FC2ブログ

【FT】ダーク・タワー 7 上

本→ダーク・タワー
09 /21 2009
ダーク・タワー Ⅶ 暗黒の塔 上
THE DARK TOWER 7 THE DARK TOWER

スティーヴン・キング Stephen King
訳:風間賢二
新潮文庫
ダーク・タワー〈7〉暗黒の塔〈上〉 (新潮文庫)ダーク・タワー〈7〉暗黒の塔〈上〉 (新潮文庫)
(2006/10)
スティーヴン キング

商品詳細を見る

「我らは一心同体。我らは生命と探索の旅を分かち合ってきたように、水を分かち合った。一人が倒れても、その一人は失われるわけではない。我らはひとつであり、忘れられることはないからだ。死においても」

ダーク・タワー Ⅶ 上』本文より

いよいよスティーブン・キングのライフワークである『ダーク・タワー』最終章突入の第7部。
サブタイトルまで「暗黒の塔」ときたもんだ。
表紙も表紙でクリムゾン・キングと薔薇と暗黒の塔。
完璧じゃあないか。

最初からノンストップの超特急仕様。
次から次に物語がたたみかけるように終わっていく。

登場人物も一気に衝撃的な結末とともに役割を終えていく…
もう…うわぁとしか言いようがない。
ただ物語に振り落とされないようについていくのみなのだがゾクゾクくる。


バラバラになっていた<カ・テット>が再び揃い、「本当に最後の直前」というシーンが描かれたわけだが…
この混沌とした世界は一体どうなるんだろう。
また<カ・テット>たちは暗黒の塔にたどり着き、なにを成すのか。
気になって仕方がない。

コメント

非公開コメント

∀ki(あき)

自由に生きてます。
色々読んだり見たりしてます。

リンクやトラックバックは自由にどうぞ。