・「アルマイトの箱」
・「鬼の相続人」
・「最後の一人」
・「満願成就の月」

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。