FC2ブログ

【ミステリ】長い家の殺人(新装版)

本→歌野晶午
06 /03 2008
長い家の殺人(新装版)
歌野晶午
講談社文庫
長い家の殺人 (講談社文庫 (う23-11))長い家の殺人 (講談社文庫 (う23-11))
(2008/04/15)
歌野 晶午

商品詳細を見る

冗談じゃない! これは殺人事件なんだぜ。百パーセントの推理が組みあがるまでは何もいわない、いえるもんか。

長い家の殺人(新装版)』本文より

ごもっとも。
こういう文が含まれることが時代を感じさせるよなぁ。

歌野晶午の88年のデビュー作『長い家の殺人』の新装版。
解説はノベルス版の時と同じ文章である島田荘司のもの。

新装版刊行にあたってという歌野晶午による序文が含まれた他には誤字脱字修正以外はほとんど変更点はなしだそうです。


消失したはずの死体が元の場所に戻る。
そんなメイントリックを使ったミステリ。


なんか読んでいてひどく懐かしい感覚に浸れた。
ちょうど新本格ミステリのブームが訪れるもっとも初期。
その頃だけに今のようにややこしかったり、ミステリ以外の要素を多く含んだり。

そういうこともほとんどなく、ただ単にミステリを楽しめる本だと思う。
コンパクトな内容で、かつ楽しめる。
それでいてトリックもかなり大胆なものでした。


昨今の歌野晶午の作品とはかなり作風が違って驚いた。
ここまで真正面からミステリを描いていた時期もあったのか…

あと音楽に詳しかったのは意外だった。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。