FC2ブログ

【ミステリ】さらわれたい女

本→歌野晶午
12 /06 2008
さらわれたい女
歌野晶午
角川文庫
さらわれたい女 (角川文庫)さらわれたい女 (角川文庫)
(2006/01/25)
歌野 晶午

商品詳細を見る

「私を誘拐して、主人に脅迫電話をかけてほしいんです」
もう一度つぶやき、女はゆっくり顔をあげた。
ガルボ・ハットのつばが、ふわりと揺れた。
それが、小宮山佐緒里という女との出会いだった。

さらわれたい女』本文より

1991年に書かれた『さらわれたい女』。
解説は法月綸太郎

えぇ。そのまんま「さらわれたい女」です。
誘拐を便利屋に持ちかけた女。
そして便利屋は実際に誘拐の電話を女の主人であり、会社の社長へと電話をかけるのだが。

あまりに完璧な誘拐計画。
だが、その誘拐はあまりに予想外な方向へと向かって爆走していく。


途中からページを捲る速度が異様にはやくなっていく。
先が気になって気になって仕方ない。

やはり歌野晶午だけにただの誘拐犯罪だけに終わらないとは予想していたが…

ただの「誘拐」が劇的に変化してからの展開が面白すぎる!

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。