FC2ブログ

【コミック】ディエンビエンフー

コミック→ディエンビエンフー
11 /16 2007
ディエンビエンフー
西島大介
角川書店
Comic新現実連載
ディエンビエンフー ディエンビエンフー
西島 大介 (2005/08/26)
角川書店

この商品の詳細を見る

あんたたち(アメリカ)が建国するよりずっと前から…
こっちは戦争してるんだド
どう考えたって…負ける理由が無い…

ディエンビエンフー』本文より引用

Comic新現実で連載されていた未完成版『ディエンビエンフー』。
いまから読むんなら素直にIKKI版『ディエンビエンフー』を読んだ方がいいと思う。


「世界一かわいベトナム戦争」という帯文句で売り出された本作。
その中で従軍カメラマンとファインダー越しに見えた、圧倒的な力を持ってアメリカ兵を殺し続けるベトナムの少女の話。

あとがきで「本当のように思えるベトナム戦争の話」を描こうとしている、とある。
実際に、ベトナム戦争の話の中には荒唐無稽、さすがにそれはないだろと言った話が沢山残ってる。
また残虐極まりないと思える話もたくさん。

じゃあそれをまともに見てもらえるように描かれたのが、この『ディエンビエンフー』じゃないかと思う。
まず何より絵柄がものすごくかわいい。
だからどんな残虐なシーンであれポップさやキュートさがあって、そんなに不快に感じない。

こういうふうに見せることこそがこの本の狙いなんじゃないか。

テーマの一つに恋を持ち出してあるあたりも、かわいさを上げていると思えるし。

そんな目くらまし(笑)に、いろいろと実際にベトナム戦争に行った人が残している言葉などが散りばめられているような気がしてならない。
事実を混ぜるならちょこっとだけ、ってね(笑

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。