FC2ブログ

【ミステリ】鏡の中は日曜日(文庫版)

メフィスト賞→殊能将之
06 /18 2005
鏡の中は日曜日 / 樒/榁(しきみ/むろ)
殊能将之
講談社文庫
鏡の中は日曜日 (講談社文庫)鏡の中は日曜日 (講談社文庫)
(2005/06/15)
殊能 将之

商品詳細を見る

あらすじ
梵貝荘で起こった14年前の事件。
名探偵水城優臣によって一度は解決されたのだが、
自らの名刺に「名探偵」という肩書きを入れている
石動戯作という探偵に事件の再調査が依頼される。

文庫版は「鏡の中は日曜日」に加え、「樒/榁」も収録されている。
解説は第5回本格ミステリ大賞をとった法月綸太郎。

デビュー作であり第13回メフィスト賞の「ハサミ男」も映画化され
今年は殊能将之の年だ、と言わんばかりの活躍…をするのだろうか。
とは言え、1年に1作くらいしか出さないというのは分かっているので今年の新刊に期待。
多作な作家よりも、練りに練った本を出す作家の方が個人的には好き。

しかし、まさか「鏡の中は~」と「樒/榁」が合本になるとは予想していなかった。
確かに「樒/榁」から読んで「鏡の中~」に遡って読むと後悔すること必至なので
こういう形の方が自然なのかもしれない。

解説は、法月綸太郎でおなかいっぱいだし、
感想は?と聞かれて答えるとすれば「見どころは名探偵の共演」かな。
石動を「名探偵」と呼ぶべきかはなかなか迷うところだがw

次の文庫化このまま行くと「キマイラの新しい城」。
出るとしたら2年後。
待つのも嫌なので、そろそろ新書の方で買おうかなと計画中。

コメント

非公開コメント

トラックバック

(書評)鏡の中は日曜日

著者:殊能将之 文庫本は『鏡の中は日曜日』のタイトルで、『樒/榁』も同時収録され

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。