FC2ブログ

【SF】星界の戦旗Ⅵ

本→星界の紋章
12 /08 2018
星界の戦旗Ⅵ 帝国の雷鳴
森岡浩之
カバーイラスト 赤井孝美
ハヤカワ文庫JA
星界の戦旗VI 帝国の雷鳴 (ハヤカワ文庫JA)
森岡 浩之
早川書房
売り上げランキング: 870

ひょっとして、ラフィールの変わらぬ外見のせいで、ジントは兄のような気分になっているのかもしれない。やがて、父のように、あるいは祖父のように振る舞うのだろうか。

星界の戦旗Ⅵ』本文より

星界の戦旗』第2部開始。

忘れたころに新刊でるなぁ。
それよりも続きが出るとは夢にも思わず。
第1部で終わっていればいいのにと思っていたら予想外なほどに面白い。

相応の月日が経ち、帝都陥落からの反撃の開始。
それゆえのジントとラフィールの変わらぬ関係。でもジントはもはや少年や青年とも言い難い感じになりつつあるという不思議な感じ。
これがアーヴと地上人が共存するということというのをしっかり見せつけてきた。
そう。ラフィールもそうだけど、エクリュアもソバーシュも変わらないからこその変化だ。

それにしてもやっぱり優雅に侵略していくなぁ。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。