【コミック】PLUTO 2

コミック→PLUTO
12 /03 2006
PLUTO 2
浦沢直樹×手塚治虫
小学館
ビッグコミックオリジナル連載
urasawa-pluto02.jpg

「メモリーを消去しない限り、記憶はいつまでも残る……
あの戦争で見たものを、俺たちは鮮明に覚えている……
山のようなロボットの死骸……
そして学んだ……
殺意を……な。」

プロローグが終わり、敵の姿も少しずつ見えてきたPLUTO2巻。

残りはゲジヒト、アトムを含め4人。

背景には以前の戦争。
ゲジヒトに仕組まれたかもしれないメモリーの改竄。
誰がなにを仕組み、何をしようというのか。


人間とはロボットとは。
ロボットが感情を持つというのはどういうことなのか。

深い深いテーマへと侵食していってるな…。


アトムにお茶の水博士に、ウラン。
読者が知っているキャラクターも姿を見せ始め、浦沢直樹手塚治虫の描いた物語をこの21世紀にどう魅せてくれるのか、続きがとても楽しみなところ。

PLUTO (2) ビッグコミックス / 浦沢 直樹

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。