FC2ブログ

【SF】スター・ウォーズ ブラッドライン 上下

本→スター・ウォーズ
03 /25 2018
スター・ウォーズ ブラッドライン 上下
STAR WARS : BLOODLINE

クラウディア・グレイ CLAUDIA GRAY
訳 富永和子
角川文庫

でも、自分がどれほど手を尽くそうと、元老院は滅びる運命にある。
そして間違いなく戦争が始まる。

スター・ウォーズ ブラッドライン 下』本文より

スター・ウォーズ』エピソード7の前の物語『ブラッドライン』。
レイア姫を主人公にいかにして戦争が再びはじまったのか。
政治劇が描かれた。
アクションでもなく、精神的なものでもなく、政治を舞台にしたことのすごさと、ゆえにファーストオーダーの起源やスター・ウォーズの根幹にあるアナキンを父に持つレイアの苦悩の描き方がまた秀逸。

しかも、だ。
翻訳者が富永和子!久しぶりじゃないか。
解説に高貴準三。
竹書房時代やソニマガ時代の再来か。

エピソード7からヴィレッジブックス主体にスピンオフ小説が出てきてたけど、角川文庫でいいスピンオフが出てくるかもしれんぞ…
期待せざるを得ないじゃないか。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。