【ラノベ】ロードス島伝説 5

本→ライトノベル
04 /16 2017
ロードス島伝説 5 至高神の聖女
水野良
イラスト:山田章博
角川スニーカー文庫
ロードス島伝説〈5〉至高神の聖女 (角川スニーカー文庫)
水野 良
角川書店
売り上げランキング: 384,648

「魔神戦争は、まだ終わってはいない。ロードスにとっても、わたしたちにとっても……」

ロードス島伝説 5 至高神の聖女』本文より

ロードス島伝説』3つ目の終章。
これにてすべての「伝説」は完結した。
4巻での「伝説」のラスト、短編集でのラストのさらにそのあと、そしてこの戦争の終結と英雄戦争の一騎打ちに至るまで。
伝説の彼方へと消えていった六英雄たちの真実を描いたこの伝説「5」冊目。

2つの完結を経てもやっぱり気になるのは迷宮での真実。
コミック版のファリスの聖女でも描かれていてもやっぱり小説でも完結しないと完結じゃないと思っていたのもあるよな。
当時読んでてもここだけ小説で描かれないのはもやっとしてたもんなぁ。

主人公をナシェルからフラウスに変え、フラウスが愛に生きいかに聖女になり得たか。
魔神との対決もそうだけれども、フラウスのラストこそが後の英雄戦争にも大きくかかわっていく訳で。
ここがあったからこそロードス1冊目の英雄戦争に直結させ、これで伝説と戦記が本当の意味で繋がったよな。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。