【小説】青白く輝く月を見たか?

メフィスト賞→森博嗣
08 /12 2017
青白く輝く月を見たか?
Did the Moon Shed a Pale Light?

森博嗣
講談社タイガ

「というか、そこまで賢くなるためには、学んでいるだけでは不足だということかな。オーロラのように、ある程度のところで学ぶのをやめて、あとはひたすら自分と向き合うというか、自分自身を研究するしかない」

青白く輝く月を見たか?』本文より


Wシリーズ6作目。
もう6作目か…

深海という絶海の孤島。
データを反芻し、思考をずっと掘り下げた頭脳が何を見たのか。
ウォーカロンという自立志向型の人間のようなロボットはいままでにもシリーズにずっと出ていたが、マガタ博士が目指したのはもっとさらに先。
人間の先のウォーカロンの先のもっと向こう。

人間は何を目指すべきなのか、進化というか、人類の生きるその先がどうなっていくのかというのを考えるにあたって、集合知や人間のような思考を取り込んだらどうなっていくのかを見せてくれた気がする。

1作ごとにどんどん面白くなるな。
人間の可能性を見せられるような、そんな感じ。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。