FC2ブログ

【コミック】テレキネシス 1

コミック→テレキネシス
06 /11 2007
テレキネシス 山手テレビキネマ室 1
画:芳崎せいむ
作:東周斎雅楽
小学館
ビッグコミックスピリッツ連載
テレキネシス山手テレビキネマ室 1 (1) テレキネシス山手テレビキネマ室 1 (1)
東周斎 雅楽 (2005/05)
小学館

この商品の詳細を見る

「ありがとう!
スカーレットを観てたら、とにかく根拠のない勇気が沸いてきた!」

芳崎せいむの『テレキネシス』。


一度2年前くらいに友人から借りた。
で、思わず買いなおしてしまった。

山手テレビに入社した新入社員と深夜枠でやっている映画番組のP、そして毎回悩みを抱えたゲストたちの物語。
そのテレビ番組にはミニシアターがあり、そこを訪れる人々。
自分に足りないものや映画から伝わるいろんなメッセージを受けて立ち直っていく。

家族や会社から捨てられた男は「風と共に去りぬ」のスカーレットの生き様を見て立ち直ったりetc


これほどまでにいい映画がまだまだあるのか、と思えた。

自分の知っている映画なんてほんの一部分。
好きな映画も魂を揺さぶられた映画もいくつもある。

そんな魂の1作をこれでもかというくらいに熱く語ってくれる。
まるで映画好きの作者と読者で語り合ってるかのよう。
読んで、観てみて何を得るか、何を感じ取れるのか。
映画は確かにエンターテイメントではあるけれども、もっと他の見方もできるんじゃないだろうか。
感動だけじゃなくて教訓や反面教師や憧れ、映画にはそんなものを得られるような素晴らしさがあるとあらためて感じさられる。

このコミックはそんなことを感じさせてくれた。


読んでみて「大いなる勇者」と「サンセット大通り」はぜひとも見てみたいと思った。

以下が主に1巻で取り上げられている作品

風と共に去りぬ
・オール・ザ・キングスメン
・エルマー・ガントリー
・サンセット大通り
・愛と青春の旅だち
・大いなる勇者
・アスファルト・ジャングル

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。